ポケットモンスター (穴久保幸作の漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポケットモンスター
ジャンル ギャグ漫画
漫画
作者 穴久保幸作
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
別冊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 1996年9月号 -
テンプレート - ノート

ポケットモンスター』は、穴久保幸作漫画作品。ゲームソフトポケットモンスター』を初めてコミカライズした作品でもある。『月刊コロコロコミック』、『別冊コロコロコミック』で連載中。

ポケットモンスターを題材とした漫画作品は複数存在するため、固有タイトルを持たない本作は作者の名を取って「穴久保版」や主人公であるピッピの悲鳴に因んで「ギエピー」等と呼んで区別することがある。

概要[編集]

別冊コロコロコミック』96年4月号から「ふしぎポケモン ピッピ」というタイトルで連載を開始し、同年8月号まで掲載。その後タイトルを現在の『ポケットモンスター』に改題した上で『月刊コロコロコミック』に移籍する形で96年9月号から連載を開始。『別コロ』の方でも97年2月号から改めて連載が再開された。2002年の『ポケットモンスター ルビー・サファイア』発売以降は漫画の方も最新作に合わせて改題するという形になっている。2014年現在は『ポケットモンスター X・Y』発売に伴い『ポケットモンスターX・Y編』を連載中。

主人公のレッドがポケモン図鑑を完成させるために旅に出るが、その道中相棒のピッピが騒動を巻き起こしていくギャグ漫画である。ゲーム中では愛らしい外見でピカチュウやプリンと並ぶ人気があるという設定のピッピを「デブで大食いなギャグポケモン」と描いている他、コメディ下ネタも取り入れた独特のセンスは長く支持を集め、2011年現在『コロコロコミック』で連載中の作品では「スーパーマリオくん」に次ぐ長寿漫画であり、ポケモン漫画としては最も息が長い。初期から中期にかけてはゲームをある程度踏襲した内容だが、D・P編辺りからゲームとは独立した話が目立っている。

一度、アニメ『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』第86話「映画はバクーダに乗って!!」で、サトシの“昔見て面白かった映画”の回想で、この作品のレッド( - 大谷育江)、ピッピ(声 - 山口眞弓)、ピカチュウの3人(正確には1人と2匹)が登場している。

ゲームとの相違点[編集]

  • この作品はゲーム本編アニメ版などと大きく設定が違う描写が多い。例として、ほぼ全てのポケモンが人間の言葉を理解でき、文字を読んだり人と話したりすることができる。また、石を使うポケモン以外は自由に進化したり元に戻っており、半ば変身のような扱いと化している。作品初期においては、生息していないところに生息しているポケモン(例として、旅立ち当初のミュウツーらしきポケモンが登場している)や既存をモデルにしたオリジナルともいえるポケモンなどが存在していた。このように荒唐無稽で強引な展開は多いが、寧ろそれが作品の特徴とも言える。
  • ピッピとピカチュウが従兄弟という設定が連載開始当初では説明がつかなかったが、金銀でポケモンの卵が登場してからは、同じタマゴグループのポケモンやメタモンが親の場合は別な種類のポケモンでも親戚にはなる(ただし、ゲーム中では「親子」であると明示はされない)ため、この作品の独自描写としては珍しく説明がつく。なお、ゲーム上ではピッピとピカチュウは同一のタマゴグループに属している。似たような例としてサカキ兄弟の所持するサワムラーとエビワラーの兄弟設定があるが、これもバルキーの存在によって辻褄が合うようになった。

登場キャラクター[編集]

主要キャラクター[編集]

ピッピ
主人公。ようせいポケモン。元々はピッピ村というピッピだけの村に住んでいた。トキワの森でレッドと出会い、その後オーキド研究所に行った際にレッドに気に入られ、旅を共にする。怒ったときに飛ぶことができたが、後に太ったことが原因で飛べなくなってしまう。レッドに暴力的にツッコまれている。一人称は「ぼく」(最近は「おれ」になっている)。語尾に「ッピ」を付けてしゃべる。笑い声は「ピハハハハハ」。
レッド
もう一人の主人公。本名「赤井 勇(あかい いさむ)」。マサラタウン出身。オーキド博士にポケモン図鑑完成を任され、幼馴染でライバルのグリーンと競いながら旅をする。しかしピッピのおかげで図鑑完成は程遠い。口調は悪く乱暴な性格だが、悪事は許さない熱血漢。何かとピッピを邪魔者のようにこき使うが、一度ピッピが死亡したと思われた事件では本気で落ち込んでいた。一人称は基本「俺」。
ピカチュウ
ねずみポケモン。ピッピとは従兄弟の間柄。レッドとピッピに助けられ、以降、旅を共にする。初期は突然脱糞するなど単なるギャグメーカーといった印象が強かったが、次第に性格が変化していく。
間抜けな従兄弟と違い、度々「天才ピカチュウ」と呼ばれる程に賢いが、たまにマヌケな言動もある。ほとんどのポケモンたちが人の言葉を話すのに対し、「ピカ」としか喋れない(連載開始当初の鳴き声は「ピチュ」だった)。通訳はピッピの担当。一度だけオーキド博士が開発した蝶ネクタイ型無線で人間の言葉を話したことがある。

その他のレッドのポケモン[編集]

バルキー
けんかポケモン。元々は大好きクラブのおじさんのポケモンだったが、トゲピーとの交代という形で勝手にレッド達の旅に付いて来る。最初はレッド達(特にピッピ)は旅を共にするのを嫌がっていた上に、凛々しい顔をしていた。芸術に天才的才能がある。なにかと気弱な面もある。なぜか、ピッピ・ピカチュウよりも女の子にモテモテだが、結局は失恋となる。語尾に「 - バル」を付けてしゃべる。電車、自転車オタクでもある。進化をしたら故郷に帰るという約束を仲間としていたため故郷へ帰った。
トゲピー
ハリたまポケモン。「チョキプリリ」しか喋れない。ウツギ博士からもらった卵から孵ったが、大好きクラブのおじさんにバルキーと引き換えに託される。
グレイシア
レッドが赤ん坊の頃、ポケモンセンターに預けられたと思われていたが、実はレッドのポケモンではない。コロコロコミックでは、これがきっかけでポケモンバトリオのパックが付録となった。性別は不明だが、メスのような話し方が特徴。
アーボック
レッドが赤ん坊の頃、ポケモンセンターに預けていたポケモン。レッドと再会できて喜んでいたが、ピッピたちは嫌がっていた。バトリオのパックの付録にはなっていない。
カイリキー
正確にはピッピの知り合い。カビゴンを引っ張る時に、ピッピが「ついに進化した」と言って隠れてピッピに協力。カビゴンを引っ張るというより、ハンマー投げの様に遠くまで投げ飛ばす程の実力を見せたが、結局バレてしまいピッピにはゴローニャに押しつぶされる罰を受けた。その後はピッピが操るでかい顔のロボットとして登場。
ローブシン
レッドが新たに仲間にした、バルキーに代わるかくとうタイプのポケモン。ちなみに、仲間にした理由は元トレーナーの修理屋に間違えて神殿を作ってしまい、クビにされ、ピッピが「困っているポケモンを放っておけない」と言ったためである(本当の理由は金目当てである)。軽い性格で「いーよ」が口癖。それ以降、登るのに何年以上もかかる高い塔を作ったり、重い飛行機を軽々と持ち上げたり、誘導員になったり、ピッピの目を覚ますように殴ったり(実際は気絶した)など活躍している。2014年1月号で何の予告もなく1人旅に出て、レギュラーメンバーから外れた。(ちなみに、この号からXY編になっている。)

ライバル[編集]

グリーン
本名「緑川 開(みどりかわ かい)」。レッドの幼馴染でライバル。マサラタウン出身。オーキド博士の孫。レッドに意地汚い手を使うことが多いが、フレンドリィショップに強盗に来たゴーリキーを捕まえた時にその実力を認めたり、ピッピが行方不明になって悲しむレッドを慰めたりと稀に善人としての一面を伺わせる。ポケモン図鑑は着々と完成している。ポケモン運動会のときには、砲丸投げの砲弾の中にビリリダマを仕込んだ。フスベジムリーダーのイブキに敗北してから、作中には暫く登場しなくなっていたが、B・W編でチャンピオンとして再登場を果たしている。
ヒトカゲ
とかげポケモン。オーキド博士から貰うポケモンの中の1匹。選んでくれたグリーンと旅を共にする。ピッピとは性格は正反対で、非常に優秀なポケモン。語尾に「 - カゲ」を付けてしゃべる。現在ではリザードンに進化し、口癖も「 - ドン」になった。また最初期では何故か自由にヒトカゲ・リザードンの姿を交互に切り替える事が出来た。グリーンと一緒に悪事を働くことも。
リザードン
グリーンのヒトカゲの進化した姿。ヒトカゲからリザードを飛ばし、いきなりリザードンに進化した。(本来はヒトカゲ、リザード、リザードンという順番で進化する)。初期には前述の通り何故か自由にヒトカゲの姿に戻る事もあった。主に力を使って活躍する(460キロのカビゴンを引っ張るなど)。レッドの手に入れた「マスターボール」を奪うため、自らにをつけてフリーザーだと思わせたが、結局最後はバレた。
ペルシアン
グリーンと共にポケモン№1コンテストに出場したポケモン。元はニャースで、演技のためペルシアンに進化した。ピッピに馬鹿にされ、引っかき攻撃をおみまいした。
イワーク
バナナリーグでグリーンの切り札として登場。トゲピーのバリヤーを壊すが、それに泣いたトゲピーの涙を浴びて敗北した。
コイル
ヒトカゲが砲丸投げに使ったポケモン。ピカチュウの磁石で引き寄せられ、失格となった。

その他の主要キャラクター[編集]

オーキド博士
マサラタウンにあるオーキド研究所でポケモンの研究をしている博士。若い頃はポケモン図鑑完成の旅をしていたが、年齢のせいか体力の限界を感じ引退し、博士となった。図鑑完成をレッドとグリーンに任せる。初期はハゲでカツラを被っていたが、後に10円ハゲで悩んでいる。ミニ・クーパーらしき車を持っている(形状からBMWのミニ)。
ウツギ博士
ワカバタウンの研究所にいる博士。オーキド博士と共同で生活しており、食事などもウツギ博士が作っている。
ブルー
洋館に両親と共に住む少年。ゲンガーに取り付かれ根暗な性格となっていた。ただし、レッド達によってゲンガーを退治された後は、魚を捕るなど外に出るようになったが内面はあまり変わっていない。自分の部屋は24時間中真っ暗で灯りは1本のロウソクのみである。ブルートレインブルーインパルスブルース・リーなど、「ブルー」のつく物をコレクションする趣味がある。カメックスを持っている。
ゼニガメ
かめのこポケモン。オーキド博士から貰うポケモンの中の1匹。選んでくれたブルーと旅を共にする。「 - カメ」が口癖。現在はカメックスに進化した。
ドードー
空を飛ぶマシンをつけてカメックスを飛ばせていた。2匹いる。
イエロー
髪の毛から靴、下着までもが黄色づくめの少年。レッド同様にピカチュウを持っており、レッドに成りすまして悪事の限りを尽くしていた。彼のピカチュウはレッドのものより目つきがやや悪く、「なみのり」が使える。

その他[編集]

サカキ
ロケット団のボス。実は双子の兄弟で、外見も名前どころか職業までもが同じ。ポケモンを100匹以上持っている。
サワムラー
キックポケモン。サカキの兄が持っている。エビワラーの兄。キックは強いが、いつもピッピに負けている。なぜか口がある。
エビワラー
パンチポケモン。サカキの弟が持っている。サワムラーの弟。パンチは強いが、いつもピッピに負けている。ダイエットを気にしている。ピッピにエビフライにされたことがある。
ニャース
ばけねこポケモン。アニメ版と同じくロケット団のポケモンで語尾に「 - ニャ」がつく。
ポリゴン
シルフカンパニー社長(エリカの父)が開発した人工ポケモン。ピッピにはち〇このポケモンと馬鹿にされ、サイケ光線でピッピを攻撃した。最後はサカキの持っていたリモコンがピカチュウに壊されたため、全匹動かなくなった。
メタモン
サカキがピッピを騙すために、ピッピに変身させた。が、食べすぎでお腹を壊してしまい元に戻ってしまった。
マグマッグ
ロケット団のポケモン。体から発射される炎は、ラプラスの水を蒸発させるほどだが、トゲピーの涙を浴びて固まった。
カイリキー
元々は身寄りのない所をサカキに拾われた。サカキに対しての忠誠心は厚く、日々過酷なトレーニングをこなす事で恩義だと信じて疑わないが、次男ゴーリキーと三男ワンリキーからはロケット団の考えに疑問を抱いている。レッドからも「利用されてるだけ」と言われ激怒して殴る(しかし、何故か殴られたのはピッピだった)。
サイドン
サカキがジムで使用したポケモン。ピッピに「上野西郷どん」と間違えられた。角ドリルやパワーでピッピを追い詰めるが、ピッピによって角にプロペラをつけられ飛んでった。
ニドキング
こちらもサカキがジムで使用したポケモンでピッピいわく「サカキのポケモンNO.1」。サイドン以上のパワーを持っており、ピッピやピカチュウの攻撃も物ともしない。しかし、ピッピはニドクインの着ぐるみを着て対等に戦うはずが、ニドキングが好みのタイプだったため我を忘れジムを壊してしまった。
金之助(きんのすけ)・銀次郎(ぎんじろう)
姿はそれぞれ『金・銀』の主人公・ライバルである。
マサキ夫妻
ポケモンの研究をしている人物。連載初期ではポケモンと人間を合成する実験に失敗してしまいマサキは見たことのないポケモンに、マサキの妻はミュウの姿になってしまった。月の石を使って元に戻った。人間の姿はマサキの妻は若い美人の女性であるが、マサキは毛深く物凄い顔の中年男性だったが、途中で他の作品と同じ容姿になった。また、ミュウは夫人のポケモン化した姿のはずだったが、いつのまにか夫人の所持するポケモンと言う事になった。
ミュウ
最初はマサキの妻が変身した姿で登場したが、途中でマサキ夫人のポケモンとなっていた。
ミュウツー
サカキの命令でマサキがミュウを使って生み出してしまった最強のポケモン。ピッピに遺伝子を取らせて以降、ライバルとなった。最後はピッピの遺伝子が乗り移ってしまい、ギャグポケモン「ミュウツーピッピ」と化してしまった。
ちんみ
連載初期から登場している謎のキャラクター。穴久保作品全般に登場し、前作「おれは男だ! くにおくん」にも頻繁に登場している。口癖は「 - ニャ」で、コロコロの読者コーナーで存在が指摘された直後に「新種のポケモン?」と表示されたことがある。由来は作者の飼っていた猫の名前。第1巻の作者の挨拶でも登場している。しかし、連載初期にすでに亡くなっている。
一輝
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のライバル。手持ちポケモンはヒコザルパルキアデオキシス。特に彼のパルキアとデオキシスは戦闘力が高い。かずきと書かれているときといっきと書かれている時期があったが、どちらが正しいかは不明。
アララギ博士
本作初の女博士。「お姉さん」と呼ぶと上機嫌になる。怒ると怖く、ピッピが「おばさん」と言ったときは電話帳を真っ二つに破り裂いていた。
アデク
マラソン大会で優勝する為にランニングシューズを探していたときに偶然現れたチャンピオン。レッド達にランニングシューズを貸したが、しばらく使っていなかったため臭く、その臭いでレッド達が倒れた際は逃げた。

単行本[編集]