招き猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
右足上げの招き猫
左足上げの招き猫
白黒セットの招き猫

招き猫(まねきねこ)は、前足で人を招く形をした、の置物。猫は農作物やを食べるネズミを駆除するため、古くは養蚕縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされている。

概要[編集]

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。両手を挙げたものもあるが、“欲張り過ぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。一般には写真のように三毛猫であるが、近年では、地の色が伝統的な黒色の他に、ピンク金色のものもあり、色によっても「学業向上」や「交通安全」(青)、「恋愛」(ピンク)など、意味が違う。黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。また、赤色は疱瘡麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。

由来[編集]

招き猫の由来にはいくつかの説がある。

今戸神社説
今戸神社(いまどじんじゃ)とは、東京都台東区今戸一丁目にある神社である。戦前に旧・今戸八幡と隣町の白山神社とを合祀して今戸神社となった。
近年になって招き猫発祥の地のひとつとして名乗りをあげるようにようになった。
伝わっているところによると、江戸時代末期、界隈に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして浅草神社(三社様)鳥居横で売ったところ、たちまち評判になったという。(以下の今戸焼丸〆猫説参照)
昭和50年代頃より現在まで今戸神社は自ら「招き猫発祥の地」「縁結びの神」として看板を掲げ、多くの招き猫が奉られるようになった。その論拠は旧今戸八幡が今戸焼の産地である浅草今戸町の産土神であったことによるものであるが古い文献等には招き猫と今戸神社(旧今戸八幡または旧亀岡町白山神社)との結びつきを示す記録は見当たらず、発祥に関しては近年の招き猫ブームによって云々されはじめられたようである。現在神社より授与されている招き猫の形状は江戸明治の今戸焼製の伝世品や遺跡からの出土品とは異なるものであり伝統性のない現代の創作品である。
今戸焼丸〆猫(まるしめのねこ)説
豪徳寺説
東京都世田谷区豪徳寺が発祥の地とする説がある。
江戸時代彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩した。すると雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。
和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔った。後世に境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになった。ちなみに、この縁で豪徳寺は井伊家菩提寺となったといわれる。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓も豪徳寺にある。
また、同じ豪徳寺説でも別の話も有る。直孝が豪徳寺の一本の木の下で雨宿りをしていたところ、一匹の三毛猫が手招きをしていた。直孝がその猫に近づいたところ、先ほど雨宿りをしていた木に雷が落ちた。それを避けられたことを感謝し、直孝は豪徳寺に多くの寄進をした…というものである。
これらの猫をモデルとしたもうひとつのキャラクターが、井伊家と縁の深い彦根城の築城400年祭マスコット「ひこにゃん」である。
前述のように、招き猫は一般に右手若しくは左手を掲げているが、豪徳寺の境内で販売されている招き猫は全部右手(右前足)を掲げ、小判を持っていない。これは井伊家の菩提寺であることと関わりがあり、武士にとって左手は不浄の手のためである。そして小判をもっていない理由は「招き猫は機会を与えてくれるが、結果(=この場合小判)までついてくるわけではなく、機会を生かせるかは本人次第」という考え方から。
自性院説
東京都新宿区自性院が発祥の地とする説がある。
ひとつは、江古田・沼袋原の戦いで、劣勢に立たされ道に迷った太田道灌の前に猫が現れて手招きをし、自性院に案内した。これをきっかけに盛り返すことに成功した太田道灌は、この猫の地蔵尊を奉納したことから、猫地蔵を経由して招き猫が成立したというもの。
もうひとつは、江戸時代中期に、豪商が子供を亡くし、その冥福を祈るために猫地蔵を自性院に奉納したことが起源であるとするもの。
伏見稲荷説
京都市伏見区伏見稲荷大社が発祥の地とする説がある。

他にも、東京都豊島区西方寺起源説、民間信仰説などいくつもの説があり、いずれが正しいかは判然としない。

招き猫のモデルは、毛繕いの動作(いわゆる「猫が顔を洗う」と言われる動作)ではないかという説もある。

招き猫の現在[編集]

巨大招き猫「とこにゃん」(常滑市)

日本一の生産地は愛知県常滑市である。他の名産地としては同県瀬戸市があり、ともに主として陶器製である。ほかに群馬県高崎市近郊などで、達磨とともに、同じ製法で生産されている(木型に和紙を張る「張り子」によるもの)。更に近年はプラスチック製品なども登場し、今でも毎年数多くの招き猫が流通している。ソーラーパネルからの電力で実際に招く動作を繰り返す玩具なども製品化されている。

9月29日は、日本招猫倶楽部が制定し日本記念日協会が認定した「招き猫の日」である[1][2]。この日の前後の土日を中心に、三重県伊勢市おかげ横丁愛知県瀬戸市長崎県島原市などで来る福招き猫まつりが開催されている。

日本国外の招き猫[編集]

公園に置かれた招き猫(ベトナム)

中国でも街角にて、手を振る機能を備えた、金色の招き猫を見ることがある。多くは左手に“千両小判”を持っている。台湾では1990年代の日本文化ブーム以来、日本と同じ型の招き猫を店先やレジスターの後ろなどに置いている店が多い。米国ニューヨークの中国人街では招き猫はポピュラーな存在であり、レストランの入り口などに日本のものとほぼ同じ型の招き猫がよく置かれている。

招き猫はアメリカでも人気があり、お土産用や輸出用としても製作されている。これらは "welcome cat" や "lucky cat" と呼ばれる(特にドル硬貨を抱えたものを "dollar cat" と呼ぶ)。ただし、手の方向が日本と逆向きで、手の甲に当たる部分を前に向けている。これは手招きする手のジェスチャーが、日本とアメリカでは逆である(英語圏では手のひらを相手に向ける日本の招き方だと「失せろ」になる。日本における「しっしっ」と動物などを追い払う動作)という文化の相違に起因する。

招き猫にちなんだもの[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 1995年9月21日日刊 中部版 p.7
  2. ^ 朝日新聞 2002年2月14日朝刊 三重版 p.22

外部リンク[編集]