ヤンキー (不良少年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤンキーとは、本来は北部アメリカ人を意味する俗語の「Yankee」が語源である[要出典]。ただし日本のヤンキー(不良少年)の意味は南部アメリカ人を指す俗語のレッドネックが近い[要出典]日本国内において、「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」という志向を持つ少年少女を指す用語。また、それらの少年少女に特有のファッション傾向や消費傾向などライフスタイル全般を含める場合もある。口伝えで広まった言葉のため、語源とは関係なく曖昧な定義のまま使用されることが多く、「非行少年」「不良」「チンピラ」「不良集団」など多くの意味で使用されている。

ヤンキーファッションの変遷[編集]

ヤンキーファッションは、若者の「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」という志向が表れたものである。それぞれの時代によって流行があり、明治以来の伝統的なモラトリアムファッションである「バンカラ」から、1970年代に流行した「ツッパリ」スタイル以降、「(クラシック)ヤンキー」「ヒップホップヤンキー」「ギャル男」「悪羅悪羅系」など時代に応じて流行に変化が見られる。ヤンキーのメンタリティ自体は根本的にはそれほど変化していないが、外見や消費傾向などの枝葉の部分は変化を続けている。

バンカラ[編集]

バンカラ(ばんから、蛮カラ)とは、西洋風の身なりや生活様式を指す「ハイカラ」をもじった用語である。明治期に、ハイカラに対するアンチテーゼとして粗野や野蛮を主張するスタイルとして創出されたもの。バンカラの典型的な様式としては「弊衣破帽」がある。このファッションスタイルから、後に番長の意味に解釈され、「蛮」に対して「番」を用いた「番カラ」とされてる場合もある。

ツッパリ[編集]

1970年代の不良少年は主に東京など関東地方でツッパリ(突っ張り、つっぱり)と呼ばれた。不良少女はスケバン(女番、スケ番)と呼ぶ。ツッパリは、シンナー覚醒剤の乱用事件や、喧嘩から発展した暴力事件を引き起こし、暴走族の流行とも呼応して特攻服などのファッションを生んだ。

1980年にデビューしたロックバンド横浜銀蝿は、この「ツッパリ」スタイルをコンセプトに活躍したグループである。2ndシングルの「ツッパリHigh School Rock'n Roll」は文字通りツッパリをテーマとした曲であり、3rdシングルの「羯徒毘璐薫'狼琉」は暴走族をテーマに取り上げ、この前後の時期のスタイルを象徴している。

ヤンキー[編集]

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、不良少年少女全般を指して「ヤンキー」と呼んだ。なお、関西では1980年代前半期にはすでに「ヤンキー」と呼ばれていた例もあり、1983年7月21日に発売された嘉門達夫の1stシングル曲「ヤンキーの兄ちゃんのうた」におけるヤンキーとは「不良少年」を意味している。

当時のヤンキーの男性はリーゼントヘア、「ドカン」「ボンタン」などの幅の広いズボン(変形学生服)や、派手な色柄でオープンカラーカッターシャツを好み、派手なヘップサンダル突っ掛け(便所サンダル)もしくビーチサンダル雪駄などを好んで履くのが特徴的である。 ヤンキーの女性は、1970年代のスケバン時代からの傾向ではあるが、制服・私服を問わずロングスカートを好み、特にタイトなプリーツスカート「ロンタイ」の流行が特徴的である。 一般人から見ると特異なファッションセンスを持つため、ヤンキーかそうでないかは見た目で判断しやすい点が、後の年代のヤンキースタイルとの違いと言える。

この時代の典型的なヤンキー像としては、1983年に連載が開始されたきうちかずひろ漫画作品『ビー・バップ・ハイスクール』(講談社週刊ヤングマガジン』掲載)が挙げられる。これを原作として、清水宏次朗仲村トオルの主演により1985年から1988年にかけて計6作品の劇場公開映画が制作されヒットシリーズとなった。なお『ビー・バップ・ハイスクール』は2003年まで連載されており、1990年代にも再度映画化され、その続編がVシネマシリーズとなったほか、アニメ版(OVA作品)も制作された。2000年代に入ってからも、テレビドラマ特別番組2004年2005年に制作されるなど、時代を超えるヒット作品となった。

ロックバンドの氣志團1997年に結成され2000年にデビューしたバンドであるが、ヤンキーの衣装意匠を用いて「ヤンク・ロック」を標榜している。

後の年代には、この時代のスタイルを指して“古典的なヤンキー”の意味合いから「クラシックヤンキー」と呼ぶ場合がある(由来的には、次の時代のスタイルを「ネオヤンキー」等と称した事に対比して生まれた語句)。

ヤンキースタイルの衰退[編集]

1990年代に入ると、「トレンディ御三家」と呼ばれた吉田栄作加勢大周織田裕二らファッションリーダーの登場により、ストレートヘア、ストレートジーンズに白いシャツやブレザーを合わせるなどの清潔感を意識した「アメカジ」ファッションが流行し、アイドルが髪にパーマをかけなくなり、スリムジーンズが時代遅れになっていった。

バブル崩壊から90年代末にかけての流行の中で、ボンタン、ドカン、リーゼントなどのクラシックヤンキースタイルが完全に時代遅れとなった。 アメカジ=渋カジの流行の中で、以前にはなかったスタイルの不良集団であるチーマーが出現している。 いわゆる「渋カジ」の中心はカレッジスタイルであったが、チーマーたちはネイティブ系やバイカー系、ミリタリー系、ワーク系などより男性的な雰囲気をもつスタイルにシフトしていき、それらのテイストを取り入れたストリートファッションも生み出された。

ヤンキー的スタイルは急速に衰退しつつあったものの、ヤンキーを構成する不良少年たちが消滅した訳ではない。その一方で、彼らの人間関係も上下関係や組織的な統制を重んじない傾向が始まっている。手持ちの携帯電話には大量の友人や顔見知りの電話番号が記録されているが、その中の一人一人とは特に深い交友関係を持っているわけではないことがこのタイプのヤンキーの典型例と言われている[誰によって?]。その他の要因としては、例えば片瀬江ノ島駅前暴走注意事件以降の警察による取締りが厳しくなった事や、平成不況の影響でバイクや自動車の購買力が低下した事なども、暴走族タイプの統制的不良グループの衰退の事例として挙げられる[誰によって?]

1999年には雑誌『Men's egg』が創刊され、派手なルックスを強調したギャル男が登場。不良の中でもこのスタイルに変化する者が現れた。

ヒップホップヤンキー[編集]

カジュアルスタイルの不良では、一般人とファッションで差別化するのが難しく、ヤンキーの自己顕示欲を満たすことができない。そのため、2000年代には、アメリカの低所得者層の不良子弟(ギャングスター)のそれに似た様式が日本に流入し、カラーギャングの流行とも呼応して、いわゆるヒップホップ系ファッションをしたヤンキー「ヒップホップヤンキー」が誕生した。

カール・カナイジャージを着るのがヒップホップ系の愛好家たちの間で流行していたが、2000年代に入るとより多くのヤンキーの間でガルフィーのジャージが流行した。 ヒップホップヤンキーの典型的なスタイルは、オーバーサイズのジャージやジーンズなどのボトムウェストを股下までずり下げ着用する「腰履き」が主流である。また、これをファッション誌などのメディアでは、「B系」と称する場合が一般的であるが、その場合は必ずしもヒップホップヤンキーのことを指す表現ではない(B系記事参照)。

ただし2010年前後の時点では、着用の際の工夫を凝らさずともあらかじめ腰履きに見える手軽さと履きやすさが特徴である「ヒップホップジーンズ」(ローライズだが股上が深いシルエット)などが流通している。かつてクラシックヤンキーが好んで履いた「ボンタン」との類似点が指摘されている[誰によって?]。ただ、このスタイルは、一見してヤンキー的メンタリティを持ち合わせていないと思われる若者の間にも広く受け入れられ、外見的にはヤンキー、ヒップホップ愛好者、そのどちらでもない一般人の区別があいまいで困難になった。

悪羅悪羅[編集]

「悪羅悪羅」(おらおら)とは、雑誌『egg』による造語である。悪羅悪羅スタイルはギャル男の影響もあるが、黒を基調にメタリックゴールドのロゴを入れたセットアップのジャージやタンクトップなど、デザインは和彫りやトライバル、オールドスクールなどのタトゥ風など、より力強さや不良っぽさを感じさせ周囲の人達を威圧するスタイルを特徴とする。このようなファッションは、いわゆる地下格闘技の選手達とそれを支持するヤンキー達が愛用している。また、悪羅悪羅系ファッションの女性のことを「姐ギャル」と呼ぶ。

ヤンキーの消費動向の事例[編集]

「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」という志向に合った自動車を愛好する者が多い。

1990年代以降の傾向としては、国産高級車、おもにフルサイズセダンが好まれる。ボディカラーは黒色や紫色など、暗い色が好まれる傾向にある。ヤンキーに好まれる車種は俗に「ヤン車」と呼ばれる事があり、車種や改造の手法などにVIPカーとの共通性が見られる。

ヤンキーが好む車種も時代に応じて変化してきており、2000年代以降には、アメリカ車ハマーH2や、リンカーン・ナビゲーターが憧れとされる[誰によって?]。ただし現実には購入費や維持費の問題もあり、中古シボレー・サバーバンや、アストロ、また国産のミニバンSUVをVIPカー仕様に改造し乗用している者も多いとされる[誰によって?]

他にも、高価なAVシステムやハイドロ(油圧式車高調整機構)を搭載し、ワゴンアメ車を好むB-BOYの乗るローライダーラグジュアリースポコンなどもあり、これらもまたヒップホップカルチャーの一つであるものの、日本のヒップホップヤンキーと必ずしも密接な関わりがあるわけではないと指摘する向きもある[誰によって?]

オートバイではネイキッドタイプのモノや250ccクラスのいわゆるビッグスクーター、及びそれらの経年車が好まれる。所得の問題もあり、近年はビッグスクーターの改造車や親族の名義の車両を無改造で使用する者も居るとされている[誰によって?]

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

雑誌
作品

脚注[編集]