ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポケモン不思議のダンジョン
マグナゲートと∞迷宮
Pokémon Mystery Dungeon:
Gates to Infinity
ジャンル ダンジョンRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 スパイク・チュンソフト
ポケモン
発売元 ポケモン
人数 1人(ワイヤレス通信時 2 - 4人)
メディア 3DSカード、ダウンロード
発売日 日本の旗 2012年11月23日
アメリカ合衆国の旗 2013年3月24日[1]
欧州連合の旗 2013年5月17日[2]
オーストラリアの旗 2013年5月18日
対象年齢 日本の旗 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 日本の旗 約42万本(2013年1月[3]
その他 ニンテンドーネットワーク対応・すれちがい通信対応・いつの間に通信対応・ローカルプレイ対応
テンプレートを表示

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』 (ポケモンふしぎのダンジョン マグナゲートとむげんだいめいきゅう)は、2012年11月23日に発売されたニンテンドー3DS用ダンジョンRPG。『空の探検隊』や『冒険団』シリーズの後に発売された『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』で新たに登場したポケモンの多くが加わった。ゲーム中のサウンドは、『空の探検隊』に続きノイジークロークが担当した。

システム[編集]

ポケモンパラダイス[編集]

主人公たちの生活の拠点となる地。「パラダイスセンター」では後述する「なかまモード」において必要となる一通りの施設が置かれる。新たに設置できる施設は、きのみやタネ類を育てる畑や後述するわざの成長を行う道場などがある。また、『空の探検隊』においてギルドやカフェにあった一部の施設も設置可能な施設として登場する。

なかまモード[編集]

メインストーリーを中断してパラダイスにいる仲間で遊ぶモード。このモードでは宿場町に行けなかったり、救助依頼が出来ないといった制限があるが、メインストーリーにおいて行動範囲が制限されている場合に「あずかりボックス」を介してアイテムを補充する手段となっている。

仲間システム[編集]

今作ではメインストーリーでメンバーが限定されるような場合でも、仲間にできる(管理所に送られる)場合がある。また、連れて行かなかったポケモンもダンジョン内で得た経験値は加算されていき、次に連れて行ったときにまとめて反映されるようになっている。 なお、今作では依頼主が仲間になるような依頼やタマゴは登場しない。

アイテムなど[編集]

前述のパラダイスの発展に使う材料が初登場。通常のアイテムとは区別され、バッグには入らない。また、ふしぎだまやタネ類にも今作初登場となるものがあるが、逆にシステムの関係で登場しないものもある。『空の探検隊』と『冒険団』シリーズにあった「そっくりどうぐ」は今作には登場しない。

わざ[編集]

攻撃わざにおいては、わざを使うことで成長し、わざの成長に伴って威力やPPが増えていく。わざの成長度合いは仲間全員で共用される。

とくせい[編集]

とくせい(特性)は基本的に『ブラック・ホワイト』に準拠しているが、一部のものは効果が変更されている。今作では、本編ゲームで2種類の特性を持つポケモンも本編同様どちらか一方の特性を持つ。

チームスキル[編集]

今作では、かしこさが「チームスキル」としてメンバー全員で共用される。それに伴い、グミは登場しない。チームスキルはダンジョン内で手に入る「たからばこ」の中身になっている。

ダンジョン脱出後の措置[編集]

リーダー(パートナーも対象になる場合がある)が倒された場合は道具がいくつかなくなり冒険失敗となる。『空の探検隊』では所持ポケが半分無くなっていたが、今作では無くならない。パートナー以外の倒されたメンバーはチームから外れ、管理所に送られる。

すれちがい通信[編集]

今作の「ともだちきゅうじょ」はすれちがい通信専用になっており、あらかじめ「すれちがいポスト」に「ふっかつのタネ」を入れておくことで、救助待ちになっているプレイヤーとすれ違ったときに自動的に救助されるようになっている。

マグナゲート[編集]

3DSのカメラで日常に存在する丸いものを撮影すると、不思議のダンジョンの入り口である「マグナゲート」が出現する。一度発見したマグナゲートは16個まで保存して、何度でも攻略することができる。

その他[編集]

  • 「あずかりボックス」のアイテム倉庫は『青の救助隊・赤の救助隊』の倉庫のシステムに準じている。
  • ダンジョン内部において、仲間の行動順が一部変更されている。
  • 「はれ」以外のすべての天候においてHPが自然回復しなくなった。

登場ポケモン[編集]

主要キャラ[編集]

主人公
元々は人間だったが、ある世界からその世界へ来て、ポケモンの姿になって、空から落ちてきて気絶しているところを後のパートナーポケモンに発見される。
今作での主人公は「記憶喪失になっている」という明確な描写が存在せず、人間だった時のことを覚えているかのような演出がなされている。
ツタージャポカブミジュマルピカチュウキバゴの中から、冒頭で姿が誰に変わるかによって選ばれる。
パートナー
ポケモンになった主人公と最初に出会うポケモン。「ポケモンパラダイス」を作ることを夢見ている。家族がいないらしく、物心ついたときからずっと一匹で過ごしてきた為、心から信頼できる友達を探していた。
主人公候補から選ばれなかったポケモンのうち、プレイヤーの選択によって選ばれる。
本作で唯一性別の概念が存在する。パートナーがピカチュウの場合には雄雌での尻尾の形の違いが反映される。
エモンガ
ストーリーをある程度進めると仲間になるポケモン。一人称は「オレ」で、ノコッチと仲が良い。
作中、あることがきっかけでビリジオンのことを嫌っていたが、徐々に和解していく。
ノコッチ
エモンガと共に仲間になるポケモン。一人称は「僕」。気弱で臆病な性格だが、芯は強い。
ビリジオンに惚れている。
ビリジオン
伝説の草ポケモン。ポケモン不信で自ら友達を作ることを拒んでいるが、根は優しい性格。ブラッキーとエーフィとは知り合い。
後に主人公達の仲間になることで、少しずつ改心していく。
ブラッキー
ダンジョン研究家。エーフィと共にエンターカードを開発した直後、ドクロッグとブニャットに追われ、エーフィとはぐれてしまう。その後もしばらく逃走していたが、宿場町で行き倒れになり、ハーデリアに発見される。真面目な性格で、抜け目がない。
エーフィ
ダンジョン研究家。ブラッキーと共にダンジョンの研究をしていた。ドウコクの谷にて主人公達に救出され、その後はブラッキーと共に主人公達の仲間となる。しっかり者だが、涙もろい所もある。
ケルディオ
ビリジオンの友達。ビリジオンに絶交を言い渡す内容の手紙を送ったために、彼女に不信感を植え付けてしまった。
ムンナ
夢を操ることができるポケモン。主人公に「ムンナがサザンドラに襲われている」という夢を見せ、主人公に助けを求めてきた。実はキュレムの配下で、上記の夢はムンナが作った嘘の夢である。巧妙な演技で主人公とパートナーをおびき寄せ、その後は部下と共に主人公達を始末しようとする。部下からはかなり慕われており、ムンナ自身も部下のことを信頼している。
サザンドラ
主人公の夢の中に出てきたポケモン。ムンナの上記の夢によって、当初は主人公達に敵だと誤解されていたが、真実が明らかになった後は主人公達の手助けをする。正体はこの世に存在する生き物達の心が一つになった「命の声」。そのため、厳密に言えばポケモンではない。
明るくおしゃべりな性格で、「しししし」という笑い方をする。
キュレム
伝説のドラゴンポケモン。予知能力を有しており、定められた未来を頑なに守る。負の感情が渦巻いている現在の世界をリセットし、新しい世界を生み出すことを目的としている。

パラダイスのポケモン[編集]

ヌオー
パートナーにパラダイスを作るための土地を売ってくれたポケモン。後に「ヌオー管理所」という施設を開き、主人公達の手助けをしてくれる。見た目とは裏腹に正義感が強く、悪人にはまるで容赦しない。「~だぬ。」が口癖。
マリルリ
依頼カウンターの管理人。
ドテッコツ
大工の仕事をしているポケモン。元は腕のいい大工だったが、建設中の事故が原因で背中を負傷し、それに伴って大工としての腕も落ちてしまう。それでも懸命に仕事を続けたが、ある出来事がきっかけで世の中に絶望し、その後はズルッグと組んで詐欺を行うようになる。
しかし、パートナーに自分の過去を承知の上で「家を建ててほしい」と懇願され、再び大工の仕事をすることを決意する。
後に店を開き、主人公達のパラダイス作りを手伝ってくれる。
ドッコラー
ドテッコツに師事している二人組。一匹は丁寧な言葉遣いで話し、もう一匹はラフな口調で話す。二匹共にドテッコツを強く尊敬している。
ズルッグ
初登場時はスリを得意とする悪党だったポケモン。後にヌオーに懲らしめられ、「ズルッグわざっぐ」というポケモンの技を取り扱う店を開く。上記の理由から、ヌオーを恐れている。
ビクティニ
年に一度、宿場町周辺にやってくるポケモン。「Vルーレット」という施設を開いている。Vウェーブと呼ばれる風の予報を見たり、ルーレットを回すことで任意にVウェーブを変えることができる。

宿場町のポケモン[編集]

カクレオン
「カクレオン商店」のオーナー。きのみやふしぎだま、わざマシンなどを売っている。
ラムパルド
「ハコわりや」のオーナー。ダンジョン内で拾えるハコを頭突きで開けてくれる。豪快な性格だが、片思いしているチラチーノになかなか告白できないなどシャイな一面も。
チラチーノ
「ギフトショップ」のオーナー。ダンジョン内の敵ポケモンを必ず仲間にできる「ギフト」を取り扱っている。ラムパルドに好意を寄せられているが、本人は気づいていない模様。
スワンナ
宿場町の宿「スワンナハウス」のオーナー。宿場町のポケモンからは「ママさん」と呼ばれている。彼女の作る料理は非常に評判が良い。
デスカーン
「金塊交換所ゴールドゴージャス」のオーナー。ダンジョン内で拾えるきんかいを、お金や道具と交換してくれる。老人のような話し方をし、「ヒェッヒェッヒェ」という笑い方が特徴。
ハーデリア
宿場町では最年長のポケモン。孫にヨーテリーがいる。
ヨーテリー
ハーデリアの孫。クルマユとは大の仲良しで、よく一緒に遊んでいる。
ハハコモリ
クルマユの母親。おっとりした性格で、クルマユやヨーテリーを温かく見守っている。
クルマユ
ハハコモリの息子。誰にも内緒でハハコモリへの誕生日プレゼントを探しに行くなど、母親想い。
コアルヒーワシボンミネズミ
いつも宿場町にいるポケモン達。「スワンナハウス」にいることが多い。
ダンゴロ
時折宿場町にやって来るポケモン。石が好きで、珍しい石を探し求めている。

敵ポケモン[編集]

コマタナ兄弟
悪党2人組。手下にデンチュラフシデが2体ずついる。
ゴルーグ
大氷河の奥に突如現れたポケモン。
フリージオ
ゴルーグと共に現れたポケモン。2体登場した。
ドクロッグ
ムンナの部下。ギガイアスにぶつかったり、やられ役を任されたりと、損な役回りが多い。語尾に「~ログ。」を付ける。
ブニャット
ムンナの部下。とても気が強い。語尾に「~ニャット。」を付ける。
ドリュウズギガイアスシャンデラ
ムンナの部下。それぞれ複数体いる。
ボーマンダ
ムンナの部下。作中、咆哮するのみでまともな台詞は無い。

その他のポケモン[編集]

ヤナップバオップヒヤップ
時々宿場町にやってくる冒険チーム。
メグロコ
時々宿場町にいるポケモン。あまのじゃくで、常に自分が思っていることと反対のことを言う。
ヤブクロン
宿場町を気に入り、その後は定期的に町に来るようになる。
コジョフー
己を鍛えながら旅をしている格闘ポケモン。
イシズマイ
元は宿場町にいたポケモンだが、マイホーム(背負っている石)が壊れかけたため、家を探すたびに出る。
イワパレス
イシズマイが旅先で出会ったポケモン。

用語[編集]

わくわく冒険協会
冒険チームを支援する機関。パートナー曰く「名前は妙だけどちゃんとした組織」。メンバーが4匹以上揃えば、専用の用紙を書いて本部に送ることで、正式なチームとして認められる。
協会には厳しい規則が存在し、それが守れないようならば、そのチームは強制解散させられる。
宿場町
旅をしているポケモン達の憩いの場として作られた街。ほとんどのポケモンは「スワンナの宿」に宿泊している。
街の北方にある丘では、ごく稀に蜃気楼が見られる。
パラダイス
主人公とパートナーの家の北方にある土地。最初は荒れ果てているが、土地を開拓したり、様々な施設を建てることで充実化していく。
パートナーはこのパラダイスを完成させることを夢見ている。
マグナゲート
ブラッキーとエーフィが開発したエンターカードによって発生する「ダンジョンへの入り口」。赤い光が渦を巻いたような形状で出現し、渦の中心に乗ることで、遠く離れたダンジョンに行けるようになる。ゲートは一定時間が経つと消えるが、地表にはマグナゲートの跡が残る。
エンターカード
ブラッキーとエーフィが開発したカード。全部で4枚あり、そのうちの2枚には太陽の絵が、もう2枚には月の絵が描かれている。
4枚のカードをある一定の組み合わせで並べ、地脈と呼ばれる大地のエネルギーを操ることでマグナゲートを発生させられる。
フリズム
青い小さな壺のような形状の道具。上部の穴に向かって声を発すると、中が凍結し、白くなるが、温めて内部の氷を溶かすと色が戻り、先程吹き込んだ声が再生されるという、人間で言うボイスレコーダーのようなもの。ある場所でしか手に入らないとても貴重なものだが、形はそれぞれ微妙に違っている。
氷触体
ポケモン達の負の感情が生み出した、巨大な氷の結晶。この物体からは負のエネルギーが溢れ出ており、ポケモンが近づくと息もできない苦しさに襲われるが、人間には通用しない(しかし、負のエネルギーが強まると、人間にも効くことがある)。
物体を浮遊させる力があり、氷触体が完全に動き出せば、世界は滅亡する。そのため、キュレムは世界が滅びることを承知の上で氷触体を守り通してきた。

スペシャルムービー[編集]

『ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』の紹介スペシャルムービー。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]