めざせポケモンマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
めざせポケモンマスター
松本梨香シングル
収録アルバム RICA the BEST
B面 ひゃくごじゅういち
ポケモンいえるかな?
おやすみ ぼくのピカチュウ
リリース 1997年6月28日
規格 8cmCD
録音

1997年
日本の旗 日本

  • MITスタジオ
  • フリーダムスタジオ
  • ビデオサンモールスタジオ
  • サウンドインスタジオ
  • スタジオlcc
  • タワーサイドスタジオ
ジャンル J-POPアニメソング
時間 21分11秒
レーベル ピカチュウレコード
作詞・作曲 戸田昭吾
たなかひろかず
プロデュース 香山哲メディアファクトリー
小澤洋介ピカチュウレコード
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 1997年度年間51位(オリコン)
  • 1998年度年間44位(オリコン)
  • 登場回数56回(オリコン)
松本梨香 シングル 年表
From me to you
(1997年)
めざせポケモンマスター
(1997年)
VIVAヨコハマ
1998年
テンプレートを表示

めざせポケモンマスター」は、日本声優歌手松本梨香の4作目のシングル1997年6月28日ピカチュウレコードから発売された。

作品概要[編集]

本作は発売から半年で公称120万枚を出荷[1]。最終的には純粋なアニメソングとしては異例の185万枚[2][3]ないしは200万枚[4][5][6]を売り上げるミリオンセラーを記録し、当時のいわゆるポケモンブームを具現化した。151万枚突破(当時のポケモンの総数151種にちなむ)を記念してゴールドディスクが製作され、関係者に贈られた[7]

オリコンの集計では、累計売上約113万枚となっている[8]。ただし、日本レコード協会からはミリオン認定は受けていない。

オリコンチャート[編集]

発売から約1ヵ月半後(8月4日付)にオリコン週間チャートでTOP20入り、その後2ヶ月間(8月11日付 - 9月29日付)10位 - 20位台を維持し続け、10月20日付に初のTOP10入り(前週の26位から急上昇)、翌年の1月12日付で最高位である7位を記録する。累計売上が100万枚を超えたのは更に2ヵ月後のことであり、半年以上にも及ぶロングヒットにより達成された。オリコン集計において、声優歌手によるミリオンセラーは現在唯一である(公称セールスでは他に曽我町子の『オバQ音頭』、大山のぶ代の『ドラえもん音頭』などがミリオンセラーを記録している)。

なお、本作は当初全国の玩具店、アニメ専門店、ゲームショップ、スーパーマーケット・コンビニエンスストアのポケモンコーナーなどでのみの販売であり、一般のレコード店では扱われていなかった[9]が、人気が出たためレコード店でも販売されるようになった経緯がある[1]。そのためか、発売当初はオリコンチャートにランクインしていなかった。

収録曲[編集]

  1. めざせポケモンマスター (テレビアニメ『ポケットモンスター』初代オープニング主題歌) [4:12]
    テレビ東京系アニメ『ポケットモンスター』初代オープニング主題歌作詞&作曲は『ポケットモンスター』シリーズでテーマソングを数多く手がけている戸田昭吾&たなかひろかずコンビである。歌詞はポケモンマスターを目指すサトシを表しており、歌もサトシ役の松本梨香が歌っている。「マサラタウン」とポケモンワールドの用語が歌詞の中に入っており、ポケモンソングで作品用語を入れた最初の曲でもある。オープニングアニメーションポケモンショックの影響を受け、放送再開後はアニメーションの一部が変更されている。2001年にはアレンジを施した4代目OPとしても使用され、こちらはWhiteberryが歌っている。
  2. ひゃくごじゅういち [4:00]
    • 作詞:戸田昭吾、作曲:たなかひろかず、編曲:渡部チェル、コーラス編曲:藤沢秀樹
    • 演奏:THE JADOES、歌:オーキド博士石塚運昇)&ポケモンキッズ
    オーキド博士役である石塚運昇と、ポケモンキッズが歌うテレビアニメ『ポケットモンスター』初代エンディング主題歌。「ひゃくごじゅういち(151)」は当時のポケモンの総数。エンディングアニメーションピカチュウモンスターボールをヘディングするというもの。
  3. ポケモン言えるかな? [4:22]
    イマクニ?ポケモンの名前をラップ調で挙げていく歌。登場するポケモンの名前は初期の151種類。最後の1種は欠番だが、最後に存在だけ示唆されている。
  4. おやすみ ぼくのピカチュウ (テレビアニメ『ポケットモンスター』イメージソング) [4:26]
    テレビアニメ『ポケットモンスター』のイメージソングとして作られた。本編では第39話「ピカチュウのもり」で使用された。歌詞はサトシが眠っているピカチュウに語りかけるものである。
  5. めざせポケモンマスターオリジナルカラオケ) [4:11]

スタッフ[編集]

  • スーパーバイザー:石原恒和クリーチャーズ
  • エグゼクテブプロデューサー:坂本健(メディアファクトリー
  • プロデューサー:香山哲(メディアファクトリー)、小澤洋介(ピカチュウレコード)
  • 制作プロデューサー:吉田隆(IZM)
  • ディレクター:たなかひろかず
  • レコーディングエンジニア:木村正和、小黒俊彦
  • A&R:永田勝治(ピカチュウレコード)
  • 録音スタジオ
    • MITスタジオ
    • フリーダムスタジオ
    • ビデオサンモールスタジオ
    • サウンドインスタジオ
    • スタジオIcc
    • タワーサイドスタジオ

カバー・リメイク[編集]

『めざせポケモンマスター』[編集]

オリジナルと同じ歌手で、「めざせポケモンマスター'98」「めざせポケモンマスター2001」というリメイク版が発表され、それぞれ『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』『劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇』のオープニングテーマに起用された。

その他、以下の歌手にカバーされている。

  • coba & 松本梨香「めざせポケモンマスター2002」(『劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス』オープニングテーマ)
  • Whiteberry(シングル『かくれんぼ』収録。『ポケットモンスター』4代目オープニングテーマ)
  • Shery(日本コロムビア版カバー)
  • ANTI FEMINISM(『殺害カバーオムニバス3・大熊小鹿馬場鶴田蛾次郎』収録)
  • nene(『ANIME HOUSE PROJECT-BOY'S selection-vol 2』収録)
  • 後藤叶圭(『たのしいテレビこどものうた〜崖の上のポニョ〜』収録)
  • バカ安。(『そこにアニメがあるから』収録)
  • 小山剛志(『百歌SAY!RUN!2010』収録)
  • 梶裕貴(『百歌声爛-男性声優編-III』収録)
  • 絵本音々(『アニメ☆ダンス 〜アニソンヒット組曲〜』収録)
  • 石田燿子(『ウルトラアニメユーロビートシリーズ パラパラMAX3』『ウルトラアニメユーロビートシリーズ ベストMAX』収録)

また、『ポケモンピンボール』でもアレンジされ、ゲームに逆輸入された(ゲームが原作のアニメで主題歌がゲームに使われる事はあまりない)。

『ポケモン言えるかな?』[編集]

オリジナルと同じ歌手で、歌詞を一部変更した「ポケモン言えるかな Baby?」というリメイク版が発表され、『ポケモンカードGB』のコマーシャルソングに起用された。

その他、以下の歌手にカバーされている。

  • ピチカート・ファイヴ(『さ・え・らジャポン』収録)
    オリジナル版の歌手がゲストとして参加したアレンジ版(歌詞はオリジナルと同じ)。一部のパートは野宮真貴(ピチカート・ファイヴ)と一緒に歌っている。
  • KABA.ちゃんベッキー「KABAちゃんのポケモン言えるかなADVANCE」(歌詞はポケットモンスターRSのポケモンで構成されている)
  • KABA.ちゃん with 愉快な仲間×3「ポケモン言えるかな? 2004」(歌詞を一部変更)

また、2000年平成12年)には、「ポケモン言えるかな?」の続編として、メロディが異なる「ポケモン言えるかneo?」が発表された。こちらも後にカバーされている。

  • イマクニ?、チューヤン鈴木史朗、アンノーンコーラス隊「ポケモン言えるかneo?」(歌詞はポケットモンスター金銀のポケモンのみで構成される)
  • ポケサンオールスターズ「ポケモン言えるかneo?2009」(HGSS発売に伴い、歌詞を一部変更。最後に登場するポケモンはミュウではなく、セレビィである)

2011年にはつるの剛士の歌うポケモン言えるかな?BWがアニメのエンディング曲に採用された。こちらはイッシュ地方ポケットモンスター ブラック・ホワイト)に出現するポケモンのみで構成される。今までとはメロディも異なりラップとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「ポケットモンスター、快進撃 ゲームソフトの枠越え活躍」『朝日新聞』1997年11月25日付夕刊、13面。
  2. ^ 畠山けんじ・久保雅一『ポケモン・ストーリー』
  3. ^ N.O.M. 2000年6月号『最新版ポケモン年表〜1997年〜』、任天堂
  4. ^ カスペ!「永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン2006」(2006年2月7日放送)
  5. ^ Label[Anything]』、エクスプロージョンエンタテインメント
  6. ^ 他の例としては、1990年のおどるポンポコリン、1978年のキャンディ・キャンディ(童謡のため、オリコンではミリオン認定外)がある。
  7. ^ アニメ備忘録その1・ポケットモンスター(後)渡部チェル、2006年6月22日。
  8. ^ オリコン・マーケティング・プロモーション社『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968-2005』
  9. ^ アニメファンNEWS:情報>TVアニメ「ポケットモンスター」主題歌CDS@nifty、1997年6月12日 22:52。
「めざせポケモンマスター」の調
Aメロ1 Bメロ1・サビ1 Aメロ2 Bメロ2・サビ2 Cメロ1 間奏 間奏'・大サビ Cメロ2 後奏
C-major a-minor.svg
イ短調
(Am)
A-major f-sharp-minor.svg
イ長調
(A)
C-major a-minor.svg
イ短調
(Am)
A-major f-sharp-minor.svg
イ長調
(A)
C-major a-minor.svg
ハ長調
(C)
C-major a-minor.svg
イ短調
(Am)
A-major f-sharp-minor.svg
イ長調
(A)
C-major a-minor.svg
ハ長調
(C)
C-major a-minor.svg
イ短調
(Am)
テレビアニメポケットモンスターオープニングテーマ
1997年4月1日 - 1999年1月21日
-
-
松本梨香
めざせポケモンマスター
次作:
松本梨香
ライバル!
テレビアニメ『ポケットモンスター』エンディングテーマ
1997年4月1日 - 1997年9月30日
-
-
石塚運昇
ひゃくごじゅういち
次作:
犬山犬子
ニャースのうた