出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獏(葛飾北斎画)
水木しげるロードに設置されている「獏」のブロンズ像

(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人のを喰って生きると言われるが、この場合の夢は将来の希望の意味ではなくレム睡眠中にみるである。悪夢を見た後に「(この夢を)獏にあげます」と唱えるとその悪夢を二度と見ずにすむという。

概要[編集]

体はクマ、鼻はゾウ、目はサイ、尾はウシ、脚はトラにそれぞれ似ているとされるが、その昔に神が動物を創造した際に、余った半端物を用いて獏を創造したためと言われている。

中国の獏伝説では悪夢を食らう描写は存在せず、獏の毛皮を座布団寝具に用いると疾病や悪気を避けるといわれ、獏の絵を描いて邪気を払う風習もあり、代には屏風に獏が描かれることもあった[1][2]。こうした俗信が日本に伝わるにあたり、「悪夢を払う」が転じて「悪夢を食べる」と解釈されるようになったと考えられている[3]代の書『唐六典』には「莫奇(ばくき)」というが夢を食べるという記述があり、これが獏と混同されたとの説もある[4]

日本の室町時代末期には、獏の図や文字は縁起物として用いられた。正月に良い初夢を見るためにの下に宝船の絵を敷く際、悪い夢を見ても獏が食べてくれるようにと、船の帆に「獏」と書く風習も見られた[1]。江戸時代には獏を描いた札が縁起物として流行し、箱枕に獏の絵が描かれたり[1]、獏の形をした「獏枕」が作られることもあった[4]

中国の聖獣・白澤と混同されることもある。東京都五百羅漢寺にある獏王像も、本来は白澤の像とされている[3]

近年のフィクションで獏もしくはそれをイメージしたキャラクターが悪役として出る場合は、伝承とは逆転して良い夢を食べて絶望に追いやったり、悪夢を見せたりすることが多い。

実在の動物との関連[編集]

奇蹄目バク科の哺乳類で実際に存在する動物も獏と呼ばれる。その動物についてはバクを参照。

なお、京都大学名誉教授 林巳奈夫の書いた『神と獣の紋様学―中国古代の神がみ―』によれば、古代中国の遺跡からバクをかたどったと見られる青銅器が出土している。このことから、古代中国には象や犀などと同じように現在は絶滅してしまったが野生のバク(マレーバク)がいた可能性が高い。であるから、一般的には伝説上の獏と生物学上のバクは無関係であると考えられているが、もともと同じものを指していたものが中国では絶滅したために伝説化した可能性も否定はできない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 笹間 1994, p. 135
  2. ^ 鈴木 1982, p. 479.
  3. ^ a b 村上 2005, pp. 259-261
  4. ^ a b 日野 1926, p. 142

参考文献[編集]