田尻智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たじり さとし
田尻 智
生誕 1965年8月28日(49歳)
日本の旗 日本 東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 国立東京工業高等専門学校
職業 ゲームクリエイター
補足

田尻 智(たじり さとし、1965年8月28日 - )は、ゲームクリエイター。株式会社ゲームフリーク代表取締役社長であり、『ポケットモンスター』の生みの親として知られる。

経歴・人物[編集]

幼少期[編集]

東京都世田谷区に生まれ、少年時代を町田市で過ごす。当時はまだ自然が残っていた町田市で、野山や小川、時には防空壕跡、時には廃墟にまで足を伸ばし、昆虫をはじめとした生き物の観察や採取を楽しみ図鑑から知識を得ることだけに留まらず、収集や飼育に独自の工夫を凝らしてクラスで一番の「昆虫博士」だった経験が『ポケットモンスター』を作る上で大きな力となったと後に語っている。最も好きなポケモンだと語るニョロモニョロゾは、オタマジャクシがモチーフである。彼の「遊び場」においては身近な存在であったことが伺われる。

中学生になる頃には、町田市にも開発の波が押し寄せ自然が失われる頃、夢を失いかけていた矢先に、地元に現れたゲームセンターにて友人の『スペースインベーダー』の最後の残機をプレイ、それ以来テレビゲームの虜となる。当時はアンダーなイメージが漂っていたゲームセンターであったが、夜な夜な足を運び、少ない小遣いをゲームにつぎ込み「ゲームセンターあらし」としてその名を馳せる。

中学3年生の時、ユニバーサル社が開催した「ユニバーサル・ゲームアイデア・コンテスト」にて、プレイヤーがハンターとなって闇夜に潜むカラスを狙撃する「闇夜のカラス」というゲームアイデアを応募したが、落選した[1]

ゲームフリーク創刊[編集]

東京工業高等専門学校(東京高専)在学中の1983年に、それまでの「ゲーム研究の成果」の集大成ともいえるゲーム攻略誌モノクロコピー誌(ミニコミ誌)『ゲームフリーク』を1人で執筆。当時はゲーム雑誌攻略本も今ほどには整っておらず、同人誌専門店に販売を委託した「創刊号」は、彼と同じような“ゲームフリーク”(ゲームおたく)達の間で飛ぶように売れた。当時漫画家を目指していた杉森建も最初の読者の1人であり、すぐに田尻に手紙を送り、今に至る2人の友情が生まれ、2号以降のイラスト担当となる。その後も仲間は次第に増えていき、それに伴って『ゲームフリーク』の内容は充実していった。また、うる星あんず(大堀康祐)と中金直彦によるミニコミ界のベストセラーゼビウス 1000万点への解法』の再版依頼を受け、『ゲームフリーク』別冊として発行し、当時のミニコミ誌としては記録的な部数を達成している。

ゲーム雑誌を作るかたわら、様々なゲームのアイディアを考案し、各種メーカーが主催するコンテストに応募。参加賞に甘んじることが多々ありながらも最優秀賞を得たが、そのゲームが発売されることはなかった。そのことが「自分の手でゲームを作らなければ」と思うきっかけであったと語る。

ライター活動[編集]

高専卒業後は、『ゲームフリーク』における実績や、種々のゲームコンテストで培った人脈を活かし、『ファミコン通信』(現・『ファミ通』)・『ファミリーコンピュータMagazine』・『ファミコン必勝本』などでテレビゲーム情報関連のライターとなる。

ライターとして執筆していた主な雑誌およびコーナー、コラム

ゲーム制作[編集]

ゲームフリークの仲間と共に、初の本格的なゲームとなる『クインティ』を制作。本来ならメーカーから提供されるファミコンソフトの開発機材を自作し、意見の衝突・仲間の離散を経て完成。ハードウェアから自作したロムカセットを直接ナムコに持ち込むという前代未聞の売り込みを行った『クインティ』は20万本以上を売り上げた。開発環境の調達からソフト開発までインディーズ形式で完遂し、かつ市販ソフトとして正規流通したファミコンソフトである。

1989年、クインティの印税約5000万円を資本金に、株式会社ゲームフリークを設立。

ポケットモンスター[編集]

ゲームフリーク設立直後に『ポケットモンスター』製作を開始する。種々の事情で遅延や中断はあったものの、任天堂FCGB用ソフト『ヨッシーのたまご』と『マリオとワリオ』やセガMD用ソフト『パルスマン』などのゲーム製作で資金を集め[2]、当初予定から6年以上が経過した1996年に発売、やがて大人気を博した。

ポケットモンスター 金・銀』(1999年11月21日発売)を最後にゲーム開発の現場からは一歩引き、経営に専念する状態である。

その他[編集]

  • 『ポケットモンスター』のアニメ劇場版の全ての作品に、「原案:田尻智」のクレジットが必ず行われている[3]
  • アニメ版『ポケットモンスター』シリーズの主人公の名前「サトシ」は、田尻智に由来している。先に出た『ポケットモンスター 赤』の時の主人公のデフォルト名のひとつでもある。1999年11月の米雑誌『TIME』のインタビュー[4]で、田尻は「サトシ」は子供時代の自分自身の分身だと答えている。
  • 『ポケットモンスター 赤・緑』ゲーム開始時に表示される主人公またはライバルの名前候補のひとつであり、アニメでのサトシのライバルである「シゲル」の由来は、田尻が尊敬する宮本茂である。「師やライバルとして常に少し先を行っており、決して追いつくことはない」[4]とも答えている。
  • 他社の友人に、自分が考えているゲームの案を何気なく語ったら、そのアイデアが実際のゲームとなって発売されてしまったことがある。
  • 都市伝説」に対して強い思い入れがあることがインタビューなどで度々語られている。彼自身もかつて「とても安くアーケードゲームが遊べる店がある」という噂を聞いて、その真偽を自分で半年かけて調べてみたというエピソードがある[5]。雑誌の『ゲームフリーク』においてアーケードゲームにおける噂を調査した記事を載せたことがある。また、このことがゲーム版『ポケットモンスター』における「幻のポケモン」のアイデアの源流ともなったという(詳細はミュウ#幻のポケモンを参照)。
    • アニメ版『ポケットモンスター』においても、第1話で謎のポケモン(ホウオウ)を目撃して再会や更なる未知との出会いを一つの目標にする、スペシャル『ミュウツー! 我ハココニ在リ』の最後でミュウツーが都市伝説として語られるようになるなど、田尻からのメッセージとも取れるようなエピソードがいくつか登場している。
    • また、シリーズを通して都市伝説を意識した建物や場所がいくつかゲーム中に登場している。それらのいくつかは、実際に都市伝説として話題になった事もある(ポケモン屋敷・森の洋館など)。
  • ゲーム版『ポケットモンスター』では作中に開発スタッフ(ゲームフリーク社員)が登場するが、田尻は『ハートゴールド・ソウルシルバー』でしか登場していない(それも「この会社の社長」としてで、名前は一切出ない)。
  • 1986年4月 - 1988年3月の3年間、当時ニッポン放送の『オールナイトニッポン』内で放送されていた新作ゲームの紹介コーナーを、田尻本人と、当時ファミコン通信(現けファミ通)のスタッフだった田中パンチ(加川良)の2人で担当し出演していた。
  • ネットや海外の書籍などのメディアにおいて、しばしば高機能自閉症アスペルガー症候群などと書かれることがあるが、本人がそのように語った事実は見つかっていない。

著書[編集]

参考文献[編集]

同書には『ゲームフリーク』創刊号も収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団』171ページ
  2. ^ これについての経緯はポケットモンスター#ゲーム開発の背景とヒットまでの経緯を参照のこと。
  3. ^ 「原案」であって、原作ではない。
  4. ^ a b Larimer, Tim (1999-11-22). “The Ultimate Game Freak”. 雑誌『TIME』 (New York City: タイム・ワーナー社) 154 (20). http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2040095,00.html 2011年11月17日閲覧。. 
    Interview With Satoshi Tajiri :: PokeDream
    日本語訳:ポケモンのサトシ インタビュー#2 Time記事:誤訳御免。(2006.9)
  5. ^ ゲームセンターCX』(2004年5月30日放送分?)で行われたクリエイターインタビューにおける田尻自身の話より。なお、結果はこの噂の真偽は「真実」であり、掘っ建て小屋のような店があったとのこと。ちなみに[いつ?]現在は駐車場になっていた。

関連項目[編集]