ポケモンの一覧 (102-151)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コイキングから転送)
移動: 案内検索

ポケモンの一覧 (102-151)(ポケモンのいちらん 102-151)では、任天堂のゲームシリーズ『ポケットモンスター』に登場する架空の生物「ポケモン」719種のうち、『ポケットモンスター 赤・緑』から登場し、シリーズ共通の全国ポケモン図鑑において102から151までの番号を付与されている種を掲載する。

目次[編集]

No. 名前
102 タマタマ
103 ナッシー
104 カラカラ
105 ガラガラ
106 サワムラー
107 エビワラー
108 ベロリンガ
109 ドガース
110 マタドガス
111 サイホーン
No. 名前
112 サイドン
113 ラッキー
114 モンジャラ
115 ガルーラ
116 タッツー
117 シードラ
118 トサキント
119 アズマオウ
120 ヒトデマン
121 スターミー
No. 名前
122 バリヤード
123 ストライク
124 ルージュラ
125 エレブー
126 ブーバー
127 カイロス
128 ケンタロス
129 コイキング
130 ギャラドス
131 ラプラス
No. 名前
132 メタモン
133 イーブイ
134 シャワーズ
135 サンダース
136 ブースター
137 ポリゴン
138 オムナイト
139 オムスター
140 カブト
141 カブトプス
No. 名前
142 プテラ
143 カビゴン
144 フリーザー
145 サンダー
146 ファイヤー
147 ミニリュウ
148 ハクリュー
149 カイリュー
150 ミュウツー
151 ミュウ
No. 名前
脚注
 
 
 
 
 
 
 
 

タマタマ[編集]

タマタマ No. 102
分類: たまごポケモン タイプ: くさ/ エスパー 高さ: 0.4m 重さ: 2.5kg
特性: ようりょくそ かくれ特性: しゅうかく 進化前: なし 進化後: ナッシー

ヒビの入ったのようなものが6個で集まって構成されているポケモン。うち1個は中身がむき出しになっている。卵のように見える体は、実は植物の種に近い体組織である。たまにピジョンに捕食される事もある。リーフの石で、ナッシーに進化する。

1個だけ引き離しても、テレパシーによってすぐに集合する習性があり、短編映画『ピカチュウたんけんたい』では、一匹足りないタマタマにトゲピーが加わり、5匹はトゲピーを仲間だと思って離れようとしない描写があった。

ナッシー[編集]

ナッシー No. 103
分類: やしのみポケモン タイプ: くさ/ エスパー 高さ: 2.0m 重さ: 120.0kg
特性: ようりょくそ かくれ特性: しゅうかく 進化前: タマタマ 進化後: なし

タマタマの進化形。「歩く熱帯雨林」と呼ばれ、ヤシの木のような体に、顔のついた3つの実のような頭を持つ。顔はそれぞれドードリオのように意思を持っている。頭のどれかが地面に落ちると、その頭が進化前の姿であるタマタマになり、テレパシーで仲間を集める(これは退化ではない)。

「リフレクター」や「やどりぎのタネ」「だいばくはつ」など優秀なわざを覚えることから、ニンテンドウカップ(特に1998年、2000年に開催された大会)などでよく使われた。『赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーフグリーン』ではライバルが使ってくることがあり(最初にゼニガメを選んだ場合は例外)、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』でもジムリーダーとなったグリーンが引き続き使用する。

『赤・緑』の開発途中であった1992年におけるゲームフリーク社内部の社内報で掲載された社内における人気投票では、ナッシーが1位を獲得していた[1]

カラカラ[編集]

カラカラ No. 104
分類: こどくポケモン タイプ: じめん 高さ: 0.4m 重さ: 6.5kg
特性: いしあたま/ ひらいしん かくれ特性: カブトアーマー 進化前: なし 進化後: ガラガラ

主に墓場など寂しい場所に出現するポケモン。手にを持ち、頭に死別した母親の頭蓋骨を被っている。寂しくて泣く時、頭蓋骨がカラカラと音を立て、物悲しく聞こえる。ヘルメットから右目と左目のみ見えるものの素顔は誰も見た事がなく、骨を被っていないカラカラはまだ発見されていない。親が死ぬ前のカラカラは骨を被っていないのか、それとも骨を被った時点でカラカラとなるのかは不明。タマゴから孵るカラカラは生まれたときから骨を被っている。

赤・緑』では母親を殺され、シオンタウンの女の子に保護されるカラカラが登場する。また、民家にいる女性に話すと、母親を殺した犯人がロケット団である事が分かる。「人間のエゴによってポケモンが殺され、孤児になる」という、シリーズを通してもかなり重いテーマを背負っていた。

アニメ版では第9話でセイヨのポケモンとして登場。地面タイプのため電気技は効かないが、ピカチュウに頭蓋骨を回されて視野を奪われ、「ひっかく」や「かみつく」といった物理技を受け敗北する。その後も号泣していた。

ガラガラ[編集]

ガラガラ No. 105
分類: ほねずきポケモン タイプ: じめん 高さ: 1.0m 重さ: 45.0kg
特性: いしあたま/ ひらいしん かくれ特性: カブトアーマー 進化前: カラカラ 進化後: なし

カラカラの進化形。頭のがピッタリとはまるようになり、ひびが消えて骨の形状まで変化してしまっている。寂しがりで泣き虫だったカラカラと比べ、性格は強気で粗暴になった。元々は臆病だったが、骨を武器として扱う事により凶暴化した。骨で倒木を叩く事で仲間と連絡を取る。世界のどこかにガラガラだけの墓場があるらしい。

赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーグフリーン』ではポケモンタワーにガラガラの幽霊が登場する。カラカラは頭にかぶっている骨が高く売れるためにロケット団に狙われており、このガラガラは子供と逃げる途中に殺されたものである。シオンタウンの民家に住むカラカラの母親で、子供への未練と人間への恨みから地縛霊として成仏できずにいたが、バトル後には無事に天に召された。初代ポケットモンスターはRPGの『MOTHERシリーズ』をモデルにしていると田尻智も公言しており、そのせいかこういったテーマ的に重い描写や設定、台詞回しなどが垣間見られる。

TVアニメ版ではサイゾウの手持ちで登場。ピカチュウの電撃攻撃でなぜか倒す事が出来た。ロケット団のせいでサイゾウの元を去り一時孤立したが、すぐに絆を思い出し仲直りした。

サワムラー[編集]

サワムラー No. 106
分類: キックポケモン タイプ: かくとう 高さ: 1.5m 重さ: 49.8kg
特性: じゅうなん/ すてみ かくれ特性: かるわざ 進化前: バルキー 進化後: なし

「キックの鬼」の異名を持つポケモン。♂しか存在しない。バルキーから進化する種のひとつで、進化する時に「こうげき」が「ぼうぎょ」より高いとサワムラーとなる。腕よりも足が発達し、その足はばねのように伸縮し、最大2倍の長さにまで伸びるため、遠くの敵にも攻撃できる。急いでいると歩く度に大股になっていく。戦ったあとは、足をよくもみほぐしている。存在としてエビワラーとは対をなすポケモンである。

赤・緑・青・ピカチュウ』および『ファイアレッド・リーフグリーン』では、格闘道場の師範に勝つとサワムラーかエビワラーの二者択一で手に入れられた。

実在の人物がモデルとなっているポケモンの一体で、名前の由来は元キックボクサー沢村忠。英語版とドイツ語版、フランス語版における名前の由来は、ブルース・リーから。

エビワラー[編集]

エビワラー No. 107
分類: パンチポケモン タイプ: かくとう 高さ: 1.4m 重さ: 50.2kg
特性: するどいめ/ てつのこぶし かくれ特性: せいしんりょく 進化前: バルキー 進化後: なし

ボクサーの姿をしたポケモン。♂しか存在しない。バルキーから進化する種のひとつで、進化する時に「ぼうぎょ」が「こうげき」より高いとエビワラーとなる。世界チャンピオンを目指していたプロボクサーの魂が乗り移っていると言われ、そのために不屈の精神力を持つが、3分戦うと休憩したくなる。

新幹線と互角の速さでパンチを繰り出すことができ、その拳は掠っただけで火傷のような擦過傷を負うほど。一見何もしていないように見えても、実は高速でパンチを繰り出していることもある。またパンチは威力を上げるために、あらゆるパンチをコークスクリュー・ブローのように拳を回転させながら放つ。それによりコンクリートの壁でさえも、ドリル状に削りやがて貫いてしまう。存在としてサワムラーとは対をなすポケモンである。

赤・緑・青・ピカチュウ』および『ファイアレッド・リーフグリーン』では、格闘道場の師範に勝つとサワムラーかエビワラーの二者択一で手に入れられた。

数少ない、実在の人物をモデルとするポケモンの一体で、名前の由来は元プロボクサーでフライ級世界チャンピオンにもなっている海老原博幸[注釈 1]。体重の50.2kgは現実世界のフライ級とほぼ同じ。

ベロリンガ[編集]

ベロリンガ No. 108
分類: なめまわしポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 1.2m 重さ: 65.5kg
特性: どんかん/ マイペース かくれ特性: ノーてんき 進化前: なし 進化後: ベロベルト

薄いピンク色の体で、両足や腹部に模様があり、サンショウウオのような大きく太いしっぽと身長の約2倍 (2.5m) もある長い舌を持つポケモン。普段は口の中に舌を巻いて収納しているが、舌を1mほど出しているときがあり、これはすぐに舌を伸ばせるようにするための仕草である。完全に口の中に舌を収納したベロリンガを見ることは珍しいことで、野生か落ち着いて寝てるときぐらいである。

舌の先まで神経が発達しており、舌で微妙な動きや自由自在に伸ばしたりしたりして器用に操り、戦闘の攻撃、防御から獲物の捕食まであらゆる行動をすることができる。初めて見るものは舌で舐め回し、味と感覚で相手を記憶して、獲物にできるかどうか確認する。ただし、異物と感じたものやゴミは吐き出す。

赤・緑』『ファイアレッド・リーフグリーン』では野生のものが出現せず、ゲーム中のトレーナーとの交換でしか入手できない。

TVアニメ版ではロケット団ムサシの手持ちポケモンとして登場。

ドガース[編集]

ドガース No. 109
分類: どくガスポケモン タイプ: どく 高さ: 0.6m 重さ: 1.0kg
特性: ふゆう かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: マタドガス

人類の生み出した廃棄物質から生まれたポケモンの一つ。兵器工場の毒ガス貯蔵倉庫で最初に発見された。風船状の形をしていて、排ガスや毒ガスなどを詰め込むことで身体を形成している。近づくと体が透けて体内で猛毒のガスが渦巻いている様子が分かるが、臭い。

腹にはドクロマークのような模様があり、この模様は映画『ミュウツーの逆襲』の冒頭に出てくる海賊トレーナーのバンダナの模様や、『ポケモン不思議のダンジョン』のチームフラッグにも使われている。また、『青』では腹にあるドクロの模様が額にあった。後にも先にもこのデザインが使われたのはこの一度だけである。

TVアニメ版ではロケット団コジロウの手持ちポケモンとして登場。

マタドガス[編集]

マタドガス No. 110
分類: どくガスポケモン タイプ: どく 高さ: 1.2m 重さ: 9.5kg
特性: ふゆう かくれ特性: なし 進化前: ドガース 進化後: なし

ごくまれに、2つの毒ガス成分が長時間吹きだまっている場所や、突然変異で出現することのある双子のドガース。大きく牙があるドガース、普通サイズのドガース(腹のドクロマークは頭蓋骨だけ)、若干小さくて生成途中の顔がないドガースによって構成され、どれもくっついている。顔がないドガースは未成長なだけなようで、稀に三つ子のマタドガスが見つかることもある。ただし、片方のドガースがふくらむと、もう一方のドガースはしぼんでしまうらしい。

ゴミから出る悪臭やガスを吸いに集まるので、ゴミ捨て場やゴミ処分場、埋立地などにも出没する。また、腐った生ゴミから出る悪臭が好きらしく、掃除をしていない民家に住み着いて深夜その臭いを吸っている。マタドガスが出すガスを1000倍に薄めると最高級の香水が出来上がる。

TVアニメ版ではロケット団コジロウの手持ちポケモンとして登場。

サイホーン[編集]

サイホーン No. 111
分類: とげとげポケモン タイプ: じめん/ いわ 高さ: 1.0m 重さ: 115.0kg
特性: いしあたま/ ひらいしん かくれ特性: すてみ 進化前: なし 進化後: サイドン

サイのような姿をしたポケモン。草原に生息する。全身に先の丸いとげが生えており、鼻の位置に一本の角を有す。鎧のように硬い岩で覆われた体は、強固な防御力を誇り、突進で高層ビルもコナゴナに粉砕してしまう。ただし脳が小さいこともあって知能に難があり、突進を開始するとその目的は忘却してしまう。衝突時の痛みすら後日に感じる。図鑑にも「頭が悪い」という表記が付きまとうほど。

TVアニメ版では第35話に登場。サトシが捕獲しようとしてサファリボールを投げたが、たまたまその間を横断しようとしたケンタロスの群れに当り、代わりにケンタロスが捕まった。

サイドン[編集]

サイドン No. 112
分類: ドリルポケモン タイプ: じめん/ いわ 高さ: 1.9m 重さ: 120.0kg
特性: いしあたま/ ひらいしん かくれ特性: すてみ 進化前: サイホーン 進化後: ドサイドン

サイホーンの進化形。進化に伴い二足歩行を行うようになる。二足歩行が脳の発達を促し、ひたすらに突進を繰り返すのみだったサイホーンに比べ知能の面でも向上が見られるが、乱暴な性格には変化がない。鼻先にはドリルのような形状の角を持ち、回転させて相手を貫く。その威力は一撃で高層ビルをも破壊するほどだという。さらに鎧のように頑強な皮膚は、大砲の砲撃や2000度のマグマにも耐えうるが、一方で刺激に対して鈍感な側面もある。

サイホーンがレベル42で進化するほか、一部のバージョンでは野生でも出現する。『ダイヤモンド・パール』では新たに進化形のドサイドンが登場した。サイドンにアイテム「プロテクター」を持たせ、通信交換を行うことで進化する。

TVアニメ版では第57話にカツラのポケモンとして登場。サトシピカチュウの電撃をものともしないが、角に「かみなり」を浴びせられて倒れる。

ラッキー[編集]

ラッキー No. 113
分類: たまごポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 1.1m 重さ: 34.6kg
特性: しぜんかいふく/ てんのめぐみ かくれ特性: いやしのこころ 進化前: ピンプク 進化後: ハピナス

ピンプクの進化形。外見は薄桃色の丸い体で、腹部にをのせている。♀しか存在しない。その外見と生息数がとても少ない事で、いつしかラッキーを持っているトレーナーは幸せになれるという言い伝えが出来た。普段は持っている卵を割らないように気をつけて歩いており、じっとしている時は両手を合わせている事が多い。卵の栄養価はとても高く、食べるとかなり美味いらしい。

ラッキーとハピナス専用技として「タマゴうみ」があり、『赤・緑・青・ピカチュウ』では技マシンで、『金・銀・クリスタル』からはレベルアップで覚えられる。ニンテンドウカップ98では「どくどく」+「ちいさくなる」+「タマゴうみ」のコンボで持久戦に持ち込めやすかったので、多くのトレーナーが使用した。現在ではこのコンボが横行した事もあり公式大会では制限時間が設けられている。

TVアニメ版のラッキーは各地のポケモンセンターに配属されており、ジョーイのサポートをしている。初登場は第2話で、重傷を負ったピカチュウを乗せたストレッチャーを押していった。「ラッキー看護学校」というラッキー専門の学校もある。過去にラッキー専門学校に間違えて入学したムサシが、そこで一匹のラッキーと仲良くなった。『ダイヤモンド&パール』ではタケシのポケモンとして登場。声優は伊東みやこ

『ポケットモンスター 4コママンガ劇場』では主にコイキングネタが主流の藤凪かおるの作品で突っ込み役として登場するが、このラッキーは2巻のみ公式のとは違い黄色で描かれている。藤凪はこれについて自身のホームページで「当時はモノクロの資料しかなく、色がわからなかった」と述べており、謝罪している[2]

モンジャラ[編集]

モンジャラ No. 114
分類: ツルじょうポケモン タイプ: くさ 高さ: 1.0m 重さ: 35.0kg
特性: ようりょくそ/ リーフガード かくれ特性: さいせいりょく 進化前: なし 進化後: モジャンボ

絶え間なく動く青いツルが本体を覆う、本体が良く分からない変わったポケモン。丸い目と赤い長靴のような足だけがツルから出ている。葉や毒を主な攻撃手段とするくさポケモンの中では特異な、ツルを使った攻撃を主体とする。

ダイヤモンド・パール』より、進化形のモジャンボが登場した。「げんしのちから」を覚えた状態でレベルアップすることで進化する。

『ダイヤモンド・パール』では野生のモンジャラが出現しないため、GBA版からパルパーク経由で送るか、『プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』から通信で送る必要がある。

TVアニメ版ではタマムシジムでエリカが使用。サトシフシギダネと戦い、勝利しているが、ヒトカゲに敗れる。

ガルーラ[編集]

ガルーラ No. 115
分類: おやこポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 2.2m 重さ: 80.0kg
特性: はやおき/ きもったま かくれ特性: せいしんりょく 進化前: なし 進化後: なし

おなかの袋に子供を入れて育てるという、有袋類カンガルーのような特性を持つポケモン。♀しか存在しない。人間がタマゴを孵した時は既におなかの袋に子供がいるため、その生態についてはまだ謎が多い。子供を押しつぶさないように、座った体勢で寝る。子供は約3年で親離れする。「メガトンパンチ」「ピヨピヨパンチ」といったパンチ攻撃を得意とする[注釈 2]。 『X・Y』では「メガガルーラ」へとメガシンカを遂げる。

メガガルーラ
親の方にはほとんど変化が見られず、袋の子供がよりガルーラらしく成長する。特性は「おやこあい」となり、2回連続攻撃が可能になる。非常に強力な特性でかなりの猛威を振るっている。


TVアニメ版では第34話「ガルーラのこもりうた」で初登場。ガルーラ同士で群れを作り、その群れの中で育つ人間の野生児がメインとなった物語。声優小林幸子が担当した。

歌手の小林幸子は「ガルーラ小林」名義で「ポケモン音頭」を歌っている。同曲のビデオではガルーラをモチーフとした派手な衣装を身に纏って登場している。

タッツー[編集]

タッツー No. 116
分類: ドラゴンポケモン タイプ: みず 高さ: 0.4m 重さ: 8.0kg
特性: すいすい/ スナイパー かくれ特性: しめりけ 進化前: なし 進化後: シードラ

タツノオトシゴのような姿をしたポケモン。口から墨を吐いて逃げる。背中のひれで自由自在に泳げる。分類はドラゴンポケモンだが、進化後のシードラと同じく水タイプのみである(さらに進化したキングドラはドラゴンタイプを含む)。

TVアニメ版ではカスミのポケモンとして登場。

シードラ[編集]

シードラ No. 117
分類: ドラゴンポケモン タイプ: みず 高さ: 1.2m 重さ: 25.0kg
特性: どくのトゲ/ スナイパー かくれ特性: しめりけ 進化前: タッツー 進化後: キングドラ

タッツーの進化形。海生ポケモンの一種で珊瑚礁を住処としている。タッツーの持っていた全身のヒレが鋭い毒針に変化し、目つきもあわせ攻撃的な外見となった。進化の過程で遺伝子にも変化が生じているが、これがシードラの外見に影響を与えたのか、或いはキングドラに進化するための布石なのかは定かではない。全身の毒針は麻痺性の毒を分泌しており、不用意に接触を試みると刺されて気絶してしまうこともある。縄張り意識が強く、シードラの巣周辺で珊瑚を採ろうとしたダイバーが刺される事故が後を絶たない。一方で毒針や骨は漢方薬の原料として珍重されてもいる。泳ぎは得意であり、前進のみならず後ろへ泳ぐことも可能。水中で回転して渦潮を作り出し、獲物を弱らせてから丸呑みで捕食する。子育てをオスが行う習性を持つ。

金・銀・クリスタル』以降はシードラに「りゅうのウロコ」を持たせて通信交換をするとキングドラへ進化する。

TVアニメ版では第76話でコームの二番手として登場。サトシキングラーと戦うが、進化直後のキングラーの勢いに押され敗れた。

トサキント[編集]

トサキント No. 118
分類: きんぎょポケモン タイプ: みず 高さ: 0.6m 重さ: 15.0kg
特性: すいすい/ みずのベール かくれ特性: ひらいしん 進化前: なし 進化後: アズマオウ

キンギョのような姿をしたポケモン。実際のキンギョと異なり、頭部に角を持つのが特徴。発達した尾鰭や胸鰭を動かして、5ノットの速さで海中を優雅に泳ぐ姿から、「水中の女王」や「水の踊り子」とも呼ばれる。産卵の時期になると、集団で滝を登る。

TVアニメ版ではカスミのポケモンとして登場。声優は大谷育江

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』ではアイテム「モンスターボール」から出現するポケモンの一体として登場。出現後「はねる」だけのいわゆるハズレとしての扱いだが、この役割にトサキントが採用された経緯について、ディレクターの桜井政博はTVアニメ版におけるトサキントの声から着想したとしている[3]

アズマオウ[編集]

アズマオウ No. 119
分類: きんぎょポケモン タイプ: みず 高さ: 1.3m 重さ: 39.0kg
特性: すいすい/ みずのベール かくれ特性: ひらいしん 進化前: トサキント 進化後: なし

トサキントの進化形。トサキントと同様にキンギョ(アズマニシキ)のような姿をしており、黒い斑点が多いのが特徴的。雄が雌に求愛行動を行うために川の上流に集まると、一面が真っ赤に染まる。角で岩に穴を開け、そこに卵を産むのは、川の流れで卵が流されないようにするため。

TVアニメ版では『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』にてルネシティのジムリーダー・アダンが使用する。

ヒトデマン[編集]

ヒトデマン No. 120
分類: ほしがたポケモン タイプ: みず 高さ: 0.8m 重さ: 34.5kg
特性: しぜんかいふく/ はっこう かくれ特性: アナライズ 進化前: なし 進化後: スターミー

ヒトデの姿をしたポケモン。実際のヒトデには性別があるが、ヒトデマンは雌雄同体であり、性別は定義されていない。体の中心部には「コア」と呼ばれる発光体を持ち、夜になるとコアが赤く点滅する。実際のヒトデ同様、体の一部が欠損しても再生する。

『ファイアレッド・リーフグリーン』での入手方法はシェルダーと対となっている。

TVアニメ版ではカスミのポケモンとして登場。

スターミー[編集]

スターミー No. 121
分類: なぞのポケモン タイプ: みず/ エスパー 高さ: 1.1m 重さ: 80.0kg
特性: しぜんかいふく/ はっこう かくれ特性: アナライズ 進化前: ヒトデマン 進化後: なし

ヒトデマンの進化形。五芒星を2つ重ね合わせたような形状をしている。体の中心部にあるコアは八角形になり、色の鮮やかさも増した。夜になるとヒトデマンと共に夜空に向けてコアを点滅させる。この際、コアからは電波が発せられている。また、その幾何学的な形状から一時期「地球外生命体ではないか」と地元で疑われた事もあったと、図鑑では紹介している(この「地元」がどこを指すのかは不明)。

ヒトデマンに「みずのいし」を与えると進化する。特殊攻撃使いのエキスパートと評され、ニンテンドウカップでも多くのトレーナーが使用している。テレビ東京で放送された『64マリオスタジアム』では隠れ強豪ポケモンとして扱われていた。その人気は高いもので、98カップでは、一人以外全員が使用している。(その一人はラプラスを使用している。)

赤・緑』および『ファイアレッド・リーフグリーン』ではハナダジムのカスミが繰り出してくるポケモンであり、「じこさいせい」を使ってくる(『ファイアレッド・リーフグリーン』のみ)ため序盤の強敵となる。

TVアニメ版ではカスミのポケモンとして登場。また、金銀編では「スターミーズ」というプロ野球チームが登場(横浜ベイスターズのパロディ)。

バリヤード[編集]

バリヤード No. 122
分類: バリアーポケモン タイプ: エスパー/ フェアリー 高さ: 1.3m 重さ: 54.5kg
特性: ぼうおん/ フィルター かくれ特性: テクニシャン 進化前: マネネ 進化後: なし

二足歩行する人型のポケモン。パントマイムが得意で、パントマイムで作った壁が本当に現れるという。指先から発する不思議な波動で空気を固めるためらしい。壁以外のものを生成できるかは不明。パントマイムを邪魔すると「おうふくビンタ」で襲い掛かる。当初は指の本数が4本であったが、『ファイアレッド・リーフグリーン』以降はゲーム中のグラフィック、公式イラスト共に5本指になった。なお、英語名では男性の敬称であるMr.が付いているが、♀も存在する。

ポケットモンスター X・Y』からは、フェアリータイプが新たに追加された。

TVアニメ版では第63話で初登場。その後、サトシの家で家事を手伝う。サトシの母・ハナコに手料理を振る舞われたことで懐き、正式にハナコのポケモンになったが、モンスターボールには入らない。ハナコは「バリちゃん」と呼ぶ。『ダイヤモンド&パール』ではキジュウロウのポケモンとして登場。

ストライク[編集]

ストライク No. 123
分類: かまきりポケモン タイプ: むし/ ひこう 高さ: 1.5m 重さ: 56.0kg
特性: むしのしらせ/ テクニシャン かくれ特性: ふくつのこころ 進化前: なし 進化後: ハッサム

カマキリに似た風貌を持つポケモン。大きな羽とカマが特徴。鋭いカマで獲物を切り裂く。動きが素早く、残像しか見えないほど。特に草むらの中では好都合と言っていいくらい身を隠せる。羽はあるが、体重の関係で飛ぶのは苦手らしい。ただ、稀に飛ぶ姿を目撃されることはある。雌雄の違いはほとんど目立たないが、メスの方がお腹が長い。

『赤・緑』『ダイヤモンド・パール』での入手方法はカイロスと対になっている。

TVアニメ版では第41話で緑の服を着たヤスジムリーダーのポケモンとして登場。赤い物を見ると興奮し、暴れまわる。エレブーと戦った。オレンジ諸島編ではケンジのポケモンとして登場しており、捕獲当初から高齢の個体という設定である。

ルージュラ[編集]

ルージュラ No. 124
分類: ひとがたポケモン タイプ: こおり/ エスパー 高さ: 1.4m 重さ: 40.6kg
特性: どんかん/ よちむ かくれ特性: かんそうはだ 進化前: ムチュール 進化後: なし

黄色の長い髪、大きな唇と真ん丸い目のユニークな顔をした、赤いドレスを着たような人間に近い容姿を持つポケモン。♀しか存在しない。スカートの中は空洞になっており、下半身らしき部分は存在しない。腰を左右に振りながら歩く。人の言葉のような鳴き声を発するため、この鳴き声について研究する者もいる。また、現在確認されているポケモンの中で最も鳴き声が長い。

TVアニメ版では番外編[注釈 3]「ルージュラのクリスマス」で初登場。壊れた人形を持ち去られた(実は直すために持ち帰った)事に恨みを持つムサシが復讐を企みプレゼントを独り占めしようとするが、ルージュラ達の「サイコウェーブ」によって撃退。声優田中真弓

『ポケットモンスター 4コマ漫画劇場』で魔神ぐり子がネタとして起用して以降はブサイクキャラが定着し、様々な漫画家の作品でネタにされた。自分のことを美しいと思いこんでいる点も共通している。

2000年に米国の評論家キャロル・ボストン・ウェザーフォードが、ルージュラの初期のデザイン(黒い肌・分厚い唇)が人種差別的であるとして批判。これを受けてルージュラの体色は『ファイアレッド・リーフグリーン』以降、紫色になった[注釈 4]。この問題により、海外では「ルージュラのクリスマス」など一部のエピソードが欠番扱いとなっている。

エレブー[編集]

エレブー No. 125
分類: でんげきポケモン タイプ: でんき 高さ: 1.1m 重さ: 30.0kg
特性: せいでんき かくれ特性: やるき 進化前: エレキッド 進化後: エレキブル

黄色地に黒い虎柄の模様をしたポケモン。特に額にはV字、腹部には稲妻のような模様がある。エラの張った顔をしており、頭部にはアンテナのような2本の角を持つほか、頭頂部の毛が跳ねているのが特徴。強力な電気を好み、発電所などに現れては電気を食べる。発電所から姿を消すと大停電を引き起こすらしい。色を識別する能力を持ち、特に赤色を好む習性がある。

赤・緑・青・ピカチュウ』では『赤』の「無人発電所」に野生が出現するのみで、いずれのバージョンもゲーム中のトレーナーは誰も使用しないため、非常に珍しいポケモンであった(一般のトレーナーはおろか、でんきポケモン使いのジムリーダーであるマチスでさえ使用しない)。

TVアニメ版ではゲストキャラのポケモンとして登場するほか、『ダイヤモンド&パール』ではシンジの手持ちポケモンとして登場。他方、金銀編において「エレブーズ」(阪神タイガースのパロディ)というプロ野球チームの存在が明らかとなり、エレブーズの応援歌も存在するが、チームの成績は(放送当時のタイガース同様に)あまり良くない模様。

ブーバー[編集]

ブーバー No. 126
分類: ひふきポケモン タイプ: ほのお 高さ: 1.3m 重さ: 44.5kg
特性: ほのおのからだ かくれ特性: やるき 進化前: ブビィ 進化後: ブーバーン

火山火口付近で生息しているポケモンだが、発見例は少ない。全身が煮えたぎるような赤色に包まれている。マグマの中でも平気で活動できる上、炎に包まれると体の模様によってカモフラージュ効果が出る。体温は1200度にも達する。

ブビィがレベル30で進化する他、野生で出現する場所もいくつか存在する。『赤・緑・青・ピカチュウ』では『緑』の「ポケモン屋敷」にのみ出現し、『赤・緑・青・ピカチュウ』のいずれもエレブー同様、ゲーム中のトレーナーが誰も使用しないため、非常に珍しいポケモンであった(一般のトレーナーはおろか、ほのおポケモン使いのジムリーダーであるカツラでさえ使用しない)。『ダイヤモンド・パール』以降では、マグマブースターを持たせて通信交換することでブーバーンに進化する。

TVアニメ版ではグレンジムジムリーダー・カツラの切り札として登場。サトシピカチュウの電気技を爪の空気レンズ(熱で光を曲げる)でかわし、「ほのおのパンチ」や「だいもんじ」でピカチュウを打ち破る。サトシがリザードンで再戦し、「ちきゅうなげ」を受けて敗れる。

カイロス[編集]

カイロス No. 127
分類: くわがたポケモン タイプ: むし 高さ: 1.5m 重さ: 55.0kg
特性: かいりきバサミ/ かたやぶり かくれ特性: じしんかじょう 進化前: なし 進化後: なし

クワガタムシに似た形態を持つ(色や角の形としてはノコギリクワガタが近い。なお実在のクワガタムシが持つハサミは角ではなく大アゴである)ポケモン。分類も「くわがたポケモン」であるが、鋭い歯が並列した口部や、羽や触角が存在しない姿を見るに、実際のクワガタムシとは大きく異なっている部分が多い。ヘラクロスが実際のカブトムシにかなり似せてデザインされているのに比べると、意匠の差が大きい。

頭部の巨大なツノを振り回して標的を挟む戦法を得意とし、挟まれた獲物は大木をもへし折る膂力で千切られるか、振り回して彼方まで投げ飛ばされてしまう。ツノは自重の倍の相手を持ち上げるパワーがある上、表面に生えた無数のトゲが食い込むため、挟まれてしまうと脱出は困難。

温暖な地域に棲息し、寒冷な気候では動きが鈍ってしまう。故に寒い時期や気温が下がる夜は森の奥に姿を隠し、樹上に登ったり、樹の根元にツノで掘った穴に潜ったりして眠るため、なかなか姿を見られない。

ポケットモンスター 緑』と『青』と『ピカチュウ』に登場する。サファリパークでもほとんど出現しない上に捕獲も困難で、スロットの景品としても登場(青を除く)していたが相当数のコインを要し、かなりレアなポケモンであった。

X・Y』では「メガカイロス」へとメガシンカを遂げる。

メガカイロス
背中には大きな鞘翅が発生し、飛行能力を獲得。頭のツノに生えたトゲの形状はより大きく鋭利なものになり、目の色は黄色く変わる。メガカイロスの飛行はスピードではなく、自重の10倍以上の獲物をハサミでつかんだままホバリングするなど、パワーに長けたものとなっている。
HPを除く全能力が上昇し、特にこうげきが大きく上昇する。タイプはむし・飛行に変化し、特性は「スカイスキン」に変化。これにより「あばれる」「おんがえし」「フェイント」といった、タイプ一致技の幅が広がり、高い攻撃性能を獲得した。

TVアニメ版では第4話でサムライ(声:ゆきじ)の手持ちとして登場。相性が悪いにもかかわらず、サトシピジョンを倒すが、挟まれたトランセルが「かたくなる」を使う事により、角の突起が欠けてしまい戦闘不能になった。

ケンタロス[編集]

ケンタロス No. 128
分類: あばれうしポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 1.4m 重さ: 88.4kg
特性: いかく/ いかりのつぼ かくれ特性: ちからずく 進化前: なし 進化後: なし

バッファローのような姿をしたポケモン。「あばれうしポケモン」の名の通り極めて凶暴。3本の尻尾でムチのように体を叩いて加速する。群れのボスの角は傷だらけ。同じ「うし」を冠する分類のポケモンに、獰猛な性格という共通点があるバッフロンがいるが、野生などでは♂しか存在しない点が異なる。また、野生などでは♀のみが存在するミルタンクとは逆であり、オーキド博士は「ミルタンクとケンタロスは同種ではないか」と推測している[4]。『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、ミルタンクのいるモーモー牧場でケンタロスを連れ歩きするとケンタロスが興奮する様子が見られる。

赤・緑』より登場。当初は捕まえづらい上にゲーム内で使用するトレーナーも少ないので影の薄いポケモンだった。しかし、テレビ東京系の番組『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会で、当初ノーマークだったケンタロスが「はかいこうせん」を中心とした強力な攻撃で対戦者を圧倒したのをきっかけに、次第にそのパワーやスピード、多彩な技が注目されるようになり、その実力から多くのプレイヤーがエースとして使った。結果、全国大会でも大人気となり、1997年では決勝進出者15名の内13名が、1998年では実に決勝進出者7名全員が使用した。

TVアニメ版ではサトシのポケモンとして登場。

コイキング[編集]

コイキング No. 129
分類: さかなポケモン タイプ: みず 高さ: 0.9m 重さ: 10.0kg
特性: すいすい かくれ特性: びびり 進化前: なし 進化後: ギャラドス

コイのような姿をしたポケモン。力はなく、ただぴちぴちと跳ねることしか出来ない、最も弱く情けないポケモンとされる[注釈 5]。そうして跳ねている内にピジョン等に捕まってしまう。たまに高く跳ねても2メートルを超えるのがやっと[注釈 6]

海や川、池はおろか水たまりなど至る所に生息しているが、流れの速いところではただ流されていくだけである。弱いが生命力はとても高く、どんな汚れた水辺でも生き抜くことができる。かつてはもう少し強いポケモンだったらしい。

赤い鱗に覆われた丸っこい胴体に、王冠を模したような金色の背びれ・腹びれと長い金色の髭を持つ。成長すると、中国の伝説にある龍鯉登竜門伝説)のごとく、に似たポケモン「ギャラドス」へと進化する。進化すると、脳細胞が突然変異を起こし、強力で凶暴なポケモンに成長する。

『赤・緑・青・ピカチュウ』および『ファイアレッド・リーフグリーン』バージョンではおつきみ山入り口の手前のポケモンセンターでレベル5のコイキングを500円で購入できる。また、『ブラック・ホワイト』においてもクリア後に500円で購入することができるが、この時の男のセリフは『赤・緑・青・ピカチュウ』のポケモンセンターでのコイキング商人のセリフをセルフオマージュしたものである。また、手持ち6体全てがコイキングの釣り人が登場するのは恒例となっている。

TVアニメ版では第1話にギャラドスと共に登場。また、ロケット団コジロウも所持していた事があった。また、サトシは「まな板の上のコイキング」という慣用句を使用したことがある。しかしカスミによるとほとんど骨と皮と鱗だけなので食用にはならないらしく、実際ニャースが食べるのに失敗している。金銀編では「コイキングス」というプロ野球チームが登場(名称のみ)。

かつて、小学館の学年誌の企画「タマムシ大学」において「りゅうのいかり」を覚えたコイキングがプレゼントされた事がある。また、同学年誌で『金色のコイキング』の画像が公開され、話題になった。あくまでも「存在する」ということが明かされただけであり、明確な出現方法が書かれていなかったため、当時のプレイヤーの間では様々な憶測が流れたが、実際には他の色違いポケモンと同様ごく低確率で出現するのみで、特別な出現条件などがあるわけではない。2013年3月には、ポケモンセンターナゴヤの松坂屋名古屋店内への移転を記念して、『ブラック2・ホワイト2』に金色のコイキングがプレゼントされた。このコイキングはレベルが99であり、「ハイドロポンプ」を覚えている。

ギャラドス[編集]

ギャラドス No. 130
分類: きょうあくポケモン タイプ: みず/ ひこう 高さ: 6.5m 重さ: 235.0kg
特性: いかく かくれ特性: じしんかじょう 進化前: コイキング 進化後: なし

コイキングの進化形。の姿をしたコイキングから一転し、のような姿となる。鯉が竜へと姿を変える進化の形態は、登龍門故事竜鯉を表している。非常に凶暴な性格。人前に姿を現す機会こそ少ないが人間が争い始めると姿を見せる習性があり、周囲を焼き尽くすまでその怒りは収まることがないといわれる。都市を壊滅させたりひと月にわたり暴れ続けた記録も残されている。性格の豹変は進化によって脳細胞の構造が組み換わるためだとされ、ポケモンの中で一番恐ろしいと懼れられている。

ゲーム中においてはジムリーダーや四天王、チャンピオンといった、強豪とされるトレーナーが使用するケースが多い。また、釣り人など、コイキングを持っていたトレーナーと再戦する場合はギャラドスに進化しているケースもある。

X・Y』では「メガギャラドス」へとメガシンカを遂げる。

メガギャラドス
ツノと腹部の色が変わり、胴体・ヒレ・ヒゲが肥大・大型化し、より威圧感のある外観となった。2つに分かれ巨大化した背ビレは、胴体のしなり具合に連動し開閉する。気性はさらに凶暴になり、海底火山噴火を想起させる数百メートルの水柱と共に、超音速で水中から出現する。
タイプは「みず・あく」となり、とくせいは「かたやぶり」となる。HPとすばやさを除く能力が上昇し、こうげき・ぼうぎょ・とくぼうがバランスよく上昇する傾向にある。フレア団ボスであるフラダリが切り札として使用し、最後の戦いではメガシンカさせて使用する。

なお、『金・銀・クリスタル』及び『ハートゴールド・ソウルシルバー』では「いかりのみずうみ」に色違いの赤いギャラドスがレベル30で出現する。通常、色違いのポケモンはごく低確率でしか出現しないが、このギャラドスのみ確実に登場する。この他、『ダイヤモンド・パール』でも物語冒頭に「あかいギャラドスをおえ!」というテレビ番組が放送されているが、同作品のゲーム中で特定の赤いギャラドスが出現するイベントはない(『プラチナ』では違う番組に変更されているが、赤いギャラドスの話自体は出てくる)。

TVアニメ版では海のシーンに登場することが多く、第1話にてコイキングと共に登場している。ロケット団コジロウも一時期所持していた。金銀編では、いかりのみずうみでゲーム同様赤いギャラドスが登場する。四天王チャンピオンにしてポケモンGメンのワタルにゲットされた。サイドストーリーではカスミのポケモンとして登場。

ラプラス[編集]

ラプラス No. 131
分類: のりものポケモン タイプ: みず/ こおり 高さ: 2.5m 重さ: 220.0kg
特性: シェルアーマー/ ちょすい かくれ特性: うるおいボディ 進化前: なし 進化後: なし

首長竜のような体格のポケモンで、背中の甲羅に人を乗せて泳ぐ事を好む[注釈 7]。高知能で人語を理解することができる。気分が良いときれいな声で歌う。人懐こい性格を逆に利用され、人間に乱獲されていることが原因で、絶滅の危機に瀕している。

金・銀・クリスタル』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』では毎週金曜日「つながりのどうくつ」最奥にシンボルエンカウントの形式で出現。一度倒してしまっても次の週になれば再び現れる。

トレーナーでは四天王のカンナが切り札として繰り出すほか、『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではレッドの手持ちのポケモンとして、『金・銀・クリスタル』でのエーフィに代わって登場している。『ブラック2・ホワイト2』ではイッシュ地方チャンピオンのアイリスが使用する。

TVアニメ版では番外編[注釈 3]「ルージュラのクリスマス」で初登場。(声-鈴鹿千春)。オレンジ諸島編ではサトシのポケモンとして登場。なお、オレンジ諸島編のエンディングテーマは「ラプラスにのって(歌 - 飯塚雅弓)」だった。

メタモン[編集]

メタモン No. 132
分類: へんしんポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 0.3m 重さ: 4.0kg
特性: じゅうなん かくれ特性: かわりもの 進化前: なし 進化後: なし

変身能力を持つ数少ないポケモン。紫色(一部ではピンク色)をしたスライム状の体組織を持ち、他のポケモンをはじめ、非生物や人間にまで変身することがある。笑うと力が抜けて変身が解ける。メタモン同士が出会うと、相手とそっくりな形になろうと活発に動く。寝る時は外敵から身を守るため石に変身する。本来はかなり小型のポケモンであるが、変身時は伸縮自在。メタモン自身はタマゴから生まれてこないため、どのようにして繁殖するのかは分かっていない。

ゲームでは技「へんしん」によってHPレベルを除く相手の能力をコピーして戦う。また、他のポケモンとメタモンを一緒に育て屋に預けることで、相手と同種のポケモンのタマゴを手に入れることができる。その対象はタマゴを入手できるポケモンをほぼ全て網羅し、性別不明のポケモンや♂しか存在しないポケモンにとっては、この方法が唯一となる。これにより、「タマゴによってポケモンを増やす」というシステムが確立した『金・銀』以降、タマゴの入手手段としてメタモンの需要が上昇した。ちなみに、「へんしん」はミュウも覚える事ができる。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』では、トーナメント乱闘で自分のキャラをランダム選択にすると、キャラクターウィンドウにメタモンが表示される(メタモンをプレイヤーキャラとして使用できるわけではない)。当初はアイテム・モンスターボールから登場するポケモンとしてメタモンを登場させる案があったが、開発期間の都合で没になった[5]

TVアニメ版では第37話にて、ものまねむすめのイミテ(声:福島おりね)のポケモンとして初登場した。初登場時の「メタちゃん」は「変身しても顔が変わらない」という欠点を持っており、物語の中でこの欠点を克服した。再登場時に新たに連れていた「メタぴょん」は「変身しても大きさが変わらない」という欠点を持っていた。こちらは直っていないが、それを逆利用したパフォーマンスで周囲の人気を得ることに成功した。声優は「メタちゃん」が三石琴乃、「メタぴょん」がこおろぎさとみ

ゲーム版に見るように、メタモン本来の変身能力は完璧である。しかし、先述したアニメ版メタモンの変身上の欠点が特徴として活かされた結果、ポケモンカードをはじめとする関連商品では、変身後のメタモンは不完全の状態(顔がメタモン、下半身がゲル状)で描写される場合がほとんどである。

イーブイ[編集]

イーブイ No. 133
分類: しんかポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 0.3m 重さ: 6.5kg
特性: にげあし/ てきおうりょく かくれ特性: きけんよち 進化前: なし 進化後: 本文参照

四足歩行型のポケモン。ウサギのような長い耳と首の周りを覆う襟巻き状に生えた毛が特徴。周囲の環境の影響を受けやすい、極めて不安定な遺伝子を持つ。一部の鉱石や天体から発せられる放射線により容易に突然変異し、多くのポケモンに進化する可能性を秘めているが、その個体数は極めて少ない。進化して姿を変えることにより、様々な厳しい環境に対応する事が可能となっている。

赤・緑』では岬の小屋に住むマサキのパソコンを調べることでイーブイとその進化形の姿を見ることができ、のちにタマムシシティのマンションで1匹のみ入手できる。同作ではアイテム「みずのいし」「かみなりのいし」「ほのおのいし」を使用することでみずタイプのシャワーズ、でんきタイプのサンダース、ほのおタイプのブースターのいずれかに進化できる。

登場当初の進化形は上記3種のみだったが、『金・銀』からはエスパータイプのエーフィ、あくタイプのブラッキー、『ダイヤモンド・パール』からはくさタイプのリーフィア、こおりタイプのグレイシア、『ポケットモンスター X・Y』からはフェアリータイプ[6]ニンフィアが登場し、現在は8種の進化形が存在する。

エーフィ、ブラッキーの進化条件はなつき度によって決まり、十分になついた状態でレベルアップすることで進化するが、その時朝や昼ならエーフィに、夜ならブラッキーとなる。リーフィア、グレイシアは進化する場所が関係しており、特定の場所でレベルアップすることで進化できる[注釈 8]

ニンフィアはポケパルレで仲良し度が2以上に上がった状態でレベルアップする事で進化する。

TVアニメ版では第39話にて4人兄弟の末っ子、タイチ(声:冬馬由美)のポケモンとして登場する。それぞれサンダースシャワーズブースターを使用する3人の兄達から進化させるよう迫られていたが、タイチは進化させずイーブイのまま育てる道を選ぶ。第117話からはシゲルの手持ちポケモンとして登場。『金・銀』編での再登場時にはブラッキーに進化していた。『アドバンスジェネレーション』ではハルカのポケモンとして登場。『ダイヤモンド&パール』ではグレイシアに進化して再登場した。

ポケモンセンターサッポロが2009年3月に常設開店した際、同店のロゴマークの1体として採用されている。

名前の由来は英語で「進化」を意味する「Evolution」の頭2文字「EV」からとされている[注釈 9]

読売新聞の連載ポケモン四字熟語では、『千差万別・せんさばんべつ』[7]が、イーブイを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。

シャワーズ[編集]

シャワーズ No. 134
分類: あわはきポケモン タイプ: みず 高さ: 1.0m 重さ: 29.0kg
特性: ちょすい かくれ特性: うるおいボディ 進化前: イーブイ 進化後: なし

イーブイの進化形の一つで、みずタイプに変化したもの。魚類哺乳類が混ぜ合わさったような姿で、尻尾は魚の物とそっくりで、耳は魚のヒレのような形状へと変化する。その姿から、人魚と間違えられることもあるという。体色は水色など青系統を基調としたものとなる。水辺および水中に適応した種で、身体の細胞の構造が水の分子と似通っており、水に溶けて姿を見えなくすることが出来る。水を操る能力のほか、を察知する力があり、雨が近づくと全身のヒレが小刻みに震えはじめる。

TVアニメ版ではイーブイ4兄弟のミズキ(声:伊藤健太郎)の手持ちとして登場しているほか、多数のトレーナーが使用。

サンダース[編集]

サンダース No. 135
分類: かみなりポケモン タイプ: でんき 高さ: 0.8m 重さ: 24.5kg
特性: ちくでん かくれ特性: はやあし 進化前: イーブイ 進化後: なし

イーブイの進化形の一つで、でんきタイプに変化したもの。体色は黄色に変化し、首の周りや腰の毛が鋭く尖っている(ただし普段は普通の毛並みをしているらしい)。穏やかだったイーブイから一転して感受性が非常に強い。わずかな刺激でも感情が変化し、それに伴って全身の細胞が発電・蓄電を起こし、場合によっては1万ボルトの電気を帯電させることもあるという。帯電した体毛は針のように逆立ち、これを飛ばして相手を刺し貫く攻撃も持つ。また、体毛の隙間にはマイナスイオンが発生しており、常に電気の弾ける音を発している。

アニメ版ではポケモン検定試験で、試験官のポケモンとして登場。サトシアーボックを使ったが、巻きついた時にとげとげの体が刺さってしまった。

読売新聞の連載ポケモン四字熟語では、『紫電一閃・しでんいっせん』[8]が、サンダースを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。

ブースター[編集]

ブースター No. 136
分類: ほのおポケモン タイプ: ほのお 高さ: 0.9m 重さ: 25.0kg
特性: もらいび かくれ特性: こんじょう 進化前: イーブイ 進化後: なし

イーブイの進化形の一つで、ほのおタイプに変化したもの。オレンジ色をしたフサフサの体毛に覆われ、あたかもを纏っているかのような姿をしている。体温が非常に高く、体に炎を溜めている時は900以上もの高温になる。体内に「炎袋」という器官を持ち、深く息を吸い込めば、1700℃の炎を吐くことができる。体毛は上がりすぎた体温を空気に放熱する役割もある。戦闘に際して体温を上げることが多いため、普段の状態ならトレーナーが接することもできる。

TVアニメ版ではイーブイ4兄弟のアツシ(声:岡野浩介)、エンジュ5姉妹のコウメ(声:かないみか)がそれぞれ使用している。

ポリゴン[編集]

ポリゴン No. 137
分類: バーチャルポケモン[注釈 10] タイプ: ノーマル 高さ: 0.8m 重さ: 36.5kg
特性: トレース/ ダウンロード かくれ特性: アナライズ 進化前: なし 進化後: ポリゴン2

ポリゴン状の体で構成された人工ポケモン。ベトベタービリリダマのように人間の生活から偶然に誕生したようなポケモンもいるが、ポリゴンは作中に登場する架空の会社であるシルフカンパニー(ロケット団参照)がコンピュータ技術でポケモンの構造を模倣し、意図的に作り出したポケモンである。生物というよりはまだロボットに近く、呼吸をせず、プログラムされた動作しかできない。自己をデータ化し、電子空間に自由に出入りできる。

赤・緑・青・ピカチュウ』『金・銀・クリスタル』『ファイアレッド・リーフグリーン』『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではタマムシシティのゲームコーナーの景品となっており、景品交換所でコインと交換することで入手できる。必要なコインの枚数はバージョンにより異なる。

『金・銀』では進化形のポリゴン2が登場した。アイテム「アップグレード」を持たせ、通信交換することで進化する。

専用技として「テクスチャー」、「テクスチャー2」を覚える。「テクスチャー」は自分のわざのタイプのいずれか1つと同じタイプになり、「テクスチャー2」は自分が最後に受けたわざのタイプに耐性があるタイプに変化する技。

TVアニメ版では1997年12月16日に放送された『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」で登場した。この回でポケモンショックが起こり、以後ポリゴンはアニメ本編に登場していない。ポケモンショック影響を受けて一時「モンスターコレクション」などのポリゴンの商品が店頭から撤去されたことがあった。現在でも、多くのポケモンのポスターでもポリゴンが殆ど載っておらず、ポリゴンの商品が販売されているものは少ない。

赤・緑』のディレクターである田尻智は、自身がドット絵にこだわりを持っているにもかかわらず、周りからは「これからはポリゴン3DCG)だよ」と言われ続けたので、「ポリゴン」というポケモンを出したと語っている[9]

オムナイト[編集]

オムナイト No. 138
分類: うずまきポケモン タイプ: いわ/ みず 高さ: 0.4m 重さ: 7.5kg
特性: シェルアーマー/ すいすい かくれ特性: くだけるよろい 進化前: なし 進化後: オムスター

オウムガイのような姿をした古代ポケモン(絶滅種)。現在は化石しか残っていないとされるが、未だ深海に生息しているという話もある。10本の足をくねらせて泳ぎ、魚や自身よりも小さい海中生物を捕食する。敵に襲われると固い殻に隠れる。

赤・緑・青・ピカチュウ』と『ファイアレッド・リーフグリーン』ではオツキミ山、『ダイヤモンド・パール』では地下通路、『ハートゴールド』ではアルフの遺跡、『ブラック・ホワイト』ではネジ山で発見される「かいのカセキ」を復元することで入手できる。

オムスター[編集]

オムスター No. 139
分類: うずまきポケモン タイプ: いわ/ みず 高さ: 1.0m 重さ: 35.0kg
特性: シェルアーマー/ すいすい かくれ特性: くだけるよろい 進化前: オムナイト 進化後: なし

オムナイトの進化形。古代ポケモン(絶滅種)で、渦巻状の殻と10本の触手を持つところまではオムナイトと同じだが、殻には外周に沿って棘が生え、前面には鋭い牙を持った口を有する。シェルダーなどの殻を破り、中身を捕食していたが、自分の殻が重くなりすぎたために獲物を捕食できずに絶滅したとある。

カブト[編集]

カブト No. 140
分類: こうらポケモン タイプ: いわ/ みず 高さ: 0.5m 重さ: 11.5kg
特性: カブトアーマー/ すいすい かくれ特性: くだけるよろい 進化前: なし 進化後: カブトプス

絶滅したポケモンの一種で、カブトガニの祖先であるとも、カメの祖先であるとも言われる。体は硬い殻に覆われており、背中の目で周りを見渡す。腹部の方にも目があるように見える。海中を泳ぎ、爪で獲物を捕食する。

赤・緑・青・ピカチュウ』と『ファイアレッド・リーフグリーン』ではオツキミ山、『ダイヤモンド・パール』では地下通路、『ソウルシルバー』ではアルフの遺跡、『ブラック・ホワイト』ではネジ山で発見される「こうらのカセキ」を復元することで入手できる。

カブトプス[編集]

カブトプス No. 141
分類: こうらポケモン タイプ: いわ/ みず 高さ: 1.3m 重さ: 40.5kg
特性: カブトアーマー/ すいすい かくれ特性: くだけるよろい 進化前: カブト 進化後: なし

カブトの進化形。古代ポケモン(絶滅種)の一種で、全身が外骨格に覆われている。カブトの頃の甲羅は頭部となってそこから胴体が生じ、人間型のシャープなシルエットとなる。後ろ足で2足歩行し、陸上でも活動できる。大人しいカブトとは正反対の凶暴な性格で、両手の鋭い鎌で捕らえた獲物の体液を吸うという、タガメミズカマキリなど水生カメムシのような生態を持つ。水中を泳ぐときは手足を甲羅に小さく折り畳んでから泳ぐ。

赤・緑・青・ピカチュウ』および『ファイアレッド・リーフグリーン』ではニビシティの博物館に化石が展示されている。

金・銀・クリスタル』では、ニビシティのジムリーダー・タケシが使用する。『エメラルド』でもツツジが再戦時に使用する。

プテラ[編集]

プテラ No. 142
分類: かせきポケモン タイプ: いわ/ ひこう 高さ: 1.8m 重さ: 59.0kg
特性: いしあたま/ プレッシャー かくれ特性: きんちょうかん 進化前: なし 進化後: なし

遥か昔に絶滅したポケモンの一種。コハクに残された遺伝子から再生、復活させられた。極めて凶暴な肉食ポケモンで、当時は空の王者として猛威を振るっていたと考えられている。高い声で鳴きながら、空を滑るように飛んでいたらしい。全体的な容姿は嘴口竜亜目が大型化したかのようで、大きな顎に鋭い歯、長い尻尾を備えており、名前から連想されるプテラノドン翼竜)の特徴とは異なる部分が多い。

赤・緑』をはじめ、多くの作品において「ひみつのコハク」を復元することで入手できる。化石から復元するポケモンの中では唯一進化しない。『赤・緑』では四天王、『金・銀』ではチャンピオンとなったワタルが使用する。

X・Y』では「メガプテラ」へとメガシンカを遂げる。

メガプテラ
全身の随所に岩のような棘が発生し、より攻撃的な外見となる。研究者の中には、現代に復元されたプテラではなくこのメガプテラこそが、古代に棲息していた真の姿であったと主張する勢力も存在する。
特性は「=かたいツメ」に変わり、様々なタイプのものを習得する接触技を生かせるようになった。能力は「HP」を除く全能力が「こうげき」をメインに上昇し、全ポケモンの中でもトップクラスの「すばやさ」を獲得する。

TVアニメ版では第46話で初登場。サトシリザードをさんざん馬鹿にし、これがきっかけでリザードはリザードンに進化する。また『ダイヤモンド&パール』ではロケット団が復元したプテラがクロガネシティで暴走する。ヒカリポッチャマミミロルの活躍によりモンスターボールに戻された。

カビゴン[編集]

カビゴン No. 143
分類: いねむりポケモン タイプ: ノーマル 高さ: 2.1m 重さ: 460.0kg
特性: あついしぼう/ めんえき かくれ特性: くいしんぼう 進化前: ゴンベ 進化後: なし

黒と白を基調にした、怪獣のような外見のポケモン。『金・銀』までは、最も体重の重いポケモンであった。ぐうたらな性格で、食べては寝るだけ。1日に400kgは食べるという。カビが生えていても気にしないし、胃袋の消化液はとても強力で腹痛も起こさない。ちからは強いらしいが、基本的に食べるか寝るかしかしないので確認は難しい。お腹の上を遊び場にしても全く怒らないおとなしいポケモンでもあるが、気にしていないだけとも言われる。

赤・緑・青・ピカチュウ』および『ファイアレッド・リーフグリーン』では12番道路と16番道路にシンボルエンカウントで出現する。遭遇時はフィールド上で熟睡して道を塞いでいるが、「ポケモンのふえ」をカビゴンのすぐ隣で吹くと、寝ぼけて襲ってきて、戦闘になる。また、『金・銀』および『ハートゴールド・ソウルシルバー』でも「ディグダのあな」の前(クチバシティ側)にシンボルエンカウントで登場する。

トレーナーでは、主に、『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』に登場するレッドや、『ダイヤモンド・パール』のライバルが使用してくる。

TVアニメ版では第40話で初登場。生活用水や作物栽培に必要な川の上流で眠ってしまって水をせき止めてしまい、村の住民が食糧難に陥っていた。オレンジ諸島編でも登場し、サトシにゲットされた。

開発スタッフである西野弘二(ゲームフリーク所属)が外見と名前のモチーフになっているということが、関連書籍で幾度か触れられている。

フリーザー[編集]

フリーザー No. 144
分類: れいとうポケモン タイプ: こおり/ ひこう 高さ: 1.7m 重さ: 55.4kg
特性: プレッシャー かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: なし

サンダーファイヤーと並ぶ伝説の鳥ポケモンの1種。体躯は水色をしており、1組の長い翼と長い尾、青白い羽毛、三対の鶏冠を持つ。その姿は『赤・緑・青・ピカチュウ』のポケモン図鑑において「すばらしい」と感嘆詞を付けて賞賛されているほど優雅で、尾をたなびかせながら冬空を飛ぶ。雪山で遭難した者が死を迎える直前、その眼前に姿を現すことがあるという。「れいとうポケモン」の通り、空中の水分を凍らせてを降らせる。訪れた街には一足早く冬が来る。

赤・緑・青・ピカチュウ』、『ファイアレッド・リーフグリーン』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、ふたごじまの洞窟の中で登場する。レベルは50。『プラチナ』では、シンオウずかん完成後、ハクタイシティでオーキド博士と話をした後、シンオウ地方の各地を飛び回り、野生の個体で出現する。レベルは60。『X・Y』ではハリマロンを選ぶと殿堂入り後にカロス地方の各地を飛び回るようになる。レベルは70。戦闘BGMはミュウツーと同じく初代『赤・緑』の戦闘BGMのアレンジが使われている。

TVアニメ版ではジョウト編でトオルが撮影しようと近づき、プリンも登場する話でようやく撮影に成功する。声優冬馬由美。『アドバンスジェネレーション』バトルフロンティア編ではフロンティアブレーン・ダツラの友達として登場。声優は小西克幸

サンダー[編集]

サンダー No. 145
分類: でんげきポケモン タイプ: でんき/ ひこう 高さ: 1.6m 重さ: 52.6kg
特性: プレッシャー かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: なし

フリーザーファイヤーと並ぶ伝説の鳥ポケモンの一匹。全身が黄色い羽毛に包まれている。翼や尾の先は鋭く尖っており、くちばしは長く伸びている。全体として雷撃のような鋭利なデザインをしている。普段は雷雲の中で暮らしており、時折その割れ目から突如現れる。基本的にいつも帯電しており、羽ばたく度に火花が発生する。夏の嵐の元凶の一つだという。

赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーフグリーン』では「むじんはつでんしょ」、『ハートゴールド・ソウルシルバー』では「はつでんしょ」の外に出現。レベルは50。『プラチナ』では、全国図鑑入手後、パルパークに行き、ハクタイシティにいるオーキド博士に話しかけると、シンオウ各地を飛び回るようになる。レベルは60。『X・Y』ではフォッコを選ぶと殿堂入り後にカロス地方の各地を飛び回るようになる。レベルは70。戦闘BGMはミュウツーと同じく初代『赤・緑』の戦闘BGMのアレンジが使われている。

TVアニメ版では第243話でサトシ達が電気タイプのポケモンを癒す湖に辿り着いたときに姿を現した。声優小西克幸。アニメの世界においては、同じ伝説の鳥ポケモンであるフリーザーの雪山伝説やファイヤーの火の鳥伝説があるのに対し、サンダーの伝承は少ないようである。

ファイヤー[編集]

ファイヤー No. 146
分類: かえんポケモン タイプ: ほのお/ ひこう 高さ: 2.0m 重さ: 60.0kg
特性: プレッシャー かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: なし

フリーザー、サンダーに並ぶ、伝説の鳥ポケモンの一種。大型のオレンジ色から黄色の体躯をしており、翼、たてがみ、尻尾が炎を模している。元は南国からやってくると言われる。ファイヤーの飛来は春の訪れをも早める。

ポケモン世界では昔から「火の鳥伝説」のポケモンとしてよく知られており、グレンタウンのジムリーダー・カツラが山で見た「火の鳥」とは、このファイヤーである可能性が高い。夜空さえ赤く照らすほど激しく燃え上がり、その美しさは見る者を圧倒する。体が傷つくとマグマに入り、全身を燃焼させて傷を癒す。 なお、穴久保幸作のポケットモンスター等の二次的な作品においてファイヤーを不死鳥とする描写が見られることがあるが、公式にはそのような設定はない。

伝説の鳥ポケモンの中では唯一カントー地方における出現場所がシリーズごとに分かれており、『赤・緑・青・ピカチュウ』ではチャンピオンロード、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではともしびやま、『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではシロガネやまに出現する。でに出現。レベルは50。他方、『プラチナ』では全国図鑑入手後にパルパークへ行き、ハクタイシティにいるオーキド博士に話しかけるとシンオウ地方の各地を飛び回るようになる。このバージョンのみレベルは60。『X・Y』ではケロマツを選ぶと殿堂入り後にカロス地方の各地を飛び回るようになる。レベルは70。戦闘BGMはミュウツーと同じく初代『赤・緑』の戦闘BGMのアレンジが使われている。

TVアニメ版におけるカントー地方のポケモンリーグの聖火はファイヤーの羽の炎とされている。また、週刊ポケモン放送局の最終回で放映されたサイドストーリーでは、ヒロシがともしび山で出会っている。声優は愛河里花子

ミニリュウ[編集]

ミニリュウ No. 147
分類: ドラゴンポケモン タイプ: ドラゴン 高さ: 1.8m 重さ: 3.3kg
特性: だっぴ かくれ特性: ふしぎなうろこ 進化前: なし 進化後: ハクリュー

つぶらな瞳と特徴的な耳を持つ、東洋のの姿をした細長いポケモン。全長はアーボと同じく2m。長らく幻のポケモンとされてきたほど、目撃数が少ない。脱皮を何度も繰り返して何度も大きくなるが、これはからだの中のエネルギーが成長に合わせて肥大化し、抑えきれなくなるため。脱皮した皮を目撃されることもある。図鑑には1.8mとあるが、子供でも2mを越えるらしい。

赤・緑』ではスロットの景品でコインと交換して入手できるほか、サファリゾーンの池ですごい釣竿を用いると稀に釣れる事がある。しかし、後者は逃げやすく、捕まえるのもかなり困難である。

TVアニメ版では「カントー編・サファリパーク」で初登場。声優は冬馬由美。ジョウト編では、イブキのポケモンとして登場し後にハクリューとなる。声優は林原めぐみ

ハクリュー[編集]

ハクリュー No. 148
分類: ドラゴンポケモン タイプ: ドラゴン 高さ: 4.0m 重さ: 16.5kg
特性: だっぴ かくれ特性: ふしぎなうろこ 進化前: ミニリュウ 進化後: カイリュー

ミニリュウの進化形。ヘビのように細長い体型が特徴の、東洋ののような姿をしたポケモン。頭部と背面は青白く、腹面は白い。頭部には小さな角と翼のような形をした耳が存在する。また首に1つ、尾に2つ、水晶のような玉を持ち、この玉によって天候を自在に操る能力を持つとされる。翼を持たないが空を飛ぶことができ、飛ぶ時は耳が大きくなる。体からは神秘的なオーラのようなものが出ていることもある。湖や海に住み、現地で神格化されることもあるという。

ミニリュウからレベル30で進化するほか、『ピカチュウ』や『金・銀・クリスタル』など、一部のバージョンではLv.30未満の野生の個体も存在する。『青』ではスロットの景品としてレベル30の個体を手に入れることができる。トレーナーでは、四天王でチャンピオンでもあるワタルや、フスベシティジムのジムリーダー、イブキが使用する。

TVアニメ版ではサファリゾーンの湖から現れ、サトシを救う。このハクリューはサファリゾーンの管理人、カイザー(声:鈴木泰明)が過去に出会ったミニリュウの進化した姿である。額には十字型の傷がある。また、子供も生まれていた。声優は冬馬由美。ジョウト地方最後のジムリーダー、イブキの使用ポケモンとしても登場。声優は林原めぐみ

カイリュー[編集]

カイリュー No. 149
分類: ドラゴンポケモン タイプ: ドラゴン/ ひこう 高さ: 2.2m 重さ: 210.0kg
特性: せいしんりょく かくれ特性: マルチスケイル 進化前: ハクリュー 進化後: なし

ハクリューの進化形。東洋ののような姿をしたハクリューから一転、手足と翼を備えた西洋のドラゴンのような姿となり、体色も青から山吹色へと変化している。頭には触角のような角があり、巨大な敵を「たたきつける」だけの膂力を備えた太い尻尾も持つ。約16時間で地球を1周できるほどの速さ(およそ時速2,500km=マッハ2)で飛ぶことができ、知能も人間に匹敵する。荒れ狂う海を物ともせずに飛び回り、難破した船を助けることもある。その力から海の化身や破壊の化身とも言われるが、本質は心優しいポケモン。広大な海原のどこかにはカイリューだけが暮らす楽園があるらしい。

ハクリューがレベル55以上で進化する。『赤・緑』ではポケモンリーグの四天王の1人として、『金・銀』ではチャンピオンとして登場するワタルが使用する[注釈 11]。『ブラック・ホワイト』ではシッポウシティの博物館では化石が展示されており、プラズマ団に狙われていた。

最強クラスポケモンキャンペーンでは「ドラゴンタイプ 特殊最強クラス」として2008年1月15日から2月14日まで全国のポケモンセンターなどで配布されていたが、このカイリューは通常プレイでは入手できないレベル50のものである。そのため、レベルの上限が設けられた大会などに参加できるようになった。

TVアニメではゲストキャラクターのポケモンとして何度か登場している。声優小西克幸が担当することが多い。ただし、クロツグのカイリューは古島清孝が担当。『ベストウイッシュ シーズン2』ではアイリスのポケモンとして登場。声優は佐藤健輔

ミュウツー[編集]

ミュウツー No. 150
分類: いでんしポケモン タイプ: エスパー/ 本文参照 高さ: 2.0m 重さ: 122.0kg
特性: プレッシャー かくれ特性: きんちょうかん 進化前: なし 進化後: なし

遺伝子工学によって、ミュウ遺伝子をベースに様々なポケモンのデータを加えた結果造り出された、人工のポケモン。電子工学を駆使して作られたポリゴンとは異なり、正真正銘の生体である。身体を構成する遺伝子はミュウのものとほとんど同じだが、ミュウよりも遥かに大型で、手足や尻尾もより長く強靭となった人型に近い外見をしている。また首の後ろには、頭部と体をつなぐ何らかの管が存在するが、これが何の器官なのかは不明。

遺伝子操作によって極限まで戦闘能力を高められた結果、目の前の敵を倒すことしか考えられない、闘いのためだけに存在する生命体と化している。闘いで力を最大限に出せるよう、普段は洞窟深くで少しも動かず眠りにつき、エネルギーを貯めている。その性格はポケモンで最も凶暴であり、優しい心は存在しないと言われている。

グレンタウンのポケモン研究所の研究員に捕獲された幻のポケモン「ミュウ」から生み出されたポケモンであり、遺伝子操作を行ったミュウが産んだとされる。グレン島のポケモン屋敷には、そこかしこに4冊の研究日記があり、『ミュウが子供を産み、産まれた子供をミュウツーと呼ぶことになった』『ミュウツーは強すぎる。我々の手には負えない』という趣旨の文が残されている。なお、これによるとゲーム本編におけるミュウツーの誕生日は2月6日とされる。

赤・緑』では最強のポケモンと言われており、後の作品においても「強さ」の象徴として扱われ、外伝作品ではラストボスに位置付けられていることも多い。同作およびリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』では、「ハナダのどうくつ」の最深部に1匹のみ生息している。初期レベルは70とかなり高い。

金・銀・クリスタル』では野生では登場しないが、その名残か、かつての「ハナダのどうくつ」付近の水中には「はかいのいでんし」という道具が落ちている。リメイク版『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、オリジナル版にあった「はかいのいでんし」が消失したが、「ハナダのどうくつ」には入れるようになり、ミュウツーも登場した。レベルは『赤・緑』系統と同じく70となっている。なお、同作の連れ歩きシステムではミュウツーも普通のポケモンと同じような反応をするため、図鑑テキストにそぐわない可愛らしい一面を見せることもある。

ブラック・ホワイト』では新たに「サイコブレイク」という専用技をレベル100で使える様になった。「サイコブレイク」は特殊技でありながら、とくぼうではなくぼうぎょの数値によってダメージを決める技。

ポケモンスマッシュ!』との連動企画として2011年9月26日~10月31日の期間限定で『ブラック・ホワイト』にニンテンドーWi-Fiコネクションでミュウツーが配信された[10]。レベルは70。

X・Y』では「メガミュウツーX[11]」、「メガミュウツーY[12]」へとメガシンカを遂げる。殿堂入り後、ポケモンの村の奥にある「ななしの洞窟」でひっそりと佇んでいる。レベルは70。捕獲するとXなら「ミュウツナイトX」、Yなら「ミュウツナイトY」が入手できる。ウルップによると強すぎる力ゆえに周囲に馴染めずポケモンの村に来たとのこと。ミュウツーとの戦闘には初代『赤・緑』の戦闘BGMのアレンジが使われており、洞窟の名前も「ななしの洞窟(『赤・緑』当時ハナダの洞窟とは仮名で、この洞窟に正式な名前は付いていなかった)」であったりと随所に『赤・緑』当時のオマージュが使われている。

メガミュウツーX
大型・重量かつよりかっしりとして姿になり、腕や足がミュウツーに比べ太くなった。一方で尻尾はミュウツーの時に比べ小さくなった。これまでのミュウツーにはない肉弾戦の強さを感じさせる形態となった。タイプはエスパー・かくとうタイプになり、とくせいは「ふくつのこころ」になる。攻撃がさらに伸びを見せるようになった。これまでトップを誇ったブラックキュレムのこうげきを更に超え、X・Y現在全ポケモン中最も高い数値になる。もともとある特攻もあるため二刀流で攻撃ができるステータスとなっている。なお、映画には未登場。
メガミュウツーY
Xの方と対照的に小型・軽量かつシャープな姿へと変貌し、太い尻尾が無くなり、後頭部よりそれとほぼ同様の形状をした触手状器官が発生、これにより強力なサイコパワーを操る。とくせいは「ふみん」に変わる。首にあった管が無くなって頭頂部にアーチ状の管が生じている。また、瞳が青色から赤色に、指先が紫色に変化している。この形態では「とくこう」が更に上昇する。これまでトップを誇ったホワイトキュレムのとくこうを更に超え、X・Y現在全ポケモン中最も高い数値になる。最初に発表されたのはこちらの方の形態である。

ポケモンスタジアム2』には「ミュウツーを倒せ」という最終ステージがあり、ゲームのラストボスにあたる存在であった。同作のCMにおいては、女性が「やっぱりミュウツーよね」と発言し周囲の子供が唖然とする演出が存在し、攻略本においてはその台詞がキャッチコピーのごとく頻繁に使われた。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』では隠しプレイヤーキャラクターとして登場。声は劇場版『ミュウツーの逆襲』などと同じく市村正親が担当しており、劇場版を意識した台詞を喋る。続編の『大乱闘スマッシュブラザーズX』では不参加だが、観賞用フィギュアの一つとして登場している。なお、シリーズ第1作目では一切登場していないが、開発段階ではプレイヤーキャラクターの候補として挙がっていたことが後に公式サイト『スマブラ拳!!』で明かされている[13]。4作目『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』ではダウンロードコンテンツによる追加キャラクターとして参戦することが2014年10月24日に発表され、2015年春に配信が予定されている。

ゲーム中では凶暴で闘い以外の行動原理は存在しないと設定されているが、TVアニメ版では知的で哲学的な面をも併せ持つ性格となっている。1998年公開の劇場版『ミュウツーの逆襲』およびその関連エピソードに登場するミュウツーは、凶暴というよりは知的で高度な悩みを抱え自問自答し続ける、どこか哀愁があり虚無的なポケモンとして描かれている。声優は『ミュウツーの逆襲』関連作品では特別出演の市村正親、それらにおける幼少期は『ミュウツーの逆襲 完全版』では森久保祥太郎、ラジオドラマ版『ミュウツーの誕生』では瀧本富士子が演じている。

ミュウツー役を市村が担当したのは湯山邦彦総監督の熱心な推薦によるものである。市村は「ミュウツーの性格はオペラ座の怪人そのまま」と分析して演じたと語っており[14]、実際にも脚本を担当した首藤剛志は生前のコラムにて、湯山が市村を推薦した理由を「劇団四季時代の市村の持ち役である『オペラ座の怪人』の主人公(怪人)は、才能がありながらも暗く屈折した人物像である点でミュウツーと同質の存在と捉えたため、彼が適任と考えたのだろう」と推測していた[15]

市村はミュウツーの役を気に入り、収録現場にはミュウツーの刺繍を施した自主制作のシャツで訪れて[14]、後に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でミュウツーのアフレコを行った際も相当な熱演であったことが現場スタッフから語られている[16]

なお、TVアニメ本編では劇場版への伏線として、公開前の数週間からミュウツーが登場するシーンが断片的に描かれたが、ポケモンショックにより放送時期が遅れたために、該当するエピソードが放映されたのは劇場公開よりも後になってしまった。

また、劇中で人間(ミュウツーを誕生させた科学者のみだが)を殺害した唯一のポケモンでもある。

神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』では別個体のミュウツーが登場。ミュウツーからメガミュウツーYへのメガシンカを使いこなし、ゲノセクト集団の制止・説得に動く。X・Yで判明したメガシンカの条件から、信頼するトレーナーがいなければメガシンカはできないはずだが、何故このミュウツーがメガシンカを使えたのかは不明。声は特別出演の高島礼子が担当している。

読売新聞の連載ポケモン四字熟語では、『闘志満々・とうしまんまん』[17]が、ミュウツーを紹介するキャッチフレーズとして用いられた。


ミュウ[編集]

ミュウ No. 151
分類: しんしゅポケモン タイプ: エスパー 高さ: 0.4m 重さ: 4.0kg
特性: シンクロ かくれ特性: なし 進化前: なし 進化後: なし

全ての技を習得することができることから、遺伝子には全てのポケモンの情報が含まれているといわれており、ポケモンの祖先と推測されている幻のポケモン。頭に耳と思われる二つの小突起を持ち、体色は薄い桃色。すでに絶滅したポケモンだと考えられていたが、南米ジャングルの奥地に住むとされている。自由に姿を消す事が出来るため、発見することは非常に難しいが、清らかな心と会いたいという強い気持ちを併せ持つ者の前にのみ、姿を現すとされている。

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』では、グレン島のポケモン屋敷にミュウに関連した記述のある日記が残っており、その存在を示唆していたが、基本的に普通のプレイでは手に入れることができず、内部データとして存在しているのみだった。しかし、バグなどによって存在が露見したことを契機に任天堂は「イベントによる配布」という形でミュウを151番目のポケモンとして認定することに決め、以後数回にわたって配布が行われている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ かつてテレビ東京系列で放送されたゲームクイズバラエティ番組64マリオスタジアムで、このことがクイズとして出題された(番組内でトランセル種市も公言している)。
  2. ^ 『赤・緑』と『ファイアレッド』のポケモン図鑑に「れんぞくパンチ攻撃が得意。」との記載がある
  3. ^ a b 「ルージュラのクリスマス」は本来第39話として、1997年12月23日に放送する予定であったが、前週にポケモンショックが発生したため放送延期となった。翌1998年4月に放送は再開されたが、再開1回目は「ピカチュウのもり」が放送された。その後も設定やスケジュールの都合から本編としては放送されず、番外編という形で後に放送されている。
  4. ^ 製作サイドに人種差別的な意図は存在しなかったとされる。(en:Pokémon episodes removed from rotation#"The Ice Cave!" (Episode 252)を参照)
  5. ^ ダイヤモンド・パール』のポケモン図鑑では「世界で一番弱い」と説明されている。また、ポケモンカードゲームDP『湖の秘密』の説明では「なぜ生き残っているのか分からない」とも書かれている。ただ作品のポケモン図鑑によっては「弱いがその一方でどんな環境でもしぶとく生き残ることができる」とも記述されている。
  6. ^ ポケモンカードゲームDPt「ギフトボックス」に収録されているコイキングのカードの説明テキストによれば「長年生き(残っ)たコイキングは跳ねて山をも越える」という旨の記述がある。
  7. ^ 当初、乗せた人を死ぬまでおろしてくれないという設定だった。
  8. ^ ハートゴールド・ソウルシルバー』にはこの“特定の場所”が存在せず、作品内でイーブイから進化させることができない
  9. ^ アニメ版のプロデューサーである吉川兆二は、ラジオ番組『犬山犬子のポケモンアワー』内でリスナーからの質問に対し、これを正解と認めている。
  10. ^ 赤・緑』の頃の分類は「シージーポケモン」だったが、『青』以降「バーチャルポケモン」と改められた。
  11. ^ 金銀バージョンでのチャンピオン・ワタルが使用する3体のカイリューはすべてレベル50以下で、通常では入手できない。

出典[編集]

  1. ^ とみざわ昭仁「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」 ISBN 4-8401-0118-3 106ページ
  2. ^ F.CHANNEL☆藤凪ダベリバ
  3. ^ スマブラ拳!!新春特別対談
  4. ^ 任天堂公式ガイドブック『ポケットモンスター金・銀 ポケモンずかん』200ページ
  5. ^ 速報スマブラ拳!! : ポケモン軍団出撃
  6. ^ 新タイプ「フェアリー」登場! - ポケットモンスター X・Y公式サイト
  7. ^ [1] - 2012年11月13日の読売新聞・朝刊
  8. ^ [2] - 2012年11月17日の読売新聞・朝刊
  9. ^ http://pacman.com/ja/interview/003/vol2.html#2 INTERVIEW|パックマン ウェブ PAC-MAN WEB インタビュー第3弾
  10. ^ あの、最強クラスのポケモンが『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』にやってくる!!
  11. ^ メガミュウツーX - ポケットモンスターオフィシャルサイト、2013年10月6日閲覧。
  12. ^ メガミュウツーY - ポケットモンスターオフィシャルサイト、2013年10月6日閲覧。
  13. ^ スマブラ拳!! アンケート集計拳!! 『スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ』
  14. ^ a b WEBアニメスタイル COLUMN シナリオえーばだ創作術 だれでもできる脚本家 首藤剛志 第169回 『ポケモン』ここはどこ? 私は誰?
  15. ^ WEBアニメスタイル COLUMN シナリオえーばだ創作術 だれでもできる脚本家 首藤剛志 第168回 『ミュウツーの逆襲』市村正親氏
  16. ^ 速報スマブラ拳!! 音楽スタッフ座談会 声優さんのアフレコ
  17. ^ [3] - 2013年04月20日の読売新聞・朝刊