Hybrid Child

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hybrid Child
ジャンル ボーイズラブ
漫画
作者 中村春菊
出版社 株式会社ビブロス角川書店
掲載誌 BE・BOY GOLD
レーベル SBBC COMICあすかCL-DX
発売日 2005年3月10日
発表期間 2003年 - 2005年
巻数 全1巻
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

Hybrid Child』(ハイブリッドチャイルド)は、中村春菊の漫画作品である。

概要[編集]

2003年「BE×BOY GOLD」8月号、2004年6 - 10月号にかけて連載され、描き下ろしも収録したコミックスが2005年3月10日に発行された。

持ち主の愛情を反映して成長する不思議な人形・ハイブリッドチャイルドを巡る、短編三作からなるオムニバス形式の純愛物語であり、マリン・エンタテインメントからドラマCDも発売されている。

登場人物[編集]

※担当声優は、ドラマCD版 / OVA版の順。

和泉 小太郎(いずみ こたろう)
声 - 福山潤 / 岡本信彦[1]
名門・和泉家の御曹司にして16代目当主である、第1話の主人公。当主としてはまだまだ出来が悪く怠け者。8歳の時に拾ってきた葉月に小言を言われる日々を送っている。葉月の寿命が迫っていることを知り、黒田の進言に従って月の雫を懸命に探す。
葉月(はづき)
声 - 鳥海浩輔、幼少 - 近野真昼 / 平川大輔[1]
小太郎と10年間一緒にいるハイブリッドチャイルド。第1話の主人公(2人目)。有能かつ冷静沈着で、小太郎を日々厳しく指導するお目付け役。動き出すのに5年、言葉を話すのに1年半かかった型版0001の旧式タイプ。拾われた当時はボロボロの状態だった為に、体裁を重んじた和泉家の家人に三回も捨てられ、その度小太郎に拾い戻されてきた。己の体がじきに動かなくなることを冷静に受け止め、自分を救おうと必死になる小太郎を諌める。
黒田(くろだ)
声 - 井上和彦、幼少 - 早水リサ / 小野友樹[1]
この作品の実質的主人公。全てのハイブリッドチャイルドの生みの親で、普段は薄暗い実験室に篭もり研究に明け暮れている人形師。かつてはとある藩に仕えていたカラクリ好きの武官であったが、御一新の際に起こったとある悲劇によって、ハイブリッドチャイルドの製作に打ち込む[2]。葉月の風貌の変化に驚いている。
ゆず
声 - 宮田幸季 / 代永翼[1]
少年型のハイブリッドチャイルドで、第2話の主人公。瀬谷を心から慕っている純真無垢な明るい少年で、自分がなかなか成長しないことに悩んでいた。カステイラが大好物。最近春画本をこっそり読んでいる様子。
瀬谷 壱(せや いち)
声 - 諏訪部順一、幼少 - 木村はるか / 木村良平[1]
ゆずの主人で、かつては黒田と同じ藩に仕えていた元武官。優しく穏やかで誰からも好かれており、ゆずのことも大事に想い慈しんでいる。黒田とは付き合いの長い友人同士でもある。ある日突然、刺客に襲われ失明する。
月島(つきしま)
声 - 緑川光、幼少 - 升望 / 松岡禎丞[1]
黒田と瀬谷の幼馴染(※しかも同い年)で、二人が勤めていた藩の家老。第3話のキーパーソン。黒田が製作するハイブリッドチャイルドのモデル。普段少々幼いが、いざという時には芯が強い性格。黒田とは憎まれ口を叩くばかりだったものの、彼とは両想いであり、御一新の際に責任をもって切腹する。甘党で、中村屋のひよこまんじゅうが大好物。

OVA[編集]

2011年7月にアニメ化が発表された。[3]2014年10月よりOVAが全4巻で発売される。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「syncretism」
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 柘植敏道 / 歌 - Annabel

各話リスト[編集]

巻数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
第1巻 俺は葉月でないとダメだと言ったのだ―― 伊丹あき 福田道生 平川亜喜雄、青野厚司

商品情報[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年10月29日 第1話 ZMXZ-9551 ZMBZ-9561
2 2014年11月26日予定 第2話 ZMXZ-9552 ZMBZ-9562
3 2014年12月24日予定 第3話 ZMXZ-9553 ZMBZ-9563
4 2015年1月28日予定 第4話 ZMXZ-9554 ZMBZ-9564

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 純情ロマンチカ第17巻帯より。
  2. ^ その数は(現在)3000体以上。型番の数字が上がるほど、持ち主にとって扱いやすくなっていく
  3. ^ 「世界一初恋」TVアニメ2期放送が決定、さらに「Hybrid Child」アニメ化企画も”. オタラボ. 2011年7月29日閲覧。
  4. ^ 当初は長濱博史と発表されたが、後に変更となった。

外部リンク[編集]