ナパーム弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクアドル空軍クフィルによるナパーム弾投下後

ナパーム弾(ナパームだん、: Napalm bomb)は、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加してゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ軍が開発したもので、きわめて高温(900 - 1,300)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。

概要[編集]

初期に開発されたナパーム弾の構造は主燃焼材のナフサ粘稠剤としてパーム油から抽出したパルミチン酸アルミニウム塩乳化剤としてのナフテン酸 などを混合したものを落下燃料タンクに充填したもの。これに信管をつけて航空機から投下した物である。 また、同じ混合液体は火炎放射器の噴射剤としても用いられた。

ナパーム弾の充填物は人体や木材などに付着するとその親油性のために落ちにくく、をかけても消火が困難である。消火するためには界面活性剤を含む水か、ガソリン火災用の消火器が必要である。また、ナパーム弾の燃焼の際には大量の酸素が使われるため、着弾地点から離れていても酸欠によって窒息死、あるいは一酸化炭素中毒死することがある。

もともと「ナパーム」(Napalm) とは、ナフテン酸 (naphthenic acid) とパルミチン酸 (palmitic acid) のアルミニウム塩 (Aluminum Salts) の略語で、ガソリンやジェット燃料などの石油類と混合するとゼリー状にゲル化する性質を持った増粘剤である「ナパーム剤」のことである。ナパーム剤というのは俗称であり、正規名称は増粘剤 (Thickener) である。

だが、これを使用したゲル化油脂焼夷弾の主原料がナフサとパーム油だったため、ナフサの「ナ」+パーム油の「パーム」で「ナパーム」という説が一般に信じられるようになった。

火炎放射器などに使用するナパームは現地で製造できるようにM2混合装置が開発され現在でも使用されている。使い方は簡単で、材料となるナフサガソリンと粉末の増粘剤を入れてかき混ぜた後、タンクに注入するだけである。このような現地製造装置が必要なのは、工場などで大型タンクで混ぜて大量に生産してしまうと、粘性が高いため小さいタンクに移すのに通常のポンプでは注入出来ないためである。そのため製品の状態で前線へ輸送するよりも、現地で製造してタンクに移す方が効率が良い。この方法なら専用ポンプは最終の充填用の小型ポンプだけで済む。増粘剤は重量比で2%程度の混合なので、20キロあれば1トンのナパームが作れる。ナフサを使用しているのは工場で充填されるナパーム弾で、火炎放射器は燃料用のガソリンから現地で製造と充填を行っている。

種類[編集]

ベトナム戦争河川哨戒艇から沿岸へ火炎放射を行っている
ベトナム戦争でナパーム弾を投下するアメリカ軍

ナパームとは増粘剤 (Thickener) をナフサに混ぜて増粘した物である。増粘剤には以下のような物があり、現在はM4がアメリカ軍で使用されている。改良が続いているものの、基本的な組成はアルミニウム脂肪酸である。

航空機投下用のナパーム弾と火炎放射器用のナパームは成分も性質も異なる別物であるが一般的に混同されている。

M1 Thickener (MIL規格番号: MIL-T-589A)
火炎放射器用として朝鮮戦争で活用された。吸湿性があり吸湿するとゲル状態が不安定になって使えなくなった。ベトナム戦争で小型船舶から川の両岸を焼き払うのに使用された映像が有名である。
  • アルミニウムナフテン酸塩 25%
  • アルミニウムオレイン酸塩 25%
  • アルミニウムラウリン酸塩 50%
M2 Thickener (MIL規格番号: MIL-T-0903025B)
M1 95%に二酸化珪素 5%と凝固防止剤を加えた改良型である。すぐにM4に代わったためあまり使用されなかった。
M4 flame fuel thickening compound (MIL規格番号:MIL-T-50009A)
M1に比べて吸湿性がなく、取り扱いやすくなっている。ベトナム戦争のころから大量生産されるようになり、現在のアメリカ軍の標準的なナパームとして火炎放射器で使用されている。成分はビス(2-エチルヘキサノアト)ヒドロキシアルミニウム (hydroxyl aluminum bis(2-ethylhexanoate))。
ナパームB(特殊焼夷弾用燃焼剤)
空軍によって開発された航空機からの投下用のナパーム弾の中味である。世間一般的にベトナム戦争で森林や住民を焼き払ったナパームというとこのナパームBのことを指している場合が多い。M2ナパームに比べて粘性が低く、効果的に拡散するように作られていた。また、燃焼時間も長くなるように作られており、M2ナパームが10〜30秒程度で燃え尽きるのに対して10分前後も燃え続けた。ベトナム戦争で400,000トンが航空機から投下された。現在では残酷で非人道的との批判から公式に廃棄処分され、アメリカ軍は保有していない。ただ公式に確認はされていないが、アフガニスタンやイラクで使用されたという証言がある。
Northick II
1950年代初期にノルウェーで開発されたナパームである。鯨油から抽出した脂肪酸を使用した増粘剤を使用している。

戦争での使用[編集]

米軍装備からの廃止[編集]

2001年4月4日に最後のナパーム弾が処分され、現在のアメリカ軍では公式には航空機から投下するナパーム弾は保有していないことになっている。2001年12月14日にアルジャジーラのニュースでアフガニスタンでナパーム弾が使用されたと報道されたが、アメリカ軍のトミー・フランクス将軍は否定している。

米国国防総省はイラクの自由作戦でのナパーム使用を禁止しており、公式に使用していないことになっているが、反戦団体からは使用したとの主張が出ている。

実際にアフガニスタンとイラクで使用されたのはナパームの代替品であるMark77爆弾であり、ペンタゴンはこれはナパームではないと主張している。しかし、見た目にも実際の効果にしてもナパームとそっくりであり、Mark77爆弾はナパームとほとんど同じものだと言われているが、あくまでもアメリカ国防総省の公式見解は「ナパームのように見えるナパームとは違う兵器を使用しただけ」である。

その他[編集]

1971年1月に全米8位にまで上り、日本でも大ヒットした、アメリカロックバンドクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルによって歌われた「雨を見たかい」の曲中には “Have you ever seen the rain?” という歌詞がある。rainにtheがついていることから、「あなたはこれまでに雨を見たことがありますか」ではなく、「あなたはこれまでに例の雨を見たことがありますか」という意味であるから、この場合 the rain はナパーム弾を指し示した暗喩、この曲はベトナム戦争への批判と考えるのが妥当で、実際にアメリカでは放送禁止処分になった。ただし、後年になって、作詞作曲者ジョン・フォガティ自身は、この「例の雨」について、ナパーム弾ではなく、ベイエリアで有名な、陽が照っているのに降る、虹とともに降る雨のことだと述べており、この歌はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの崩壊の歌だとしている。(Hank Bordowitz著 "Bad Moon Rising" p.107-108) また、ドラムのダグは、ひとつ前のアルバムの曲「Who'll Stop The Rain」と混同されたのではないかと語っている。この曲の「雨」は当時のニクソン政権によるベトナム空爆を指しているという。(BS-TBS 「Song To Soul」#44 雨を見たかい)

関連項目[編集]