ワイルドカード (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カードゲームにおけるワイルドカードとは、トランプなどにおいて他のカードの代用が可能な特殊なカードのこと。万能カード、またはその代用できる能力を表す。トランプを用いるカードゲームではジョーカーがワイルドカードであることが多い。

正式なルールにはなくローカルルールとして採り入れられることもある。

ポーカーにおけるワイルドカード[編集]

ジョーカーをワイルドにする場合
具体例としてポーカーで、手札がハートの3,4,5,6とジョーカーであった場合、ジョーカーをハートの7とみなしてストレートフラッシュを作ることができる。なお、ワイルドカードを用いて作られた役は、ワイルドカードを用いないで作った役より弱いとされる場合や、ビデオポーカーなどでは配当が低くなる場合がある。
デューズ・ワイルズ
デューズ(2)をワイルドカードとするポーカー。4枚ワイルドカードがあることになる。

ポーカーでワイルドカードが存在すると、手札5枚のランクを全て同じにできる。この手は「ファイブ・オブ・ア・カインド」と呼ばれ、ロイヤルフラッシュより上位の役となる。ただし、ワイルドカード無しのロイヤルフラッシュより下位の役となることもある。

大富豪におけるワイルドカード[編集]

大富豪においてジョーカーは、シークエンス(階段)や同数字複数枚出しの中に混ぜて使うことができるとするルールもある。ジョーカー単独だと2(革命時の3)よりも強いカードとして使用される。