長靴をはいた猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長靴をはいた猫(ギュスターヴ・ドレ

長靴をはいた猫』(ながぐつをはいたねこ、: Le Chat botté)は、ヨーロッパに伝わる民話1697年に出版された、シャルル・ペローによる『寓意のある昔話、またはコント集〜がちょうおばさんの話』(: Histoires ou contes du temps passé.Avec de moralités : Contes de ma mère l'Oye.)に収録されたものが有名。それ以前のものでは、1634年に出版された、ジャンバティスタ・バジーレによる『物語の物語、または小さき者たちのための楽しみ/ペンタメローネ』(: Lo cunto de li cunti overo lo trattenemiento de peccerille)に収められている。『グリム童話』の初稿にも『靴はき猫』(: Der gestiefelte Kater)というタイトルで収められていた。日本では1969年(昭和44年)などにアニメ化されている(下記)。

シチリア島では、ほぼ同じ物語で狐が主人公となった『ジョヴァンヌッツァ狐』(: La volpe Giovannuzza)という物語が伝わっている[1]

あらすじ[編集]

以下のあらすじは、ペロー版を元にしたものである。

ある粉引き職人が死に、3人の息子にはそれぞれ粉引き小屋、ロバ、猫が遺産として分けられた。三男が「猫を食べてしまったら、後は何もなくなってしまう」と嘆いていると、猫が「心配要りませんよ。まず、私に長靴と袋を下さい。そうすれば、あなたがもらったものが、そんなに悪いもんでもないことが近いうちに分かります」と応えた。そして、猫はウサギを捕まえ、王様に「カラバ侯爵からの贈り物です」と言ってウサギを献上する。

それを繰り返して王様と猫が親しくなった頃、猫は三男にある場所で水浴びをさせる。そこに王様と姫が通りがかり、猫はその前に出て「大変です、カラバ侯爵が水浴びをしている最中に泥棒に持ち物を取られてしまいました」と嘘をつく。そうして、三男と王様を引き合わせ、「カラバ侯爵の居城」に王様を招待することになる。

猫が馬車を先導することになり、道で百姓に会うたびに「ここは誰の土地かと聞かれたら、『カラバ侯爵様の土地です』と言え。でないと、細切れにされてしまうぞ」と言う。本当は、ogreオーガ)の土地だったが、百姓は王様に訪ねられると「カラバ侯爵様の土地です」と答える。そして、王様は「カラバ侯爵」の領地の広さに感心する。

そして、ある豪奢な城に着く。これは、オーガの城だったが、猫はオーガをだまして鼠に姿を変えさせ、捕まえて食べてしまう。そうして城を奪い、王様が着くと「カラバ侯爵の城にようこそ!」と迎える。王様は「カラバ侯爵」に感心。三男も元々育ちの悪い男ではなかったので、姫も三男を好きになり、しきりに気にかけるようになる。王様はこれに気づき、娘婿になってくれないか、という。「カラバ侯爵」はその申し出を受けてその日のうちに姫と結婚し、猫も貴族となって鼠捕りは趣味でやるだけになった。

翻案[編集]

東映動画の劇場用アニメ「長靴猫シリーズ」(1969年-1976年)
ペローの童話を原作とした『長靴をはいた猫』(1969年)と、それに続く『ながくつ三銃士』(1972年)『長靴をはいた猫 80日間世界一周』(1976年)の3作のシリーズ。続編の2作は第一作の主人公であるネコの「ペロ」が活躍するオリジナル作品で、「ペロ」は東映動画(→東映アニメーション)のマスコットキャラクターにも採用されている。漫画、ゲームの関連作品もある。
テレビ東京製のテレビアニメ『ファンタジーアドベンチャー 長靴をはいた猫の冒険』(1992年)
石崎すすむ監督、全26話。「長靴をはいた猫」である黒猫のクルトを中心にして、『長靴をはいた猫』だけでなく『眠れる森の美女』やアンデルセンイソップ寓話千夜一夜物語などをもとにした物語が展開される。
ドリームワークスの劇場用CGアニメ『長ぐつをはいたネコ』(2011年)
同制作会社の『シュレック』シリーズに登場するキャラクターである「長ぐつをはいたネコ」を主人公としたスピンオフ作品。内容は童話の『長靴をはいた猫』とはあまり関係なく、「ジャックと豆の木」などをモチーフにした冒険作品になっている。

脚注[編集]

  1. ^ イタロ・カルヴィーノ 著, 河島英昭 編訳, 『イタリア民話集』, 岩波文庫, 岩波書店, 1985年(昭和60年) ISBN 978-4003270929

外部リンク[編集]