愚連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愚連隊(ぐれんたい)とは、繁華街違法行為暴力行為を働く不良青少年集団。「愚連隊」は当て字であり、「ぐれる」という言葉から来ている[1]

終戦直後の愚連隊は、復員軍人で社会復帰に困難を来たした者、体育会等で先輩後輩間の暴力支配関係に染まった大学や専門学校の不良学生集団、在日コリアン系・華僑系といった民族的マイノリティ集団から自生したマフィア的組織の構成員ら(後述の愚連隊出身者を参照のこと)を中心に、暴力行為の他、ゆすり・たかり窃盗ダフ屋景品買い等の違法経済活動を行い、金になるものなら何にでも手を出すという風潮を持っていた。この時期の愚連隊は、博徒的屋(テキ屋)とともに、現代型の暴力団の三大源流の一つとなっている。本来は博徒や的屋を稼業としていた古来からのヤクザ組織が、利益になることなら何にでも手を出すようになったことにも、愚連隊による影響が見られる。[2][3]

1970年代には暴走族、90年代にはチーマーカラーギャングなどの不良少年集団が現れているが、これらの中にもグループ名に「愚連隊」という言葉を用いているものがあり[4]、愚連隊の一種もしくは派生形である。

2000年代以降には、都市部の繁華街において、暴力行為や、暴力団におけるシノギと同様の合法・違法問わぬ経済活動を行う成人を中心とした集団が現れ、一部は殺人事件を起こすなど(詳しくは六本木クラブ襲撃事件を参照)、“半グレ”として社会問題化している。

戦後の愚連隊[編集]

戦後の愚連隊は、既存の非公認武力機構を持つ集団である博徒集団(本来は非公認ギャンブル経営組織)や的屋組織(本来は社寺における祭礼の場を中心とした露店経営者の自治・自衛的調整組織)とも対立し、抗争を繰り返した。

昭和30年代以降の暴力団再編の中、これらさまざまな古典的な非公認武力機構を持つ集団は、愚連隊組織を吸収したり融合するとともに多角的な暴力機構の中に組み込まれ、古典的な博徒集団(ヤクザ)や的屋組織から、今日的な暴力団に変質していった。逆に、的屋組織やその構成露天商の中には、既存の非公認武力機構から離脱して、現代型の暴力団と距離を置くものも出てくるという変化も生じている。

ヤクザ組織との相違点[編集]

親分と子分の間柄について、ヤクザ組織が親子関係としたら、愚連隊は兄弟関係(子分は親分を「兄貴」と呼ぶ)と言える。ヤクザにおける舎弟(兄弟分の弟格)が、愚連隊における子分に多くの部分で当てはまり、比較的、主従関係は緩やかであった。

愚連隊出身者[編集]

現代の愚連隊[編集]

2000年代以降も、新たな形態の愚連隊が現れ社会問題となっている[5](詳しくは関東連合怒羅権の項を参照)。問題となっている集団には、暴走族やチーマー等の不良少年集団のOBで集まったもの[6](「関東連合OBグループ」等と呼ばれる一団、怒羅権)、アマチュア格闘技団体から派生したもの(「強者」もしくは「関西連合」と自称する一団[7])などがあり、いずれも成人を中心に、派生先とは直接関係のない若者や少年を加えた形で構成されている。マスコミでは「ネオ愚連隊」や「半グレ集団」とも呼ばれている[8]。「ネオ愚連隊」は不良評論家の岩橋健一郎によって名づけられた[9]。「半グレ」は溝口敦の造語とされる[10]警察庁準暴力団と規定している[11]

岩橋健一郎による証言[編集]

かつての愚連隊は地域の治安を保つために結成された集団であったのに対し、ネオ愚連隊は六本木渋谷などの歓楽街を縄張りに芸能人を食い物としてただひたすらと資金と犯罪行為を繰り返している集団だと言う。

江藤史朗による証言[編集]

かつて警視庁生活安全部少年事件課係長(警部)として、少年事件の捜査指揮官をしていた人物である。「11代目市川海老蔵暴行事件」で逮捕された犯人が暴走族時代に起こした事件の捜査指揮も行った。暴走族引退後、先輩・後輩の結び付き合いが固く、彼らによって暴走族の上の組織となる集団が結成される(→ネオ愚連隊となる)。六本木を中心にクラブの経営やその用心棒でビジネスを成功して行くと言う。表面では暴力団と違い普段は一般に会社員をやっている者もいて警察からはマークされづらいとも言う。[12]

石元太一による証言[編集]

関東連合」でリーダーを張っていた石元太一は、いわゆる「11代目市川海老蔵暴行事件」に関して、自身が海老蔵に暴行されたことが事件の始まりであったと主張。自身らは暴走族引退後も元メンバー達の絆が固いが、「ヤクザでもなければ事務所も持たない」と述べている。[13]

強者メンバーによる証言[編集]

大阪ミナミを拠点とし、「西の半グレ集団」とも称される「強者」と呼ばれる集団の一つのメンバーである一人は、「(飲食店に)組合費と称する等の金銭を要求するのは、飲食店側が暴力団排除条例を盾に暴力団にみかじめ料を払うのを拒んだからで、飲食店に加害を加えるのは、「飲み屋に悪さをしたり、ミナミで暴れろ」と命じられたからであり、「(「強者」メンバーの内、暴力団に属していない者も実態は、)「完全にヤクザ。寄り合いや義理に呼ばれないだけ」と述べている。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]