ポケモン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ポケモン
The Pokémon Company
Roppongi Hills Mori Tower from Tokyo Tower Day.jpg
株式会社ポケモンが入居する六本木ヒルズ森タワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-6118
東京都港区六本木六丁目10-1
六本木ヒルズ森タワー18階
設立 1998年4月23日
業種 その他製品
事業内容 店舗運営事業
ゲームソフト事業
カードゲーム事業
映画アニメ事業
ライセンス管理事業
代表者 代表取締役社長 石原恒和
資本金 3億6540万円(2011年2月28日時点)
純利益 単体:13億4000万円(2011年2月期)
純資産 単体:54億8000万円(2011年2月28日時点)
総資産 単体:86億5000万円(2011年2月28日時点)
決算期 2月末日
主要株主 任天堂株式会社 32%
株式会社ゲームフリーク
株式会社クリーチャーズ
主要子会社 The Pokémon Company International
株式会社ポケモンコミュニケーションズ
株式会社ポケモンセンター
外部リンク http://www.pokemon.co.jp/corporate/
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細

ポケモン: The Pokémon Company)は、ポケットモンスターのプロデュースおよび関連キャラクターグッズの販売、またポケモングッズの専門店であるポケモンセンターを経営する会社

概要[編集]

東京都港区六本木に本社を置く。コンピュータゲームソフトのほかに、アニメカードゲーム映画やキャラクターグッズの販売、ライセンスの管理、WEBサイト「ポケットモンスターオフィシャルサイト」「ポケモンだいすきクラブ」「ポケモンひろば」などの運営を行っている。ゲームソフトの開発は行っていない[1]

東京都中央区日本橋にポケモンセンタートウキョーを開設する際に任天堂株式会社株式会社ゲームフリーク株式会社クリーチャーズの3社の共同出資により1998年4月23日に設立された「ポケモンセンター株式会社」が前身。2000年に商号を株式会社ポケモンに変更し、ゲーム関連事業を開始する[2]

関連会社に、ポケモンのプロモーションを行う株式会社ポケモンコミュニケーションズと、アジア地域以外の事業を行うThe Pokémon Company Internationalおよび、韓国での事業を行うPokémon Korea, Inc.がある[3]

「ポケモン」という名称はキャラクターや作品そのものも表すので、企業を指す場合は略称として「株ポケ」と呼ばれることもあるが、これは正式なものではない。

ライセンス管理[編集]

この会社の最大の目的は「ポケモンの世界観を保護すること」にある。

会社設立以前は、任天堂・ゲームフリーク・クリーチャーズ・テレビ東京小学館JR東日本企画の各出資企業が各カテゴリーごとにポケモンのライセンスを管理していた。その結果、「自動車を運転するピカチュウ」「言葉(英語)を話すピカチュウ」といった、世界観を逸脱するピカチュウが国外のメディアに現れるようになった。そこで、キャラクターイメージを管理しポケモンを世界中で愛される作品にすべく、各出資企業が個別に行っていたライセンス管理を一元化する体制を整える事となり、この会社が設立された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事業紹介 | 株式会社ポケモン
  2. ^ 沿革 | 株式会社ポケモン
  3. ^ 会社概要 | 株式会社ポケモン
  4. ^ 2002年11月21日 日経産業新聞記事より

外部リンク[編集]