サザエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サザエ
Turbo cornutus 1.jpg
サザエ(有棘型)
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 古腹足目 Vetigastropoda
: サザエ科 Turbinidae
: リュウテン属 Turbo
亜属 : サザエ亜属 Batillus
: サザエ T. cornutus
学名
Turbo cornutus
Lightfoot, 1786
和名
サザエ
英名
Horned Turban

サザエ栄螺拳螺[1]、学名:Turbo cornutus もしくは Turbo (Batillus) cornutus)は、腹足綱古腹足目サザエ科(別名:リュウテンサザエ科)に分類される巻貝の一種。サザエ亜属(Batillus Schumacher, 1817)の模式種。日本でサザエの壺焼きとして消費される。棘のある殻も特徴的であるため、各種の意匠や比喩などに利用されてきた。小型のものは「姫さざえ」の名で売られることもあるが、そのような種があるわけではない。

形態[編集]

は大型で、殻高、殻径ともに10cm以上になる。殻に棘があるものと無いものがあり、それぞれ有棘型、無棘型と呼ばれるが、棘の発達の度合いは色々あり、成長の途中から棘が出たり、あるいは消失したりする場合もある[要出典]。棘の発達した外海の個体を水流のない水槽などに移して飼育すると、その後は多くの個体で棘を形成しなくなり、逆に棘の発達しない個体を外海に放流すると棘を形成することが知られている。このため、かつては「波の荒い外海に棲む個体は流されるのを防ぐために棘を形成し、波の荒くない内海ではその必要が無いため棘無しになる」という説があった。しかし、実際には波の荒い地域であってもトゲ無しの個体が確認され、またその逆の場合も存在し、飼育実験でも個体によっては棘の有無と水流とが合致しない例もあることから、棘の有無には環境要因と遺伝的要因の両方が関与しているのではないかと考えられるようになった[要出典]

体の表面には黒褐色の細かい線状の斑紋が多くあるため、全体に黒っぽい。頭部には1対の触角があり、その基部近くの外側には眼が、内側には眉毛のような肉質のひさしがある。足は筋肉質でよく発達しており、蹠面(せきめん:足の裏面)は黄土色 - 橙色。全体が縦の溝で左右2つに分かれていて、これを左右交互に動かしながら前進する。足の後方背面には厚い石灰質の蓋を持つ。本来の蓋は、裏側に見える褐色で緩やかな螺旋状を呈するクチクラ質のもので、その表面に二次的に炭酸カルシウムが沈着しているのである。この石灰質の表面に緩やかな渦巻き状のウネと多数の細かい棘 - イボ状突起があるのがサザエの特徴である。サザエ類の蓋の彫刻は種によって異なることが多く、従来より属の分類などにも用いられてきたが、やや人為分類的なきらいもある。

雌雄異体であるが、殻や軟体の外見からは区別できない。成熟した個体では生殖腺の色が異なり、雌が深緑色、雄がクリーム色となるが、生殖腺は殻の最奥部に位置するため通常は観察できない。現在知られている唯一の直接観察の方法は、内部の生殖腺の色が透けて見える程度に殻頂付近の殻表面を削る方法であるが、観察個体を傷つける可能性もあり、個体数が多い場合は手数がかかるため、養殖施設などでの実用にはあまり向かない。

生態[編集]

潮間帯から水深30m程度までの岩礁に生息する。浅い場所には小型個体の密度が高く、大型個体ほど深所に生息する傾向がある。夜行性で、夜になると岩礁を動き回り、海藻歯舌で削り取って食べる。幼貝のうちはイトマキヒトデイボニシカニ類などに捕食されるが、成貝の敵はクロダイネコザメ(別名:サザエ割り)、タコヒトなどである。

分布[編集]

東アジアの海水温が高い海域の、外海に面したに多く生息している[2]。すなわち、中国沿岸部、黒潮暖流)が支配的な日本列島太平洋側の九州から千葉県外房辺りまで、および、対馬海流(暖流)が支配的な日本列島東シナ海側の九州 - 朝鮮半島南部 - 日本列島日本海側の秋田県男鹿半島辺りまで[2]

対馬海流は津軽海峡にまで至るため、新潟県から北海道南部の沿岸部にも分布するとの説もある。

食材[編集]

サザエの壺焼き(三重県)

刺身、あるいは殻ごと焼いた壺焼きで食べる。特に壷焼きは有名である。客観性を要求されるはずの国語辞典でも「美味」などと書かれている。貝の出口側に筋肉質な部位があり、奥には緑色の内臓部がある。内臓部は俗に「うんこ」とも呼ばれており、独特の苦みを持つ。その大部分は中腸腺であり、光過敏症などを引き起こす貝毒や重金属が蓄積しやすい。一般に市販ルートでは貝毒検査を経たものが取り扱われているが、非正規に採取したような貝を食す際は注意を要する。

主な栄養素[編集]

可食部100gあたり

  • タンパク質 19.4g
  • 脂質   0.4g
  • カリウム  250㎎
  • 亜鉛   2.2㎎
  • ビタミンB12  1.3μg[3]

陸揚げ漁港[編集]

  • 2002年度(平成14年)
第1位 - 下関漁港山口県
第2位 - 藍島漁港(福岡県
第3位 - 八幡浜漁港愛媛県
第4位 - 宮窪漁港(愛媛県)
第5位 - 佐田岬漁港(愛媛県)

文化[編集]

語源[編集]

「さざえ」は殻を小さい家に見立てた「ささ」(小さいの意)「え(い)」(家の意)の意味であるとされる[1]。「栄螺」は大きくなった渦巻状の貝、「拳螺」は渦巻状の拳のようであるとの意味である[1]

ことわざ[編集]

  • 夏の栄螺は口ばかり:「口先だけの人」の意。
  • 栄螺に金平糖:互いにツノを突き合せて理屈を並べて、自説を譲らない者同士を皮肉った言葉。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.53 1988年 永岡書店
  2. ^ a b 船橋市中央卸売市場「サザエ」船橋市
  3. ^ 『食材健康大辞典』314頁

参考文献[編集]

  • 奥谷喬司(編)『日本近海産貝類図鑑』東海大学出版会、2001年、1173頁。ISBN 4486014065
  • 小澤智生・冨田進「中国沿岸産サザエ類の1新種」(OZAWA, Tomowo and TOMIDA, Susumu "A new Turbo (Batillus) species from Chinese coasts.")貝類学雑誌 Venus (Japanese Journal of Malacology) 1995 54(4), pp.269-277.
  • 小澤智生・冨田進「日本産サザエ亜属化石の分類学的研究」貝類学雑誌 Venus 1996 55(4), pp.281-297.
  • 五明 紀春 監修 『食材健康大辞典』時事通信社、2005年

関連事項[編集]