六芒星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六芒星

六芒星(ろくぼうせい、りくぼうせい)または六角星(ろっかくせい)、星型六角形(ほしがたろっかくけい)、六線星型ヘキサグラム (Hexagram) とは、星型多角形の一種で、六本の線分が交差する図形である。六角形の各を延長することでできる。また、六芒星中にある六角形を抜いた形を六光星と呼ぶ。

ユダヤ教がなにか教義の上からこの図形を神聖なものとして見ているというような事実はないが、17世紀以降、伝統的にユダヤ人を表わす記号として定着している。このため、ユダヤ人の国であるイスラエルの国旗にはダビデの星と呼ばれる青色の六芒星が描かれている。

日本でも、同様の「籠目」という文様がある。竹編みの籠の編み目を図案化したもので、魔除けとしてこの図形を用いることがあった。現在でも使用されている例として、伊勢神宮周辺にある石灯籠に籠目が刻まれている。家紋としては籠目紋といい、「籠目」、「丸に籠目」などが使用されている。

等辺六芒星[編集]

等辺六芒星とは、全ての辺が等しい六芒星のことである。この図形は2枚の正三角形に分解できる。また、n/m 角形というような描き方をすると6/2、約分されて3になるため、この表記法には適さない。この星型多角形は、上記の2点から星型正多角形ではないことになる。

六芒星の一筆書き[編集]

六芒星の一筆書きの例
一筆書きの六芒星

等辺六芒星が正三角形を2回に分けて描かれる性質上、六芒星の一筆書きは一見不可能のように見える。だが、実際には一方の正三角形の描画途中に、交点で他方の正三角形の描画に移り、他方の正三角形の描画が終わった時点で先の正三角形の残りの部分を描画すれば、図形上の何れの位置からスタートしても一筆書きが可能である。スタートを交点とすれば、より簡単に一筆書きが出来る。

交点で折り返さずに一筆書きができる六芒星も考案されている。右図のように正六角形の頂点を何個かおきに飛ばして結んで、丁度アルファベットの「N」(もしくは「Z」)を続けて書く六芒星である。この六芒星はセレマでしばしば用いられるシンボルの一つであり、発案者のアレイスター・クロウリーの名を冠して「クロウリーの六芒星」などと呼ばれる。だが、目視でも確認できるように内角が等分不可能なため、やはり星型正多角形ではないということになる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2721 - ✡
✡
六芒星
🔯 U+1F52F - 🔯
🔯
SIX POINTED STAR WITH MIDDLE DOT

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク
  • 五芒星
  • マーゲン・ダビド公社
  • ヤングパラダイス - 三宅裕司がパーソナリティを務めていた時期に、同番組内で「ヒランヤの謎」というコーナーがあった。六芒星(ヒランヤ)が発するという不思議なパワーをリスナーが様々な実験をしてハガキで報告するという趣旨であった。1985年には『これが噂のヒランヤだ―ピラミッドパワーを超えた奇跡の黄金六芒星』のタイトルで関連本も出版された。