ポケモンの一覧 (52-101)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スリープ (ポケモン)から転送)
移動: 案内検索

本項目では、任天堂のゲームシリーズ『ポケットモンスター』に登場する架空の生物「ポケモン」719種のうち、『ポケットモンスター 赤・緑』から登場し、シリーズ共通の全国ポケモン図鑑において052から101までの番号を付与されている種を掲載する。


目次[編集]

No. 名前
052 ニャース
053 ペルシアン
054 コダック
055 ゴルダック
056 マンキー
057 オコリザル
058 ガーディ
059 ウインディ
060 ニョロモ
061 ニョロゾ
No. 名前
062 ニョロボン
063 ケーシィ
064 ユンゲラー
065 フーディン
066 ワンリキー
067 ゴーリキー
068 カイリキー
069 マダツボミ
070 ウツドン
071 ウツボット
No. 名前
072 メノクラゲ
073 ドククラゲ
074 イシツブテ
075 ゴローン
076 ゴローニャ
077 ポニータ
078 ギャロップ
079 ヤドン
080 ヤドラン
081 コイル
No. 名前
082 レアコイル
083 カモネギ
084 ドードー
085 ドードリオ
086 パウワウ
087 ジュゴン
088 ベトベター
089 ベトベトン
090 シェルダー
091 パルシェン
No. 名前
092 ゴース
093 ゴースト
094 ゲンガー
095 イワーク
096 スリープ
097 スリーパー
098 クラブ
099 キングラー
100 ビリリダマ
101 マルマイン
No. 名前
脚注
 
 
 
 
 
 
 
 

ニャース[編集]

ニャース No. 052
分類: ばけねこポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 0.4m 重さ: 4.2kg
特性: ものひろい/ テクニシャン かくれ特性: きんちょうかん 進化前: なし 進化後: ペルシアン

ネコのような姿のポケモン。額の中心には小判のような物がついており、招き猫に近い姿である。その両脇には触角の様に毛がはねている。全身は白く、後肢と尾の先は茶色、耳は黒である。公式イラスト等では同じネコポケモンであるニューラと同じく二本足で立ち上がったり飛び跳ねた姿が描かれるが、基本的にエネコニャルマーと同じように二足歩行は行わない。夜行性で、丸いもの、キラキラと光り輝くものを好む性質がある。特にコインを好む傾向があり、夜な夜なコインを拾い集め、隠す習性がある。この際、同様に光るものを好むヤミカラスと奪い合いになることもあるという。

レベル28でペルシアンに進化する。『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』および続編『時の探検隊・闇の探検隊』では主人公の一匹となっている。。『ニンテンドーオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではモンスターボールから出現、「ネコにこばん」で相手を攻撃する。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではフィギュアとして登場する。姿と説明文はアニメのエンディングの一つ『ニャースのパーティ』に準じたものとなっている。

アニメーションシリーズでは、主人公たちに敵対的な「ロケット団」に所属するキャラクターとしてすべてのシリーズに登場している。声優犬山イヌコ。アニメシリーズ内では、単に「ニャース」と言うと彼の事を指す。人間の言葉を話すなど、他のポケモンとは異なる特徴が見られる(ニャース (ロケット団のポケモン)を参照)。このほかにもゲストキャラクターとして別の個体のニャースが幾度か登場している。

小学一年生』2004年4月号から2005年3月号にかけて『ポケモン ピカチュウ・ニャースの大ぼうけん』という漫画作品が連載された。作画はふくやまけいこ。コミックスは2005年7月に発売された(ISBN 978-4-09-253220-5)。

ペルシアン[編集]

ペルシアン No. 053
分類: シャムネコポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 1.0m 重さ: 32.0kg
特性: じゅうなん/ テクニシャン かくれ特性: きんちょうかん 進化前: ニャース 進化後: なし

ニャースの進化形。レベル28で本種に進化する。分類は「シャムネコポケモン」だが、短毛で丸い耳、頭に対して大きく出っ張ったアゴなど、ライオンやヒョウなどの大型ネコ科動物の特徴を多く持っている。額に宝石があり、『プラチナ』の図鑑によれば、マニアの間では額の宝石のサイズが話題になるという。気性がはげしくなにかあると直ぐにひっかいたり、かみついたりしてくる。

アニメでは、ロケット団のボス・サカキの足元でくつろいでいる場面などが描かれている。声優は主人公・サトシの担当声優でもある松本梨香である。

コダック[編集]

コダック No. 054
分類: あひるポケモン タイプ: みず 高さ: 0.8m 重さ: 19.6kg
特性: しめりけ/ ノーてんき かくれ特性: すいすい 進化前: なし 進化後: ゴルダック

あひるポケモンに分類されているが、どちらかと言えば黄色カモノハシのような外見のポケモンである。常に頭痛に悩まされていて、頭を抱えている。頭痛がひどくなると念力を使い始める。レベル33でゴルダックに進化する。

ポケモンシリーズのディレクターを務める増田順一の一番好きなポケモンであり、彼の名刺にもコダックのイラストが描かれている[1]。いわゆる「第1世代」に属するポケモンの中では、ピカチュウや最初に貰える3匹(フシギダネヒトカゲゼニガメ)に次ぐ知名度・人気を誇るため、商品化される機会も多い。ANAの初代ポケモンジェットトミカNo.38「ポケモンバス」に描かれたり、ポケモンセンターオーサカの入口付近にコダックの足あとをかたどったプレートが埋設される(後に別ポケモンのものに交換されている)など、グッズ以外でのタイアップも行われている。初代のテレビCMでもコダック(とその鳴き声)が使用されている。

アニメ『ポケットモンスター』ではカスミのポケモンとして登場。声優愛河里花子。アニメシリーズではこの他ゲストとして別個体が何体か登場しており、第92話「さよならコダック!またきてゴルダック?」では水ポケモンの使い手・ツバキの手持ちポケモンとして登場。『アドバンスジェネレーション』第140話「コダックの憂鬱!」では富豪の令嬢・アヅミのポケモンとして登場。豪邸での退屈な暮らしに嫌気が差し、度々家出するというキャラクターだった。

ダイヤモンド&パール』(以下DP)第10話「ポケッチ入手困難!?」では歌うことで「さいみんじゅつ」を使うことのできる野生の個体が登場。同第87話「コダックの通せんぼ!」では群れの♀コダックがタマゴを孵すのを外敵から守るために、住みかに繋がる谷間の道を3匹で塞いでいるというエピソードが描かれている。

ゴルダック[編集]

ゴルダック No. 055
分類: あひるポケモン タイプ: みず 高さ: 1.7m 重さ: 76.6kg
特性: しめりけ/ ノーてんき かくれ特性: すいすい 進化前: コダック 進化後: なし

コダックの進化形。とぼけた表情、まんまる体型のコダックから大きく姿を変え、スマートで精悍な顔つきとなり、体色は黄色から爽やかな水色へと変化する。コダック時代に悩まされていた頭痛もなくなった。額には赤い宝石のような器官を持ち、念力や神通力を使う時に光り輝く。

発達した手足の水かきと流線型の体を生かした泳ぎを得意とする。全ポケモン中最も泳ぎが速く、その速さはオリンピック金メダリスト級。泳ぎの得意な個体は水泳選手の練習台として特訓に付き合うこともあるらしい。また、荒天時の海でも平気で泳ぐことができ、難破船から人を救出したこともあるとされる。夕暮れ時に湖で泳ぐ姿は時折河童と間違えられる。

コダックがレベル33で進化するほか、一部のバージョンでは野生のものも存在する。

アニメ版では、オレンジ諸島編「さよならコダック!またきてゴルダック?」で登場。カスミモンスターボールを入れたリュックを海に落としてしまい、引き上げるとそこにはゴルダックが。カスミはこのゴルダックを自分のコダックが進化したものと思い込むが、実は野生のゴルダックであったことがわかりカスミは落胆する。

マンキー[編集]

マンキー No. 056
分類: ぶたざるポケモン タイプ: かくとう 高さ: 0.5m 重さ: 28.0kg
特性: やるき/ いかりのつぼ かくれ特性: まけんき 進化前: なし 進化後: オコリザル

怒りっぽい性格のポケモン。群れの一匹が怒り出すとなぜか全員が怒り出す。「ぶたざるポケモン」というものの、鼻がであることを除くと殆どと同じである。比較的序盤から入手可能なかくとうタイプのポケモン。

アニメ『ポケットモンスター』では第1話で初登場するが、オニスズメの大群から逃げるサトシピカチュウを木の枝にぶら下がりながら数秒間見つめるだけだった。後に登場した別固体のマンキーはサトシが新戦力とゲットしようとするが、タケシにもらったおにぎりを投げ返され、モンスターボールでおにぎりをゲットしてしまう。こうしたことで機嫌を悪くし、オコリザルに進化したのちサトシ達を追いかける。

オコリザル[編集]

オコリザル No. 057
分類: ぶたざるポケモン タイプ: かくとう 高さ: 1.0m 重さ: 32.0kg
特性: やるき/ いかりのつぼ かくれ特性: まけんき 進化前: マンキー 進化後: なし

マンキーの進化形で、マンキーがレベル28になると進化する。額に血管が浮き出ている。寝ているとき以外は常に怒っており、寝ていても何者かが近づくと怒り出す。ふとしたことですぐ怒り、目線が合った者に対して怒り、それを追う最中も怒り、それを叩きのめしてもまだ怒る。周囲に誰もいない時は怒るのをやめているそうだが、それを見る事は難しいという。

殆どサルのような姿をしていたマンキー時代と比べて尾が退化して体毛が立っており、少しブタイノシシに近い姿になっている。手首と足首に金属の輪の様な物をつけている。

モンスターボールが発明されるきっかけとなったポケモンでもある。

アニメ版ではサトシのポケモンとして登場する。

ガーディ[編集]

ガーディ No. 058
分類: こいぬポケモン タイプ: ほのお 高さ: 0.7m 重さ: 19.0kg
特性: いかく/ もらいび かくれ特性: せいぎのこころ 進化前: なし 進化後: ウインディ

のような姿をしており、「かみつく」や「ほえる」を覚える。人懐こく主人に忠実で、強いポケモンにも恐れず立ち向かう性格。嗅覚が優れており、縄張り意識が強い。敵のにおいを嗅ぎつけると唸りだす。トレーナーの命令があるまでは、一歩も動かない。同じ犬がモチーフでかつほのおタイプのポケモンにデルビルいるがガーディと違いほのお・あくタイプだが、ガーディも「かみつく」や「かみくだく」といったあくタイプの技を覚えるので共通点は多い。

前述の通り忠実で勇敢な性格のためか、アニメ版では警察(ジュンサー)が持ち歩いていることが多い。『ポケットモンスター』第53話では一度ロケット団の手先になった。続編『アドバンスジェネレーション』ではサトシのライバル・マサムネの手持ちとして登場する。

ウインディ[編集]

ウインディ No. 059
分類: でんせつポケモン タイプ: ほのお 高さ: 1.9m 重さ: 155.0kg
特性: いかく/ もらいび かくれ特性: せいぎのこころ 進化前: ガーディ 進化後: なし

ガーディの進化形で、神社で見かける狛犬獅子のような姿をしている。体の所々からはフサフサとした赤と黒と薄橙の毛が生えている。ポケモン図鑑では中国の伝説に登場するとされている。軽やかに、かなりの速度で走る。♂の割合がやや多い。また、同じほのおタイプ+逞しい四肢を持つなど容姿や立場に共通点があるポケモンとしてエンテイが挙げられる。

ウィンディウィンデイなど誤表記されることもしばしばあるが、2文字目の「イ」を大きく、5文字目の「イ」を小さく記したウインディが正しい表記である。アニメ放送が開始した頃や、ポケットモンスターカードゲーム拡張パック第一弾に収録された際には「ウィンディ」となっていたことがあるが現在使用されている表記は全て上記に統一されている。

分類上は「でんせつポケモン」であるが、所謂伝説のポケモンとは定義が異なる。

アニメ版『ポケットモンスター』ではシゲルの手持ちポケモンとして登場。『アドバンスジェネレーション』では3匹の子供ガーディを育てる母親ウインディが登場した他、バトルドームではフロンティアブレーンのヒースの手持ちとして、ラグラージとともに登場する。『ダイヤモンド&パール』では、ジュンサーやマイのポケモンとして登場した。

ニョロモ[編集]

ニョロモ No. 060
分類: おたまポケモン タイプ: みず 高さ: 0.6m 重さ: 12.4kg
特性: しめりけ/ ちょすい かくれ特性: すいすい 進化前: なし 進化後: ニョロゾ

オタマジャクシの様な形をしたポケモン。黒いからだでが厚くが透けて渦巻きになっているなど、オタマジャクシの持つ特徴が強調されている。

同じおたまポケモンであるオタマロと異なりで歩けるが、泳ぐ方が得意。皮膚は薄く湿っている。腹の皮が薄いため、内臓が透けて渦巻き模様に見える。基本的に右巻きだが、生まれた地方によっては左巻きになっている(どちらの場合も進化すると逆巻きになる)。この巻き方の違いには地方の赤道が関係するとの事。手はないが、しっぽで「おうふくビンタ」を食らわす。

ニョロモは『ポケットモンスター 赤・緑』製作時に最初に立案されたポケモンである。オタマジャクシの腸が透けて渦巻き模様に見える、という田尻智の少年時代の思い出が生かされている[2]

アニメ『ポケットモンスター』ではカスミのポケモンとして登場。漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではゴールドのポケモンとして登場する。後者のニックネームは「ニョたろう」。

ニョロゾ[編集]

ニョロゾ No. 061
分類: おたまポケモン タイプ: みず 高さ: 1.0m 重さ: 20.0kg
特性: しめりけ/ ちょすい かくれ特性: すいすい 進化前: ニョロモ 進化後: 本文参照

ニョロモの進化形で、ニョロモがレベル25で進化する。ニョロモと比べると腹の渦巻き模様が逆になっている。口が退化したが鳴ける。手袋を着用したような手が生えた。やはり全身がぬめぬめしており、敵に襲われて捕まったり、かみつかれたりしても、ウパーなどのようにぬるりと逃れられるのが強み。腹の渦巻き模様で敵に催眠術をかけて逃げる事もある。捕食者の多いポケモンの世界に於いて、捕食者から逃げる事を第一に考えている珍しいポケモン。水陸のどちらでも生活できるのだが、敵に襲われる事が少ないため水中を好む。

アニメ版『ポケットモンスター』ではカスミのポケモンとして登場。同作のジョウトリーグでは、ジュンイチのポケモンとしても登場する。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではレッドのポケモンとして登場。ニックネームは「ニョロ」。レッド (ポケットモンスターSPECIAL)#手持ちを参照。同作のゴールドも所持している。ニックネームは「ニョたろう」。

ポケモンの生みの親である田尻智は、最も愛着のあるポケモンとしてニョロゾを挙げている。『タイム』国際版、1999年11月22日号の表紙では、ピカチュウやミュウツーなどの人気ポケモンを差し置いて中央に据えられた(TIME Magazine Cover)。

ポケモンセンタートウキョーの店舗ロゴには、左側にピカチュウ・ヒトカゲとともに描かれていた。2007年7月の移転以降、ニョロゾが配置されている箇所はポッチャマに変更されている(店内には「突如姿を消したポケモン」としたエピソードが書かれている)。ポケモンセンタートウキョーに設置してある自動販売機にもニョロゾが描かれている。

ニョロボン[編集]

ニョロボン No. 062
分類: おたまポケモン タイプ: みず/ かくとう 高さ: 1.3m 重さ: 54.0kg
特性: しめりけ/ ちょすい かくれ特性: すいすい 進化前: ニョロゾ 進化後: なし

ニョロゾの進化形。ニョロゾに「みずのいし」を与えることで本種に進化する。ニョロゾが筋肉質になったような外見をしており、シルエットはカエルに近くなったが、黒っぽい体色や腹の渦巻きを残している通り、分類は「おたまポケモン」である。

全身の筋肉が強靭に発達し、バタ足だけでも休むことなく太平洋を軽く横断するほどの持久力と、クロールバタフライなどの力強い泳法によってオリンピック選手でさえ軽く追い抜いてしまう瞬発力を獲得した。ほんの一瞬だけならば、水上を走ることさえ可能である。なお筋力を表す表現として、公式設定では上記のように泳ぎが用いられる事が多いが、水中ではなく地上で生活する習性を持つ。

アニメ『ポケットモンスター』では、オレンジ諸島編でヒデのポケモンとして登場し、サトシピカチュウに勝利するが、リザードンには歯が立たず「ちきゅうなげ」で敗れる。ジョウト編ではジムリーダー・シジマのポケモンとしても登場しピカチュウ、ベイリーフと対戦する。

漫画版『ポケットモンスターSPECIAL』ではレッドのポケモンとして登場。ニックネームは「ニョロ」。その他に、タンバシティジムリーダーでありグリーンの師匠であるシジマも使用する。

ケーシィ[編集]

ケーシィ No. 063
分類: ねんりきポケモン タイプ: エスパー 高さ: 0.9m 重さ: 19.5kg
特性: シンクロ/ せいしんりょく かくれ特性: マジックガード 進化前: なし 進化後: ユンゲラー

眠ったままでも周りの様子を察知し、敵が近づけば「テレポート」で逃げる。起きている時も目が細い。1日の睡眠時間は18時間と一日の殆どが睡眠である。名前の由来は、アメリカの予言者エドガー・ケイシー[要出典]

進化系統3体の英語名はAbra, Kadabra, Alakazamで、それぞれ手品の呪文に由来している。

アニメ版ではヤマブキシティのジムリーダー・ナツメの手持ちポケモンとして登場。サトシとのジムバトル中に、ナツメのケーシィが目を開き、ユンゲラーに進化する。

ユンゲラー[編集]

ユンゲラー No. 064
分類: ねんりきポケモン タイプ: エスパー 高さ: 1.3m 重さ: 56.5kg
特性: シンクロ/ せいしんりょく かくれ特性: マジックガード 進化前: ケーシィ 進化後: フーディン

ケーシィの進化形。ケーシィがレベル16で進化する。髭が生え、閉じられていた目は開かれ鋭い目つきになる。額には赤い型の模様が、腹部にはESPカードに見られる波型の模様がある。が発達したため頭が若干大きくなり重くなっているので、超能力で頭を支える。超能力の研究を手伝っていたエスパー少年が、ある朝目覚めたところユンゲラーになっていたと噂されている。筋力がほとんどないため、体を動かす時も超能力を使う。

超能力を発揮する度に体表面から特殊なアルファ波が発生、特に両目を閉じた際には通常時の2倍のアルファ波が発生するという。傍に近寄るだけで頭痛が起こるため、扱うトレーナーにも強い精神力が要求される。このアルファ波によって精密機械に異常をきたし、テレビに不思議な影が映ったり、時計が逆回転したりといった現象が起こる。

ピンチに陥るほど能力が高まる、強い精神力を持つポケモン。手に持っている銀のスプーンを見つめることで、精神を統一しアルファ波を高めているので、スプーンなしではいつもの半分しか超能力が使えなくなる。

ひげが生えているが♀もいる。『ダイヤモンド・パール』以降は♂に比べて♀のひげは短い。

アニメ版では、ジムリーダー・ナツメのケーシィが本種に進化し、パワーが大幅に上昇してサトシピカチュウも簡単に負かすほどになる。しかしゴーストの爆弾ギャグで腹を抱えて大笑いをしているのを見たナツメの父が戦闘不能と見なし、ピカチュウを勝利へと導く。

このポケモンについては、ユリ・ゲラーが自分のイメージを盗用されたとして抗議を寄せている(ポケットモンスターに関する様々な逆風を参照)。この抗議があってから、ポケモンカードではユンゲラーはカード化されておらず、「コレクションナンバー」(ポケモンカードに振られている通し番号。ポケモン図鑑の番号とは異なる。)のDPBP#070は欠番になっている。

フーディン[編集]

フーディン No. 065
分類: ねんりきポケモン タイプ: エスパー 高さ: 1.5m 重さ: 48.0kg
特性: シンクロ/ せいしんりょく かくれ特性: マジックガード 進化前: ユンゲラー 進化後: なし

ユンゲラーの進化形で、ユンゲラーを通信交換することで進化する。額の星マーク、腹部の縦波の模様、尾などが退化するなど、ユンゲラーよりも無駄のない体格になっており、体重も減っている。一方で両は長く伸びており、スプーンも両手に2本を持つようになった。なおこれらのスプーンは、フーディンが超能力により生み出したものといわれている。なお第四世代以降ではユンゲラーと同様メスの個体は髭が短い。『赤・緑・青・ピカチュウ』では薄らではあるものの額に六芒星のような意匠があるが、『金・銀』以降ではそれが消えている。

細胞は死ぬまで無限に分裂を続け、結果知能指数5000という頭脳を持つに至った。発達した頭脳はスーパーコンピューターをも上回る処理速度と、生まれてから体験した世界の出来事すべてを覚えておける記憶力を兼ね備え、あらゆる超能力を自在に使いこなすとともに、計算によって闘いを有利に進め相手を倒す。ユンゲラーから引き続き、両目を閉じることで全身の感覚が研ぎ澄まされ最高の能力が発揮できる。

強い超能力と高い頭脳と引き換えに、全身の筋力は非常に弱まっており、筋力ではなく超能力によって体を動かしている。特に脳が分裂を繰り返し頭が重くなっている結果、頭部を首の筋肉だけでは支えきれないため、頭部の保持にも超能力が必要。

名前の由来は、「脱出王」の異名をとったアメリカの奇術師ハリー・フーディーニ[要出典]

X・Y』では「メガフーディン」へとメガシンカを遂げる。

メガフーディン
頭部がさらに発達し、大きな一本角とサイコパワーを放出する赤い宝石状の器官が付加され、髭も仙人のように白く豊富なものを蓄えるようになる。スプーンも2本から5本に増えた。全エネルギーをサイコパワーに費やすようになった影響で、筋肉を全く使わなくなり、スプーンは手で持たず超能力で浮かせ、地に足を踏みもせず座禅を組んで浮遊している。故に頭以外は更に細く弱々しいものになり、手足は細く退化している。
ぼうぎょ・とくこう・すばやさが上昇しており、特にとくこうが大きく上昇している。特性は「トレース」に変わる。

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』では主要人物になっており、チーム「FLB」のリーダーである。その知能を生かして主人公に貢献する。一人称は「ワシ」。なお、携帯ゲーム機における『ポケモン不思議のダンジョン』では、座禅を組んだようなポーズをしながら低空を浮遊して移動する(グラフィック上のみの演出であり、浮遊移動能力は持っていない)。

アニメ版では、古代遺跡にて封じられていた巨大なフーディンが出現し、巨大ゲンガーと戦う。しかし、その後現れた巨大プリンの歌によって再び眠りにつく。ジョウト編ではスイクンを追う青年ミナキのポケモンとして登場。対スイクン用として特殊攻撃力が極限に高められ、一度はスイクンと対峙するがあっけなく敗れる。『アドバンスジェネレーション』ではフロンティアブレーン・リラのポケモンとしても登場。サトシとバトルをし、一度目はヘイガニケンタロスを立て続けに倒すが、2回目のバトルではサトシとの呼吸が合ったヘイガニに敗れる。

ワンリキー[編集]

ワンリキー No. 066
分類: かいりきポケモン タイプ: かくとう 高さ: 0.8m 重さ: 19.5kg
特性: こんじょう/ ノーガード かくれ特性: ふくつのこころ 進化前: なし 進化後: ゴーリキー

自分を鍛えるのが好きで、鍛えるごとに様々な格闘技が身につく。子供ほどの大きさしかないが、平均的な大人なら100人持ち上げられる。山に住むワンリキーはゴローンを持ち上げて身体を鍛える。レベル28でゴーリキーに進化する。

『赤・緑』のクチバシティでは、老人がビルを建てるために土地を確保し、ワンリキーに地均しさせている場面がある。しかし、続編『金・銀』においても未だビルは建っていない。

ゴーリキー[編集]

ゴーリキー No. 067
分類: かいりきポケモン タイプ: かくとう 高さ: 1.5m 重さ: 70.5kg
特性: こんじょう/ ノーガード かくれ特性: ふくつのこころ 進化前: ワンリキー 進化後: カイリキー

筋骨逞しい人間の男性のような姿のポケモン。力が強すぎるために腰のパワーセーブベルトで制御をしている。いかつい外見だが心は優しく、ビルの建設やの引越しやデパートの倉庫の荷物運びを手伝うなど、人間のために地道に働くポケモンの代表格である。

ワンリキーがレベル28で進化するほか、野生でも出現する事もある。トレーナーでは、やまおとこやカラテおうがよく使う。♀も♂同様の筋骨隆々の姿である。

アニメ版では、主に体力仕事などを手伝うシーンに登場する。また、バリヤードが所属するサーカス団のメンバーでもある。タンバジムリーダーのシジマやトバリジムリーダーのスモモの手持ちポケモンとして登場。『ダイヤモンド&パール』ではヒカリのライバルであるケンゴのポケモンとして登場している。

カイリキー[編集]

カイリキー No. 068
分類: かいりきポケモン タイプ: かくとう 高さ: 1.6m 重さ: 130.0kg
特性: こんじょう/ ノーガード かくれ特性: ふくつのこころ 進化前: ゴーリキー 進化後: なし

ゴーリキーの進化種。ゴーリキー同様がたいのいい男性のような姿をしているが、腕は4本に増えた。その腕からは1秒間に500発のパンチを出すことができ、もしそれを食らったものなら、地平線の果てまで飛んでいくと言われている。考えるよりも先に手が出る。細かい作業をすると腕が絡まる。

当初は、ゴーリキーから進化することでパワーセーブベルトが外れるという設定があったため、カイリキーは黒い海パン一丁の姿をしていたが、『ファイアレッド・リーフグリーン』の発売時に描きかえられた新しい公式イラストでは、ゴーリキーのベルトを着けたままの姿に変更され、『ダイヤモンド・パール』以降はゲーム中のグラフィックも同様の姿になった。ちなみにベルトに刻印されている「P」は「ポケモン」ではなく「パワー」。

野生では出現せず、ゴーリキーを通信交換に出すことで進化する。『赤・緑』、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではポケモンリーグ四天王・シバの手持ちポケモンとして登場する。

進化前の2種を含め、作中に登場するほとんどのカイリキーがやられ役的な立ち回りが多い(主にリーグ戦などの大会)。『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のオープニングでは、海賊風トレーナーの手持ちポケモンとして登場。サトシゼニガメと対決しあわ攻撃によって敗れる。

マダツボミ[編集]

マダツボミ No. 069
分類: フラワーポケモン タイプ: くさ/ どく 高さ: 0.7m 重さ: 4.0kg
特性: ようりょくそ かくれ特性: くいしんぼう 進化前: なし 進化後: ウツドン

人の顔に見えるマヨネーズチューブ状のつぼみに茎で出来た細い体、両手のような大きい葉っぱ、根で出来た足で歩き回る植物ポケモン。伝説上の植物である「マンドラゴラ」の一種ではないかといわれている。ジャングルなどの湿地帯に生息し、地面に足を埋めて養分を吸収するが、その途中に襲われると逃げるのに時間がかかる。小さな虫を捕食する。ちなみに分類はフラワーポケモン。

金・銀』のキキョウシティには「マダツボミのとう」という塔が立っている。全長30mのマダツボミが塔の中心で揺れる柱になったという言い伝えがある。

アニメ版では、カントー地方ポケモンリーグ4回戦で、サトシの対戦相手・カオルコが切り札として使用。サトシは「数合わせのポケモンか」と見下していたが、見た目からは想像もつかない程強く、その油断が仇となってサトシのフシギダネピカチュウを倒したが、相性の悪いベトベトンに敗北する。ジョウト地方でも、ジュースが発酵できたツボツボを見分ける事が出来る「ポチ」という名前のマダツボミが登場する。ちなみに発酵できてないと「マダマダ」と言う。

ウツドン[編集]

ウツドン No. 070
分類: ハエとりポケモン タイプ: くさ/ どく 高さ: 1.0m 重さ: 6.4kg
特性: ようりょくそ かくれ特性: くいしんぼう 進化前: マダツボミ 進化後: ウツボット

マダツボミから進化した食虫植物型のポケモン。黄色い筒型の体の左右に葉っぱが1枚ずつ付いており、最下部は丸い大きな口となっている。この口から何でも溶かすといわれる溶解液を吐き出し獲物を溶かしてから食べるが、自身の口には酸化を防ぐ部分があるため、自身が溶けることは無い。

また、各種有害な粉を放出することもできる。葉っぱの部分はカッターのようによく切れるなどひょうきんな顔に似合わずなかなか攻撃的なポケモン。後部のつるで木の枝にぶら下がる。

アニメ版ではジムリーダー・エリカの手持ちポケモンとして登場し、体を回転させて「はっぱカッター」を放つが、サトシヒトカゲの「かえんほうしゃ」で燃えた葉っぱが落ち、そのまま「ロケットずつき」で倒される。

一度だけロケット団コジロウの手持ちポケモンとしても登場した。

ウツボット[編集]

ウツボット No. 071
分類: ハエとりポケモン タイプ: くさ/ どく 高さ: 1.7m 重さ: 15.5kg
特性: ようりょくそ かくれ特性: くいしんぼう 進化前: ウツドン 進化後: なし

ウツドンの進化種。食虫植物であるウツボカズラに良く似た形をしているが、頭の葉っぱの形が違う(ウツボカズラは丸い形をしている)、実際には袋状の部分の側面に葉っぱはない、甘い匂いは口の中ではなく葉の裏から出ている、蔓が生える部分も袋状の部分の下部から根元まで繋がっている等の違いがある。食虫植物がモチーフであるものの、タイプ上むしタイプと相性が悪い。

体内の溶解液は骨も溶かすほどの溶解力があり、口から出る蜜の香りで獲物を呼び寄せる。ジャングルの最深部にはウツボットだらけの地帯があり、入ってしまうと二度と帰ってこられないと言われる。

ウツドンに「リーフのいし」を使用することで進化する。トレーナーでは、タマムシシティジムのジムリーダー、エリカが使用する。

アニメ版ではロケット団コジロウの手持ちポケモンとして登場。

メノクラゲ[編集]

メノクラゲ No. 072
分類: くらげポケモン タイプ: みず/ どく 高さ: 0.9m 重さ: 45.5kg
特性: クリアボディ/ ヘドロえき かくれ特性: あめうけざら 進化前: なし 進化後: ドククラゲ

2本の触手を持つクラゲの姿をしているポケモン。体の99%は海水で出来ている。赤い部分から光線を発射する。触手の先端の「どくばり」で動きを封じる。

アニメ版では第19話「メノクラゲドククラゲ」で初登場。大量のメノクラゲと巨大ドククラゲが街を襲う様子が描かれている。

ドククラゲ[編集]

ドククラゲ No. 073
分類: くらげポケモン タイプ: みず/ どく 高さ: 1.6m 重さ: 55.0kg
特性: クリアボディ/ ヘドロえき かくれ特性: あめうけざら 進化前: メノクラゲ 進化後: なし

メノクラゲの進化形。レベル30で本種に進化する。進化前と同様、クラゲの姿をしており、名前の通りを持つ。触手はメノクラゲから大幅に増加し、設定では80本あるという(ただし80本全てが描かれることはまずない)。触手の毒刺胞に刺されたら、たちまち全身に痛みが走る。この触手は全てドククラゲの思い通りに動くとともに水分が供給される限りドンドン伸び、周囲に張り巡らせて獲物を確保したり、締め付けて毒を注入したりする。身体の前後にある一対の水色のトゲは、巨大な毒針である。

普段は海底の入り組んだ岩場に群れを作っている。危険を察知すると、頭の赤い水晶体を激しく点滅させて仲間に危機を知らせる。

ポケットモンスター』第19話「メノクラゲドククラゲ」ではメノクラゲの大群のうちの1匹が三杯酢で巨大化して進化、街に上陸して暴れまわる姿が描かれている。オレンジ諸島編の話である92話「さよならコダック! またきてゴルダック?」ではゲストキャラクターであるツバキの手持ちポケモンとして登場し、カスミトサキントと戦う。114話「さよならラプラス!」では、ラプラスの群れを密漁する海賊が使うポケモンとして登場。

サイドストーリーの「天駆ける伝説 ヒロシとファイヤー!」ではロケット団・ヤマトの手持ちポケモンとして登場。なお、本編ではコサブロウが技の指示を出していたが、「アニメ ポケットモンスター 全冒険バトル図鑑」ではヤマトのポケモンとして紹介されている。

イシツブテ[編集]

イシツブテ No. 074
分類: がんせきポケモン タイプ: いわ/ じめん 高さ: 0.4m 重さ: 20.0kg
特性: いしあたま/ がんじょう かくれ特性: すながくれ 進化前: なし 進化後: ゴローン

いわタイプのポケモン。頭部から2本の腕が生え、拳は頭部の2/3ほどの大きさ。空中に浮遊して行動する事が多い。山道に多く分布するため、登山者に踏まれる事が多い。性格が荒々しいので、最悪の場合では両腕を振り回して襲い掛かることがある。長生きすればするほど体は丸く削れるが、性格は相変わらずゴツゴツと荒々しい。稀にドサイドンの手から岩石の代わりに発射されるという。

体重が20kgあるにもかかわらず、ボール代わりにして投げ合う「イシツブテ合戦」という遊びがあるとポケモン図鑑には記されている。なお、『青』など一部の作品では2.0kgと表記されていたりする。英語名のgeodudeは「地球+奴」であると『ブラック・ホワイト』で説明されている。

アニメ『ポケットモンスター』ではタケシのポケモンとして登場。オレンジ諸島編ではダンの手持ちポケモンとして登場し、他のポケモンが作った雪玉をロケット団の気球に向かって投げつけて撃退する。『アドバンスジェネレーション』ではジムリーダー・ツツジの手持ちとして登場。キモリを倒すがピカチュウに敗れる。『ダイヤモンド&パール』ではジムリーダー・ヒョウタが使用するポケモンとして登場する。

ゴローン[編集]

ゴローン No. 075
分類: がんせきポケモン タイプ: いわ/ じめん 高さ: 1.0m 重さ: 105.0kg
特性: いしあたま/ がんじょう かくれ特性: すながくれ 進化前: イシツブテ 進化後: ゴローニャ

イシツブテの進化種で、レベル25で本種に進化する。腕が4本に増えたが、長い方は攻撃、短い方は食事に使われるらしい。コケが生えたが好物で一日に1t食べる。道にある障害物を押しつぶしながら山道を転がり落ちてくる事があるため、登山する際には注意が必要。転がる途中で体が欠けても気にしない(そのため体重より遥かに多い岩を食べても体重の変化がない)。止まる時は何かにぶつかって止まる。ワンリキーのトレーニングに付き合うことがある。

アニメ版では悪いポケモンとして登場するパターンが多いが、55話のポケモン検定試験の貸し出し用ポケモンでもある。試験管の貸し出しポケモンで登場しており、コジロウの貸し出しポケモンのピカチュウの電撃技は通用せず、勝利する。9話のセイヨ(声:冬馬由美)は学校の貸し出し用ポケモンのゴローンを使い、カスミスターミーのコアを砕く。189話のプロの温泉掘りのミキオ(声:郷里大輔)のポケモンとしても登場。『あなをほる』の特技を使え、より深く堀るのに活用される。最も悪いポケモンのイメージとは異なる回である。

ゴローニャ[編集]

ゴローニャ No. 076
分類: メガトンポケモン タイプ: いわ/ じめん 高さ: 1.4m 重さ: 300.0kg
特性: いしあたま/ がんじょう かくれ特性: すながくれ 進化前: ゴローン 進化後: なし

ゴローンの進化種。岩石をまとめたような丸い体に怪獣のような頭になり、腕は2本分退化している。1年に1回脱皮する。脱皮して体が柔らかい時に大きくなる。脱皮直後は少し白っぽいが、空気に触れれば短時間で普段の色に戻る。抜け殻は触っただけでボロボロ崩れ、土に還る。爆発の衝撃で隣の山まで飛んで移動できる。山から転がってくることがあるため、ふもとの街では深い溝を掘り街まで転がらないように対策している。

野生では存在しないポケモンの一種であり、通信交換によりゴローンが進化する。『青』ではグレンタウンのおじいさんのゴローンをユンゲラーと交換する事ができ、ゴローニャに強制進化する。

外伝作品『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』では、チーム・ゴロゴロのリーダーとして登場。

アニメ『ポケットモンスター』では、チャリンコ暴走族のリーダー・マサ(声:小西克幸)の手持ちで、サトシヒトカゲと戦うが「かえんほうしゃ」と「ほのおのうず」で火車と化してしまう。トキワジム戦でサカキがシゲルとのジム戦において使用したが、ニドキングとの「たいあたり」同士の対決で敗れた。ジョウト編では怪盗ゴローニャが使用し、シゲルの手持ちポケモンとしても登場。『ダイヤモンド&パール』では四天王・キクノの手持ちポケモンとして登場する。

ポニータ[編集]

ポニータ No. 077
分類: ひのうまポケモン タイプ: ほのお 高さ: 1.0m 重さ: 30.0kg
特性: にげあし/ もらいび かくれ特性: ほのおのからだ 進化前: なし 進化後: ギャロップ

のたてがみを持つポニーのような姿をしたポケモン。進化してギャロップになると炎はより激しさを増す。ジャンプ力は東京タワーエッフェル塔エアーズロックを飛び越えるほど、足のヒヅメはダイヤモンドの10倍硬い、とされる。生まれたてのポニータは伸びる牧草を何度も飛び越える事でジャンプがうまくなる。

TVアニメ版では第33話に初登場。遊牧民フウコ(声:白鳥由里)のポケモンで、レースに出場する予定だったがロケット団の妨害でレースに出られなくなってしまう。その代わりにサトシが出場することになった。レース終盤でドリオのドードリオに妨害されるも、ギャロップに進化して勝利する。

ギャロップ[編集]

ギャロップ No. 078
分類: ひのうまポケモン タイプ: ほのお 高さ: 1.7m 重さ: 95.0kg
特性: にげあし/ もらいび かくれ特性: ほのおのからだ 進化前: ポニータ 進化後: なし

ポニータの進化形で、ユニコーンのように額に角が生えている。走る速度は最高240km/hで新幹線と同じ速度。体中に極熱のを身にまとっているが、これは心を許した者には熱さを感じさせず、背中に乗ることもできる。

赤・緑・青・ピカチュウ』ではジムリーダーのカツラが使ってくる。

TVアニメ版では第33話に登場。レース終盤でドリオのドードリオに妨害されたポニータがギャロップに進化し、猛烈な速さで走り勝利。

ヤドン[編集]

ヤドン No. 079
分類: まぬけポケモン タイプ: みず/ エスパー 高さ: 1.2m 重さ: 36.0kg
特性: どんかん/ マイペース かくれ特性: さいせいりょく 進化前: なし 進化後: 本文参照

カワウソのような姿をしたポケモン。体色はピンク。「まぬけポケモン」の分類の通り、とぼけた表情をしている。衝撃を受けてから5秒後に痛みを感じるほどの鈍感さ。尻尾からは甘い無毒の汁が染み出るが、特に栄養はない。この尻尾は珍味として需要があるらしく、非合法な乱獲が行われることもあるらしい(尻尾は切られてもそのうち再生する)。あくびをすると雨が降るという言い伝えがある。

尻尾を水面に垂らして釣りをする習性があるが、このとき尻尾にシェルダーが噛み付き、そのままヤドランに進化することがある。またこのとき、まれに頭を挟まれヤドキングに進化することもある。

赤・緑』より登場。レベルアップでヤドランに、また『金・銀』以降は「おうじゃのしるし」を持たせて通信交換することでヤドキングへ進化する。

『金・銀・クリスタル』では、ロケット団がヒワダタウンの「ヤドンのいど」を襲い、生息するヤドンを密猟、尻尾を販売するという場面が見られ、実際に「おいしいシッポ」なるアイテムも登場する。

TVアニメ版では第17話に初登場。ピカチュウヒトカゲに道を聞かれるが無視し、釣りを始める。最後には夕日に照らされたままシェルダーを釣り、ヤドランに進化する。

ヤドラン[編集]

ヤドラン No. 080
分類: やどかりポケモン タイプ: みず/ エスパー 高さ: 1.6m 重さ: 78.5kg
特性: どんかん/ マイペース かくれ特性: さいせいりょく 進化前: ヤドン 進化後: なし

ヤドンの進化形のひとつ。シェルダー尻尾に噛み付くとヤドランへ(頭部に噛み付くとヤドキングへ)進化するが、このシェルダーは二枚貝ではなく巻貝の姿をしている。

噛み付いたシェルダーから入った毒素によって痛覚が麻痺しており、痛みに関してはヤドン以上に鈍い。一方で、尻尾をシェルダーが強くかむとその衝撃で少し頭が冴えるらしい。また、激しい戦闘でシェルダーが外れることがあり、その際は退化してヤドンになってしまう。尻尾で釣りができなくなったため、ヤドラン本体が食料を得る際は嫌々ながら自ら水中に入って採取を行う。シェルダーはヤドランの食べ残しから養分を得ているらしい。

ゲーム作品においては、進化の際に手持ちにシェルダーが必要というわけではなく、激しい戦闘をしてもヤドンに退化することはない。『赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーフグリーン』では四天王のカンナ(『ファイアレッド・リーフグリーン』で再戦時は未使用)が、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』では四天王のイツキが使用してくる。

TVアニメ版では第67話に初登場。、オーキド博士が、なぜヤドランに進化すると2枚貝のシェルダーが巻貝になるのか悩んでいて、サトシはポケモン学の権威であるニシノモリ教授に聞きにいくことに。ヤドンからヤドランに進化した後カスミコダックと再び会話をしたが、進化しても相変わらずで、やはり周囲から一生会話が終わらないと言われた。

コイル[編集]

コイル No. 081
分類: じしゃくポケモン タイプ: でんき/ はがね 高さ: 0.3m 重さ: 6.0kg
特性: がんじょう/ じりょく かくれ特性: アナライズ 進化前: なし 進化後: レアコイル

人間が電気を使うようになってから、いつのまにか都市部に出現し始めたと言われるポケモン。金属的な球状の体に大きな一つ目を持ち、上部から1本、下部左右から2本のねじが突出している。左右にはU字磁石のようなユニットを持ち、最大で半径100m以内の鉄を吸い付ける。またこのユニットから電磁波を放射して反重力を発生させて宙に浮いている。電気を食べて生きており、電線に取り付いて電気を吸収することがある。

初登場時である『赤・緑』では一般的なでんきタイプのポケモンだったが、『金・銀』ではがねタイプが追加された。

TVアニメ版では第30話に初登場。ベトベターが大量発生した発電所で住処を守る為ピカチュウと共にベトベターを退治した。ちなみにこの時のサブタイトル「コイルはでんきネズミのユメをみるか!?」は、フィリップ・K・ディック著作のSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のパロディ。

ポケットモンスター 4コママンガ劇場』に掲載された向水遥4コマ漫画では、ピカチュウと並ぶ主要キャラクターとして描かれている。多くの場合ピカチュウと共に行動しており、一見すると仲睦まじいように見えるものの、性格は悪く、事あるごとに毒舌を吐きつつピカチュウの頬をつねり上げる。しかしその一方で彼(?)なりにピカチュウのことを好いているらしく、ピカチュウの友人であるニョロモに嫉妬する一面も見られた。このコイルの台詞はふきだしではなく、コマの端に字幕のように表記される。

Yahoo! きっずが2008年に実施した、映画『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』に登場するポケモンの人気投票では2位に選ばれ、1位のシェイミ、3位のギラティナと共にデザインされた壁紙が配布された。

レアコイル[編集]

レアコイル No. 082
分類: じしゃくポケモン タイプ: でんき/ はがね 高さ: 1.0m 重さ: 60.0kg
特性: がんじょう/ じりょく かくれ特性: アナライズ 進化前: コイル 進化後: ジバコイル

コイルの進化形であり、3体のコイルが磁力線によって連結している。1体1体の形状、色に進化前との差は無い。連結の際、1匹が上、2匹が下に並ぶ三角隊形となる場合とその逆の逆三角隊形となる場合とがある。

太陽に黒点が多く見られると発生しやすい。レアコイルがいる場所から半径1mの範囲では温度が少し高くなる。また、強力な磁力線電磁波を出して精密電気機器を壊す事があるため、大都市ではレアコイルの発生をサイレンで警告する所もあるという。

初登場時である『赤・緑』では一般的なでんきタイプのポケモンだったが、『金・銀』ではがねタイプが追加された。。

TVアニメ版では『アドバンスジェネレーション』にてジムリーダー・テッセンの手持ちとして登場したが、暴走状態だったピカチュウには勝てなかった。

カモネギ[編集]

カモネギ No. 083
分類: かるがもポケモン タイプ: ノーマル/ ひこう 高さ: 0.8m 重さ: 15.0kg
特性: するどいめ/ せいしんりょく かくれ特性: まけんき 進化前: なし 進化後: なし

ことわざ「鴨が葱を背負ってくる」をそのまま具現化したような外見で、カルガモが手元にネギのような植物の茎を持った姿をしている。額には「V」のマークがあり、茎を構えて戦うその姿はを彷彿とさせる。持っている茎は、戦いに用いるだけでなく自分の巣を作るためにも持ち歩いており、さらに非常食にもなっている。飛ぶ時は茎を嘴に銜える。

赤・緑・青』、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではゲーム内のトレーナーと交換でのみ入手できる。作中では希少なポケモンとして扱われ、かつて人間によって食用目的で乱獲されたという設定が一部攻略本で語られている。

『金・銀・クリスタル』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、「ウバメのもり」で逃げた炭焼き職人のカモネギを追いかけるイベントがある。

TVアニメ版では第49話にてケイタの手持ちポケモンとして初登場。声優山寺宏一

ドードー[編集]

ドードー No. 084
分類: ふたごどりポケモン タイプ: ノーマル/ ひこう 高さ: 1.4m 重さ: 39.2kg
特性: にげあし/ はやおき かくれ特性: ちどりあし 進化前: なし 進化後: ドードリオ

突然変異で見つかったとされる、2つの頭を持つ鳥ポケモン。足が速く首が長いなど、ダチョウに近い特徴を持つ。飛行能力に乏しい一方で脚力が発達しており、時速100kmで走る。その足跡の深さは10cmにも及ぶ。両方の頭を交互に上下させることで走行時の安定感が増している。2つの頭が交互に眠り、常に片方が見張りを行うことで外敵から身を守る。首の色が性別によって異なり、オスは黒、メスは茶色である。

ポケモンスタジアム』シリーズでは、一定の条件を満たすことで「ドードーのゲームボーイ」が使用できる。これにより、64GBパックで接続したゲームボーイ版ソフトを通常の2倍の速度でプレイできる。

TVアニメ版ではシゲルの手持ちポケモンとして登場。

ドードリオ[編集]

ドードリオ No. 085
分類: みつごどりポケモン タイプ: ノーマル/ ひこう 高さ: 1.8m 重さ: 85.2kg
特性: にげあし/ はやおき かくれ特性: ちどりあし 進化前: ドードー 進化後: なし

ドードーの進化形。阿修羅のように「喜び」「悲しみ」「怒り」を表す3本の頭が生えているのが特徴で、進化する際に頭部の一つが分裂して3つの頭を持つようになったとされる。非常に高速な走行が可能であるが、ドードーよりも遅い。眠るときはどれか1つの頭は必ず起きているが、脳だけではなく肺や心臓も3つある。しかし、1つの頭で食事をすれば他の頭が食事をしなくても満腹になるらしい。なお、空を飛ぶことができるが、翼はない。

ポケモンスタジアム』に存在するゲームボーイのエミュレーションでは、3倍速でプレイできる「ドードリオのゲームボーイ」が存在する。

TVアニメ版では第1話から登場しており、早朝にニワトリのように鳴いていた。このシーンは提供クレジットの背景として使用されている。第33話ではドリオ(声:結城比呂)の手持ちとして登場。走っている途中にポケモン図鑑で確認できないほど速い。このほか、ジムリーダー・ハヤトやシゲルの手持ちポケモンとして登場している。

パウワウ[編集]

パウワウ No. 086
分類: あしかポケモン タイプ: みず 高さ: 1.1m 重さ: 90.0kg
特性: あついしぼう/ うるおいボディ かくれ特性: アイスボディ 進化前: なし 進化後: ジュゴン

アザラシまたはアシカの様な姿をしたポケモン。頭の角はを砕くためのもので、寒さを好んで氷点下10°Cの中を泳ぎ、零下40°Cまでは活動が可能。地上を歩くことはできないが水中ではしなやかに泳ぐ。昼間には浅瀬の海底で眠っている。泳ぐときは鼻の穴が閉まり毛皮により寒さから保護される。氷山に覆われた海を好み、氷の下で餌を取る。呼吸をするときは氷に穴を開ける。この様な地域に住む人間がパウワウを仲間にしていることが知られている。

TVアニメ版ではハナダジムの事実上のリーダーであるアヤメ、サクラ、ボタンのポケモンとして登場。ロケット団に奪われそうになったが、サトシのピカチュウの活躍で助けられた。

ジュゴン[編集]

ジュゴン No. 087
分類: あしかポケモン タイプ: みず/ こおり 高さ: 1.7m 重さ: 120.0kg
特性: あついしぼう/ うるおいボディ かくれ特性: アイスボディ 進化前: パウワウ 進化後: なし

パウワウの進化形。頭部に角を持ち、寒い海を時速8ノットで泳ぐことが出来る。寒さに耐える為、身体には熱エネルギーが蓄えられている。また、寒ければ寒いほど活発になる。

赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーフグリーン』では四天王の1人、カンナが最初に繰り出すポケモンである。『金・銀』『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、チョウジジムリーダーのヤナギが使用する。

TVアニメ版では第60話に登場。ハナダジムにいたパウワウロケット団との戦闘中に進化した。

ベトベター[編集]

ベトベター No. 088
分類: ヘドロポケモン タイプ: どく 高さ: 0.9m 重さ: 30.0kg
特性: あくしゅう/ ねんちゃく かくれ特性: どくしゅ 進化前: なし 進化後: ベトベトン

人類の生み出した廃棄物質から生まれたポケモンの一つ。月から発せられるX線を浴びた海のヘドロが変質して誕生したとされる。非常に臭い。大好物は汚い物。2匹が合体する事で、新しい毒成分が発生する。

TVアニメ版では『ダイヤモンド&パール』第88話にてヒカリがポケモンサマースクールで借りたポケモンとして登場。このベトベターは非常に人懐っこくヒカリにすり寄ることも多かった。

ベトベトン[編集]

ベトベトン No. 089
分類: ヘドロポケモン タイプ: どく 高さ: 1.2m 重さ: 30.0kg
特性: あくしゅう/ ねんちゃく かくれ特性: どくしゅ 進化前: ベトベター 進化後: なし

ベトベターの進化形。普段は地面に混ざって擬態しており、見ただけではわからない。片腕が退化した代わりに、もう片方は大きくなった。ヘドロゆえに暖かく湿った環境を好み、夏場は悪臭がより増す。他のヘドロなどのゴミを糧にしており、汚い町に好んで住み着き、その町はより汚くなってベトベトンが更に集まるという悪循環に陥る。触っただけで毒に冒される、体液1滴で25mプールの水が濁る、歩いた後には決して草木が生えない等々、凄まじい猛毒ぶりを示す設定を多く持つ。

ゲーム中では「りかけいのおとこ」「ぼうそうぞく」「ロケットだんいん」が頻繁に使用する他、『赤・緑』『ファイアレッド・リーフグリーン』ではセキチクジムリーダーのキョウ、『金・銀』『ハートゴールド・ソウルシルバー』では四天王のキョウが使用している。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。

シェルダー[編集]

シェルダー No. 090
分類: 2まいがいポケモン タイプ: みず 高さ: 0.3m 重さ: 4.0kg
特性: シェルアーマー/ スキルリンク かくれ特性: ぼうじん 進化前: なし 進化後: パルシェン

頑丈な貝殻を持つ二枚貝の姿をしており、貝殻の隙間からは大きな目を持つ中身が確認でき、中身からは大きな舌を常時露出している。貝殻はダイヤモンド以上の硬度を持ち、どのような攻撃にも耐えることができる。しかし中身の本体は非常に柔らかく、殻を開いて中身が露出した際に攻撃されると弱い。大昔は、オムスターの牙で殻を破られ捕食されていた。硬い殻で相手を挟み込む事による攻撃を行うが、それは同時に弱点である中身をさらけ出す事になるので、一か八かの手段である。

2枚の殻を開閉する事で、後ろ向きに高速で泳ぐことが出来る。殻の開閉を問わず常時露出されている舌は、夜睡眠時に海底の砂に穴を掘り、寝床を用意する用途で使われる。殻の中に溜まった砂粒は、シェルダーの体液と混じり合う事によってきれいな真珠へと変わる。

TVアニメ版では、第17話にてヤドンがしっぽでシェルダーを釣り上げて「ヤドラン?」と呟くシーンがある。このほか、ロケット団ムサシの手持ちポケモンとしても登場。

パルシェン[編集]

パルシェン No. 091
分類: 2まいがいポケモン タイプ: みず/ こおり 高さ: 1.5m 重さ: 132.5kg
特性: シェルアーマー/ スキルリンク かくれ特性: ぼうじん 進化前: シェルダー 進化後: なし

シェルダーの進化形。二枚貝を縦に開いたような姿で、貝殻表面にはカキのように鋭いトゲが無数に存在する。シェルダー同様2重構造の貝殻は、ダイヤモンド以上の硬度と、ナパーム弾でも破壊できないほどの強度を併せ持つ。特に表面のトゲは他の部位よりも遥かに硬く、これを敵に突き刺すことによって攻撃を行う。殻を動かす力も非常に強く、殻を閉じてしまうと外からはどんな怪力を持ってしても開くことは不可能で、攻撃に移る時だけ殻を開き中身を露出する。中身は非常に柔らかいが、その正体は一切不明で一貫して黒い球体に顔が付いた形で表される。

海水を飲み込んで貝殻の隙間から勢いよく噴射する能力を持ち、背部からジェット噴射のように海水を噴射することで海中を泳ぐ他、海水噴射の勢いによって表面のトゲをキャノン砲のように発射することもできる。普段は殻をしっかりと閉じて身を守り、攻撃を受けると無数のトゲを発射して反撃する戦法を得意としている。なお潮の流れが激しい海に棲息している個体ほど、大きく鋭いトゲを持つ。

シェルダーにアイテム「みずのいし」を使用することで進化する。『赤・緑・青』『ファイアレッド・リーフグリーン』では四天王のカンナが使用するほか、『ピカチュウ』でははライバルのイーブイシャワーズに進化しなかった場合に手持ちに加えている。

TVアニメ版では第36話にてチャリンコ暴走族の副リーダー・ミサ(声- 木藤聡子)のポケモンとして登場。サイドストーリーではロケット団・コサブロウの手持ちポケモンとして登場。

ゴース[編集]

ゴース No. 092
分類: ガスじょうポケモン タイプ: ゴースト/ どく 高さ: 1.3m 重さ: 0.1kg
特性: ふゆう かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: ゴースト

薄いガス状の生命体。ガスには毒成分が含まれており、インドゾウも2秒で倒れてしまうほど強力。獲物の近くに浮遊し、ガスで徐々に弱らせる。廃墟や洞窟、心霊スポットなどに生息するため、写真を撮ると必ず写っている。ゴースの系統はムウマカゲボウズなどと違いどくタイプを併せ持つ。これはゴースが死者の魂や人間の感情から産まれた幽霊ではなく、図鑑の説明通りにガス状の物質的な生命体であることを示している。壁も通り抜けるため、研究者の間では光化学スモッグであるという説と超次元の生命体だという説に分かれる。強風が吹くと吹き飛ばされてしまう。質量は希薄でごく薄く、ゴーストと並んでポケモンの中で最も軽い。

TVアニメ版では第20話に登場。乙女ヶ岬という街で、2000年前に亡くなった娘の幽霊になっていた。声優石森達幸

ゴースト[編集]

ゴースト No. 093
分類: ガスじょうポケモン タイプ: ゴースト/ どく 高さ: 1.6m 重さ: 0.1kg
特性: ふゆう かくれ特性: なし 進化前: ゴース 進化後: ゲンガー

ゴースの進化形。本体から独立した手を持つ。暗闇で1人でいるときにゴーストの視線を感じることがある。舐められると体がしびれ、都市伝説では「寒気が治まらないまま死に至る」と言われている。ゴースよりもハッキリした形を持つようになったが質量は変わらず、壁をすり抜けるなど生態的な特徴も同様である。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。

ゲンガー[編集]

ゲンガー No. 094
分類: シャドーポケモン タイプ: ゴースト/ どく 高さ: 1.5m 重さ: 40.5kg
特性: ふゆう かくれ特性: なし 進化前: ゴースト 進化後: なし

ゴーストの進化形。深い紫色の体で、足が生えてより生物的な姿となり、寸胴な人の形をしている。影に忍び込んで獲物を狙う。また「街灯の下を歩くとき、影が自分を追い越すのはゲンガーの仕業」「満月の夜影が動き出して笑うのはゲンガーの仕業」「急に寒気がするのは、ゲンガーが室温を奪っているから」などの、ゲンガーにまつわる都市伝説もいくつかある。山で遭難した人の命を奪いに現れるとされ、一部の山にはゲンガーを祀った神社がある。

ゴーストが通信交換によって進化したポケモン。『赤・緑・青』『ファイアレッド・リーフグリーン』のオープニングでニドリーノ (『青』ではプリン)と戦っていた。作中では、四天王のキクコや『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』のライバルなどが使用する。

X・Y』では「メガゲンガー」へとメガシンカを遂げる。

メガゲンガー
頭の角・両腕・尻尾が大型化し、額に異次元を見られるとされる第三の目が追加。身体の下半分を異次元に潜らせており、下半身・両手は地面にめり込んだような状態となり視認できなくなる。
HPとこうげきを除く全能力が上昇し、特にとくこうが大きく上昇する。特性が「かげふみ」に変わり、地面タイプの攻撃が効果抜群になってしまうが、メガシンカ前とは違った戦法が可能となっている。

TVアニメ版でも上述したニドリーノとのバトルが第1話冒頭で再現されおり、ニドリーノをさいみんじゅつで眠らせている。

イワーク[編集]

イワーク No. 095
分類: いわへびポケモン タイプ: いわ/ じめん 高さ: 8.8m 重さ: 210.0kg
特性: いしあたま/ がんじょう かくれ特性: くだけるよろい 進化前: なし 進化後: ハガネール

全身が岩でできており、岩肌色の岩のブロックが連結した長い身体を持つ。地中を移動する速度は時速80キロメートル。頭の中にある磁石のお陰で、方向感覚を失う事はない。物凄い音をたてて地中を掘り進み、鉱物を体に取り込む。通った跡はディグダダグトリオのすみかになる。成長するにつれて体を構成する岩石の成分が変化し、黒いダイヤモンドのようになるという。

ニビシティジムリーダー・タケシの使用するポケモンであり、『赤・緑』および『ファイアレッド・リーフグリーン』ではカスミのヒトデマンスターミーに並ぶ序盤の強敵である。また、ポケモンリーグ四天王・シバの手持ちポケモン(初対戦時)としても登場する。『金・銀』以降のシリーズでは「メタルコート」を持たせて通信交換を行うとハガネールに進化する。

TVアニメ版ではタケシのポケモンとして登場。

スリープ[編集]

スリープ No. 096
分類: さいみんポケモン タイプ: エスパー 高さ: 1.0m 重さ: 32.4kg
特性: ふみん/ よちむ かくれ特性: せいしんりょく 進化前: なし 進化後: スリーパー

夢を食べると言われる伝説の生物、の子孫と言われている。外見は実在のバクに似るが、二足歩行を行い、体色は黄色と茶色の2色。草食性で大食い、4つの胃を持ち反芻を行う[3]、などウシをはじめとした偶蹄目の動物にみられる性質も持つ。その容姿から女性の人気は低い[3]

スリープに夢を食べられると、昨夜見た夢を思い出せなくなる。とても心地よかったり楽しかったりなどポジティブな夢は大好物だが、とても気味悪かったり怖かったりなどネガティブな夢を間違えて食べてしまうと腹痛を起こす。長い鼻で夢を見る人を嗅ぎ分けて探すが、最近では夢を見ない人が多いため野生のスリープはやや空腹気味らしい。

TVアニメ版では『ダイヤモンドパール』第135話にて、ポケモン窃盗団のアツキ(声 - 吉野裕行)のポケモンとして登場した。

スリーパー[編集]

スリーパー No. 097
分類: さいみんポケモン タイプ: エスパー 高さ: 1.6m 重さ: 75.6kg
特性: ふみん/ よちむ かくれ特性: せいしんりょく 進化前: スリープ 進化後: なし

スリープの進化形。いつも振り子を持ち歩いている。過去に子供に催眠術をかけて連れ去る事件があり、それ以来「目が合うと連れ去られる」という迷信が広まり、街の人々から恐れられていた。子供を連れ去る理由は不明。振り子の催眠能力は非常に高く、起きたばかりの人でも振り子を見ると3秒で眠らされてしまうほど。また、振り子の振れ幅が大きくなるほど催眠術の効果は長くなる。空腹時には出会った人を無理矢理眠らせて夢を食べてしまうこともあるという。

TVアニメ版では第27話に初登場し、催眠術の副作用で町の子供達が次々と行方不明になる事件を引き起こした。ジョウトリーグではハヅキのポケモンとして登場。

2008年ポケモンセンターで発売された、大人向けTシャツブランド『POKeMON151』の中にはスリーパーのTシャツがあり、上記の子供を誘拐する様子がプリントされている[4]

クラブ[編集]

クラブ No. 098
分類: さわがにポケモン タイプ: みず 高さ: 0.4m 重さ: 6.5kg
特性: かいりきバサミ/ シェルアーマー かくれ特性: ちからずく 進化前: なし 進化後: キングラー

カニの姿をしたポケモン。ただし実際のカニとは異なり脚ははさみを含めて3対(6本)しかなく、巨大で肉厚なハサミはカニというよりロブスターの趣がある。このハサミはケンカなどでもげる事があるが、脱皮して体が柔らかい時にまた生えてくる。興奮するとハサミを振り上げて泡を吐く。獲物がなかなか見つからない時は、砂に含まれている養分を摂取する。常に横歩きだが、人工的な回転運動が加わり目が回ると縦歩きになる。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。また、シゲルも所持している。

キングラー[編集]

キングラー No. 099
分類: はさみポケモン タイプ: みず 高さ: 1.3m 重さ: 60.0kg
特性: かいりきバサミ/ シェルアーマー かくれ特性: ちからずく 進化前: クラブ 進化後: なし

クラブの進化形。頭のトゲが多くなり、王冠を被っている様にも見える。左のハサミが巨大化し、挟む力は1万馬力もあるが、重すぎて動きが鈍い。潮を招くように片方の大きなはさみを振り上げるカニシオマネキ」のような特徴を持つ。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。

ビリリダマ[編集]

ビリリダマ No. 100
分類: ボールポケモン タイプ: でんき 高さ: 0.5m 重さ: 10.4kg
特性: せいでんき/ ぼうおん かくれ特性: ゆうばく 進化前: なし 進化後: マルマイン

モンスターボールによく似た姿をしたポケモン。目つきが鋭い。モンスターボールの発売開始時期と同時期に、モンスターボールを開発した会社で初めて発見されるなど、その発生経緯はモンスターボールとの関係を強く感じさせる。一説にはモンスターボールに強力なパルスを浴びせた際に発生したとも噂されるが、正体不明。体の成分は自然界にはあり得ない物質でできている。わずかな刺激で爆発するため、慎重に扱う必要がある。

TVアニメ版初登場は、セキチクシティジムに入ったサトシに放電した場面。当初サトシは、ピカチュウが放電したものと勘違いし咎めた。サトシの家にある目覚まし時計もビリリダマの形をしている。しかし、オーキド博士からポケモンをもらう当日の朝に寝ぼけて夢の中でモンスターボールを投げているつもりが時計を投げ飛ばしてしまい、壊れてしまった。

マルマイン[編集]

マルマイン No. 101
分類: ボールポケモン タイプ: でんき 高さ: 1.2m 重さ: 66.6kg
特性: せいでんき/ ぼうおん かくれ特性: ゆうばく 進化前: ビリリダマ 進化後: なし

ビリリダマの進化形。ビリリダマ同様、体はほぼ正球の形をしており、中央部分に横に一周の線で区切られている。その区切られた線で色が分けられているが、ビリリダマやモンスターボールと配色が逆で体上部が白、下部が赤である。目・口はビリリダマと比べてややコミック調。

上部の白い部分には目が、下部の赤い部分には口が描かれているだけであり、至ってシンプルなデザインである。電気に引き寄せられる性質を持ち、空気中の電気や雷、発電所で発電された電気を食べる。エレクトンエネルギーという電気エネルギーを体内に溜め込んでおり、わずかな刺激で爆発するため「バクダンボール」とも呼ばれ恐れられる存在でもある。電気エネルギーを溜め込むことで素早く動けるようになるが、溜め込みすぎると風に流されてしまうことがあり、パンパンに膨らんだマルマインが流されてくることもあるという。

TVアニメ版ではオレンジ諸島のネーブルジムリーダー・ダンの手持ちとして登場。

ポケモンの絵描き歌を収録したCD『ポケモンかけるかな?』の収録曲のひとつ、「ああ マルマイン」において絵描き歌の題材として取り上げられている。この曲はマルマインの背面を描くというもので、非常にシンプルな内容となっている。

脚注[編集]

  1. ^ ニンテンドードリーム vol.84掲載のインタビュー記事より
  2. ^ とみざわ昭仁「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」(メディアファクトリー)158ページ
  3. ^ a b ポケットモンスター図鑑 アスペクト、1996年3月 ISBN 4-89366-494-8
  4. ^ 大人向けのポケモンTシャツ発売! ジラーチが当たるキャンペーンも実施中!! 電撃オンライン 2011年1月16日閲覧。