ロケット団 (ポケットモンスター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロケット団(ロケットだん、Team Rocket、R団)は、ゲームポケットモンスター』シリーズに登場する架空の犯罪組織


概要[編集]

主にカントー地方及びジョウト地方を拠点とする、ポケモンを悪事に利用し、世界征服をたくらむ秘密結社。カントーやジョウト以外ではナナシマに倉庫が設置されている。子供向けの作品なので表現はマイルドかつコミカルに描かれているが、各地で事件や破壊活動を引き起こすなど、その実態はマフィア暴力団テロリストといって差し支えない[1]。赤い「R」の文字がトレードマーク。

首領はトキワシティのジムリーダーでもあるサカキ。団員は黒いベレー帽を被って黒装束の制服を着ているが、幹部や一部団員は白い装束を着ることもある。

ゲームでのロケット団[編集]

ロケット団員は一定の場所をグループで占拠してプレイヤーの行く手を阻んでいる。ロケット団を追い出したあとにキーアイテムが手に入ることも多く、総じてロケット団の存在はストーリーの進行に大きな影響を与えているといえる。

基本的には先述のように悪役に相応しく、悪事の為に全てを捧げた暴虐な人物がほとんどであるが、ごく少数だが自身がロケット団に入ったことを悔やんでいる人物や、僅かながら良心を持っている人物も存在する[2]

『赤・緑・青』では、ロケット団の団員は「ロケットだんいん」とのみ記され、男性の姿をしたものしか登場しなかった。また中にはロケット四兄弟というものがいる。『ピカチュウ』には、アニメ版に登場するムサシコジロウを模した二人組が登場する(手持ちにニャースが含まれている)。

金・銀』版以降のシリーズでは、トレーナーにはそれぞれ固有の名前がついているのに対し、ロケット団の戦闘員は全て名前が「したっぱ」となっている。ストーリーの進行に大きく影響する場所では、「かんぶ(幹部)」も登場する。それまでは男性のキャラクターしかいなかったが、このシリーズから女性のキャラクターも登場し[3]、制服のデザインが男女で違うものになった。『金・銀・クリスタル』のみの女性キャラクターは、アニメに登場するロケット団の一員・ヤマトにそっくりである。

また、「はぐれけんきゅういん」もロケット団とともに出没するが、同じロケット団の仲間であり、彼らによって従えられている[4]。主にロケット団内でポケモンや道具の研究をしているほか、後々ロケット団が乗っ取る場所にスパイとして潜入することもあるようである。シルフカンパニーを裏切って仲間入りした者も存在しており、果てには「思う存分ポケモンを狂わせる電波を流せる」「実験のためならポケモンが苦しんだって構わない」といったマッドサイエンティストもいる。

その他、「かじばどろぼう(火事場泥棒)」や「ジプシージャグラー(ジャグラー)」もロケット団とともに出没することが多い。

ストーリー上の位置付け[編集]

ゲーム版のストーリーは、ロケット団が特定の場所を占拠し集団でプレーヤーに戦闘を挑んでくる設定になっている。手持ちポケモンはどのロケット団員も似通っており、レベルが近い(出現する場所による)どくタイプのポケモン(ズバットアーボドガースベトベターなど)やコラッタスリープワンリキー及びその進化系を2〜4匹程度繰り出してくる傾向がある。

赤・緑・青・ピカチュウバージョン[編集]

主人公とはオツキミやまで初めて対峙する。オツキミやまに存在するといわれる化石を探していた模様。『ピカチュウ』バージョンでは、主人公が化石を手に入れて山を脱出しようとする直前に登場し、主人公の化石を狙う。

ハナダシティの北にある「ゴールデンボールブリッジ」にて、トレーナー5人と勝ち抜き勝負を終えた主人公に団員の一人が話しかけてくる。主人公をロケット団へ勧誘しようとするが、断られたためそのまま戦闘を仕掛けてくる。また、ハナダシティでは民家に空き巣として侵入し、わざマシン28(あなをほる)を盗んだ団員がいる。

タマムシシティにあるロケットゲームコーナーはロケット団が経営している店である[5]。隠し階段により入れる地下は彼らの基地となっている。主人公はこの基地で初めてロケット団のボス・サカキと対決する事になる。サカキとの対決に勝利するとシルフスコープが手に入り、ポケモンタワーのゆうれいポケモンと戦うことができるようになる。

シオンタウンでは、ポケモンタワー最上階でフジ老人を監禁していた。また、シオンタウンでカラカラの母親をロケット団員が殺害し、カラカラの被っている骨を剥ぎ取っている。ポケモンタワーに登場する亡霊は、この殺されたカラカラの母親であるガラガラである。最上階に上がると戦闘となり、戦闘終了後に「ポケモンのふえ」が手に入る。

その後、ロケット団はシルフカンパニーをヤマブキシティごと占拠する。ストーリー序盤でヤマブキシティに続くゲートがすべて封鎖されていたのはこのためである。その後、主人公によって野望が阻止されると目をくらます。

この後一般のロケット団はしばらく姿を消すが、ストーリー終盤にて、ボスであるサカキはトキワシティのジムリーダーでもあることが判明する。トキワジムにて主人公に敗北したサカキは、ロケット団の解散を宣言しどこかへ姿を消す。その際サカキは「一からポケモンの修行をやり直す」と誓っている。

ファイアレッド・リーフグリーン[編集]

『赤・緑』版のリメイクである『ファイアレッド・リーフグリーン』では、さらにその後のストーリーを遊ぶことができる。サカキが解散発言をした後も、一部の残党は存在していたようであり[6]、5のしまに逃れて「ポケモンを進化させる電波」について研究していた。また、サカキの息子である「赤い髪の少年」の存在が示唆される。これは、『金・銀』に続く伏線となっていると思われる[7]。なお、旧来の赤・緑・青と違い解散発言後はオツキミやまやタマムシシティにいるロケット団員は姿を見せなくなる。ただし、ロケット団が運営していたロケットゲームコーナーはなくなっておらず営業を続けており、また民家内にいる団員だけは何故か残っている(ロケットゲームコーナーがどのように運営されているのかは不明)。

金・銀・クリスタル[編集]

ある少年(『赤・緑』の主人公)の活躍によって解散したとなっているが、残党はジョウトで活動を続けている。主人公とはヒワダタウンのヤドンの井戸で初めて対峙する。ヤドンのしっぽを奪い売りさばこうとする。

いかりのみずうみで出会う「赤いギャラドス」は、ストーリー上はロケット団が発した怪電波(実際にチョウジタウンでポケギアのラジオのチューニングを合わせると聞こえる)によってコイキングが無理やり進化させられたものという設定になっており、この関係でロケット団員(とはぐれ研究員)はチョウジタウンに潜伏している。

チョウジタウンの売店地下にはロケット団のアジトが存在しており、ロケット団は地下の怪電波を使ってポケモンを無理やり進化させようとしている。

その後、ロケット団はコガネシティのラジオ塔を占拠する。その目的はラジオ塔を利用して怪電波を世界中に流し、ポケモンを操ることである。地下倉庫で局長を救出し、5Fの男幹部との勝負に勝つと、幹部は解散発言をし、姿を消す。

カントー地方でも残党(外国人1人)が登場し、カントー発電所の「きかいのぶひん」を盗んでいく。その後、ハナダシティジムで遭遇するが、24番道路に逃走。話しかけるとバトルになり、倒すときかいのぶひんの場所はハナダシティジムの中にあると供述。ロケット団が解散したという事実を受けると、残党は姿を消す。ちなみにこの残党は「メンバー・オブロケットだん」「ユーはブルーベリーストロベリー」(ベリーストロングの言い間違い)といった英語を交えた台詞が多い。 また、祖国に帰りロケット団を立て直すという発言もしている。

ハートゴールド・ソウルシルバー[編集]

『金・銀』版のリメイクである『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、今まで名称がなかった幹部に固有の名前がつけられている。

また、『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』で配布されたセレビィを連れてウバメの森に行くと、サカキが修行に出た経緯、ライバルがサカキの息子であること、サカキがラジオ塔での呼びかけに答えなかった理由が明かされる。

ブラック・ホワイト[編集]

直接ロケット団は出てこないが、ゲーム中のプラズマ団のしたっぱとの会話から、すでにロケット団が解散したという事が分かる。プラズマ団の団員曰く「ギンガ団やロケット団は無駄に目立っていて色々邪魔された」らしい。

また、セッカシティに『金・銀・クリスタル』・『ハートゴールド・ソウルシルバー』に出てきた外国人のロケット団が住んでいる[8]

他にもある条件を満たすと『ハートゴールド・ソウルシルバー』のロケット団の曲が聴けるというおまけ要素もある。

所属人物[編集]

アニメでのロケット団[編集]

ポケットモンスターSPECIALでのロケット団[編集]

関連商品[編集]

ポケモンカードゲーム

  • ポケモンカードゲーム オフィシャルデッキケース ロケット団(メディアファクトリー)
  • ポケモンカードゲーム 構築済デッキ ロケット団ハーフデッキW(BLACK、SILVER)(メディアファクトリー)
  • ポケモンカードゲーム 拡張パック「ロケット団の逆襲」BOX(メディアファクトリー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤・緑』では「ポケモンマフィア」と名乗っている。
  2. ^ 作中に主人公のポケモンを見て「お前はまだ子供なのに、良く育っている」「俺もお前くらいの年からポケモンをしていたら…」と語る団員がいるほか、「子供の相手をするのは嫌な感じだが…」と主人公の相手を躊躇う団員がいる。
  3. ^ 後の『ファイアレッド・リーフグリーン』でもナナシマに限り、女性団員も登場している。
  4. ^ 『金・銀』からは「はぐれけんきゅういん(『ファイアレッド・リーフグリーン』以降では単に「けんきゅういん」)の○○○」と固有の名前がつくようになっている。その他の関係トレーナー(かじばどろぼうなど)も同じで、これは普通のトレーナーと同じ扱いとされている。
  5. ^ 他にもゲームコーナーの事務所らしき建物がタマムシシティ内に存在している。
  6. ^ サカキが解散宣言をし行方をくらました旨が知らされていなかった。
  7. ^ 電波に関してはチョウジタウンアジトの怪電波発生装置を示唆し、「赤い髪の少年」は『金・銀』のライバルを思わせている。
  8. ^ ストーリー上で最後に登場したロケット団員でもある。

関連項目[編集]