リズム天国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リズム天国
ジャンル 音楽ゲーム(ノリ感ゲーム♪)
対応機種 ゲームボーイアドバンス [GBA]
アーケード [AC]
開発元 任天堂
J.P.ROOM
発売元 [GBA] 任天堂
[AC] セガ
音楽 つんく♂
米政美
人数 [GBA] 1人
[AC] 1〜2人
メディア [GBA] 128Mbitロムカセットバッテリーバックアップ搭載)
発売日 日本の旗 [GBA] 2006年8月3日
日本の旗 [AC] 2007年9月20日
対象年齢 CERO : A(全年齢対象)
システム基板 [AC] NAOMI
売上本数 日本の旗 [GBA] 約32万本(2007年12月現在、メディアクリエイト調べ)
テンプレートを表示

リズム天国』(リズムてんごく)は、2006年8月3日に任天堂より発売された音楽ゲーム(公称ジャンルは"ノリ感ゲーム♪")である。任天堂より発売された最後のゲームボーイアドバンス用ソフトであった。

第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞受賞。2007年にはセガによってアーケードゲームに移植された。

2008年7月31日に続編の『リズム天国ゴールド』が発売された。

2011年7月21日に続編のWii用ソフト『みんなのリズム天国』が発売された。

概要[編集]

ゲーム中に流れる音楽のリズムに合わせてボタンを押すゲーム。リズムゲームは1〜2分程度のシンプルな内容で、GBA版では40種類のステージが収録されている。

収録されたリズムゲームは視覚(目押し)に頼るとタイミングが非常にシビアなものが多いが、BGMのリズムに乗ることで自然にゲームを進めることができる。

各リズムゲーム終了後、「やりなおし」「平凡」「でも平凡」「ハイレベル」いずれかの評価が現れ「平凡」以上を出せばクリア。同時に成績により「ノリ感」数値が上下する。「ハイレベル」を出せばメダルが入手でき、これを集めることでエンドレスゲーム(ミニゲーム)、リズムおもちゃ、ドラムレッスンなどのおまけ要素が出現する。

「やりなおし」になっても上手かった所があればそこを褒めて「いいトコあるヨ! ガンバッて!」と励ましたり、1つのリズムゲームを何度やっても「やりなおし」になりどうしても進めない時に「喫茶カウンセル」に行くとそのリズムゲームを飛ばしてくれたりと、初心者にも配慮した作りとなっている。

時おり「ハイレベル」を出したリズムゲームに対して「パーフェクトキャンペーン」が行われることがあり、一度もミスなくクリアすることで別のおまけ要素が出現する(詳細はパーフェクトキャンペーンを参照)。

シリーズ[編集]

スタッフ[編集]

つんく♂が自ら企画書を提出[1]し、約30曲の楽曲を提供し、ゲームのアイディアなどを任天堂の坂本賀勇と共同プロデュースした。つんく♂が関わっていたことは発売日直前までシークレットになっていた。ゲーム中に登場する、ドラムレッスンでドラムの叩き方を教えてくれるキャラクター「ドラムサムライ」は、つんく♂がモチーフとされており、眉毛の形も少し似せてあるとのこと[2]。開発は『メイド イン ワリオ』シリーズを手掛けたスタッフとほぼ同じである。そのため、画面イラストや音楽、使用フォント、ゲームのシステムなどが似たつくりになっており、『メイド イン ワリオ』のキャラクターが一部出演していたり、逆に本作のキャラクターが後に発売された『おどるメイド イン ワリオ』『ゲーム&ワリオ』に出演している。

登場キャラクター及びゲーム[編集]

ステージ1[編集]

ステージ1-1「カラテ家」
リズムにノリながら物をAボタンでパンチするゲーム。ノリメーターが3つ以上になると鉄球など左腕ではパンチ出来ない物もパンチできるようになる。ただし、1つでも物にパンチがあたらないと、メーターは0になる(タイミングがズレた場合はメーターが1つ減るだけ)。
ルール説明において、「(目押しに頼ると)タイミングがシビアだが、BGMのリズムに乗ることで自然にタイミングが合う」ことが強調されており、このゲーム全体のチュートリアル的な位置付けにある。その後のシリーズにも形を変えて登場している。
  • 登場キャラクター「カラテ家」
感情が顔に出やすい性格であるため、武道大会で良い成績を残せずよく師匠に怒られるらしい。しかしラストの8thリミックスにて、成長(?)した彼の姿が垣間見られる。
ステージ1-2「リズム脱毛」
Aボタン、十字ボタンのいずれかで毛を抜くゲーム。巻き毛は長く押す必要がある。赤カブ(アーケード版では茶色)は毛が比較的多い。
  • 登場キャラクター「ヘアーベジタボーズ」
とある農家の畑で収穫された、何故かヒゲがチョロチョロと生えてくる野菜たち。農家のおじさん泣かせだったが、最近はおじさんもヒゲを取る作業にヤミツキになっているそうである。
ステージ1-3「マーチャ」
隊長に言われた指示を他のメンバーと同時にこなしていくゲーム。指示は以下の通り。
  • 全体、進め!(Aボタン数回)
  • 全体、止まれ!!(Bボタン)
  • 右向け、右!(十字ボタン右)
  • 左向け、左!(十字ボタン左)
一部フェイントがかかる部分がある。
  • 登場キャラクター「隊長と隊員たち」
マーチャと呼ばれる特殊部隊に所属する人達。隊員達はまだまだ素人で、しょっちゅう隊長に叱咤されている。が、そんな怖い隊長にも、とあるお茶目な秘密が…。なおスタッフロールで隊員達のヘルメットを取った姿が見られる。
ステージ1-4「エアーバッター」
穴から飛び出してくるボールをAボタンで打つゲーム。ズームなどで邪魔されるので、視覚に頼らない方が良い。何故か見えなくなるとエアーバッターがかぶりものバッターに変身する。
  • 登場キャラクター「エアーバッター」、「かぶりものバッター」、「スペースアンパイア(宇宙人)」
リズムとバッティングに青春を捧げるエアーバッター。おにぎりが大好き。気さくな性格で彼女もいるらしい。かぶりものの意図は不明。スペースアンパイアは文字通り審判員。だが個人プレーの審判しか扱わない。
ステージ1-5「パチパチ三人衆」
等間隔で手を叩くゲーム。プレイヤーは3人目。リズムよくAボタンで手を叩く。
  • 登場キャラクター「パチパチ3人衆」
真っ赤なアフロのカツラをかぶった3匹のライオン。ちゃんとした芸名が他にあるのだが、滅多に呼んでもらえない。ステージ7の「7thリミックス」登場時には、画面が一瞬モノクロになる演出が見られる。ステージによっては3人衆が4人衆になる事もある。
ステージ1リミックス「1stリミックス」
最初のリミックス。リミックス系は判定が他のゲームより多少甘めだが、ステージ全てのゲームが混ざっているので苦手なゲームはある程度練習しておくと良い。4ビートのテクノ調のBGMになっている。
  • 登場キャラクター「ステージ1の登場キャラ全て」

ステージ2[編集]

ステージ2-1「しろいおばけ」
塀の間を移動するお化けを矢(Aボタン)で射抜くゲーム。時おり、お化けが塀の下にかくれていき雨の音が強くなってBGMが聞こえなくなったり、テンポが急に速まったりする。
  • 登場キャラクター「しろいおばけ」
すぐ人をバカにするいたずらっこ。でも精神年齢はとても低い。
ステージ2-2「ゐあひぎり」
塀の上を跳ねる妖怪たちを刀(Aボタン)で斬るゲーム。中盤から霧が出て敵が見づらくなったり、敵のスピードが変化したりする。
  • 登場キャラクター「虎伝 立國(こでん りっこく)」、「妖怪」
とても素早い居合で伝説に残る剣豪・虎伝立國。だが正式に文献が残っていない為、これが本名であるかは不明である。
ステージ2-3「こっそりラット」
真ん中の白ねずみとなってネコに見つからないようにチーズのところまで進むゲーム。Aボタンを押し続けると止まる。
  • 登場キャラクター「ねずみ」、「ネコ」
家族のために、ネコのいる超デンジャラスゾーンにも果敢に飛び込むネズミたち。リーダーのネズミは、プレイヤーが恋をしているか気になっている(2ndリミックスにて)。
ステージ2-4「バイキンはかせ」
プレパラート内に進入するバイキンを十字ボタンで1匹ずつ潰していくゲーム。同時押しも可。赤や黒のバイキンは数回フォークを当てないと潰れない。おまけゲームにてエンドレスモードで遊ぶ事が出来る。エンドレスモードでは画面右上に得点が表示され、長くプレイすると曲のテンポが速くなったり、バイキンの数が増えたりと難しくなっていく。
  • 登場キャラクター「バイキンはかせ」、「バイキン」
バイキン退治の分野において第一線で活躍するバイキンはかせ。副作用が怖いので退治においては薬を使わず、専ら小さなマシーンをリモートコントロールして一匹一匹プチプチ潰すという面倒な手法をとる。同時押しに成功すると得意気に目をキラーンと光らせる。さらに連続でバイキンを潰すと、小さくガッツポーズをする。
ステージ2-5「ザ・ぼんおどり」
盆踊りの歌詞に合わせてAボタン(「ぱん」「ぱ」で押す)で踊るゲーム。基本的にはキャラクターの手拍子に合わせてボタンを叩くことになるが、終盤に「メイドインジャぱん」というフェイクがある。ちなみにステージ3リミックス同様、ボーカルは時東ぁみ。そのこともあってかプレイヤーが動かすキャラクター(右端)は彼女のトレードマークになっているメガネを着用している。
  • 登場キャラクター「ドンパンズ」、「やぐらちゃん」
ドンパンズは各地の町おこしや村おこしに引っ張りだこの職業「盆踊り屋」。やぐらちゃんはお祭り会場でいつもやぐらの上に乗っている女の子。ドンパンズがミスをするとガッカリした顔をする。
ステージ2リミックス「2ndリミックス」
内容は1st同様にステージ全てのゲームが混ざっている。BGMのジャンルはラテン系音楽。
  • 登場キャラクター「ステージ2の登場キャラ全て」

ステージ3[編集]

ステージ3-1「まほうつかい」
ワルツの3拍子に合わせてAボタンで花を咲かせるゲーム。
  • 登場キャラクター「魔法使い」、「お嬢ちゃん」
寂しがり屋のお嬢ちゃんを喜ばせる為に、ワルツの魔法で花を咲かせる魔法使い。たまに失敗して化け物を呼び出してしまい、お嬢ちゃんを泣かせてしまう事もある。
ステージ3-2「ショータイム」
ペンギンにボール(Aボタン)をキャッチさせるゲーム。3種類の速度でやってくるペンギンに反応しなければならない。
  • 登場キャラクター「さる」、「ペンギン」
今でこそ仲良しの彼らだが、そこに至るまでにはお互い様々な葛藤があった。
ステージ3-3「ウサギとび」
因幡の白兎になぞらえ、Aボタンでウサギをジャンプさせるゲーム。途中で数回のブレイクポイントがある。
  • 登場キャラクター「ウサギ」
出身地は月。4年に一度の「ムーンピック」における高跳びで、勢いあまって月の重力を振り払って宇宙空間に飛び出し、地球へと落下してしまった。
ステージ3-4「トランとポリン」
子狐のトラン(十字ボタン)とポリン(Aボタン)を音楽に合わせて変身させるゲーム。
  • 登場キャラクター「トラン」、「ポリン」
2匹の子狐。得意の変身でサーカスに売り込んだが、2人ともリズム音痴なので特訓に励む日々を送っている。
ステージ3-5「スペース ダンス」
十字ボタンの右、下とAボタンを使って踊るゲーム。プレイヤーは右端。
  • 登場キャラクター「スペースダンサーズ」、「スペースおじさん」
四角いロボットのようなダンサー達。振りつけを間違えると隣の仲間からアタックされてしまう。黄色いスペースおじさんは、実はリミックス最後に登場する「なぞのリズム組織」の重役である。
ステージ3リミックス「3rdリミックス」
時東ぁみの歌「恋のハニ~スイ~トエンジェル」をBGMにステージ内全てのゲームに挑戦する。背景にやたらハートが浮かんでいる。
  • 登場キャラクター「ステージ3の登場キャラ全て」
ちなみに『恋のハニースイ~トエンジェル』は、時東ぁみの3rdシングル『愛ヤイ 愛ヤイ!』のカップリング曲として収録。

ステージ4[編集]

ステージ4-1「クイズ」
司会者の叩いたボタンの回数を当てるゲーム。司会者はリズミカルにボタンを叩くが、プレイヤー側が叩く場合はリズムを合わせなくてもいい(メチャクチャに叩くとセットが壊れるので注意)。問題は全部で8問。間違えると強制終了される。
  • 登場キャラクター「Q魔王」、「回答者」
Q魔王…人の悩みをエネルギーにして成長する魔王。クイズ番組の司会者を装って、回答者の悩むエネルギーを吸い取っている。おまけゲームの「クイズスペシャル」にて、その正体の一端が見え隠れする。
回答者…ごく普通の一般人。が、プレイヤーによってはとてもハタ迷惑な行為をする人物と化す。
ステージ4-2「ナイトウォーク」
プレイやんをジャンプ(Aボタン)させ夜空へといざなうゲーム。ジャンプが成功するにつれ画面が星でいっぱいになっていく。段差でジャンプできずに落ちると強制終了。音をはずす(「NG」)またはジャンプせずにパス(音符マーク)したステップの合計が40を超えるとゴールできない。パーフェクトキャンペーンではパスをしてもパーフェクト失敗とはならない。
  • 登場キャラクター「プレイやん」
音楽が大好き。プライベートでは、夜空を見ながら音楽を聴いたり、散歩したりしているらしい。任天堂から発売されたGBASPの周辺機器「プレイやん」のマスコットキャラクターである。詳細はプレイやんを参照の事。
ステージ4-3「リズムお習字」
リズムに合わせて習字の止めや跳ね(Aボタン)をするゲーム。出てくる文字は「レ」「、」「力」「己」「寸」「心」の6種類。最後に似顔絵で締める。
  • 登場キャラクター「ミニ町人」
踊りながらお習字を見物しにやってくる。お習字をミスするとズッコける。権力者の似顔絵には頭が上がらない。
ステージ4-4「ポリリズム
ライン上を転がる赤いモノを音楽に合わせて運ぶゲーム。十字ボタンは奥側、Aボタンは手前側になる。
  • 登場キャラクター「赤いモノ」
謎の工業製品。爆発物。製造工程(奥と手前のリズムが異なる)ではリズミカルに作業をこなすことが要求される。
ステージ4-5「ラップメン」
ラップの歌詞に合わせて合いの手を入れるゲーム。プレイヤーは右。
  • 登場キャラクター「ラップメン」
クール&ホットなラッパーコンビ。合いの手は熱すぎて周囲に火花が散るほど。「とあるラジオ番組」にて、ラップウィメンが自分達とかぶっている事や、楽屋のおやつを勝手に食べてしまう事に愚痴をこぼしている。歌詞(ラップ)の内容は、PM3:00のおやつについて。
ステージ4リミックス「4thリミックス」
ステージ内全てのゲームに挑戦する。BGMは明るく楽しいイメージ。
  • 登場キャラクター「ステージ4の登場キャラ全て」

ステージ5[編集]

ステージ5-1「ホッピングロード」
どこからともなく跳んで来る玉(とてもイイやつらしい)を落ちないようにはじくゲーム。右がAボタン、左が十字ボタン。
  • 登場キャラクター「裏方 赤」、「裏方 黄」
イイ玉を待ち構え、リズムにノッてはじく2人組。若干、仕事をナメてかかっている節もある。
ステージ5-2「忍者」
白い忍者が放つ矢からトノを守るゲーム。Aボタンと十字ボタン(アーケード版では左ボタンと右ボタン)、刀を前後に振る。
  • 登場キャラクター「忍者」、「トノ」
忍者…狙われているにも関わらず夜中に城中を歩き回る殿にヒヤヒヤしている。
トノ…恋をしているせいで夜も眠れないらしい。扇子にはハートマークが描かれている。
ステージ5-3「トスボーイズ」
バレーボールを挙げて仲間へ送るゲーム。Aボタンが赤、Bボタンが青、十字ボタンが黄色。トスする相手をそれぞれ「あかちゃん」「あおくん」「きーやん」と呼ぶ。時折3人それぞれの必殺技を出すので素早く反応しなければならない。1番~4番まで、最後は必ず黄色がキャッチする。BGMは3連符が主体のテクノポップ風。
  • 登場キャラクター「トスボーイズ」
あかちゃん、あおくん、きーやんの3人で構成されるトスの選抜チーム。それぞれが必殺技をもっている。世界大会を目指している模様。
ステージ5-4「花火」
掛け声に合わせて花火をあげるゲーム。
  • 登場キャラクターなし
ステージ5-5「タップダンズ」
サルの声に合わせてAボタンで踊るゲーム。なお「女の子」は各ステージのダンスパートにて様々な衣装を着て登場する。
  • 登場キャラクター「女の子」、「タップダンズ」
ステージ5リミックス「5thリミックス」
久礼聡史(ゲーム中では田中総史名義)の歌「WISH~君を待てなくて~」のBGMにのせてステージ内全てのゲームに挑戦する。背景イメージは「子孫たち」のラブストーリーである模様。
  • 登場キャラクター「ステージ5の登場キャラ全て」(いずれもヤンキー風の容姿になっており、「花火」の掛け声が英語、「忍者」ステージは7-3に先行して「子孫たち」が登場)、「ソーシくん」

リバイバル[編集]

ステージ6-1「バリバリ三人衆」
ステージ1-5のウエスタンアレンジ。ラフだったパチパチ3人衆がバリっとスーツを着ている。
  • 登場キャラクター「バリバリ3人衆」
ステージ6-2「ボンダンス」
ステージ2-5のディスコ風アレンジ。手拍子のタイミングが「ザ・ぼんおどり」と若干異なる。女の子達の浴衣がかなり短くなっている。背景がとてもPOPな雰囲気。
  • 登場キャラクター「ボンダンス娘」、「やぐらちゃん」
ぼんおどり屋のドンパンズに目をつけていた某プロデューサーが、彼女達をメジャーデビューさせた。
ステージ6-3「コスモダンス」
ステージ3-5のジャズアレンジ。サビ直前においてブレイクタイムがある(長短はランダムに決まる)。
  • 登場キャラクター「コスモダンサーズ」、「スペースおねえさん」
宇宙で大人気のダンサー達。彼らのライバルとしてスペースダンサーズが度々取り上げられるが、コスモダンサーズのキレに比べると遠く及ばない、と専門家の意見。
ステージ6-4「ラップウィメン」
ステージ4-5の女性ボーカルアレンジ。ちなみに歌詞は「ラップメン」と内容がつながっている。
  • 登場キャラクター「ラップウィメン」
一部ではラップメンのパクリではないかと批判されているが、それでも人気はうなぎのぼり。また、楽屋に置いてあるラップメンのおやつを勝手に食べてしまう上、「べつばら サイコー!!」などと置き手紙までしていくという、少々小悪魔キャラ達のようである。歌詞(ラップ)の内容はAM10:00の彼のおやつについて。
ステージ6-5「スーパータップ」
ステージ5-5のハイスピードアレンジ。
  • 登場キャラクター「女の子」、「SALU」
タップのインストラクターとラジオ番組のDJをこなすマルチなおサル。
ステージ6リミックス「6thリミックス」
ステージ1~5の全てのゲームに挑戦する。全ステージ中最も長い。曲はステージ1~5各曲の、少し速いテンポでのメドレー。ここをクリアするとスタッフロールが流れる。
  • 登場キャラクター「ステージ1~5の登場キャラ全て」

テクニシャン [編集]

ここから先はステージを飛ばせない。
ステージ7-1「カラテ家2」
ステージ1-1と同じだが、テンポが途中で切り替わる。
  • 登場キャラクター「カラテ家」
ステージ7-2「リズム脱毛2」
ステージ1-2と同じだが、難易度が上がっている。新たにジャガイモが登場する。
  • 登場キャラクター「ヘアーベジタボーズ」
ステージ7-3「忍者の子孫」
ステージ5-2と同じだが、難易度が上がっている。16分音符の2連続切りや5連続切りが難関。
  • 登場キャラクター「忍者の子孫」、「殿の子孫(彼女)」、「わるもの」
忍者の子孫の苗字は「田中」。わるものはパチンコを常備する恐ろしいヤツら。
ステージ7-4「ナイトウォーク2」
ステージ4-2と同じだが、ビリビリウオが登場する。当たると落下となり強制終了。
  • 登場キャラクター「プレイやん」、「ビリビリウオ」
ステージ7-5「マーチャ2」
ステージ1-3と同じだが、足踏みしながら右を向くなど、難易度が上がっている。隊長がウサギのコスチュームを着ているのは深い訳があるらしいが、その理由は不明。
  • 登場キャラクター「隊長」、「うさみみまき先生」
ステージ7リミックス「7thリミックス」
ステージ1、2、4のリミックスのBGMがメドレーになっている。なお冒頭の隊長の掛け声は、直前の「マーチャ2」での訓練(?)を意識したものとなっているようである。また、女の子がサルではなくブタと踊っている(後ろの窓からサルが覗いている)。
  • 登場キャラクター「ステージ1~4の登場キャラほぼ全て」、「コスモダンサーズ」、「ウチューうさぎ(『メイド イン ワリオ』からのゲスト登場)」

ラストテクニシャン[編集]

ステージ8-1「ホッピングロード2」
ステージ5-1と同じだが、遅いボールも登場するため難易度が上がっている。
  • 登場キャラクター「裏方 赤」、「裏方 黄」
ステージ8-2「トスボーイズ2」
ステージ5-3と同じだが、難易度が上がっている。何故か高い柱の上が舞台となっている。
  • 登場キャラクター「トスボーイズ」
3人とも、ステージ5-3の時と髪型や服装が変わっている。
ステージ8-3「ポリリズム2」
ステージ4-4と同じだが、かなりテンポが速めで難易度が上がっている。後半の、左右の手を独立させてリズムを刻む部分が高難度。
  • 登場キャラクター「赤いモノ」
ステージ8-4「エアーバッター2」
ステージ1-4と同じだが、最初からズームアウト状態になっている。またテンポが途中から速くなり、ラストではBGMが完全に聞こえなくなる。
  • 登場キャラクター「かぶりものバッター」
ステージ8-5「しろいおばけ2」
ステージ2-1と同じだが、難易度が上がっている。舞台は夕暮れ時。
  • 登場キャラクター「しろいおばけ」
ステージ8リミックス「8thリミックス」
いままでのBGMとは違い、テンポはあまり速くない。ただし、リズム脱毛は毛が隠される事があるので音に合わせるしかない。ステージのそこかしこで登場キャラ達がプレイヤーを応援してくれる。
  • 登場キャラクター「カラテ家」、「ヘアーベジタボーズ」、「隊長と隊員たち」、「バリバリ3人衆」、

 「虎田 立國」、「女の子」、「さる」、「ねずみ」、「ネコ」

パーフェクトキャンペーン[編集]

「ハイレベル」を出したリズムゲームに対して不定期に出現する。出現中そのゲームを行うと、画面右上にハートマークが表示される。そのゲームでミスを犯すとハートマークが割れ、ゲーム自体は続行できるがパーフェクト失敗となる。ミスとはリズムを大きく外す、関係ないところで動作を行う、その他ゲームごとに定められた基準がある。

1度のミスもなくハートマークを維持したままクリアすると、そのゲーム固有のおまけ要素が1つ出現する。キャンペーンはいずれかのゲームを3回行った時点で消えてしまい、しばらく待つとまた別のリズムゲームにパーフェクトキャンペーンが出現する。48個すべてのゲームを「ハイレベル」でクリアすると必ずどれかのゲームがパーフェクトキャンペーンである状態となり、さらに全てのゲームのパーフェクトに成功した場合、新たなおまけが出現する。

アーケード版[編集]

発売元はセガ。本作を大変気に入っていたセガ開発部からの打診により制作された[3]。『F-ZERO AX』以来のアーケードゲームにおける両社のコラボレーションとなった。2007年9月20日より稼働開始。

オリジナル版になかった2人同時プレイが可能になり、ゲーム終了後には2人の相性が判定される。また、1人プレイにも、リズムのテンポがアップする『エクストラステージ』が追加されて、評価に関してはハイレベルより上のパーフェクトが追加された。また、画面の解像度が上がっている。ボタンもゲームによって使用するボタンが光るという工夫がされている。

流れはGBA版と同じく各ステージのうちどれかを選択し、プレイしたリズムゲームの評価が最低でも平凡であればクリアとして扱われる(平凡の場合は再チャレンジ可能)。リズムゲームを選択するたびに残りゲーム回数が1つ減るが、プレイ後の評価がハイレベル以上の場合は残りゲーム回数が1つ増える。残りゲーム回数が0になり、コンティニューしなかった場合はゲームオーバーになり、その時点でのノリカンが表示される。選択したステージのリズムゲームをすべてクリアするとリミックスステージに突入し、クリア後ネームエントリー画面になる。

備考[編集]

公式資料によると「ノリ感」数値の最大値は140。小学館より発売された攻略本によると、この大台を弾き出すには「すべてのステージを1/60秒のズレもなく1回目でクリアする」という超絶技巧が求められる[4]

関連商品[編集]

リズム天国全曲集
本作と、続編『リズム天国ゴールド』のサウンドトラック2008年10月15日発売。発売元TNX、販売元ポニーキャニオン。CD3枚組み。

脚注[編集]

  1. ^ つんく♂さんに教わるリズム論『リズム天国』でノリ感アップ!” (日本語). ほぼ日刊イトイ新聞 (2006年8月3日). 2010年1月23日閲覧。
  2. ^ いま、開発者が語る!『リズム天国』18の秘密。” (日本語). ほぼ日刊イトイ新聞 (2006年8月30日). 2010年1月23日閲覧。
  3. ^ 社長が訊く『リズム天国ゴールド』
  4. ^ アーケード版では1つのステージで集計するため、ある程度取りやすい

外部リンク[編集]