ポケモントローゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポケモントローゼ
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ジニアス・ソノリティ
発売元 株式会社ポケモン
任天堂
人数 1~2人
メディア ニンテンドーDSカード
発売日 日本の旗中華民国の旗香港の旗 2005年10月20日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2006年3月6日
オーストラリアの旗ニュージーランドの旗 2006年3月30日
欧州連合の旗 2006年5月5日
韓国の旗 2007年5月17日
対象年齢 CERO:A(全年齢)
テンプレートを表示

ポケモントローゼ北米:Pokémon Trozei!、欧州:Pokémon Link!)は、2005年10月20日に発売されたニンテンドーDS用ソフト。ジャンルはパズルゲーム

続編的作品となるニンテンドー3DS用ソフト『ポケモンバトルトローゼ』(Pokémon Battle TROZEi)及び、派生作品の3DS用ソフト『ポケとる』(PokéToru)もこの項で説明する。

ゲーム概要[編集]

ポケモンは『ルビー・サファイア』までの386種類が全て登場する(28種類のアンノーンはそれぞれ別種として登場する)。この作品では全てのポケモンは大きくデフォルメされ、球形になったり、顔だけになっている。

次々と現れるポケモンをタッチペンを使って上下にスライドさせ、同じ種類を4匹以上隣接させるとトローゼして、画面から消す(ポケモンたちを奪還する)ことができる。なお、メタモンのみはワイルドカード扱い。

トローゼした直後はトローゼチャンスとして、隣接数が3匹で消え、その後は2匹隣接で消える。トローゼチャンスは連鎖が途絶えるまで続く。

世界観[編集]

他のシリーズに比べ、少し近未来的な世界観を持つ。キャラクターデザインも他のシリーズと違い、クール的でポップなイメージのデザインである。そのためか、このゲームの世界観や要素は現時点では他の作品には登場していない。

ストーリー[編集]

悪の組織「フォボス」によって捕らえられたポケモンたちを救出するため、シークレット・オペレーションズ・リーグ、略してSOL(ソル)に属する、エージェントのルーシーが「トローゼビーマー」で立ち向かう。

ゲームモード[編集]

トローゼ・アドベンチャー
ルーシーとなり、フォボスと闘うストーリーモード。
エンドレス・トローゼ
どこまで出来るか続けるエンドレスモード。
トローゼ・バトル
通信用の対戦モード。
ペア・トローゼ
通信用の協力モード。

登場人物[編集]

ルーシー・ライトフット
主人公。秘密組織SOLの一員である少女。パートナーはエイパムライボルト
プロフェッサーP(ピー)
SOLの最上級エージェントにして発明家。トローゼビーマーは彼の監督指導の下で開発されたものである。やや自惚れ屋なところがある。
フォボス男爵
悪の組織、フォボス軍の総帥。秘密要塞・フォボスムーンから配下の将軍達に指令を下す。
五大将軍
  • バズ将軍
  • アベリー将軍
  • グロッグ将軍
  • アクアレイラ将軍
  • バン・ブーラム将軍
それぞれがフォボスモビルを持っており、彼らとはその中で戦う事になる。
ミスター・フー
ガラクタ収集が大好きな老人。「ごほうびコイン」と引き換えに彼のコレクションを見る(特殊ステージに挑む)ことができる。

すれちがい通信[編集]

諜報活動という名で、ニンテンドーDSのすれちがい通信で他のプレイヤーから情報を手に入れることが出来る。ポケモントローゼ同士で通信した場合、相手プレイヤーのカードを手に入れることができる。プレイヤーのカードにはゲームをはじめてプレイしたときに作成され、ランダムでポケモンが描かれているが、ポケモンの中にはそれが描かれたカードを持っていなければ出現困難なものも存在する。さらに、通信と同時に両プレイヤーのハイスコアランキングが統合される。

また、『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』ともすれちがい通信が可能である。この場合はトローゼ側に特殊なステージに挑戦するために必要な「ごほうびコイン」が手に入り、不思議のダンジョン側では比較的珍しい道具が手に入る。

ポケモンバトルトローゼ[編集]

ニンテンドー3DSダウンロードソフトとして2014年3月12日より配信開始。『X・Y』までのポケモンが登場するが、ストーリーモードが省かれたため、主人公となる人物が登場しない。

ポケとる[編集]

ニンテンドー3DSダウンロードソフトとして2015年2月18日より配信開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。基本的な操作方法は『ポケモントローゼ』および『ポケモンバトルトローゼ』とほぼ同じだが、トローゼチャンスが無く、バトル後にポケモンをゲットすることでバトルに参加するポケモンを増やせることが可能。残り手数が多いほどポケモンのゲット率がアップする。ゲットに失敗した場合はコインを消費することで上位のボールを使うこともできる。セットできるポケモンは基本的に4匹だが、ステージによっては3匹に限定されることもある。メガシンカできるポケモンは1番目に投入しないとメガシンカできない。一般的なソーシャルゲームのように「ライフ」と呼ばれるゲームをプレイするのに必要なゲージが5つ設定されており1プレイごとに1つ減らされ、0になるとプレイできなくなる。ライフは30分に1個回復する。インターネットにアクセスすることで1日に1回チェックインを行うことができ、チェックインするとゲームに必要なコインがプレゼントされる。『ホウセキ』と呼ばれるアイテムをニンテンドーeショップの残高で購入することができ、ハートやコインと交換できる。またホウセキはボス戦やキャンペーンのプレゼントで入手することも可能。

外部リンク[編集]