電撃!ピカチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電撃!ピカチュウ
ジャンル ポケモン冒険ファンタジー漫画
漫画
原作・原案など 田尻智石原恒和
作画 おのとしひろ
出版社 日本の旗 小学館
掲載誌 別冊コロコロコミック
レーベル 日本の旗 てんとう虫コミックススペシャル
中華民国の旗 咕嚕館(大然文化)
発表期間 1997年4月号 - 1999年12月号
巻数 全4巻
その他 シリーズ構成:首藤剛志武上純希
大橋志吉園田英樹冨岡淳広
テンプレート - ノート

電撃!ピカチュウ』(でんげき!ピカチュウ)は、おのとしひろによるポケットモンスター漫画である。

別冊コロコロコミック』にて、1997年4月号から1999年12月号に連載。『ハイパーコロコロ春号』にも1作品掲載された。原作者として田尻智石原恒和がクレジットされている。シリーズ構成として当時のアニメ版の脚本陣である首藤剛志武上純希大橋志吉園田英樹冨岡淳広が記載されている。全4巻。

英語圏向けに、一部修正が施された海外版も存在する。

概要[編集]

内容[編集]

アニメ版ポケットモンスターの開始に合わせてその漫画化として連載。サトシがピカチュウを連れ、カスミやタケシと共に旅をするなど、大まかなストーリーはアニメ版を基盤に作られている。隔月発行の『別冊コロコロコミック』では毎週放送しているアニメの内容をそのまま追いかけることはできないため、オリジナルの話や展開も多い。ストーリーはアニメ版におけるカントー地方編からオレンジ諸島編までである。なお、第19話とエピローグは完全オリジナルストーリーである。

オリジナルの要素として、サトシとピカチュウの出会いや、世界観の設定の変更がある。物語や設定だけではなく、非常にリアルなポケモンや独自の解釈によるメカニックなど、ビジュアル面も異なる。ポケモン全般において本物の動物らしさが加わっている他、プロポーションの良い女性や際どいコスチュームのキャラクターが多く登場する。

サトシの帽子やカスミの髪の色などは、当初はアニメと異なるデザインだったが、後にアニメと同じものに変更される。また、際どいシーンの修正などを多く求められたと後に発行した同人誌にて作者が述べている。なお、単行本収録時にも際どい描写の更なる修正が加えられている。また翻訳版ではお色気描写のほとんどが修正される。つまり、修正に関しては「雑誌掲載版」「単行本版」「海外版」の3種が存在する事になる。

その他[編集]


あらすじ[編集]

マサラタウンに住むサトシは、自宅の壁の間に迷い込んだ野生のピカチュウを捕まえる。森へ還そうと家を出たところ、ライバルであるシゲルと遭遇する。ポケモン取り扱い免許証を見せびらかされたサトシは、負けじと免許証を取得。プロのポケモンマスターを目指し、ピカチュウを連れて旅に出た。

登場キャラクター[編集]

アニメ版ポケットモンスターの登場人物や個別項目も参照。

サトシ
本作の主人公。ライバルのシゲルに対抗意識を燃やし、家でイタズラをしていたところを捕まえたピカチュウと共に旅に出る。タケシほどではないが、綺麗なお姉さんが好きでシゲルのお姉さんに憧れている。アニメとは違い、旅の為にアルバイトをする描写もある。オレンジ諸島ではアニメとは違い単独で旅をしている。その後、カスミと出会いオレンジリーグ終了まで行動を共にする。
ピカチュウ
失恋し、ヤケ電気をしに街へ降りて来た所、サトシと出会う。当初はサトシの言う事をまったく聞こうとしなかったが、身を挺して自らをオニドリルからかばった事から友情を築く。モンスターボールに入るのが嫌いで、いつもサトシの後ろについて歩いている。第2話で「ジャン=リュック・ピカチュウ」と名づけられた。
カスミ
ハナダシティのジムリーダーで、美人四姉妹の末っ子。サトシに自転車を壊されてしまった。ハナダジムでのサトシとの戦いの後にセキチクシティで再会し、サトシと旅を共にした。12歳(『別冊コロコロ』掲載時は13歳)としては考えられないほどスタイルが良い。露出度の高い服を愛用しており、普段から身に着けている短パンはTバックになっていて、上着も下から胸の一部が覗くなどかなり布面積が少ない。水着もお尻に食い込んだスリングショットなどとてつもなく過激なものを着用している。物語中盤からはやはり大人の事情で普通のプロポーション・アニメと同じ髪の色、服装になってしまっている(なおオレンジ諸島では髪型もアニメとは違い、服装も毎回変わっている)。なお、作者は著書の中において「カスミのプロポーションの変化は自身の都合によるもので、大人の事情で変化したのはサトシの帽子のマークだけである」とも語っている。
タケシ
ニビシティのジムリーダー。アニメ版とは異なり、サトシ達の旅に加わったのはジム戦よりかなり後。サトシには1コマで敗れている。ヤマブキシティからサトシの旅に同行することになった。オレンジ諸島ではアニメ同様同行していない。ヤマブキシティのジムリーダーのナツメとは古い友達らしい。
シゲル
サトシのライバルで、オーキド博士の孫。成績は大変優秀であるが、素は生意気な悪ガキで、よくサトシを小ばかにしている。ポケモンリーグ四回戦まで進んだ実力を持つが、出番が少ない事を自ら嘆いていた。その為かカバー裏の表紙には全巻登場している。姉に対する甘えん坊の一面も見せている。
サツキ
シゲルの姉。『電撃!ピカチュウ』オリジナルキャラクター(ゲームに登場する姉のナナミとは別のキャラクター)。優しく穏やかな性格でサトシの憧れの人で、物語の初期の頃はよくサトシの妄想等で登場していたが、その後エピローグまで出番がなかった。
オーキド博士
ポケモン図鑑の発明者として有名な、ポケモン研究の第一人者。ゲーム・アニメと違い、オツキミ山でピッピの研究をしていたところで、初めてサトシと出会った。ポケモンリーグでは解説を務めていた。
マサキ(ソネザキマサキ)
「ポケモン先端科学技術研究所」のエンジニアで、モンスターボールやポケモンの転送システムを開発した天才。元々は学校嫌いでポケモンの事は知らずに授業免除目的で旅をしていたが、フシギバナが花開く瞬間を見た時からポケモンの魅力に取り付かれるという設定である。本作では関西弁は話さない。
ナツメ
ヤマブキジムのジムリーダー。21歳。心優しい女性であるが、過去にブラックフォッグによってポケモンを殺され、憎しみをつのらせていた。作中、ブラックフォッグの夢喰いによって意識不明となるが、サトシ達の活躍で意識を取り戻す。ゲーム・アニメ版とは容姿・性格がだいぶ異なるが、超能力を有しエスパーポケモンを使用する点は同じである。
ムサシ
ロケット団のメンバー(下っ端)。旅先で度々サトシ達とバトルになるが、いつも敗北している。こちらも物語中盤から大人の事情でバストのサイズダウンなどが行われた。
コジロウ
同じくロケット団の下っ端。実はムサシとは恋人関係だったようで、エピローグでは結婚していた。
ニャース
ムサシ、コジロウと行動を共にしているポケモン。アニメ版と同様に人語を話すが、容姿がよりに近くなっている。
サカキ
ロケット団のリーダー。アニメ版と同様に当初は顔が明らかにされていなかったが、19話にて顔出し出演。悪の組織のリーダーでありながら、「ヤドン世界征服計画」を酔っている際に許可したりと、どこか憎めないキャラになっている。本人曰く、ロケット団は「ブラックでダークな組織」とのこと。
ヒロシ
サトシがポケモンリーグで出会ったトレーナーで、サトシと同じくピカチュウとリザードンを使う。サトシとはリーグ期間中という短い付き合いだったが、確かな友情を育んだ。
レオン
ヒロシが連れているピカチュウ。前髪があるのが特徴。
ユウジ
オレンジリーグ、サザンクロスのヘッドリーダーで、「カイリュー使いのユウジ」の異名を持つ。作中後半でサトシと対戦する。
カイリュー
ユウジが使うドラゴンポケモン。レベルはかなり高い。
サクラ、アヤメ、ボタン
カスミの姉達でハナダジムのジムリーダーである。アニメとは容姿が異なっており、カスミとも仲が良い様子。カスミ曰く「怒らせると怖い」らしい。
ダイスケ
置き去りにされていたヒトカゲのトレーナー。アニメではヒトカゲを捨てた悪人だったが、本作では事故にあって意識不明だったために迎えに行けられず、傷付いた体で隠れ里に来ていたヒトカゲを迎えにいった良きトレーナーという設定。
イミテ
メタモンのトレーナー。本作ではカスミの友達という設定らしく彼女からイミちゃんと呼ばれている。アニメでは普通の話し方だったが本作では関西弁を使っている。
ムラサメリンドウ
クサイハナのトレーナーのお嬢様。アニメでは植物園の娘だったが、本作は大災害により屋敷が水没してしまった没落のお嬢様である。
イワカゼ
アニメでは、植物園で働く普通の青年だったが、本作ではリンドウの執事で水の上を走ったりギャラドス3匹をなぎ倒す凄まじい戦闘能力を持つ男性である。ただし蛇が苦手であり、ムサシのアーボックには全く敵わなかった。
ポケモンセンターの受付嬢達
本作でのポケモンセンターの担当者は毎回違う女性達であり、ジョーイは一回くらいしか出てこない。

ミュウツーの逆襲編[編集]

上記の通り、1998年7月号の『月刊コロコロコミック』にて、同年7月に公開された『ミュウツーの逆襲』が掲載された。『月刊コロコロ』に初めて掲載された作品でもある。

ストーリーは、フジ博士がアマゾンミュウとの出会う所から、劇場版本編の前半までとなっている。世界観は『電撃!ピカチュウ』とリンクしており、ロケット団員がミュウ捕獲の為にマスターボールを撃ち出すライフルを装備していたり、「ミュウツーはプロトタイプで、後にロケット団の命令で感情を持たない兄弟が多数作られる予定だった」といった、オリジナル要素が追加されている。劇場版では誕生直後のミュウツーの暴走に巻き込まれてしまうフジ博士であるが、本作ではロケット団に逆らい拘束されミュウツーに自分もろとも研究所を爆破させるなどの設定の変更も見られた。

当時はまだ映画自体も『完全版』が公開される前であったために、これらミュウツーの過去に関する描写が無く、後の『ミュウツーの逆襲完全版』ではキャラクターデザインなどに大きな影響を与えている。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]