ゲーム&ウオッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーム&ウオッチ
Game and watch Ball.JPG
ゲーム&ウオッチ (BALL)
メーカー 任天堂
種別 携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 1980年4月28日
ボール
対応メディア 内蔵ゲーム
コントローラ入力 内蔵
売上台数 日本の旗 1,287万個
世界 4,340万個
次世代ハードウェア ゲームボーイ
テンプレートを表示

ゲーム&ウオッチ(ゲームアンドウオッチ、GAME&WATCH)は、任天堂1980年より発売した携帯型液晶ゲーム機電子ゲーム、LSIゲーム)。CMなど一般での呼称は「ゲームウオッチ」。

概要[編集]

任天堂開発による初の携帯型ゲーム機である。ゲームソフトは本体内のROMに書き込まれた「1ハード1ソフト」であり、その後のゲーム機のようにカートリッジ交換で様々なソフトを実行することはできない。タイトルの多くは、難易度が低めのGAME Aと高めのGAME Bの内どちらで遊ぶかを選択できる(一部例外あり)。この選択方法はファミリーコンピュータの初期タイトルにも使用されている。ゲームをしない間は時計として使え、これが商品名「ゲーム&ウオッチ」の由来である。後に、アラーム機能も付くようになった。

第1作は1980年4月28日発売の「ボール」。タイトルにはスヌーピーミッキーマウスポパイなど他社の人気キャラクターを採用したものもあった。手元で遊べる手軽さが受けて社会現象にもなり、日本での売り上げ総数は1287万個、日本国外では3053万個と、合計4340万個[1]。当時の任天堂が抱えていた莫大な借金を完済し、それでも黒字がでるほどの大ヒットを記録して高収益を得る優良企業へと転身を果たしただけでなく、その黒字をファミリーコンピュータの開発に投資したことでも知られる。任天堂のテレビゲーム路線のきっかけを作ったゲームとも言え、任天堂の出石武宏上村雅之らは度々「ゲーム&ウオッチは任天堂のゲームの原点」という発言をしている。

1983年ファミリーコンピュータが発売された事を境にブームは移行し、1985年2月発売の「ブラックジャック」を最後に日本での発売は終了したが、それとほぼ入れ違いで日本国外向けに開発が進められた。最後の作品は1991年10月発売「マリオジャグラー」。またアーケードゲームやファミリーコンピュータの移植版も開発された。1990年代に入ってから、日本国外のみ発売を含むタイトルが逆輸入版として日本で発売されたことがあり、一部の量販店などで輸入トイのような扱いで売られた例もあった[2]

発売初期のテレビCMは、「いつでもゲームウオッチ、どこでもゲームウオッチ」というCMソングに合わせて商品で遊ぶ場面やゲーム画面が映し出され、最後に「マイクロコンピューターを使ったゲームウオッチ。ゲームをしない時はデジタル式クォーツ時計です」のナレーションが入るというものだった。

インタフェース[編集]

ゲーム&ウオッチ・マルチスクリーン
(ドンキーコング)

ディスプレイ[編集]

液晶画面自体は単色で、液晶セグメントキャラクター表示の位置や形状ごとに固定されている。

最初期のシリーズ5作品までは完全なモノクロ画面である。続く「ゴールド」シリーズでは液晶の前面に別のスクリーンが置かれ、カラーで背景やオブジェを表現。以降、画面を約1.7倍に広げた「ワイドスクリーン」、2画面の折り畳み式にした「マルチスクリーン」、カラー液晶を採用した「テーブルトップ」と「パノラマスクリーン」、4色に色分けされたカラースクリーンで疑似カラー画面を表現した「スーパーカラー」などへと発展していった。

コントローラ[編集]

初期のゲームウオッチは、プレイヤーキャラクタの移動も含め、本体左右に装備された丸ボタンで操作していた。

マルチスクリーン『ドンキーコング』はゲーム機史上初めて十字キー(説明書での呼称は『+ボタン』)を装備した。これまでゲーム機のコントローラといえば丸・角形ボタンかスティック状のレバーなどだったが、十字キーはコンパクトながら親指だけで4方向にキーを押す感覚が伝わる画期的な操作性で、その後のゲーム機の標準となっている。

開発[編集]

横井軍平が、新幹線の中で暇潰しに電卓のボタンを押して遊んでいる人を見て、「暇つぶしのできる小さなゲーム機」として発案[3]。その後、横井がたまたま引き受けた社長車の代理運転手で、運転中に雑談ながら社長に話した構想が、会合先で、液晶生産用の新工場を立ち上げたものの電卓の需要が頭打ちとなり、新たな応用先を探していたシャープ社長の佐伯旭に伝わり、「電卓サイズのゲーム機」を作る事に意気投合して一気に具現化した[4]

当初はビジネスマンなどが通勤途中に遊べるもの、という目的を念頭に、座った時に手を組んだまま「隠して操作できる」ワイシャツのポケットサイズでデザインが設計された。ゲーム内容も横井が「誰もが説明書を読まなくても遊べるゲーム」を目指し、親指でボタンを押すだけの極力シンプルな操作体系にした「ゲーム付きの時計」というコンセプトで開発した。しかし発売後は小中学生が主な購買層となったため、その後はターゲットを変更し、よりゲーム性が重視されることになった。

なお、同時期に上村雅之がほぼゲームボーイに近いスペックのゲームを構想していたが、コスト面などの問題が解消できず、開発の着手に至らなかった[5]

共同開発をしたシャープとは光線銃SP時代からの付き合いであり、その後も親密な関係が続き、ファミリーコンピュータゲームボーイスーパーファミコンなどでも技術面での提携関係にあり、ツインファミコンファミコンテレビC1などのシャープ製ファミコンを発売したり、シャープ製パソコンで採用されていたクイックディスクHu-BASICディスクシステムファミリーベーシックに採用したりしていた。この関係がニンテンドーDSのようなハードウェアの誕生につながっている。

類似品[編集]

当時流行した同様の携帯ゲーム機としてカシオの「ゲーム電卓」などがある。ゲーム&ウオッチのヒットにならい、タカトクトイスバンダイトミーなどから多数のLSIゲーム電子ゲームが発売され、増田屋コーポレーションからは「PLAY&TIME」という名前や外観がゲーム&ウオッチに酷似した商品が発売された。他社製品も含めて「ゲームウオッチ」と呼ばれる場合もある。

また、ソビエト連邦ではElektronikaという海賊版が販売されていた。内容は「エッグ」とその書換えがほとんどである[1]。なお、ソ連ではCOCOM規制のため、ゲーム&ウオッチは販売されていなかった。

1998年より、複数メーカー開発によるMini Classicsシリーズが日本国外で販売されている。任天堂よりライセンスを受けたマルチスクリーンを含むゲーム&ウオッチの移植版や、オリジナルタイトルが遊べるキーチェーンサイズの携帯ゲーム機である。電源はボタン型電池(LR44)2個。

シリーズ[編集]

シルバー
本体前面が銀色。最初期のシリーズ。定価5,800円。「シルバー」のシリーズ名は発売当時はなく、後から便宜的につけられたもの。
ゴールド
本体前面が金色。アラーム機能・スタンド・一定得点になるとそれまでのミスがすべて帳消しになるルールが追加された。定価5,800円。
ワイドスクリーン
画面サイズを従来の1.7倍に拡大。『タートルブリッジ』以降は一定得点までノーミスの場合、次にミスをするまで(あるいは一定時間)得点が2倍になる「チャンスタイム」というルールが追加された。またモードボタンがそれまでの画面下部から本体右上に変更された(上から「GAME A」「GAME B」「TIME」の順)。定価6,000円。
マルチスクリーン
2画面にした折り畳み式。ミス帳消し・チャンスタイムは300点に達してからとなる。日本国外発売を含め、最もタイトル数が多い。定価6,000円。
カラースクリーン テーブルトップ
据え置き型。自然光を鏡に反射して照明とし、カラー液晶表示を実現した。定価7,800円。
パノラマスクリーン
カラースクリーン テーブルトップを携帯サイズにした改良型。定価6,000円。
ニューワイド
ワイドスクリーンの後期発売シリーズ。定価4,800円。
スーパーカラー
縦長サイズで、カラーフィルムを貼り疑似カラー表示。タイトル数は2つのみと最も少ない。定価6,000円。
マイクロVSシステム
横長サイズで、コントローラー2つが付いており対戦ができる。定価6,000円。
クリスタルスクリーン
日本国外のみ発売。液晶の反射板がなく、画面が透明になっている。

タイトル一覧[編集]

備考欄「☆」は日本国外のみ販売タイトル。

タイトル 英語表記 型番 発売日 備考
シルバー [SILVER]
ボール BALL AC-01 1980年4月28日
フラッグマン FLAGMAN FL-02 1980年6月5日
バーミン VERMIN MT-03 1980年7月10日
ファイア FIRE RC-04 1980年7月31日
ジャッジ JUDGE IP-05 1980年10月4日 前期販売品は緑、後期販売品は紫のボディの2種類がある。
ゴールド [GOLD]
マンホール MANHOLE MH-06 1981年1月27日
ヘルメット HELMET CN-07 1981年2月21日 日本国外のCGL社は「HEADACHE」として発売した。
ライオン LION LN-08 1981年4月27日
ワイドスクリーン [WIDE SCREEN]
パラシュート PARACHUTE PR-21 1981年6月19日
オクトパス OCTOPUS OC-22 1981年7月16日
ポパイ POPEYE PP-23 1981年8月5日
シェフ CHEF FP-24 1981年9月8日
ミッキーマウス MICKEY MOUSE MC-25 1981年10月9日 日本国外でもCGL社などにより販売されていた。[2]
エッグ EGG EG-26 ☆ 内容は「ミッキーマウス」と同一。
ファイア FIRE FR-27 1981年12月4日 前述のシルバー版とは内容が若干異なる。また、本体カラーが青と緑の二種類ある。[3]
タートルブリッジ TURTLE BRIDGE TL-28 1982年2月1日
ファイアアタック FIRE ATTACK ID-29 1982年3月26日
スヌーピーテニス SNOOPY TENNIS SP-30 1982年4月28日
マルチスクリーン [MULTI SCREEN]
オイルパニック OIL PANIC OP-51 1982年5月28日 一部の日本国外版は、下画面の車の位置が逆。
ドンキーコング DONKEY KONG DK-52 1982年6月3日
ミッキー&ドナルド MICKEY & DONALD DM-53 1982年11月12日
グリーンハウス GREEN HOUSE GH-54 1982年12月6日
ドンキーコング2 DONKEY KONG II JR-55 1983年3月7日
マリオブラザーズ MARIO BROS. MW-56 1983年3月14日
レインシャワー RAINSHOWER LP-57 1983年8月10日
ライフボート LIFEBOAT TC-58 1983年10月25日
ピンボール PINBALL PB-59 1983年12月5日
ブラックジャック BLACK JACK BJ-60 1985年2月15日
スキッシュ SQUISH MG-61 1986年4月
ボムスイーパー BOMB SWEEPER BD-62 1987年6月
セイフバスター SAFEBUSTER JB-63 1988年1月
ゴールドクリフ GOLD CLIFF MV-64 1988年10月
ゼルダ ZELDA ZL-65 1989年8月
テトリスJR. TETRIS JR. TR-66 発売中止
カラースクリーン テーブルトップ [COLOR SCREEN TABLETOP]
ドンキーコングJR. DONKEY KONG JR. CJ-71 1983年4月28日 一部の国や地域では、コレコの蛍光表示管ゲームとして発売された。
マリオズ・セメントファクトリー MARIO'S CEMENT FACTORY CM-72
スヌーピー SNOOPY SM-73 1983年7月5日
ポパイ POPEYE PG-74 1983年8月
パノラマスクリーン [PANORAMA SCREEN]
スヌーピー SNOOPY SM-91 1983年8月30日
ポパイ POPEYE PG-92
ドンキーコングJR. DONKEY KONG JR. CJ-93 1983年10月7日
マリオズ・ボン・アウェイ MARIO'S BOMBS AWAY TB-94 1983年11月10日
ミッキーマウス MICKEY MOUSE DC-95 1984年2月 ☆ 内容は「ドンキーコングサーカス」と同一。
ドンキーコングサーカス DONKEY KONG CIRCUS MK-96 1984年9月6日
ニューワイド [NEW WIDE]
ドンキーコングJR. DONKEY KONG JR. DJ-101 1982年10月26日
マリオズ・セメントファクトリー MARIO'S CEMENT FACTORY ML-102 1983年6月16日 先述のカラースクリーンテーブルトップ版とは若干内容が異なる。
マンホール MANHOLE NH-103 1983年8月24日
トロピカルフィッシュ TROPICAL FISH TF-104 1985年7月8日
スーパーマリオブラザーズ SUPER MARIO BROS. YM-105 1988年3月
クライマー CLIMBER DR-106 ☆ ファミコン『アイスクライマー』のアレンジ。
バルーンファイト BALLOON FIGHT BF-107
マリオジャグラー MARIO THE JUGGLER MB-108 1991年10月 ☆ 『ボール』のリメイク。
スーパーカラー [SUPER COLOR]
スピットボール スパーキー SPITBALL SPARKY BU-201 1984年2月7日
クラブグラブ CRAB GRAB UD-202 1984年2月21日
マイクロVSシステム [MICRO VS SYSTEM]
ボクシング / パンチアウト!! BOXING / PUNCH-OUT!! BX-301 1984年7月31日 後期発売分ではタイトル変更。
ドンキーコング3 DONKEY KONG 3 AK-302 1984年8月20日
ドンキーコングホッケー DONKEY KONG HOCKEY HK-303 1984年11月13日
クリスタルスクリーン [CRYSTAL SCREEN]
スーパーマリオブラザーズ SUPER MARIO BROS. YM-801 1986年6月25日
クライマー CLIMBER DR-802 1986年7月4日
バルーンファイト BALLOON FIGHT BF-803 1986年11月19日
非売品
スーパーマリオブラザーズ SUPER MARIO BROS. YM-901 1987年 ディスクシステム 『ファミコングランプリ F1レース』大会景品。

電源[編集]

  • シルバー、ゴールド、ワイドスクリーン - ボタン型電池(LR43またはSR43)2個
  • マルチスクリーン、 ニューワイド、パノラマスクリーン、スーパーカラー、マイクロVSシステム - ボタン型電池(LR44またはSR44)2個
  • カラースクリーン テーブルトップ - 単2型乾電池2個
  • クリスタルスクリーン - コイン形リチウム電池(CR2025)1個

他ハードへの移植例[編集]

  • 同じく横井軍平が開発し、1989年に発売されたゲームボーイはゲーム&ウオッチの進化形として開発されたものである。ゲーム&ウオッチで人気のあった一部のタイトルは、後に『ゲームボーイギャラリー』シリーズとしてリメイクされている。
  • ゲームボーイ向け周辺機器ポケットカメラには『ボール』が収録されており、ポケットカメラで撮影した自分の顔を、ゲーム内のキャラクターに貼り付けることができる。
  • ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズDX』およびWii用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズX』では、人間型キャラクターを、色・動き・平面な形状などをそのままに「Mr.ゲーム&ウォッチ」という名前を付け、隠しキャラクターとして登場した。キャラクターのベースは『ファイア』の飛び降りる人で、それぞれの技は「ゲーム&ウオッチ」シリーズをモチーフとしたものになっている。Mr.ゲーム&ウオッチは、後に日本国外のみで発売された『Game&Watch Gallery4』公式サイトでマリオよりも古い、任天堂で最古のゲームキャラクターと解説された。
  • ゲームボーイアドバンス用周辺機器『カードeリーダー』で『ひかるイマクニ?』を読みこませるとキャラがイマクニ?になった『ボール』が遊べる。
  • カードeリーダー+』には印刷コードを読み込ませることで遊べる「ゲーム&ウオッチカードe マンホール」が付属した。サンプル用としてトイザらスなどの店舗でも配布された。なお「ゲーム&ウオッチカードe」はシリーズ化の予定があったが未発売である。
  • メイド イン ワリオシリーズ』では、ゲーム&ウオッチが登場するプチゲームがいくつか登場する。
  • ニンテンドーDS用ソフト『DS楽引辞典』では、「ゲームウオッチ」と入力すると『ボール』が遊べる。続編の『漢字そのまま DS楽引辞典』では「ゲームウオッチ」と入力すると『マンホール』が、各ゲーム名を入力する事で『マンホール』『フラッグマン』『ジャッジ』『ボール』が遊べる。
  • 2006年7月よりクラブニンテンドーのポイント引き換え景品(非売品)として、ニンテンドーDS用ソフト『GAME & WATCH COLLECTION』が登場。DS同様に液晶2画面が特徴だったゲーム&ウオッチマルチスクリーンシリーズ『ドンキーコング』『オイルパニック』『グリーンハウス』の3作を収録。DS本体の時計機能を利用しているため、アラーム機能や現在の時刻表示も忠実に再現されている。また、2008年9月からは『GAME & WATCH COLLECTION 2』も登場。海が舞台となる『パラシュート』『オクトパス』の他、この2作を融合させたオリジナルゲーム『パラシュート×オクトパス』を収録。
  • ニンテンドーDS用ソフト『しゃべる!DSお料理ナビ』には、タイマー中の待ち時間用にゲーム&ウオッチの『シェフ』が、続編の『世界のごはん しゃべる!DSお料理ナビ』には、『エッグ』が収録されている。
  • ワンセグ受信アダプタ DSテレビではDSの下画面でゲーム&ウオッチが遊べる。最初は1つのゲームしか遊べないが、条件を満たすことで『ファイア』『ライオン』『オクトパス』『フラッグマン』『ジャッジ』『パラシュート』の6つが遊べるようになる。なお、最初から遊べるゲームはワンセグ受信地域によって異なる。
  • 2009年度のクラブニンテンドーのプラチナ会員特典として、ゲーム&ウオッチ「ボール」の復刻版がプレゼントされた。プレゼント時期は2010年4月下旬。

ニンテンドーDSiウェア版[編集]

2009年7月15日よりニンテンドーDSiウェアとしてゲーム&ウオッチの9作品が移植されている。各205ポイント。2009年8月19日から配信の3作は、ニューワイド版が元になっている。

上画面にゲームが表示され、下画面にはタイトル等が表示される。タッチ操作は説明書を除いて一切なし。

オリジナル版の内容を忠実に再現し、オリジナル版にはなかったハイスコアのセーブ機能とゲーム開始時のスコアを設定できるスコアセレクトの機能が追加されている。また、効果音は実機のゲーム&ウオッチで実際に使われているものを録音して忠実に再現している。なお、時計機能は使えるがアラーム機能は搭載されていない。

タイトル 発売日 必要ブロック数
ゲーム&ウオッチ ボール 2009年7月15日 12ブロック
ゲーム&ウオッチ フラッグマン
ゲーム&ウオッチ バーミン
ゲーム&ウオッチ ジャッジ
ゲーム&ウオッチ ヘルメット 2009年7月29日
ゲーム&ウオッチ シェフ 13ブロック
ゲーム&ウオッチ ドンキーコングJR. 2009年8月19日
ゲーム&ウオッチ マリオズセメントファクトリー
ゲーム&ウオッチ マンホール

出典[編集]

  1. ^ 『社長が訊く』 ゲーム&ウオッチ
  2. ^ 元々ゲーム機本体は英語表記のため、日本版と逆輸入版との違いは外箱や説明書の表記のみで、ゲーム機本体に大きな違いはない。
  3. ^ M&T総合センター情報 1997.6【講演会だより】
  4. ^ 横井軍平ゲーム論、株式会社アスキー ISBN 4-89366-696-7
  5. ^ 武田亨「It’s The NINTENDO」(2000年、ティーツー出版)

外部リンク[編集]