俗語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。

  • 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。
  • 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。

用途・用法[編集]

公式な場面、文語公文書学術文書などの改まった場面では用いられないが、くだけた場面のみに使うことを許される言葉の総称であり、品のない言葉遣いとされる。また、対応する改まった言葉がある場合とない場合がある。

使い分けに関しては、まさに「状況に応じて」としか言えない部分もあるが、誤って使うと「学がない」や「品性に欠ける」などのそしりを受ける以外に「信用が置けない」や「不誠実である」とされることがある反面、使わないことで「かたくな」や「親しみにくい」、「考え方が柔軟ではない」や「応用力・適応力がない」まで評価されてしまうことがある。

隠語と重なる場合も多くあるが、隠語は限られたコミュニティでしか通じない言葉に限るのに対し、俗語はより広い概念であり誰でも知っている言葉も多く含まれる。例えば日本語のくそや英語のファックfuck)などは、母語話者なら必ず知っているであるが、公式な場面で用いられることはまずない。

主な起源や変化[編集]

略語比喩表現、古語方言などを元とする語も多いが、かつては地域的な表現という側面が強くサブカルチャーなどが密接に関係する表現も多く見られる。今日のマスメディア発達に伴い、地域差は次第に薄れつつあるが、世代的な感覚語が含まれ時代の流行に因っても変化する。いわゆる流行語もこれら俗語の範疇に含まれるが、流行語は数年でその存在が忘れ去られることも珍しくないが、俗語の方は半世紀以上の歴史を持つものも珍しくない。流行語のように時代時代で注目を集めた人が作った造語も存在する。

ある言葉が誤用されているうち、それが定着して正当な用法として受け容れられるようになった例もある。また、コンダラのように、聞き間違いによる誤認から生まれたものもある。

俗語とされる言葉[編集]

隠語
ある特定の専門家や仲間しかその意味が分からない言葉や言い回しで、専門用語ではなく公的に用いられないもの。
スラング
範囲の広い隠語で、同時代・同世代・同地域・同趣味・同民族の間で使われる。KY(空気を読めない)、ググる(グーグルで検索する)など。
若者言葉
若者に特有(であることが多い)スラング。きれる(堪忍袋の緒が切れる)、むかつく(腹が立つ)など。
ギャル語
1990年代半ば以降渋谷コギャルを中心に話されている言葉。

対応する標準的な語が使われない俗語[編集]

モツ料理
臓物(ぞうもつ)から来ている言葉で、主に牛・豚・鶏の内臓を味付けした上で、煮たり焼いたりして食べるホルモン焼きもつ鍋など。辞書では俗語とされる。「内臓料理」または「臓物料理」が標準的な語だが、語感が悪いためか使われない。このため、一般に俗語を避けるNHKでも、きょうの料理では腸のことを「もつ」と呼んでいる[1]

参考文献[編集]

  • 林四郎・相澤正夫・大島資生・篠崎晃一(編著) 「例解新国語辞典」(第七版)、三省堂、2006年1月10日

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]