大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ > 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(だいらんとうスマッシュブラザーズ フォー ニンテンドースリーディーエス / ウィーユー、: Super Smash Bros. for Nintendo 3DS and Wii U)は、ソラバンダイナムコスタジオ開発、任天堂発売のニンテンドー3DS専用ゲームソフト大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」及びWii U専用ゲームソフト大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」の総称である。略称は「スマブラfor」、「スマブラ3DS / Wii U」など。シリーズ4作目と5作目である[1]

シリーズ全作品の概要に関しては「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」を参照。また、本記事では、「1作目」「初代」「64版」は『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』、「前々作」「DX」「GC版」は『大乱闘スマッシュブラザーズDX』、「前作」「X」「Wii版」は『大乱闘スマッシュブラザーズX』、「3DS版」は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』、「Wii U版」は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』のことを指す。

概要[編集]

新旧の様々な任天堂のゲームに登場したキャラクター達が共演する対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの第4作目と第5作目[1]で、シリーズ初の携帯型ゲーム機向けタイトル、HDゲーム機向けタイトルである。また、初の3DSとWii Uのマルチプラットフォーム作品でもある。題名は機種名を入れたことにより結果的にスマブラ4(Four)の意味合いを含んだものになってしまったと公言している[2]

2011年6月E3 2011にて、ニンテンドー3DSWii Uの各ハードにおける続編の開発、および両ハード作品で連動要素を持たせるという構想が発表され、2012年6月22日バンダイナムコゲームスバンダイナムコスタジオを中心とした体制で開発が進められていることが公表された[3]。HAL研の参加は一部の音楽のみである[2]

E3 2013にて発表があり、同年6月11日にホームページ開設。同日より新規参戦キャラクターなど発表を行なっている。Wii U版発売前日の2014年12月5日まで、平日(ほぼ毎日)に公式ホームページまたは公式Twitter及びMiiverseにて開発の様子を画像で紹介していた。

3DS版、Wii U版ともに使用できるキャラクターや対戦バランスは同じだが、対戦ステージ・ゲームモードなどそれぞれ独自のものが含まれる[4]。3DS版とWii U版の連動要素として「3DSをWii Uのコントローラーとしても使用出来る」、「カスタマイズしたファイターやMiiファイターのデータをコピー出来る」が搭載されている。[5]

3DS版[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
Super Smash Bros. for Nintendo 3DS
ジャンル 対戦アクションゲーム
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 ソラ
バンダイナムコゲームス
バンダイナムコスタジオ
発売元 任天堂
ディレクター 桜井政博
人数 1 - 4人
メディア 3DSカード
発売日 日本の旗 2014年9月13日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2014年10月3日
オーストラリアの旗 2014年10月4日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE10+(10歳以上)
PEGI12
売上本数 日本の旗 322万本(2014年12月[6]
世界 619万本(2014年12月[6]
その他 コピーライト表記.
© 2014 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: © Nintendo /HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. [注釈 1] / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc. / MONOLITHSOFT[注釈 2]
テンプレートを表示

3DS版では、小さな画面でも各キャラクターが見やすいようにキャラクターの輪郭が濃く描かれる(設定でオン/オフ切り替え可)など、携帯機に合わせたゲームデザインが施されている。ステージBGMは1ステージにつき表・裏の2曲。プレイヤーキャラクターは秒間60フレーム(アシストフィギュアなど操作不可キャラクターは30フレーム)、全てにおいて3D立体視に対応している。[注釈 3]

下画面には対戦者のプレイヤー情報(使用キャラ、蓄積%、”名前”など)が表示される。また、それぞれのプレイヤーのパネルをタッチすることで、上画面でそのキャラクターにターゲットが表示され強調される。最下部には本体の電池残量、時刻、プレイヤーネーム(Miiスタジオでメインに設定しているMiiの名前)、通信状態(「ローカル対戦中」など)が常に表示される。

2014年9月10日よりニンテンドーeショップにて体験版の配信開始。体験版ではマリオ、リンク、ピカチュウ、むらびと、ロックマンの5キャラクターが使用でき、ステージは戦場1つのみ("終点化"は選択できる)。ルールは大乱闘(個人戦)、タイム制(2分)の固定。製品版への引継ぎ要素は一切ない。2014年10月31日をもって体験版の配信を終了。

本作は3DS/3DS LLの「インターネットブラウザ」および「Miiverse」はゲームプレイ中に起動できず、ゲームを終了させる必要がある[7]New3DS/New3DS LLでプレイしている場合はゲームを終了させる必要はない。

New3DS/New3DS LLでプレイした場合、Cスティックでスマッシュ攻撃が出せる。 また、拡張スライドパッドについてはマシンパワーの問題から対応していない[8]

3DS版のアップデート[編集]

3DS版は2015年2月現在5回のアップデートが行われている。

Ver.1.0.1
  • 2014年9月12日配信開始。ダウンロード版は当初からこちらのバージョンで配信。
    • インターネット機能の追加。
    • 9月15日の15:00から「コンクエスト」が遊べるようになる。
Ver.1.0.2
  • 2014年9月19日配信開始。
    • インターネット対戦(「だれかと」)において、対戦開始直後にピーチの下必殺ワザ「野菜ひっこ抜き」を使用した際、稀に不正と誤判定されてしまう問題を修正。
    • ゲームバランスの調整。
Ver.1.0.3
  • 2014年10月27日配信開始。
    • コンクエスト開催中、途中経過の勢力図が表示されなくなる。
    • その他、いくつかの問題の修正。
Ver.1.0.4
  • 2014年11月18日配信開始。
    • ゲームバランスの調整。(特にキャラクターのバランス調整を中心に行っている)
    • その他、いくつかの問題の修正。
Ver.1.0.5
  • 2015年2月10日配信開始。
    • Newニンテンドー3DS/New 3DS LL向けにamiiboに対応。
    • 「共有」モードを追加。
      • 保存した「写真」、「リプレイ」、「Miiファイター」を投稿して、インターネットを介して世界中のユーザーと共有できるようになる。また投稿されたデータを検索してダウンロードすることも可能。
      • さらに「写真」、「リプレイ」、「Miiファイター」をフレンドへ送ることも可能。
    • 保存した「写真」をゲーム内からMiiverseに投稿することができるようになる。
    • その他、いくつかの問題の修正。

Wii U版[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
Super Smash Bros. for Wii U
ジャンル 対戦アクションゲーム
対応機種 Wii U
開発元 ソラ
バンダイナムコゲームス
バンダイナムコスタジオ
発売元 任天堂
ディレクター 桜井政博
人数 1~8人
メディア Wii U専用光ディスク
発売日 アメリカ合衆国の旗 2014年11月21日
欧州連合の旗 2014年11月28日
オーストラリアの旗 2014年11月29日
日本の旗 2014年12月6日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRB:E10+(10歳以上)
PEGI12
デバイス Wii U GamePad Wiiリモコン(プラス)ヌンチャク対応 クラシックコントローラ(PRO)対応 Wii U PROコントローラ ニンテンドーゲームキューブコントローラ Nintendo 3DSシリーズ
売上本数 日本の旗 64万本(2014年12月[6]
世界 339万本(2014年12月[6]
その他 コピーライト表記.
© 2014 Nintendo / Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc. / MONOLITHSOFT
テンプレートを表示

Wii U版では、シリーズ初のHD画質に対応し美麗なグラフィックでゲームをプレイすることができる。また、解像度やハード性能の向上により巨大なステージや最大8人での大乱闘や各モードの多人数プレイを実現している。BGMについても『X』同様に複数のステージBGMが用意され、収録BGMは400を超え、3DS版のBGMはほぼ全て収録されている。その他、3DSと比較するとモードが大幅に追加されており、CPUのAIや保存できる画像サイズなどにも若干差異がある。

コントローラーについては前作で対応していた『Wiiリモコン(プラス)』『クラシックコントローラ(PRO)』に加え『Wii U GamePad』『Wii U PROコントローラ』に対応。その他、『ニンテンドー3DS(要3DS版のソフト)』『ニンテンドーゲームキューブコントローラ(要ゲームキューブコントローラ接続タップ)』にも対応している。

Wii U版のアップデート[編集]

Wii U版は2015年1月現在、1回のアップデートが行われている。

Ver.1.0.2
  • 2015年1月29日配信開始。
    • 8人乱闘専用ステージを15種追加。追加ステージは以下のとおり。
      • 【通常ステージ】 マリオサーキット(X)、ルイージマンション、パイロスフィア、ノルフェア、ライラットクルーズ、ポケモンスタジアム2、村と街、すま村、Wii Fit スタジオ
      • 【終点化ステージ】 マリオギャラクシー、マリオサーキット(X)、洞窟大作戦、ライラットクルーズ、ポケモンスタジアム2、村と街
    • その他、いくつかの問題の修正。

開発[編集]

2機種発売になったのは桜井が会社やチームに属さないフリーランスだった事で実現できた事である。これにより同時開発が実現できた事を述べている[2]。『3DS』より『Wii U』が発売が遅いのは大型でモードが多く制作に時間がかかっている為である[5]。ソフトのマスターアップ[9]は全世界ほぼ同時である。しかしバラバラに発売するのは纏まったソフトを供給する為、一定の期間が必要である。他に営業、広報観点の販売計画や他のソフトの販売時期にあわせて決めている。『3DS』が日本で先だったのは、2014年10月の『モンスターハンター4G』、同11月の『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』、同8月の『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』など、販売本数が100万本以上になることが見込まれていたソフトが年末にかけて発売されることになっており、丁度良い商機が9月であった為である[10]。逆に『Wii U』が北米先行発売なのは、感謝祭が日本ではクリスマス商戦にあたる商機である事が要因である[10]

ゲームコンセプトは「個と公」。「個」は『3DS』が個人で遊び方が入っている。「公」は『Wii U』が1つのものに皆が共有する為。企画書には「1軒家とスタジアムのようなもの」と記述されていた[11]。週刊ファミ通2014年7月7日号においてE3においてスマブラの新作を言及、この間は『新・光神話 パルテナの鏡』を開発中だった。前者のゲーム完成がファミ通2013年2月23日号から不休状態で今作を開発している[12]

対戦[編集]

海外のメディアから「対戦大会で『X』より『DX』の方が使用する事が多いので、新作でも対戦に使用できるアイディアを導入しているのか?」というインタビューに、桜井は『DX』が大会に受けているのはスピードによるもので、マニアには色々な遊び方が出来る半面、ライトユーザーには付いて行けない欠点がある。これが今の対戦格闘ゲームの難点を形成している推測を語った後、スマブラは初代『星のカービィ』同様に手が届かないビギナー、ライトユーザー向けにもプレイして貰えるようにすると述べている[13]。今作品のバランスは『X』同様ではなくダイナミックなバランスに調整していると語っている[13]。『Wii U』の8人対戦は『DX』企画の時点で明言しているシステムである[14][15]。このシステムがこれまでの機種で実現しなかったのは、ハードパフォーマンスの問題によるものである[15]。回避に関して「リスクがあるのか?」と言う問いに対し「初心者に回避は便利なものと思ってもらってくれることが重要なことで、比較的に便利なものにしている」と語っている[16]。対戦のシステムにおいては、前作にあった『滑空』『変身』『しりもちをつく』などといった要素は削除された。『崖捕まり』に関しても、過去作では誰かが崖に捕まっていると他のキャラが捕まることはできなかったが、今作からは崖を奪えるようになった。また、新要素としてダメージ量によってキャラクターから湯気が発生し、技の威力などが変化する。[要検証 ]

また、今作ではアップデートによってバランス調整が行われる。このバランス調整は、モニター班の調査や提案を受けて桜井自身が調整を行っている。また、開発側はオンライン対戦の勝敗データを閲覧でき、そのデータも参考にしている[17][注釈 4]

キャラクターについて[編集]

今作ではシリーズ最多となる48キャラクターが参戦し、オンライン配信による追加キャラクターも予定されている。企画段階の2012年5月時点で参戦キャラクターは決定しており、制作の進行によってプライオリティの低いキャラクターから切っていたという[11]

キャラクターの選考は市場調査などの人気、開始前のゲームを調査、更に都合に加味した独断から選択している。但し、モデルチェンジキャラクターは別だということを述べている。他に「この性能と確信したキャラクターなら、OK」と言う反面、未来に続編が出ないゲームやキャラクターの参戦者は参戦優先順位が落ちるくらい厳しいということである[5][18]

今回の参戦で桜井はマリオ、ロックマン、ソニック、パックマンと言う「業界トップのキャラクター達の参戦の実現が出来た」事を語っている[19]。更に前置きで「誌面限定」ではあるが「世界一のキャラクターゲームを目指したい」と述べている[19]。後述のモデルチェンジ以外のキャラクターについては「原作の設定や楽しさを活かすのは勿論、各キャラクター達が、どのような個性を活かした対戦をしてくれるのかが重要」だと述べている[14][11]。このコンセプトから非戦闘キャラクターである『X』で没になったむらびと[20]やWii Fitトレーナーが参戦が出来た[11]。実際の開発上適正な人数は25人であると述べている[14]。 

削除されたキャラクター
本作では前作では参戦していたアイスクライマーウルフポケモントレーナーゼニガメフシギソウスネークが未登場となった。
この内、アイスクライマーは引き続き参戦を予定していたが、2人を動かすのはマシンパワーが相当必要な上に『Wii U』では動くが『3DS』ではどんなに調整しても動かない、他のキャラクターを削ってもやっとというほど駄目だったため断念された[18]。ポケモントレーナーについても3DSのマシンパワー不足と明言されている[8]
参戦しなかったキャラクター
今作で新規参戦不可能になったキャラクターの中には、『ファイアーエムブレム 覚醒』のクロムが当初はプレイアブルキャラクターとして参戦する構想もあったが、性能がマルスとアイクの中間の普通の剣士になってしまう点からプレイアブルとしての参戦は見送られた[21]。クロムはルフレの最後の切り札やスマッシュアピールで登場している。
仕様が変わったキャラクター
前作までは対戦中に姿を変えていた「サムス」と「ゼロスーツサムス」、「ゼルダ」と「シーク」がそれぞれ独立したキャラクターとなった。理由は「一人のキャラクターに集中して遊べる」というものである。また「3DSのマシンパワーが不足していたから」ともされている[8]
モデル替えキャラクター
モデルチェンジキャラクターが、3キャラ存在している。これらのキャラクターは、開発当初は単なるカラーバリエーションだったものが、バランス的に個性を付けられると判断されたことにより、元のキャラクターから性能を差別化して戦績を別個に分けるために分割されたものである[22][2]
追加キャラクター
『Wii U』発売後は、有料コンテンツとして追加キャラクターの配信を予定している。
また、今後も追加キャラクターの制作が検討されており、本作の公式ホームページではユーザーから追加キャラクターをリクエストできる「スマブラ投稿拳」が設置された[23]
詳しくはさらなる挑戦者」を参照。

プロモーション[編集]

週刊ファミ通 2014年7月17日号より、「ファミ通スマブラ拳!!」を毎週連載開始[24]。2014年最後に発売されたファミ通において全25回で連載終了[25]。2014年9月13日行われる『ファミ通PRESENTS PRESS START 2014』では「戦場」を始めとした多数の楽曲が演奏された[24]。『3DS』との発売と一致したのは偶然であり、『PRESENTS PRESS START 2014』の会場は1年前に押さえていた[8]

2014年8月下旬にJR東日本山手線中央線において計37ヶ所、40種類の『3DS』ポスターが掲載された[26]。 公式からは『Nintendo総合ソフトカタログ2014年・夏』『Nintendoプレゼントソフトカタログ2014年・冬』とは別に 『Nintendo News 号外 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』『Nintendo 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS SMASH BROTHERS GUIDE[27]』『Nintendo大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U / amiibo×大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』のパンフレットが小売店に配布された。『Wii U』版では『マリオカート8』や『タッチ!カービィ スーパーレインボー』など任天堂ソフトの数本などが遊べる「体験版」が「4人戦大乱闘」のみ設置した小売店で遊ぶことができる[28]

『Wii U』発売直後、上記の「ファミ通スマブラ拳!!」では「桜井氏特別インタビュー」[14]Nintendo DREAMでは「スマブラ談!!for Nindori 桜井政博さんインタビュー」[11]電撃Nintendoでは「桜井氏が『スマブラ』を語り尽くす」[15]のインタビューを敢行した。前述の『Nintendo DREAM』のインタビューでは桜井を模したMiiのQRコードも公開した[11]

新規参戦キャラクターのイラストとムービー[編集]

今作では新規デフォルト参戦キャラクターと隠しを含んだ新規キャラクターのイラストとムービーが発表されている。参戦イラストのコンセプトは「スマブラの世界観を原作のタッチに描かれたらこうなる」。ムービーはスマブラの世界の構築をそのまま使用している。イラストのキャラクターは依頼した時点で参戦を発表したキャラクターから選択している。中には固定キャラクター愛込みで描かれている作品も存在する[29]。一部の攻略本にはイラスト名が公開されている[30][31]。ムービーではルフレPV内での「なくはないです」込みのクロムのPVのプロットを見た、インテリジェントシステムズから大喜びされている[11]

『スマブラ・ポケモン 両方買うと”もれなく”プレゼント!』キャンペーン[編集]

2014年11月21日から2015年1月20日まで実施。『3DS』と『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(どちらか1つ)』を購入し、クラブニンテンドーにポイント登録するとキャンペーンに参加できる。もれなくバーチャルコンソール『ゲームボーイギャラリー3』と、『for』の必殺ワザを覚えたゲッコウガがプレゼントされる[32]。 この2つのプレゼントは、本作に参戦する最古キャラクター(Mr.ゲーム&ウォッチ)と最新キャラクター(ゲッコウガ)にちなんだものである[33]

公式大会[編集]

任天堂公式による大会。[34]大会終了後には及川浩一による「実況解説」動画が公開されている。

  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 2on2 プレミアムファイト
2014年11月22日・24日・30日、ニコニコ本社で開催。優勝者には特製きせかえプレート付きNewニンテンドー3DSを贈呈。「スーパーマリオクラブ」の司会者であった俳優の渡辺徹が実況した。決勝戦のゲストとして桜井政博が登壇している。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 最強ファイター決定戦 in ジャンプフェスタ 2015
2014年12月20日・21日、幕張メッセ国際展示場で開催。優勝者には非売品の最強ファイター決定戦オリジナルきせかえプレート付Newニンテンドー3DSを贈呈。
  • amiibo×大乱闘スマッシュブラザーズ エキシビションマッチ
2014年12月20日・21日に幕張メッセ国際展示場で、2015年1月18日~2015年2月8日にナゴヤドーム、幕張メッセ国際展示場、福岡 ヤフオク!ドーム京セラドーム大阪で開催。優勝者には発売中の希望のamiiboを贈呈。
  • コロコロカップ争奪 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 最強小学生決定トーナメント 2015
2015年1月18日〜2015年2月8日、ナゴヤドーム、幕張メッセ国際展示場、福岡 ヤフオク!ドーム、京セラドーム大阪で開催。優勝者には発売中の希望のamiiboを贈呈。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 2on2 闘会議1DAYトーナメント
2015年1月31日、幕張メッセ国際展示場で開催。優勝者には非売品の闘会議2015オリジナルきせかえプレート付Newニンテンドー3DSや闘会議2015オリジナルamiiboケースを贈呈。

モード/機能[編集]

大乱闘[編集]

基本となる対戦モード。従来の「大乱闘」のほか、「8人乱闘」「スペシャル乱闘」がある。 このモードに限り、キャラクター選択画面でamiibo(後述)を読み込んで参戦させることができる。 3DS版ではアイテムの出現率を「ON」(アイテムが出現する)か「OFF」(アイテムが出現しない)の2つからのみ選択可能。Wii U版は従来通り出現率を4段階から選択できる。

8人乱闘
Wii U版のみ搭載。5人以上で対戦できる新モード。チーム戦は2〜4チーム(赤、青、黄、緑)で選択できるが、使用可能なルールは「タイム制」「ストック制」のみで、選択できるステージも一部に限られる。
スペシャル乱闘
Wii U版のみ搭載。「体力」「大きさ」「頭」「装備」「状態」「重さ」「速さ」「カメラ」を選択して特殊な大乱闘を行う。

いろんなあそび[編集]

シンプル

シリーズお馴染みの一人用メインモードだが、進行形式は大幅に変更。残ストック設定は2に固定されるが、ステージごとに回復する。いずれも、最終2ステージは「軍団戦」→「マスターハンド戦」となる。

モード難易度は0.0〜9.0で91段階からなる「ホンキ度」になり、難易度を高くするほど報酬も良いものとなる。標準設定は2.0となっており、「戦士の天秤」で難易度を調節するようになっており、そこから上げる場合/下げる場合両方で変動幅に応じたゲーム内ゴールドを支払う必要がある。

ただしコンティニューをした場合、合計スコアの半分・蓄積された報酬の一部を失う上ホンキ度が強制的に0.5下げられてしまうため、ノーコンティニューでクリアしなければ指定したホンキ度をクリアしたとはみなされない[注釈 5]

ステージ毎にスロットで設定されるクリア報酬が登場し、ランダムでフィギュアやカスタマイズパーツなどを手に入れることができるが、ホンキ度とスロット結果によっては何も手に入れられない事もある。ただしこのクリア報酬はコンティニューした場合一部が、コンティニューせずにゲームオーバーになった場合はすべてが破棄されてしまう。

3DS版では分岐マップ方式の全6ステージ。ルートごとに対戦相手とごほうびが異なり、軍団戦ではMiiファイター以外のキャラクターによる軍団が登場することもある。

Wii U版は武闘会風のトーナメント方式で全7ステージ。1面,2面,4面では複数のキャラクターとステージで組まれたセッションを選ぶことが出来る。ステージごとにセッションは組まれなおされ、同時にプレイヤーと戦わなかったいくつかのキャラクターも退場する。なおチームバトルステージに入ると、プレイヤーが倒したキャラを味方に選べる場合もある。 開始時にライバルが指定され、初めからご褒美を所持している他、ステージが進むほど、強さと撃破時のごほうびが大きくなる。ただし戦う前に負けて退場してしまう場合もごく稀にある。 Wii U版のみクリアムービーと2人プレイに対応しており、2人プレイでクリアすればフィギュアを2人分まとめてゲットすることができる。

オールスター

DX以降で追加されたモードで、引き継がれるダメージと限られた回復アイテムでファイター全員の撃破を目指す勝ち抜きモード。 今作から初期状態で常駐するモードとなったが、この状態で登場するファイターは同じく初期から出現しているキャラクターのみであり、モード選択でも錠前のマークが付いている。隠しファイターの全員が揃うことで錠前マークが消滅し、はじめてそれらが登場する「真のオールスター」となる。 モード難易度は「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の三段階で、変更にゲーム内ゴールドは必要ない。今回はコンティニューが不可能となったが、相手は防御力が半減し、ダメージや吹っ飛びを倍程度受けやすくなっている。回復アイテムは「マキシムトマト」「妖精のビン」「ハートの器」に変更されているが、「真のオールスター」になるとさらに「ハートの器」が一個追加される。年代グループ毎に登場するファイター達のホームステージのうちどれか一つがステージとなる。アイテムは出現しない。 なお3DS版では「そのキャラクターが初めて登場したゲーム」の発売が早い順に最大7キャラずつ7ステージ、Wii U版ではその逆の順番で戦うことになる。

イベント戦

Wii U版のみ搭載。DX〜Xまでに存在したモード。Wii U版ではイベントの出現順序が一本道ではなくなり、さらにごほうび条件・隠しルート条件といったやりこみ要素が深まった。

競技場

従来の「組み手」「ホームランコンテスト」に加え、「スマッシュボンバー」が追加された。「ターゲットをこわせ!」については収録されていない。

組み手
次々と現れるザコ敵を倒していき、スコアを競うモード。敵キャラクターがMiiに変更となっており、格闘タイプ・射撃タイプ・剣術タイプのMiiがランダムで登場する。アイテム、必殺技は使用しない。
過去作にあった「十五分間耐久組み手」は収録されず、自分と同じキャラクターとスコアを競う「ライバル組み手」に変更となった。
Wii U版のみ4人までの多人数プレイにも対応している。
ホームランコンテスト
サンドバッグくんをふっとばした距離を競うモード。
Wii U版のみ多人数プレイに対応している。『X』にあった2人協力プレイのほか、今作では4人まで交互にプレイして競うことができる。
スマッシュボンバー
「競技場」モードにおいて新しく追加された種目で、前作まであった「ターゲットをこわせ!」を「ホームランコンテスト」と融合させたもの。フィールド上に置かれた、触れると10カウントの後に爆発する「バクダンくん」にダメージを与えてふっ飛ばし、爆風でターゲットやブロックを巻き込む。これを2回繰り返し、その合計得点で競う。赤いターゲットをすべて破壊するとパーフェクトになる。また、破壊物にはフィギュアやカスタマイズパーツが混じっている場合もある。2回目は爆風の威力が上がるほか、ブロックが壊れやすくなる。
Wii U版では2回目のバクダンくんが大型化している。威力は上がり、爆発範囲も拡がったが、その分重くなっている。また、ステージが3種類に増え、4人まで交互にプレイして競うことができる。
オーダー

Wii U版のみ搭載。マスターハンド・クレイジーハンドの提示する対戦チケットを購入し、そのバトルで勝利することで報酬を得る。

マスターサイド
チケット1回の購入で3段階の難易度から選択し、一戦限りのバトルを行うモード。
クレイジーサイド
1回の入場から、限られた時間内・蓄積していくダメージの中でバトル数を重ねていくサバイバル形式。切り上げる際にクレイジーハンド&CPUファイター戦に挑み、それに勝てば連戦数に応じた報酬を得ることが出来るが、負けるとほとんどのご褒美が没収となってしまう。
キャラ作り

ゲーム中で手に入る「装備アイテム」「必殺技パネル」を用いて、キャラクターやMiiをカスタマイズできるシステム。これにより攻撃力、防御力、スピードを強化できるほか「対戦開始時からアイテムを持っている」「時間が経過すると体力が回復する」などの特殊なキャラクターで遊ぶことができる。作成したキャラは3DS版とWii U版間でコピーが可能で、オンラインでは「フレンドと」のみで使用可能。

ステージ作り

Wii U版のみ搭載。自由にステージを作成することができる。今作ではWii U GamePadを用いてステージを作成する。

オレ曲セレクト

Wii U版のみ搭載。ステージごとの曲のでやすさが変えられる。今作では設定をデフォルトに戻す「元にもどす」ボタンが追加された。

amiibo

「amiibo」を読み込ませることで「フィギュアプレイヤー(FP)」として、フィギュアのキャラクターを育成することができるモード。対応フィギュアは「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」の第1〜4弾と「スーパーマリオシリーズ」の第1弾(キノピオをのぞく)。 FPは対戦を重ねるごとに「レベル」が上昇し、戦い方も対戦相手から学習していくのが最大の特徴。また、「装備アイテム」を食べさせて、「特殊効果」を付与することもできる。[35] amiiboは2014年2月に任天堂から依頼があり、急遽組み込んでいる。ダウンロードコードでは面白味がないので「人形の個体を楽しもう」というコンセプトから現在の仕様になったと公言している。FPは最高LVになっても行動する変化が起きる[11]

コレクション

過去作にも搭載されていた「フィギュア」「リプレイ」「アルバム」「ムービー」「サウンドテスト」「戦いの記録」「名作トライアル(Wii U版のみ)」のほか、今作で新たに搭載された「スマちしき」がある。

フィギュア
過去作にも搭載されていた「フィギュア名鑑」「ディスプレイ」に加え、フィギュアをランダムに購入できる「ショップ」とブロックを破壊しフィギュアを獲得する「フィギュアラッシュ」がある。Wii U版のみ搭載されている機能として、テーマに沿った組み合わせで集めたフィギュアを鑑賞することができる「フィギュアボックス」、フィギュアをジオラマ風に配置して撮影することができる「撮影スタジオ」も存在する。
Wii U版と3DS版で収録されるフィギュアに差異があり、例として『最後の切り札フィギュア』はWii U版のみであったり、据え置き作品のフィギュアはWii U版、携帯機作品のフィギュアは3DS版に収録される傾向にある。今作のフィギュアのメインテキストには『MOTHERシリーズ』のアシスタント・シナリオライターなどを務めていた東京糸井重里事務所戸田昭吾を迎えている[8]
フィギュアラッシュ
フィギュアを大量に獲得できるミニゲーム。時間は最短30秒から最長2分30秒。1秒あたり6G消費する。画面上から落下してくるブロックを壊しスコアを獲得する。ブロックを連続で壊していくとChainが発生しスコア上昇率が上がる。ブロックを壊すことで溜まる「ゲージ」が満杯になると一定時間ゴールド、フィギュア、カスタマイズパーツのアイコンが書かれたブロックが大量に落下し、これを壊すことでアイテムをゲットできる。
プレイヤーが足場から落下してミスすると足場が消えてブロックが一旦リセットされると同時に制限時間が15秒減らされる。ただしブロックがラインより上に溜まって一定時間がたっても足場が消え、強制的にミスとなる。
Wii U版のみ2人プレイに対応。それぞれのスコアが表示されるうえ、プレイヤーに攻撃することも出来るため、対戦ゲームとしても活用できる。
名作トライアル
Wii U版のみ搭載。参戦キャラクターやステージの原作となるゲームの体験版がプレイできる。今回は「ファミコンディスクシステム))」「スーパーファミコン」のほか、本来Wii Uでは遊ぶことが出来ない「ゲームボーイ」のソフトもプレイが出来る。それぞれのゲームを選択すると、ニンテンドーeショップの商品ページへと移動することも可能(ショップで販売がされているもののみ)。
スマちしき
ロード中に表示される文章を閲覧できるモード。閲覧できる内容は、ファイター・アイテム・ステージの情報や、各ファイターの出典作品における原作設定(Wii U版のみ)など様々である。3DS版では1画面に1種類、Wii U版では1画面に3種類を閲覧可能。なお、アップデート出来る仕様になっている[5]

インターネット[編集]

『X』に引き続き「オンライン対戦」が可能。「フレンドと」「だれかと」「大観戦」「コンクエスト」「共有」などのモードが搭載されている。「だれかと」に関しては前作において匿名で対戦できる「おきらく乱闘」で悪質なプレーが多発したことから「ニンテンドーネットワーク」のアカウントを表示。さらに「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」と部屋を分けてより遊ぶ人にあったマッチングを行う。 Wii U版では、1台のWii Uで2人同時に「フレンドと」「だれかと」の「チーム乱闘」に参加できる。

フレンドと
Wii Uもしくは3DSのフレンドと対戦を行う。オンライン対戦ではこのモードでのみカスタマイズキャラが使用できる。Wii U版ではボイスチャットも可能。
だれかと
世界中の人とランダムでマッチングを行い対戦する。今作では相手プレイヤーを「通報」「ブロック」することが可能になった。
エンジョイ部屋
ほぼすべてのステージがアイテムが出る部屋。最大4人で対戦が可能で、「大乱闘」と「チーム乱闘」がある。
ステージは完全にランダムに決定され、選択や投票はできず、「終点」は選択されない。Wii U版では「エンジェランド」や「洞窟大作戦」など広大なステージは選択されにくくなっている。
ガチ部屋
ステージは「終点」のみ、アイテムは一切出ない部屋。戦績も詳細に記録される。「大乱闘」「チーム乱闘」のほか、いわゆるタイマンで戦う「1on1」がある。
「大乱闘」「チーム乱闘」は制限時間2分のタイム制だが、「1on1」は2ストックで制限時間5分となる。
コンクエスト
一部のキャラを一定期間特定のグループに分け、ポイント獲得数で競う。ポイントは敵を多く撃破することでたくさんもらえる。
一定期間終了後に勝利陣営にポイントを獲得していれば各アイテムを獲得できる。
共有
自分で作成した「写真」「リプレイ」「Miiファイター」をフレンドや世界中のプレイヤーと共有することができる。
投稿されたデータを検索してダウンロードすることも可能。3DS版のみ実装(2015年2月現在)。

クリアゲッター[編集]

『X』にも搭載されていた、特定のお題をクリアすることでご褒美がもらえる機能。今作ではお題とともにゲーム画面の写真も表示される。3DS版とWii U版では内容が違う。

フィールドスマッシュ[編集]

3DS版のみ搭載。広大なステージを移動しながら敵を倒し、「パワーアップアイテム」を獲得する。制限時間5分以内に獲得したアイテム能力を付加させたキャラクターで様々なバトルで勝敗を決める。 前作までのアドベンチャーモードに近いが、当時桜井が在籍していたHAL研究所の『カービィのエアライド』にある「シティトライアル」の応用である[4]

敵キャラクターについては、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの登場キャラクター#フィールドスマッシュを参照

ワールドスマッシュ[編集]

Wii U版のみ搭載。ボードゲーム形式でMiiを操作し、キャラクターやパワーアップアイテムを獲得する。一定ターン以内に集めたキャラクターに、アイテム能力を付加させた状態で、特殊なストック制乱闘で勝敗を決める。

本モードについて、桜井自身は仲間とよく遊ぶが、人によっては見向きもしないと語っている「ワールドスマッシュ」に関しては、スマブラのパーティー制にブーストをかけ、より高める事が発想の起点で辿り着いたのがボードゲームのスタイルであった事を述べている。しかしながら厳密に闘いたい人には向かない、先が読めない逆転による逆転を楽しみたい人向けであると公言している[36]

すれちがい大乱闘[編集]

3DS版のみ搭載。平面な盤上でコマを動かして行うミニゲーム。すれちがい通信ですれちがった相手のコマと対決し、全てのコマを画面外に弾き飛ばすと、ゴールドやフィギュアなどの報酬がもらえる。最大12人参加することができる。1人で練習することもできるが入手できるゴールドは少ない。

Wii U(3DS)と通信[編集]

3DS版はWii U版と、Wii U版は3DS版とそれぞれ通信ができるモード。作成したMiiファイターやカスタマイズキャラを3DS版とWii U版間でコピーすることができる。また、Wii U版では3DS本体をコントローラーとして使用できる(大乱闘モードのみ)。

その他のシステム[編集]

ゴールド
ゲーム内の通貨として「ゴールド」が存在する。フィギュアの購入や「大観戦」や「シンプル」「オーダー」などで使用可能。ゴールドは「シンプル」などの報酬になっている他、大乱闘をすることでも獲得できる。
世界戦闘力
プレイヤーの強さを示す数値。通常のランキングは自分より上位の人数を表すのに対し、世界戦闘力では自分より下位の人数を表す。従って数値が大きいほど強いことを示している。オンライン対戦ではこの数値が近いユーザー同士がマッチングされるとのこと[37]

キャラクター[編集]

本作では、シリーズでは初となる必殺ワザのカスタマイズも行えるようになっている(通常B、横B、上B、下Bそれぞれ初期状態+派生ワザ2種の3パターン。一部キャラのみ派生ワザではなく別のワザ)。但し、オフライン対戦・フレンド同士でのオンライン対戦のみ使用可能。 ゲーム開始時、必殺ワザはMiiとパルテナを除き初期ワザのみ使用できる。カスタマイズワザはシンプルでのスロット報酬のほか、フィールドスマッシュ(3DS)や大乱闘のステージ上に落ちていることがあり、拾うことで獲得する。

プレイヤーキャラクター一覧[編集]

使用できるキャラクターはMiiファイター及びカラーバリエーションによる別キャラクター変化を除き現時点で48人となる。この数値は『DX』の約2倍、「初代」に至っては4倍にあたる。キャラクターは両ハード共通している。参戦キャラクターは1から作り直している[2]。また、カラーバリエーションのパターンが全キャラクターで各8種類ずつになった。ただし、リトル・マックだけは通常版とワイヤーフレーム版それぞれで8種類ずつ存在するため、計16種類になっている[31]。アピールは3種類であるが、ファルコンとワリオのみ条件付きで1種類追加されている[31]

歴戦の勇者[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の過去の作品にもプレイヤーキャラクターとして登場したキャラクター。「ソニック」については「ゲスト参戦」の項目を参照。

マリオ(MARIO)
声: チャールズ・マーティネー
マリオシリーズ』の主人公。任天堂公式から「ゲームを代表する存在」と称されている[27]
ドンキーコング(DONKEY KONG)
声: なし
ドンキーコングシリーズスーパードンキーコング)の主人公。
リンク(LINK)
声: 笹沼尭羅
ゼルダの伝説シリーズ』の主人公。今作でも『X』と変わらず『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のリンクが下地となっている。
ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の私服のリンクや[38]、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の鬼神リンクのカラーバリエーションも登場している。
サムス(SAMUS)
声: なし
メトロイドシリーズ』の主人公。『メトロイド Other M』仕様のデザインへと変更された。また、ゼロスーツサムスはサムスと別枠での参戦となったため、最後のきりふだを使用してもパワードスーツを脱ぐことはなくなった。
ヨッシー(YOSHI)
声: 戸高一生
ヨッシーシリーズ』の主人公であり『マリオシリーズ』の登場キャラクター。現行シリーズでのデザインに合わせ、過去作と比べ、やや立った姿勢へと変更されている。
カービィ(KIRBY)
声: 大本眞基子
星のカービィシリーズ』の主人公。横必殺ワザの「ハンマー」が溜め撃ち可能になり、その際には「鬼殺し火炎ハンマー」に変化する。また最後の切りふだは「ウルトラソード」に変更された。
フォックス(FOX)
声: 野島健児
スターフォックスシリーズ』の主人公。ボイスが新録されている。
ピカチュウ(PIKACHU)
声: 大谷育江
ポケットモンスターシリーズ』の登場キャラクター。グラフィックが大幅に描き直され、前作よりも細身になった。
ルイージ(LUIGI)
声: チャールズ・マーティネー
『マリオシリーズ』に登場するキャラクター。シリーズを通して初めて最初から使用可能になり、公式からは「控え目で臆病な性格のマリオの双子の弟」という紹介をされている[27]。『ルイージ30周年』に参戦が発表された[11]
ジャンプ時に足をばたつかせるようになり、最後の切りふだが「オバキューム」に変更された。
キャプテン・ファルコン(CAPTAIN FALCON)
声: 堀川りょう
F-ZEROシリーズ』の主人公。『DX』同様に最初から使用可能。
ピーチ(PEACH)
声: サマンサ・ケリー
『マリオシリーズ』の登場キャラクター。ゲッコウガ参戦時に公開のイラスト題名「スマッシュブラザーズ×ポケットモンスター[31]」でピーチが全面押し出されているのは、杉森建がピーチが1番好きであるためのものであった[11]
クッパ(KOOPA)
声: なし
『マリオシリーズ』の登場キャラクター。グラフィックが大幅に描き直され、やや立った姿勢へと変更されている(ギガクッパは従来通り)。走る際も体を引きずる形ではなく、足を上げて走るようになった。
ゼルダ(ZELDA)
声: 水沢潤
『ゼルダの伝説シリーズ』の登場キャラクター。リンク同様『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のデザインとなっている。シークはゼルダと別枠での参戦となった。それに伴い、下必殺ワザが変更された。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の発売日に参戦が発表された[11]
シーク(SHEIK)
声: 水沢潤
『ゼルダの伝説シリーズ』の登場キャラクター。ゼルダと別枠で単体キャラクターとしての参戦となり、横・下必殺ワザが変更された。
マルス(MARTH)
声: 緑川光
ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』の主人公。シリーズを通して初めて最初から使用可能になった。
デザインは『新・暗黒竜と光の剣』をベースに以降の作品の要素を追加した完全リニューアル服になり[39]、神剣・ファルシオンはフォルムが少し変更になっている[40]
ルキナとは必殺技、最後の切りふだ[27]、カスタマイズ技[31]、移動速度等[41]、モーションが同じだが、マルスの方が背が高く[42]、髪の色が青固定、剣先で当てるとルキナよりも技の威力が高く爆発力がある[43]。『WiiU』のイベント戦「マルスの名にかけて」では使用キャラ・マルスでルキナとのバトルがある[44]
メタナイト(META KNIGHT)
声: 私市淳
星のカービィシリーズ』の登場キャラクター。滑空が廃止されたことで上必殺技の仕様が変更された。
ピット(PIT)
声: 高山みなみ
パルテナの鏡シリーズ』の登場キャラクター。『新・光神話 パルテナの鏡』仕様のデザインへと変更された。
新たに神器を使う技が実装され、最後の切りふだも「三種の神器」に変更された。これはパルテナがプレイヤーキャラクターとして参戦したことによる変更だとされている[5]
ゼロスーツサムス(ZERO SUIT SAMUS)
声: アレジア・グライドウェル
『メトロイドシリーズ』の主人公。サムスと別枠で単体キャラクターとしての参戦となった。原作にはない「ジェットブーツ」を履き身体能力を強化している[4]。最後の切りふだも「スターシップ」に変更された。
アイク(IKE)
声: 萩道彦
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』の主人公。『ファイアーエムブレム 暁の女神』仕様のデザインへと変更された。
リザードン(LIZARDON)
声: 三木眞一郎
『ポケットモンスターシリーズ』の登場キャラクター。前作ではポケモントレーナーの操作ポケモンの内の1匹だったが、本作では単独での参戦となった。
これに伴い必殺ワザの構成も少し変更され、最後の切りふだはメガリザードンXになる「メガシンカ」に変更された。
ディディーコング(DIDDY KONG)
声: なし
『ドンキーコングシリーズ』(『スーパードンキーコング』)に登場するドンキーコングの相棒。下必殺ワザで出せるバナナの皮の数が減少している。
デデデ(DEDEDE)
声: 桜井政博
『星のカービィシリーズ』の登場キャラクター。横必殺ワザ「ワドルディ投げ」が「ゴルドー投げ」に、最後の切りふだが「デデバースト」に変更された。『星のカービィ トリプルデラックス』の発売日に参戦が発表された[11]
ピクミンオリマー(PIKMIN & OLIMAR)
声: なし(オリマー、アルフ)、若井淑(5色のピクミン)、朝日温子(羽ピクミン)
ピクミンシリーズ』の主人公。
上必殺ワザが「羽ピクミン」に変更された。また、連れて行けるピクミンが最大3体までとなった代わりに、ピクミンの順番が固定化された。『ピクミン3』の発売日に参戦が発表された[11]
カラーバリエーションでピクミン&アルフ(PIKMIN & ALPH)にも変更可能。アルフは本作で初参戦となる。カラーはオリマー・アルフ各4種類ずつで、オリマーとしてのカラーバリエーションは前作より減少している。
ルカリオ(LUCARIO)
声: 浪川大輔
『ポケットモンスターシリーズ』の登場キャラクター。『波動』によってダメージをうけるほどワザの威力が高まる。前作とは異なり最初から使用可能。
ボイスが新録されている。最後の切りふだが新作の要素である「メガシンカ」に変更された他、波導の影響が前作以上に強くかかるようになっている。
トゥーンリンク(TOON LINK)
声: 松本さち
『ゼルダの伝説シリーズ』の主人公。アピールや勝利ポーズでタクトを使ったり、「大海原をゆく戦士」と称される[45]など『ゼルダの伝説 風のタクト』を意識したものとなっているのが伺える。前作とは異なり最初から使用可能。『ゼルダの伝説 風のタクト HD』の発売日に参戦が発表された[11]

新たなる挑戦者[編集]

本作で新たに追加されたキャラクター、プレイヤーキャラクターに昇格したキャラクター。「ロックマン」「パックマン」については「ゲスト参戦」の項目を参照。

むらびと(MURABITO)
: なし
どうぶつの森シリーズ』の主人公。『どうぶつの森』に登場する家具や道具を用いて戦う。キャッチコピーは「飛べ!ハニワくんロケット」[46]。公式からは「『どうぶつの森』からやってきた元気な男の子。」と紹介された[27]
グラフィックは『街へいこうよ どうぶつの森』準拠の2.5頭身である。
カラーバリエーションで顔のデザインが変わる他、少女にもできる(男女各4種類ずつ)。
Wii Fitトレーナー(Wii Fit TRAINER)
声: 廣瀬仁美(女性トレーナー)、樋口智透(男性トレーナー)
『Wii Fit』シリーズに登場する女性トレーナー[27]。キャッチコピーは「ヨガで謎の波動弾を発射!?」[46]
『Wii Fit』のトレーニングで用いる体術の他、サッカーボールやフラフープなど『Wii Fit』に登場する道具を扱い戦う。
女性トレーナーが基本だが、カラーバリエーションで男性トレーナーも選択できる(男女各4種類ずつ)。
ロゼッタ&チコ(ROSETTA & CHIKO)
声: ケリー・ケイン(ロゼッタ)、竹澤勇矢(チコ)
『マリオシリーズ』に登場するキャラクター。キャッチコピーは「チコを操って攻撃!」[46]
基本的にはロゼッタを操作するが、チコを投げつける事ができ、ロゼッタの動きに連動してチコも攻撃ができる。
リトル・マック(LITTLE MAC)
声: 鳥海浩輔(リトル・マック)、小山剛志(ドック・ルイス)
出典:
パンチアウト!!』の主人公。キャッチコピーは「一撃必殺!K.O.アッパー!!」[46]。前作『X』ではアシストフィギュアとして登場していたが、今作ではプレイヤーキャラクターとして登場となった。セコンドのドック・ルイスも演出に登場する。
固有の「K.O.ゲージ」と呼ばれるものが存在し、ダメージを受けるなどして蓄積されると必殺技が変化する。
カラーバリエーションとして、アーケード版に準じたワイヤーフレームモデルも登場。このため、彼のみカラーバリエーションが16色存在する(通常モデル、ワイヤーフレームモデル各8種類ずつ)。
ゲッコウガ(GEKKOUGA)
声: うえだゆうじ
出典:『ポケットモンスターシリーズ』
ポケットモンスターX・Y』に登場するしのびポケモン。:「ハイドロポンプ」「みずしゅりけん」といった水タイプの攻撃技を駆使して戦う。キャッチコピーは「素早い動きで敵を翻弄」[46]。上記の『スマブラ×ポケモン』キャンペーンでの参戦キャラクターとして紹介[32]
名前が決まっていない時に、数枚のイラストだけで、夕方から技、必殺技、ポーズを作成し、その日の午後12時に完成、撮影した後、確認を行ったとされる[11]
ゲッコウガ参戦のイラスト題名「スマッシュブラザーズ×ポケットモンスター[31]」がきっかけでセガからのイラストの依頼が杉森にあった[47]
パルテナ(PALUTENA)
声: 久川綾
パルテナの鏡シリーズ』に登場するキャラクター。キャッチコピーは「女神の奇跡が発動!!」[46]
前作では演出として、ピットの最後の切りふだ使用時に背景に灯影される形での登場であったが、今回はプレイヤーキャラクターとして登場となった。カスタマイズで変更可能な、通常・横・上・下にそれぞれ3種類ずつ存在する必殺技は、このキャラのみ特性が大きく異なる。カスタマイズ技は他のキャラクターより多いパルテナが一番大変だった。更にバランスを崩す恐れのある「超速ダッシュ」も調整が困難だった[15]
ルフレ(REFLET)
声: 細谷佳正(男性マイユニット)、沢城みゆき(女性マイユニット)
ファイアーエムブレム 覚醒』に登場するキャラクター。キャッチコピーは「剣と魔法の強力コンボ!!」[46]
他のファイアーエムブレム出典のキャラクターとは違い「魔法」と電撃の衝撃波が出る「サンダーソード」を用いて戦うのが特徴。
男性が基本だが、カラーバリエーションで女性も使用できる(男女各4種類ずつ)。なお、主人公の1人の「クロム(声:杉田智和)」は最後の切りふだや勝利演出での登場となる。
シュルク(SHULK)
声: 浅沼晋太郎
ゼノブレイド』の主人公。大剣「モナド」を扱い、モナドの能力である「モナドアーツ」で能力値を変えながら戦うのが特徴。
Miiverseで桜井は「本来なら『スマブラ』に出られるキャラクターではないのだけど、超がんばって達成しました。」と発言している。カラーバリエーションは1つを除き、旅の仲間のカラーをモチーフにしている[48]
「モナドアーツ」はバランスを崩す恐れのあるものであった為、調整が困難だったとしている[15]
Miiファイター(Mii FIGHTER)
声: なし
Miiスタジオ』で作成可能なMii。キャッチコピーは「みんなで参戦!誰でも参戦」。名前は各自付けられ、1ハードに複数作成できる。
格闘、剣術、射撃の3タイプがあり、必殺技はそれぞれのタイプごとに通常・横・上・下にそれぞれ3種類ずつ用意されている。
Miiの設定体型が大きいほどパワータイプ、小さいほどスピードタイプになる。Mii特有のもっさりな動きはない。
服や帽子などといった衣装がカスタマイズ可能であり、その部位も頭、上半身、下半身、男女共に多く存在している。
オンライン対戦の「だれかと」では使用不可能。これは、版権無法地帯になることを防ぐためと、他人を模したMiiを出しても面白くないためである[49]
『X』よりMiiをキャラクターとして収録する予定だったが、いじめの助長になる恐れや、Miiの世界観がスマブラに合わない上キャラも立っていないため、「戦闘に向いていない」として没となった。しかし『X』発売以降の『Miiverse』が発売され、Wii以外に、Wii U・3DSによるMiiの知名度の上昇[49]。Miiを含んだ様々なキャラクター参戦要望があったこと[19]、Miiのシステムを利用して「誰でも参戦させられる」ことより、今作での参戦が決定となった[49]
キャラクター選択画面および、シンプルや競技場などのスコアでは1枠にまとめられているが、対戦成績のみはタイプごとに分けて記録される。
出典元の作品を表すアイコンはスマブラのマークである。公式で初めてファイター操作可能なスマブラマーク(=オリジナル)のキャラクターといえる。
ゲーム内での表記やキャラクターセレクトでのコールは3タイプ共通で「Mii」と呼称されるが、優勝時のキャラクター名にはMiiの名前が表示される。
格闘タイプ
徒手空拳の使い手。
剣術タイプ
剣を使用して戦う。
射撃タイプ
謎のアームキャノンによる射撃を行う。

ゲスト参戦[編集]

任天堂』以外のゲーム会社のキャラクター。

ソニック(SONIC)
声: 金丸淳一
ソニックシリーズ』の主人公。セガからのゲスト参戦。本作では最初から使用できる。
ロックマン(ROCKMAN)
声: なし
ロックマンシリーズ』の主人公。カプコンからのゲスト参戦。原作同様さまざまな「特殊武器」を用いて戦う(特に『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』からのワザを重視している[50])。キャッチコピーは「(サムスと)チャージショット対決!?」[46]
パックマン(PAC-MAN)
声: なし
パックマンシリーズ』の主人公。バンダイナムコゲームスからのゲスト参戦。キャッチコピーは「大きなお口でまるかじり!」[46]
デザインは通常は『パックマニア』のものだが、一部の技では元祖『パックマン』仕様のデザインとなる[19]。ワザはバンダイナムコゲームスの他作品である『ギャラガ』などの作品からも使用されている。登場年が1980年でマリオより1年年上(Mr.ゲーム&ウォッチと同い年)と言うことで「ゲームの歴史を組み込ませたい」と言う理由により、このようなオールド仕様にされている[19]。3DS版では日本語版のみ当初勝利時の名前にハイフンがついていなかったが、バージョンアップで海外版と同様の上記の表記に変更された。

ベールを脱ぐ戦士[編集]

この項目ではある条件を満たすと使用出来るようになるキャラクターについて述べる。『Wii U』ではデフォルトとして参戦するキャラクターもいる[51]

『Wii U』限定デフォルトキャラクター[編集]

出典[28][44]

ネス(NESS)
声: 大本眞基子
MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公。ボイスが新録されている他いくつかの技のモーションに変更があり、今作では2010年にプライズ限定で商品化されたフィギュアコレクションの物にデザインが近付けられている。
最後の切りふだは周囲に一発ずつ星を落とす仕様でなくなり、前作のルカリオのような軌道を変えられる仕様になった。
プリン(PURIN)
声: かないみか
『ポケットモンスターシリーズ』の登場キャラクター。デザインが大幅に変更され、近年のイメージに近くなった。
ガノンドロフ(GANONDORF)
声: 宮田浩徳
『ゼルダの伝説シリーズ』の登場キャラクター。リンク同様『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のデザインとなっているが、細部が変更されている。通常必殺ワザのカスタマイズによって剣を使えるようになった。
クッパJr.(KOOPA Jr.)
声: ケーティー・サゴイアン(クッパJr.)、レニ・ミネルラ(ラリー、ウェンディ、モートン、レミー)、ダン・ファルコーネ(ロイ)、マイク・ヴォーン(イギー、ルドウィッグ)
『マリオシリーズ』の登場キャラクター。スマブラシリーズ初参戦。本人単体ではなく、乗り物のクッパクラウンに搭乗するスタイルで参戦している。
カラーバリエーションによりクッパ7人衆ラリー(LARRY)・ロイ(ROY)・ウェンディ(WENDY)・イギー(IGGY)・モートン(MORTON)・レミー(LEMMY)・ルドウィッグ(LUDWIG)に変更が可能(このため、カラーは8人それぞれで1種類ずつのみ)。
また、選択順番は、ロイとモートンが逆になっている以外は『スーパーマリオブラザーズ3』での順番と、レミーがルドウィッグの前に来ている以外は『New スーパーマリオブラザーズ Wii』での順番と同じである。
実際の所、参戦ができるかどうかかの瀬戸際だったが、バンダイナムコの開発側が頑張って入れてくれたと桜井は述べている[11]
『for』全般隠しキャラクター[編集]
ファルコ(FALCO)
声: 江川央生
『スターフォックスシリーズ』の登場キャラクター。フォックス同様、ボイスが新録されている。
Mr.ゲーム&ウォッチ(Mr. GAME & WATCH)
声: なし
出典:
ゲーム&ウオッチシリーズ』のキャラクターがモチーフ。既存のシリーズと同じく『ファイア』に登場するビルから飛び降りる人をモチーフとしているが、デザインは改めて新調されている。
正式な発表はされなかったものの、パックマンの参戦映像に登場していた。
ワリオ(WARIO)
声: チャールズ・マーティネー
ワリオシリーズ』の主人公。前作では最初から使用可能だったが、本作では隠しキャラになっている。
モーションが大幅に変更され、なめらかに動くようになった。また、横・上スマッシュ攻撃が変更されている。
『X』同様、基本は『メイド イン ワリオ』シリーズの姿だが、カラーバリエーションにより旧来のオーバーオール姿も選択可能。ただし新旧衣装で各4色になったため『X』よりもカラー数は減少している。
ロボット(ROBOT)
声: なし
ファミコンの周辺機器である『ファミリーコンピュータ ロボット』。一部のワザに調整変更があり、最後の切りふだも別のワザになっている。
カラーバリエーションの中にアメリカ版『R.O.B.』に準じた灰色の機体があるが、欧米版ではデフォルトカラーがそちらに入れ替わり、逆に日本版のデフォルトカラーが色違い扱いになっている。
ダックハント(DUCK HUNT)
声: なし
ダックハント』に登場する犬とカモ。スマブラシリーズ初参戦。
2匹コンビで協力して戦うスタイルで参戦しているが、設定的には画面外で敵を狙撃する第三者が存在しており厳密に言えばトリオでの参戦となっている。ファミリーコンピュータ光線銃シリーズを代表する形式が採られており、同シリーズの『ワイルドガンマン』と『ホーガンズアレイ』をモチーフにした技を主に繰り出す。当シリーズは先述したこの3作のみしか発売されていない。
参戦の要因は、ゲーム・ダックハント自体は日本ではイマイチであるが、アメリカを含む世界では最も売れたシューティングゲームの知名度によるものである[14][11]。初期開発時には候補として名前が既に挙がっていた[11]
ドクターマリオ(Dr. MARIO)
声: チャールズ・マーティネー
ドクターマリオ』の主人公。マリオのモデルチェンジキャラクター[2]。『DX』以来の復活となった。
キャラクターコンセプトは「ちょっと重くて攻撃力のあるマリオ」[11]で、『DX』同様、通常のマリオよりもワザの威力は高いが復帰力が低くなっている。空中下攻撃や下必殺ワザなど、モーション自体がマリオと違うワザも存在する。
復活の理由は元々はマリオのカラーバリエーションとして採用する予定であったが、他のモデルチェンジとキャラクターとは異なる個性と復活を望むファンが多いことを明かした[11]
ルキナ(LUCINA)
声: 小林ゆう
ファイアーエムブレム 覚醒』の登場キャラクター。スマブラシリーズ初参戦。マルスのモデルチェンジキャラクター[2]
共通点は上記のマルス参照。マルスが剣先のダメージが大きくなるのに対してルキナは刀身のどこを当てても同じで、マーベラスコンビネーションが安定したダメージを与えたり[41]、髪の色のカラーが全部異なったり[43]、公式から女性よりのカラーにした[48]、技の派生速度と隙、攻撃力の違い[43]、アピール[44]、背がやや低い[52]など「性能が差別化」されたことで単独での参戦となった[52]
隠しキャラクターではあるが、参戦は発売前に発表されていた。ボイスのみ初期からサウンドテストに収録されている[31]
ブラックピット(BLACK PIT)
声: 高山みなみ
新・光神話 パルテナの鏡』の登場キャラクター。ピットのモデルチェンジキャラクター[2]。スマブラシリーズ初参戦。
通常のピットの性能違いだが、最後の切りふだは全く異なるものになっている。パルテナの参戦映像に、Mr.ゲーム&ウォッチ同様正式な発表は無かったが姿を見せていた。

さらなる挑戦者[編集]

有料コンテンツとして配信を予定しているキャラクター。

ミュウツー(MEWTWO)
声:不明
『ポケットモンスターシリーズ』の登場キャラクター。『DX』以来の参戦となる。2014年10月24日、3DS版とWii U版両方を購入したユーザーへの特典として無料でキャラクターが追加される事が発表された[53]2015年4月15日より配信予定(同年4月28日には、有料でも配信予定)。
『DX』からのキャラクターの流用はデータが古すぎる上に『for』とは体格も異なる為、1からの作り直しである[14]
リュカ(LUCAS)
声:レニ・ミネルラ
MOTHER3』の主人公。
6月頃の配信開始が予定されている。

アシストキャラクター[編集]

両ハードおよそ同じキャラクターが登場すると公式から発表している。

ボスキャラクター[編集]

マスターハンド
声:ザンダー・モーブス
シリーズおなじみの右手のキャラクター。前作から新たな攻撃パターンが加わっている。
クレイジーハンド
シリーズおなじみの左手のキャラクター。ホンキ度3.0以上でマスターハンドと同時出現。こちらも前作から新たな攻撃パターンが加わっている。
マスターコア
本作で出現が確認された新たなボスキャラクター
ホンキ度が一定以上で一定ダメージを与えると、マスターハンドを突き破って出現(クレイジーハンドは消滅)する。またホンキ度によって攻撃パターンと総HPが3~4段階に増えていく。
スウォーム
マスターコアがまとっている漆黒の物体で、マスターコアの形態数はスウォームの質量(=ホンキ度)に比例している[53]
マスターコアの形態の名称については『Wii U』用の動画『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由』で明らかにされている[53]
マスタージャイアント
巨人の姿をした形態。
マスタービースト
尻尾の生えた四足歩行型の姿をした形態。
マスターエッジズ
空中に浮かぶ5つの剣の形態。
マスターシャドウ
プレイヤーの現在使用しているファイターの姿やカスタマイズをそのままコピーした形態。
ただし初期状態ではプレイヤーよりやや大きく、ダメージを受けるとプレイヤーよりやや小さい程度まで縮小する。
この形態のみ、のこりHPに関係なく場外に落としても勝利となる。
マスターフォートレス
『Wii U』版のひとり用にのみ登場。終点の右側に迷宮が形成され、プレイヤーはコア破壊を目指して最深部に進んでいく。先に進む毎にデンジャーゾーンが登場してくる。
マスターコア
玉の形をしたマスターコア本体の状態。基本的に一切動かず、ステージの中央に浮かんでいる。ダメージを与えることにより遠くまで飛ばされるが、元の位置まで戻る。一発の攻撃で場外まで吹っ飛ばすことで撃破できる。

ステージ[編集]

収録ステージは3DS版とWii U版で各種異なる。 基本的に3DS版では携帯ゲーム機のゲームソフトをメインに、Wii U版では据え置き機のゲームソフトをメインにステージを構成している[54]

また、すべてのステージは「終点」のような一切のギミックが存在しない平坦な足場に変更することも可能(オンライン対戦の「だれかと」ではガチ部屋で強制、エンジョイ部屋で使用不可能)[4]

一部のステージでは特定のキャラクターが特定のステージで下アピールをすると会話が発生する『スマッシュアピール』が可能で、今回は『スターフォックスシリーズ』と『新・光神話 パルテナの鏡』からの採用である。

3DS版[編集]

ステージ一覧[編集]

ステージ名 出典 初出
初期・新ステージ
戦場 [注釈 6] オリジナル スマブラ for 3DS
終点 [注釈 7]
3Dランド スーパーマリオ 3Dランド(2011)
野原 New スーパーマリオブラザーズ 2(2012)
レインボーロード マリオカート7(2011)
ペーパーマリオ ペーパーマリオシリーズ
ゲルドの谷 ゼルダの伝説 時のオカリナ(1998)
汽車 ゼルダの伝説 大地の汽笛(2009)
イッシュポケモンリーグ ポケットモンスター ブラック・ホワイト(2010)
プリズムタワー ポケットモンスター X・Y(2013)
フェリア闘技場 ファイアーエムブレム 覚醒(2012)
初期化爆弾の森 新・光神話 パルテナの鏡(2012)
コトブキランド とびだせ どうぶつの森(2012)
特設リング[注釈 8] オリジナル/パンチアウト!!
ガウル平原 [注釈 9] ゼノブレイド(2010)
子犬のいるリビング nintendogs + cats(2011)
すれちがい伝説 すれちがい伝説II(2011)
トモダチコレクション トモダチコレクション(2009)
ピクトチャット2 ピクトチャット(2004)
ワイリー基地 [注釈 10] ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(1988)
初期・旧ステージ
ジャングルガーデン ドンキーコング64(1999) スマブラDX
ブリンスタ メトロイド (1986)
惑星コーネリア スターフォックス64 (1997)
いにしえっぽい王国 [注釈 11] スーパーマリオブラザーズ(1985) スマブラX
ヨッシーアイランド スーパーマリオ ヨッシーアイランド (1995)
とある星 ピクミン (2001)
グリーンヒルゾーン ソニック・ザ・ヘッジホッグ(1991)
隠し・新ステージ
プププランド 星のカービィ(1992) スマブラ for 3DS
ミュートシティ F-ZERO(1990)
マジカント MOTHER(1989) [注釈 12]
バルーンファイト バルーンファイト(1984)
パックメイズ パックマン(1980)
隠し・旧ステージ
フラットゾーン2 ゲーム&ウオッチシリーズ スマブラX
メイド イン ワリオ メイド イン ワリオ(2003)

Wii U版[編集]

○印は8人乱闘でも使用可能なステージ。△印は終点化した場合のみ8人乱闘でも使用可能なステージ。

ステージ一覧[編集]

ステージ名 出典 初出 8人乱闘
初期・新ステージ
戦場 [注釈 6] オリジナル スマブラ for Wii U
大戦場
終点[注釈 7] ×
マリオUワールド New スーパーマリオブラザーズ U(2012)
マリオギャラクシー スーパーマリオギャラクシー(2007)[注釈 13]
マリオサーキット マリオカート8(2014) ×
バナナジャングル ドンキーコング リターンズ(2010)
スカイロフト ゼルダの伝説 スカイウォードソード(2011) ×
パイロスフィア メトロイド Other M(2010)
ヨッシー ウールワールド ヨッシー ウールワールド ×
洞窟大作戦[注釈 14] 星のカービィ スーパーデラックス(1996)
オービタルゲート周域 スターフォックス アサルト(2005) ×
カロスポケモンリーグ ポケットモンスター X・Y(2013)
闘技場 ファイアーエムブレムシリーズ ×
エンジェランド 新・光神話 パルテナの鏡(2012)
ゲーマー ゲーム&ワリオ(2013)
再会の花園 ピクミン3(2013)
村と街 街へいこうよ どうぶつの森(2008)
Wii Fit スタジオ Wii Fitシリーズ
特設リング[注釈 8] オリジナル/パンチアウト!! ×
ガウル平原 [注釈 15] ゼノブレイド(2010)
レッキングクルー レッキングクルー(1985)
パイロットウイングス パイロットウイングス(1990) [注釈 16] ×
ウーフーアイランド Wii Fitシリーズ/Wii Sports Resort(2009) ×
ウインディヒル ソニック ロストワールド(2013)
ワイリー基地[注釈 17] ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(1988)
初期・旧ステージ
神殿 ゼルダの伝説シリーズ スマブラDX
ヨースター島 スーパーマリオワールド(1990)
オネット MOTHER2 ギーグの逆襲(1994)
ドルピックタウン スーパーマリオサンシャイン(2002) スマブラX ×
マリオサーキット(X) [注釈 18] マリオカートシリーズ
ルイージマンション ルイージマンション(2001)
オルディン大橋 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(2006)
ノルフェア メトロイド(1986)
ポートタウン エアロダイブ F-ZERO GX(2003) ×
戦艦ハルバード 星のカービィ スーパーデラックス(1996)
ライラットクルーズ スターフォックスシリーズ
攻城戦 ファイアーエムブレムシリーズ
天空界 光神話 パルテナの鏡(1986)
75m ドンキーコング(1981)
隠し・新ステージ
フラットゾーンX [注釈 19] ゲーム&ウオッチシリーズ スマブラ for Wii U
ダックハント ダックハント(1984)
パックランド パックランド(1984) ×
隠し・旧ステージ
コンゴジャングル(64) スーパードンキーコング(1994) 初代スマブラ
ポケモンスタジアム2 ポケットモンスターシリーズ スマブラX
すま村 どうぶつの森シリーズ

追加ステージ[編集]

以下のステージは、今後のアップデートで追加される予定。

特選サウンドテスト[編集]

3DS版とWii U版を両方購入し、2015年1月20日までにクラブニンテンドーに登録した応募者に非売品のサウンドトラックCDがプレゼントされる[55]

RED、BLUE各36曲収録[55]

収録楽曲[編集]

RED[編集]

タイトル 出典 編曲担当
メニュー オリジナル 中鶴潤一
あそびかた 大乱闘スマッシュブラザーズDX 原曲
地上BGM/地下BGM スーパーマリオブラザーズ 柴田徹也
スーパーマリオ3Dランドのテーマ/海のテーマ スーパーマリオ3Dランド/スーパーマリオブラザーズ Jesahm
TRY AND TRY! マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー 下村陽子
コンゴジャングル スーパードンキーコング 酒井省吾 (DX)
とげとげタルめいろ スーパードンキーコング2 なるけみちこ(X)
ゲルドの谷 ゼルダの伝説 時のオカリナ 濱本理央
汽車フィールド その2 ゼルダの伝説 大地の汽笛 なるけみちこ
ブリンスタ メトロイド 酒井省吾(DX)
グリーングリーンズ Ver.2 星のカービィ 浜渦正志
惑星コーネリア スターフォックス 安藤浩和(DX)
スターフォックスのテーマ/セクターZ スターフォックス64 横田真人
戦闘!トレーナー ポケットモンスター X・Y 古代祐三
Nの城 メドレー ポケットモンスター ブラック・ホワイト 景山将太
MUTE CITY Ver.3 F-ZERO 伊藤賢治
「I」~為 ファイアーエムブレム 覚醒 原曲
初期化爆弾の恐怖 新・光神話 パルテナの鏡 古代祐三
ブラックピットのテーマ 原曲
アシュリーのテーマ さわるメイドインワリオ なるけみちこ(X)
コトブキランド メドレー とびだせ どうぶつの森 高田雅史
かっぺいの歌 土屋昇平
ランニング/カウントダウンBGM PUNCH-OUT!! 谷岡久美
ガウル平原 ゼノブレイド 原曲
名を冠する者たち
バルーンファイト メドレー バルーンファイト 矢野義人
シャワーBGM(ボーカルMIX) nintendogs 甲田雅人 With RiRiKA
世界を救え!勇者よ! すれちがい伝説Ⅱ 松岡大佑
トモダチコレクション トモダチコレクション新生活/トモダチコレクション 高田雅史
パックマン(クラブMIX) パックマン 田中宏和
テトリス TypeA テトリス 下村陽子(X)
フィギュアラッシュ オリジナル 田島勝朗
組み手 矢野義人
スタッフロール トリ音
オンライン練習ステージ 井上拓

BLUE[編集]

タイトル 出典 編曲担当
戦場 オリジナル 小林啓樹
スーパーマリオブラザーズ メドレー スーパーマリオブラザーズ 近藤浩治
アスレチック/地上BGM Newスーパーマリオブラザーズ 高濱祐輔
エッグプラネット スーパーマリオギャラクシー 戸田信子/鈴木克祟
サーキット マリオカート7 中鶴潤一
スリル!ギアフライト ドンキーコング リターンズ 岩垂徳行
ドンキーコングリターンズ【ドンキーコングファミリーボーカル】 山本健誌
女神の詩/ギラヒムのテーマ ゼルダの伝説 スカイウォードソード 永松亮
メインテーマ/地下BGM ゼルダの伝説 坂本英城
時のオカリナメドレー ゼルダの伝説 時のオカリナ なるけみちこ(X)
神殿 リンクの冒険 酒井省吾(DX)
タイトル メトロイド 高橋コウタ
エンディング ヨッシーストーリー 高田雅史(X)
洞窟大作戦 星のカービィ スーパーデラックス 坂本英城
伝説のエアライドマシン カービィのエアライド 酒井省吾(X)
エリア6/ミサイル撃墜ミッションBGM スターフォックス64 桜庭統
戦闘!フレア団 ポケットモンスター X・Y
戦闘!チャンピオン/チャンピオンシロナ ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 片岡真央
10ばんどうろ ポケットモンスター ブラック・ホワイト 下村陽子
戦い1 ファイアーエムブレム外伝 山根ミチル
崩壊エンジェランド 新・光神話 パルテナの鏡 清田愛未
ステージセレクト ピクミン2 浜渦正志
ゼノブレイド メドレー ゼノブレイド ACE
街の広場/タイトル 街へいこうよ どうぶつの森/おいでよ どうぶつの森 谷岡久美
ツアー とびだせ どうぶつの森 若井淑
ダックハント メドレー ダックハント 並木学
ライトプレーン(ボーカルMIX) パイロットウイングス 甲田雅人 With RiRiKA
謎の村雨城 メドレー 謎の村雨城 土屋昇平
似顔絵広場 似顔絵チャンネル 光田康典
マリオペイント メドレー マリオペイント 井上拓
PAC-MAN'S PARK/BLOCK TOWN パックマニア 増渕裕二
パックマン パックマン 古代祐三
マスターハンド オリジナル LindaAI-CUE
スタッフロール(スマブラ):Ver.2 大乱闘スマッシュブラザーズ 永松亮
メニュー2(DX) 大乱闘スマッシュブラザーズDX 原曲
対戦結果 大乱闘スマッシュブラザーズ 川田宏行

関連商品[編集]

  • Newニンテンドー3DS専用 きせかえプレート No.039
2014年11月8日発売。白を基調とした『3DS』サイドのイラストをデザインしている。
  • Newニンテンドー3DS LL 大乱闘スマッシュブラザーズ エディション
2014年11月8日発売。赤を基調とした『3DS』サイドのイラストをデザインしており、本体裏面にはスマブラのタイトルロゴを表示している。『3DS』のソフトは同梱していない。数量限定販売。
  • ニンテンドー3DS テーマ
2014年11月末時点で4種類配信されている。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ Type1
壁紙は公式サイトの赤を基調とした『3DS』サイドのイラストを使用している。
BGMは『Wii U』のメインメニューBGM。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ Type2
壁紙はType1を線画風にしたもの。下画面はスマブラ参戦キャラクターの出典アイコンが並んでいる。
BGMはオンライン練習ステージBGM。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ Type3
壁紙はType1を赤とシルバーでアレンジしたもの。下画面はスマブラのアイコンのアニメーション。
BGMは『3DS』のメインメニューBGM。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ Type4
壁紙は3DS初期使用可能キャラクター30体のイラスト。
BGMはリザルトBGM。
  • 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』 ゲームキューブコントローラ接続タップセット
2014年12月6日発売。パッケージ版『Wii U』と、ニンテンドーゲームキューブ用コントローラーを接続するための周辺機器がセットになったもの。最大2つ(コントローラー8個分)がWii Uに接続可能。
2014年5月30日(日本時間)にNintendo of AmericaがE3期間内で行われたイベントにおける紹介VTRの終わりに公開された。[56]
2015年2月現在、本ソフトしか対応していないが、品薄状態が長く続いた。
  • ニンテンドーゲームキューブコントローラ
2014年12月6日発売。スマブラブラックスマブラホワイトの2種類が発売された。
  • Wii U用 ゲームキューブコントローラ接続タップ
2014年12月6日発売。先述した接続タップの単体品。
  • 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』 2本入りギフトパック
2014年12月11日発売。パッケージ版『3DS』2本と、オリジナルデザインのデコレーション用のスリーブ箱およびシールがセットになったもの。数量限定販売。

関連書籍[編集]

発売順、発売が同時の場合、本の題名順に記載。

3DS[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 完全攻略本(徳間書店、2014年10月17日)
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS ファイティングパーフェクトガイド・極(KADOKAWA/エンターブレイン、2014年10月17日
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS ファイナルパーフェクトガイド
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 任天堂公式ガイドブック(小学館/任天堂監修、2014年10月28日

3DS+Wii U[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/for Wii U 簡便満足本(徳間書店、2014年12月25日)

Wii U[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U ファイナルパーフェクトガイド(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2014年12月26日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パッケージやダウンロードカードには表記がないが、ゲーム中でネスを出現させると、タイトル画面およびスタッフロールに「SHIGESATO ITOI / APE inc.」が表示される。また、現在の公式サイトには表記されている。
  2. ^ シュルク参戦が発表されるまでは表記が伏せられていた。発表が遅かったためか、ダウンロードカードには「MONOLITHSOFT」のコピーライト表記がない場合もある
  3. ^ 「大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9」においても桜井自ら「3DSでこの手のゲームを秒間60フレーム(で行うこと)は凄いこと」と絶賛している。
  4. ^ (週刊ファミ通 2014年11月27・12月4日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。 ) 勝敗データは非公開である。しかしながら『X』では階段状に並んでいた戦績なのに対し、コラム掲載時にリトル・マックがダントツに悪い事を公言している。原因は「このキャラクターが強い!」と思ったプレイヤーたちが挙って使い、返り討ちにあった結果だと述べていた。(週刊ファミ通 2014年12月25日号「ファミ通スマブラ拳!!桜井氏特別インタビュー」より。)対照的に名前は非公開であるが「普通だと思われるキャラクター」がかなりの勝率を上げているとの公言している。
  5. ^ ホンキ度が一定値を下回った場合、ラスボスも強制的に変更される。またホンキ度の記録はハイスコア達成によって変更される。
  6. ^ a b 両機種共通のステージ。ただし、デザインは異なる。
  7. ^ a b 両機種共通のステージ。ただし、背景は異なる。
  8. ^ a b 両機種共通のステージ。スマブラ仕様のものと『パンチアウト!!』のW.V.B.A.仕様のものの2つのバージョンが存在する。
  9. ^ 両機種共通のステージ。ただし、足場の配置がWii U版と異なる。
  10. ^ 両機種共通のステージ。ただし、ステージギミックがWii U版と異なっており、背景が昼になっている。
  11. ^ 地下面は未収録。
  12. ^ 一部『MOTHER2 ギーグの逆襲』の内容が含まれており、「ダンジョンおとこ」や「あるくめ」などが登場する。
  13. ^ 一部『スーパーマリオギャラクシー2』の内容が含まれており、上空には「星船マリオ」が飛んでいる。
  14. ^ ステージ数ヶ所にギミック「デンジャーゾーン」があり、そこの壁・床に触れると大きなダメージを受ける。蓄積ダメージが100%以上の場合は強制的に撃破扱いされる。
  15. ^ 両機種共通のステージ。ただし、足場の配置が3DS版と異なっており、になると「黒いフェイス」が登場する。
  16. ^ 一部『パイロットウイングス リゾート』の内容が含まれており、時間が経過するとウーフーアイランドの上空を飛び回る。
  17. ^ 両機種共通のステージ。ただし、ステージギミックが3DS版と異なっており、背景が夜になっている。
  18. ^ 新作ステージに同じ名前があるため「マリオサーキット(X)」と表記されている
  19. ^ 『X』の「フラットゾーン2」をベースに、時々変わる世界観に『DX』の「フラットゾーン」が追加されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 週刊ファミ通 2014年11月13日号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  2. ^ a b c d e f g h 週刊ファミ通2014年10月23日号「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします その3」より。
  3. ^ バンダイナムコゲームスとバンダイナムコスタジオ、 任天堂『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ最新作の開発に参加 (PDF)”. バンダイナムコゲームス (2012年6月22日). 2012年6月23日閲覧。
  4. ^ a b c d 大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9 プレゼンテーション映像より。
  5. ^ a b c d e 週刊ファミ通2014年10月30日号「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします その4」より。
  6. ^ a b c d 2015年3月期 第3四半期決算参考資料(4/7)” (日本語). 任天堂 (2015年1月29日). 2015年1月29日閲覧。
  7. ^ Miiverse - 大乱闘スマッシュブラザーズ コミュニティ”. 任天堂. 2014年9月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e 週刊ファミ通 2014年10月16・23日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします その2」より。
  9. ^ 特定した作品名は記述していない。
  10. ^ a b 週刊ファミ通 2014年12月11・18日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Nintendo DREAM 2015年2月号「スマブラ談!!for Nindori 桜井政博さんインタビュー」より。
  12. ^ 週刊ファミ通2015年1月15日増刊号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  13. ^ a b 週刊ファミ通 2014年8月14日号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  14. ^ a b c d e f 週刊ファミ通 2014年12月25日号「ファミ通スマブラ拳!!桜井氏特別インタビュー」より。
  15. ^ a b c d e 『電撃Nintendo』2015年2月号「桜井氏が『スマブラ』を語り尽くす」より。
  16. ^ 週刊ファミ通 2014年11月27・12月4日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと 読者の手紙から#42」
  17. ^ 週刊ファミ通 2014年11月27・12月4日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  18. ^ a b 週刊ファミ通 2014年10月2・9日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします その1」より。
  19. ^ a b c d e Nintendo DRAEM 2014年8月号P13『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』「桜井政博さんが語る5つの新要素」より
  20. ^ 詳細は「どうぶつの森シリーズ 」の項目を参照。
  21. ^ 週刊ファミ通 2014年7月31日号 桜井政博コラム「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします」より。
  22. ^ 後述の「キャラクター」を参照。
  23. ^ 「スマブラ投稿拳」ページ
  24. ^ a b 週刊ファミ通 2014年7月17日号より
  25. ^ 週刊ファミ通 2015年1月15日号より
  26. ^ Nintendo DREAM2014年10月号、学校法人ニンドリ学園「スマブラ for 3DS」、P60より。
  27. ^ a b c d e f Nintendo 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS SMASH BROTHERS GUIDEパンフレット「ファイター紹介&ワザ表」より。
  28. ^ a b 任天堂『Wii U体験版』より。
  29. ^ 「固定キャラクター愛作品」については「キャラクター」のピーチを参照。
  30. ^ 「キャラクター」に1部の題名を記載。
  31. ^ a b c d e f g エンターブレイン『大乱闘スマッシュブラザーズfor NINTENDO DSファイティングパーフェクトガイド・極』より。
  32. ^ a b 『スマブラ・ポケモン 両方買うとプレゼント!キャンペーン』ページより。
  33. ^ 『Nintendo Direct 2014.11.6』より。
  34. ^ 大会情報ページより。
  35. ^ 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U:amiibo” (日本語). 任天堂. 2015年1月3日閲覧。
  36. ^ 週刊ファミ通 2014年12月25日「桜井政博のゲームについて思うこと」より。
  37. ^ 大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9 プレゼンテーション映像より
  38. ^ 『Miiverse』 スマブラシリーズ コミュニティ ディレクターズルームより。
  39. ^ 『Miiverse』 スマブラシリーズ コミュニティ ディレクターズルームより。
  40. ^ Nintendo DREAM『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』2014年3月号P14より。
  41. ^ a b Nintendo DREAM2014年12月号「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 必勝!!裏ファイティングマスターガイド」より。
  42. ^ Nintendo DREAM2014年10月号「『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS / for Wii U』スタートアップマスターガイド」より。
  43. ^ a b c ファミ通DS+WII2014年12月号、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 「必勝!!ファイティングバイブル2」より。
  44. ^ a b c 徳間書店『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/for Wii U 簡便満足本』より。
  45. ^ ゲーム内のステージ・特設リングにて
  46. ^ a b c d e f g h i 『Nintendo総合ソフトカタログ2014年・夏』「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」より。
  47. ^ 詳細については『セガ3D復刻アーカイブス』を参照。
  48. ^ a b 『for』の公式ツイッター、2014年10月27日より。
  49. ^ a b c 週刊ファミ通 2014年7月3・10日合併号「桜井政博のゲームについて思うこと」より
  50. ^ 『Miiverse』 スマブラシリーズ コミュニティ ディレクターズルームより。
  51. ^ 週刊ファミ通 2014年11月13日号「ファミ通 スマブラ拳!!」より。
  52. ^ a b 『for』公式ツイッター2014年7月15日より。
  53. ^ a b c d You TubeNitendo公式チャンネル 大乱闘スマッシュブラザーズ For Wii Uがスゴい50の理由
  54. ^ E3で発表したVTRより
  55. ^ a b クラブニンテンドーキャンペーン”. 任天堂. 2015年2月2日閲覧。
  56. ^ 4Gamer.net「ゲームキューブのコントローラをWii Uで使用可能にする変換アダプタのイメージが公開。E3 2014で正式発表か」

外部リンク[編集]