ヤンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤンキー: Yankee英語発音: [ˈjæŋki]ンキ)) は、アメリカ合衆国北東部に住む白人に対する俗称。アメリカ国外においては南部を含むアメリカ人全体に対する俗称、または蔑称

中南米のスペイン語圏では"Yanqui"とつづる。

概要[編集]

元々は、コネチカット州に住むイギリス系移民が、南西隣のニューアムステルダム(後のニューヨーク)に住むオランダ移民を呼んだあだ名、Jan Kees(ヤン・キース)に由来するという説と、その逆という説がある。Jan Kees(ヤン・キース)を英語に直訳するとJohn Cheese(ジョン・チーズ)となるのだが、イギリス系移民は "Kees"の"-s"を複数形と誤解し、英語においては"Yankee"を単数形、"Yankees"を複数形とした。ただし、これ以外にもヤンキーの由来や語源は諸説あるので、はっきりと断定は出来ない。

なお、JohnやJanやJonは、英語や仏語などの西欧語圏、もしくはキリスト教圏では典型的な男性名である。それと「チーズ」と重ねる理由は不明だが、ニューアムステルダムが港湾都市としてやや都市化していたのに対し、コネチカットの入植地は農業酪農など)が主要産業だったことや、当時のオランダとイギリスの間の国際関係も下地にあると考えられる(日本人をスキヤキ野郎や寿司太郎と呼ぶのに近い)。

南北戦争戦争時代には、南部に住む人間から見た北部人に対する蔑称ともなった。ヤンキーランドYankeeland)は北部諸州を意味する。逆に南部人はディクシーと呼ばれる。

現在[編集]

由来はともかくとし、現在では、狭義にはニューヨークを含め、その北東側に位置するニューイングランド地方(メイン州ニューハンプシャー州バーモント州マサチューセッツ州ロードアイランド州コネチカット州)の住民を指す。 また,米国北東部においてはヤンキーの語が地域の誇りやプライドとして認識がされており,少なくとも諸外国においてしばしば見られる,蔑称であるとの認識はない。

アメリカ南部、特にサウスカロライナ州ジョージア州アラバマ州ミシシッピ州ルイジアナ州などのディープ・サウスと呼ばれる地域、それと合衆国からの独立意識が高いテキサス州などの保守的な場所では未だに北部住民に対する蔑称として「ヤンキー」を使用することもあり、特に過激なテキサス人の一部は、冗談交じりで「レッドリバー(テキサス州と北隣りのオクラホマ州を分かつ川)より北に住む連中は全員ヤンキーだ!」と豪語し、同じ南部諸州に属していたオクラホマ州やアーカンソー州を切り捨てるほど、東部(北部)に対する対抗意識と優越感、劣等意識のコンプレックスは激しい。

アメリカ以外では、アメリカと経済格差がある国々、特に非白人がマジョリティの国々では 現在もアメリカ人、特にヨーロッパ系アメリカ人(WASPなど)に対する蔑称として使われるケースも多い(日本においても戦後数十年間はアメリカ人への侮蔑的意味合いを持つ言葉として用いられていた)。

ラテンアメリカ諸国では「yanqui」という言葉は蔑称として使用される。メキシコや中米ではグリンゴ (gringo) もyanquiと同様の意味である。1980年代にアメリカ合衆国のレーガン政権に支援された反政府ゲリラコントラの攻撃を受けていたニカラグアサンディニスタ民族解放戦線 (FSLN) の党歌「サンディニスタ賛歌」には、「人類の敵、ヤンキー」という部分がある。

ベトナム戦争の際、ベトナム民主共和国(北ベトナム)は北爆を行っていたアメリカ空軍を「ヤンキーの空中海賊」と呼んでいた。

北朝鮮などでは「アメリカ人」全体の蔑視語としてこの言葉を用いている。

その他[編集]

関連項目[編集]