ポケモンショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポケモンショック[1]とは、1997年12月16日テレビ東京および系列局(TXN)で放送されたテレビアニメポケットモンスター』(ポケモン)の視聴者光過敏性発作などを起こした事件である。事件の影響でポケモンの放送が4カ月の間休止された。

発端と原因[編集]

発端となったのは、1997年12月16日にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半あたりの映像であった。

この回の内容は主人公・サトシたちがコンピュータ内で起きている事件を解決するためにコンピュータ内部に入り込むというものであった。この回ではコンピュータの世界を表現するため、ワクチンソフトによる攻撃シーン、破損したデータを修復したシーンにパカパカを始めとするストロボやフラッシングなどの激しい点滅を25箇所にわたって1秒間以上連続して使用しており[2]、特に番組後半はこれらが連続して使用された。特に顕著だったのが、ピカチュウの技「10まんボルト」がワクチンソフトのミサイルに当たった場面である。視聴率関東地区で16.5%、関西地区で10.4%で[3]各局の同時ネットにより、345万人の視聴者(4 - 12歳)が見ていたと推定されている[2]

この回の放送直後、放送を見ていた視聴者の一部が体調不良を訴え、病院に搬送された。病院に搬送された患者の多くは児童であった。テレビ東京が最終的に把握した患者は約750人になり、そのうち135人が入院した。患者の症状は主に発作様症状、眼・視覚系症状、不定愁訴、不快気分、頭痛吐き気などであった。原因は上記の激しい光の点滅を断続的に見たことにより、光過敏性発作が引き起こされたためとされる。

報道[編集]

事件直後、第一報を伝えたのは午後9時台の『NHKニュース9』(現在のNHKニュースウオッチ9に相当)であった。翌日以降は新聞ワイドショーなど、マスコミで大きく報じられた。

事件後しばらく、ゲームを含めたポケモン全体に対する根拠のないバッシングが行われた[4]。しかし、NHKが1997年3月に放送したアニメ『YAT安心!宇宙旅行』(第1期)の第25話でも同様の原因で気分を悪くしていた視聴者がいたことを明らかにしたことや、各放送局の調査で自社のアニメも同じような危険性をはらんでいることが判明し、バッシングは次第に収まっていった。

各放送局および政府の対応[編集]

事件後、テレビ東京は原因が究明されて再発防止策がとられるまで、特番を含めた『ポケットモンスター』関連の放送を全て休止すること、及び『おはスタ』で『ポケットモンスター』の関連情報を調査の結果が分かるまで扱わないことを発表した。事件の翌週以降、同枠はアニメ『学級王ヤマザキ』に差し替えられた。この他にもテレビ東京ではポケモン関連番組・コーナーの放送自粛、レンタルビデオ店にアニメのレンタル自粛の要請、テレビ東京の系列外で『ポケットモンスター』の遅れネットにて放送されるローカル局に当該放送分以外の回も含め放送自粛の要請を行った。当該回は本来ならば、同時ネット以外では翌日の岐阜放送での放送が最速となる予定だったが、予定日の現地朝刊の番組表は差し替え番組を掲載した。『ポケットモンスター』枠は大半が『学級王ヤマザキ』、一部のネット局はアニメの再放送を編成した。1997年12月17日では、『少女革命ウテナ』最終回より、お詫びのコメントを発表した[5][6]。1998年4月11日 13:00 - 13:55 には、『アニメ ポケットモンスター問題検証報告』という題でテレビ東京系列6局で放送され、4月16日に再放送された。

放送中止となった年末年始特別番組は以下の通り。

  • 情報!ソースが決め手"お父さんのためのポケモン講座"』(12月30日 17:00 - 17:30) - 年間総集編に差し替え。
  • 64マリオスタジアム・スペシャル』(12月30日 18:00 - 19:00) - ポケモンのコーナーがあったため1998年1月18日に延期にし、『楽しいムーミン一家』(再放送)に差し替え。
  • 『大晦日だよポケットモンスターアンコール』(12月31日 9:00 - 9:54) - 『モジャ公』(再放送)に差し替え。
  • ミニ番組枠『ポケモンクイズ』 - ミニ番組枠で放送予定だった。「お年玉付き新春オススメとくばん」に差し替え。
    • 1998年1月1日
      • 1回目・9:54 - 10:00
      • 2回目・13:24 - 13:30
      • 3回目・15:19 - 15:24
    • 1998年1月2日
      • 4回目・13:44 - 13:50
      • 5回目・15:34 - 15:40
      • 6回目・19:24 - 19:30
    • 1998年1月3日
      • 7回目・10:24 - 10:30
      • 8回目・12:54 - 13:00
      • 9回目・13:54 - 14:00
      • 10回目・15:56 - 16:00
  • 『ポケットモンスター・冬のスペシャル』(1998年1月6日 18:30 - 19:30) - 前半は第28話 - 第39話までの総集編で、後半は「イワークでビバーク」の特番。

再発防止対策として12月18日にNHKが「アニメーション問題等検討プロジェクト」を立ち上げ、その際に前述した『YAT安心!宇宙旅行』にて放送後に同様の原因で4人の児童が体調不良を訴えていた事例があったことを明かし、「そのとき原因究明をしていれば、今回の事件は起こらなかったかも知れない」として陳謝した。

厚生省(当時)が「光感受性発作に関する臨床研究班」を発足させたほか、郵政省(当時)も「放送と視聴覚機能に関する検討会」を設置、NHKと日本民間放送連盟(民放連)も共同ガイドラインを策定することで合意した。NHKは『クローズアップ現代』でポケモンショックを扱った緊急特番を放送した。

テレビ東京はこの他に、日本国外のガイドラインのうち罰則も規定されているイギリスの独立テレビジョン協会のガイドラインを参考にして、他局よりも一段厳しいガイドラインを策定するため、1998年始め早々に調査団を派遣した他、アメリカにも同様の調査団を派遣した。この他に、局内調査はもちろん、外部調査チームの受け入れやアニメチェッカーの開発と導入を行うなど、事件の当事者として最大限の再発防止策をとった。

放送再開[編集]

事件後、アニメの放送再開を希望する声は多く、テレビ東京に1998年1月30日までに寄せられた意見3,076件のうち、放送再開を望む意見は全体の72%を占める2,223件だった。3月30日にはNHKと民放連のガイドラインが発表される見込みが出てきたとして、早ければ4月16日に再開できるとし、放送再開を前に事件の検証番組を放送することを発表した。

4月8日に、NHKと民放連は光の点滅などを規定したガイドラインを発表。4月11日午後1時00分 - 午後2時00分に「アニメポケットモンスター問題検証報告」がテレビ東京系6局で放送された(その後、4月16日に再放送)。そしてポケモンは放送枠を以前の火曜日から木曜日ゴールデンタイムに移動し、4月16日に放送が再開された。再開時の視聴率は16.2%だった[3]

事件以降の第38話及びキャラクター『ポリゴン』の扱い[編集]

放送再開後のアニメではオープニングの一部や、ピカチュウの10まんボルトの表現が修正されるなど、光の強いシーンは光量が抑えられるなどの修正がなされた。事件前に放送されていた回も、後日販売されたビデオ・DVD版、再放送、アメリカでの放送の際に修正がなされている。しかし、第38話に限っては修正不能と判断され、ビデオ・DVD・再放送枠およびCSにて放送を行っているキッズステーションとアメリカにて放送を行っている放送リストからカットされ、欠番扱いとなっている。現在の『ポケットモンスター』38話目は、放送再開を記念して新たに製作され、最初に放送された「ピカチュウのもり」に代替されている。

事件後にニッポン放送犬山犬子のポケモンアワー』でニャース役の犬山犬子(現:犬山イヌコ)と当時のポケモン制作スタッフとの対談が次世代ワールドホビーフェア'97にて行われた。その際「第38話『でんのうせんしポリゴン』の修正版の放送はあるのか?そして、次回分予告で紹介され第39話として放送予定であった『ルージュラのクリスマス』は放送されるか?」というリスナーの質問に対し、スタッフは「あの回(第38話)は幻にしてほしい。なかった話としてほしい」「『ルージュラのクリスマス』の放送は必ずやるので安心してほしい」と回答した。その後『ルージュラのクリスマス』は、同時期に第40話として製作されていた『イワークでビバーク』との二本立ての番外編として放送され、短編映画『ピカチュウのなつやすみ』がビデオ発売された際に、二本立てとして再録された。

この事件以降、このエピソードに登場したポケモンであるポリゴン及びその進化形(ポリゴン2ポリゴンZ)は劇場版、ポケモンショップCMの最後のシーンで登場したことがあるのみで、テレビシリーズ本編では現在のところ一切登場していない。

他の作品に与えた影響[編集]

注意を促すテロップの表記[編集]

この事件を機に「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください」「(子供向けに)部屋を明るくして離れてみてね」などと勧告するテロップ(数秒間表示。邦画や洋画DVDでも同じ。一部番組ではロールスーパーで流される)やアニメキャラクター達による勧告[7]在京在阪キー局(テレビ東京・フジテレビテレビ朝日ytvCBC系)を中心に各アニメ番組の冒頭で流されるようになり、アニメ制作の教訓となった。ただし、このテロップ表示は放送局の任意によるものでNHK(NHK教育)やTBS深夜アニメの場合は流されないケースが多い。

後に多くのローカル局でも導入されるようになり、局によっては放送局名を付け足す局もある(特にCS放送)。WOWOWの音楽番組の冒頭では、「この番組は、照明などによる光の変化の激しい部分があります。ご鑑賞にあたりましては部屋を明るくしてテレビから離れてご覧下さい」のテロップを入れているほか、特に点滅が激しい箇所では減光処理を施して放送を行う場合もある。

劇場版作品はテレビとは異なる映像基準で作成されており、公開される映画館では「ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の人がいます」旨の注意書きが掲示されている。事件直後の1998年に公開された『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のテレビCMでは「激しい光の点滅を使用していません」旨の表示がされた。また以降の劇場版ポケモン上映時には、映画館窓口に「テレビ番組の映像基準とは異なる手法で製作いたしました。ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の方がおられます。過去に光が原因で体に異常を感じた経験のある方は、ご覧になる前に医師にご相談ください」とピカチュウプロジェクト(製作委員会)名義での注意書きがされている。

アニメ以外のドラマ・映画などでも、ライトの点滅やフラッシュが大量にたかれてテレビを通すと画面が激しく点滅するような映像になった為、一部のテレビ局では該当の映像を流す前にアニメと同様に注意を促すテロップや司会者によるアナウンスを実施したケースがある。例としては

2008年3月にNHK盛岡局(東北地方)で放送された地域情報番組ワンダフル東北[8]及び同年7月にNHK総合で放送されたドラマ『監査法人[9]にて、いずれもカメラのフラッシュが大量にたかれるシーンでガイドラインに違反する点滅が使われていたことが放送後に判明している。

演出家・富野由悠季はこの事件について、問題の箇所が青とピンクの補色であったことも原因だと意見を述べている。またこのことについてマスコミが触れなかったことや、どのテレビ番組にも「テレビは部屋を明るくして見よう」というテロップが流されるようになったことも、無神経だと批判している。さらに光効果はセルの枚数を減らすことができるので、「安易に使いすぎている作品が増えている」とも言及している。アニメ版の第1作から構成・脚本で関わっていた脚本家の故・首藤剛志もwebコラム上で同様の指摘しており、「派手な刺激を追い求める制作側の安易な姿勢が事件の原因となった」「パカパカという手法が刺激の強い効果であることは昔のアニメ制作者はきちんと理解して注意して使っていたものだったのに、テレビアニメ黎明期からごく普通に使われてきた手法がつかえなくなってしまった」と述べている。

点滅箇所の修正[編集]

背景等の赤青連続切り替えや強いストロボは、この時代のアニメ・ゲーム作品で多用されていた。そのため本事件の発生以降、他のアニメ・ゲーム作品でもそういった点滅シーンが避けられるようになり、違うものに差し替えられるなどの対応が行われた。

過去のアニメ作品の再放送や、アニメ作品のビデオ化・DVD化などに当たって再編集が行われていることがあり、そういった場面では突然画像が一時停止したりコマ送りになるなど不自然な編集もやむを得なくなっていたが、2009年にはデジタル修正したり、スロー化などの再編集もなされている。また、アニマックスキッズステーションなどのアニメ専門チャンネルでの再放送や、バラエティ番組でのアニメ作品の紹介では、再編集が行われていないケースも多い。

ゲームソフトに関しては、点滅表現が使用されているものについては回収などはされていない。ただし、リメイク作品や過去の作品が配信される場合、点滅表現が変更や削除されるなどの対応がとられている。一例として、Wiiバーチャルコンソールで配信されたソフトの一部が点滅シーンの再現が差し替えられており、この中にはポケモンの制作を担当したゲームフリーク制作ソフトである『パルスマン』が含まれている。

その他[編集]

ポケモンショック以前にも、スクウェア(現スクウェア・エニックス)で発売された『ファイナルファンタジーV』でも、児童がてんかんを発作するなど、同様の現象が発生し、スクウェア側は、児童もしくは保護者に対するアンケートを行うほどであった。この際は、現在のような明確な基準が敷かれなかった。なお、スクウェア側は詳細を明らかにしていない。

以降のエピソードには『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』に登場するポケモン・ミュウツーNINTENDO64用ソフト『ポケモンスナップ』の主人公・トオルが登場するなど関連商品との連動が見られたが、この事件によって以降のエピソードの放送スケジュールが遅れたため、映画の公開やソフトの発売とはずれが生じてしまった。

1998年1月21日に発売が予定されたゲームボーイライトゲームボーイカラーの発売延期などの影響が出た。

この事件は日本国外でも広く知られるところとなり、「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組」としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。

アメリカでは幾つかのテレビアニメで取り上げられ、ジョークの対象になった。『ザ・シンプソンズ』のエピソード「Thirty Minutes Over Tokyo」(日本未放映)では、日本にやってきた主人公一家がテレビアニメのロボットが目を点滅させるのを観た結果てんかんの発作を起こすシーンがあり、『サウスパーク』のチンポコモンでも登場人物の一人がポケモンを模したゲーム画面を見て発作を起こす描写がある。コメディアニメ『Drawn Together』(日本未公開)では、ピカチュウのパロディとして登場する謎の生物が発作について言及している。

この事件を参考に、アメリカとロシアが同様のてんかん症状を引き起こさせる光線点滅兵器の開発に着手しているとの記事が米誌U.S. News and World Report誌の話として1997年12月24日朝日新聞に掲載された。アメリカ側は非殺傷兵器としての研究、ロシア側はパソコンのモニター画面にパカパカを表示させて利用者を気絶させるコンピュータウイルスの開発ということだった。

TXN系列局のテレビせとうちは事件の影響により、区域外再送信の継続を拒否する事態となった(後に、区域外再送信の同意をすべき旨の総務大臣裁定[10]がされた。)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ポケモンショック」の名称は俗称で、他にも「ポリゴンショック」「ポケモンパニック」「ポケモン(ポリゴン)事件」「ポケモン(ポリゴン)騒動」「ポケモン(ポリゴン)フラッシュ」などとも呼ばれる。
  2. ^ a b 後にテレビ東京が配布した報告書「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」による数字。
  3. ^ a b ビデオリサーチ社調べ。
  4. ^ WEBアニメスタイル_COLUMN - 首藤剛志
  5. ^ テレビ東京のお詫びテロップでは「局からのお願い・・・きのう放送分の『ポケットモンスター』をご覧になると目眩がしたり、具合が悪くなったりする可能性があります。きのう放送分の「ポケットモンスター」をビデオでご覧にならないようにお願いします。」
  6. ^ テレビ愛知のお詫びテロップでは「きのう放送分の『ポケットモンスター』をご覧になると目眩がしたり、具合が悪くなったりする恐れがあります。ご注意ください。」
  7. ^ 例としては『こちら葛飾区亀有公園前派出所』での両津勘吉(声 - ラサール石井)、リメイク版『ヤッターマン』でのドクロベエ(声 - 滝口順平)など。
  8. ^ 地域放送番組における“光点滅”基準超え映像について - NHK広報局
  9. ^ 土曜ドラマ「監査法人」における“光点滅”基準超え映像について - NHK広報局
  10. ^ 総情域第29号 裁定 (PDF) 中国地域の有線テレビジョン放送事業者11社からの再送信同意に係る裁定申請に関する裁定 別添2 総務省報道資料 平成20年2月8日(国立国会図書館のアーカイブ:2011年8月1日収集)

参考文献[編集]

関連項目[編集]