Hybrid Child

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hybrid Child
ジャンル ボーイズラブ
漫画
作者 中村春菊
出版社 ビブロス角川書店
掲載誌 BE・BOY GOLD
レーベル SBBC COMIC→ あすかCL-DX
発売日 2005年3月10日
発表期間 2003年 - 2005年
巻数 全1巻
OVA
原作 中村春菊
監督 福田道生
シリーズ構成 伊丹あき
キャラクターデザイン 岸田隆宏
アニメーション制作 スタジオディーン
発売日 2014年10月29日 - 2015年1月28日
話数 全4話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

Hybrid Child』(ハイブリッドチャイルド)は、中村春菊の漫画作品である。

概要[編集]

2003年「BE×BOY GOLD」8月号に掲載された後、2004年6月号から同年10月号まで連載された。その後、描き下ろしも収録したコミックスが2005年3月10日に発行された。

持ち主の愛情を反映して成長する不思議な人形・ハイブリッドチャイルドを巡る、短編3作からなるオムニバス形式の純愛物語であり、マリン・エンタテインメントからドラマCDも発売されている。

あらすじ[編集]

一生に一度の恋。あなたを愛した記憶だけが、この胸にただ一つ……。それはある意味、鏡。機械でも人形でもなく、持ち主の愛情を反映して成長する人の形、それが「ハイブリッド・チャイルド」。

これは主人と「ハイブリッド・チャイルド」が紡ぐ、想いの物語。主人は「ハイブリッド・チャイルド」に何を願ったのか。「ハイブリッド・チャイルド」は主人の何を映したのか。 そして、「ハイブリッド・チャイルド」は、なぜ生まれたのか……。

生涯ただ一人だけを想い続ける一途な恋を描く、切なく愛おしい御伽噺。

登場人物[編集]

※担当声優は、ドラマCD版 / OVA版の順。

和泉小太郎(いずみ こたろう)
声 - 福山潤 / 岡本信彦[1]、幼少 - 岩崎愛
名門・和泉家の御曹司にして16代目当主である、第1話の主人公。当主としてはまだまだ出来が悪く怠け者で、葉月に小言を言われる日々を送っている。葉月とは8歳の時からずっと一緒であり、本心では彼を大切に思っている。
葉月(はづき)
声 - 鳥海浩輔、幼少 - 近野真昼 / 平川大輔[1]
小太郎と10年間一緒にいるハイブリッドチャイルド。第1話の主人公(2人目)。有能かつ冷静沈着で、小太郎を日々厳しく指導するお目付け役。動き出すのに5年、言葉を話すのに1年半かかった型版0001の旧式タイプ。拾われた当時はボロボロの状態だったため、体裁を重んじた和泉家の家人に3回も捨てられ、その度に小太郎によって拾い戻されてきた。自身がじきに動かなくなることを冷静に受け止め、自分を救おうと必死になる小太郎を諌める。
黒田(くろだ)
声 - 井上和彦、幼少 - 早水リサ / 小野友樹、幼少 - 丸山ナオミ
本作品の実質的主人公。全ハイブリッドチャイルドの生みの親で、普段は薄暗い実験室に篭もり研究に明け暮れている人形師。かつてはとある藩に仕えていたカラクリ好きの武官であったが、御一新の際に起こったとある悲劇によって、ハイブリッドチャイルドの製作に打ち込む(その数は現在3000体以上。型番の数字が上がるほど、持ち主にとって扱いやすくなっていく。)。葉月の外見だけでなく、中身も人間に近い風貌の変化に驚いている。
ゆず
声 - 宮田幸季 / 代永翼[1]
少年型のハイブリッドチャイルドで、第2話の主人公。壱様を心から慕っている純真無垢な明るい性格な一方、自分がなかなか成長しないことに悩んでいた。カステイラが大好物。最近春画本をこっそり読んでいる様子。
瀬谷壱(せや いち)
声 - 諏訪部順一、幼少 - 木村はるか / 木村良平、幼少 - 杉村ちか子
ゆずの主人で、かつては黒田と同じ藩に仕えていた元武官。通称・壱様(ゆず限定)。優しく穏やかで誰からも好かれており、ゆずのことも大事に想い慈しんでいる。黒田とは付き合いの長い友人同士でもある。ある日突然、刺客に襲われて失明する。
月島(つきしま)
声 - 緑川光、幼少 - 升望 / 松岡禎丞、幼少 - 木村繭
黒田と瀬谷の幼馴染(※しかも同い年)で、2人が勤めていた藩の家老。第3話のキーパーソン。黒田が製作するハイブリッドチャイルドのモデル。普段少々幼いが、いざという時には芯が強い性格。黒田とは憎まれ口を叩くばかりだったものの、彼とは両想いであり、御一新の際に責任をもって切腹する。甘党で、中村屋のひよこまんじゅうが大好物。

OVA[編集]

2011年7月にアニメ化が発表され[2]、2014年10月よりOVAが全4巻で発売された。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 福田道生[3]
  • 企画 - 松本浩、臼井久人、伊藤善之、野口和紀
  • シリーズ構成 - 伊丹あき
  • キャラクターデザイン - 岸田隆宏
  • プロップ作画監督 - 岡戸智凱
  • 美術監督 - 内藤健
  • 美術設定 - 高橋武之
  • 色彩設定 - 末永絢子
  • 撮影監督 - 川口正幸
  • 3DCG監督 - 今垣佳奈
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - たなかかずや
  • 音楽 - 安瀬聖
  • 音楽制作 - ランティス
  • プロデューサー - 河本紗知、大貫一雄、櫻井優香、浦崎宣光
  • アニメーション制作 - スタジオディーン

主題歌[編集]

「syncretism」
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 柘植敏道 / 歌 - Annabel

各話リスト[編集]

巻数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1巻 俺は葉月でないとダメだと言ったのだ―― 伊丹あき 福田道生 平川亜喜雄、青野厚司 -
第2巻 御主人様は 花園の中に いつも一人でいらっしゃる―― 福田道生 渡部穏寛 松下郁子、平川亜喜雄
青野厚司、竹本桂子
本田みゆき、河南正昭
清水明日香
平川亜喜雄
青野厚司
第3巻 夏草のにおい 白雲の風 ひとりと ひとりと ひとり―― 桑畑絹子 望月智充 福田道生 中本尚、手島勇人
荒木弥緒
竹田逸子
第4巻 ただ一言 俺が お前に 言いたかった事は―― 福田道生 伊藤智子、大塚八愛
加藤万由子、中本尚

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年10月29日 第1話 ZMXZ-9551 ZMBZ-9561
2 2014年11月26日 第2話 ZMXZ-9552 ZMBZ-9562
3 2014年12月24日 第3話 ZMXZ-9553 ZMBZ-9563
4 2015年1月28日 第4話 ZMXZ-9554 ZMBZ-9564

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『純情ロマンチカ』第17巻帯より。
  2. ^ 「世界一初恋」TVアニメ2期放送が決定、さらに「Hybrid Child」アニメ化企画も”. オタラボ. 2011年7月29日閲覧。
  3. ^ 当初は長濱博史と発表された。

外部リンク[編集]