卑語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

卑語(ひご、英語: Swear Words)とは、現代では下品な言葉、卑猥な言葉をいう。もとは田舎の言葉、または世俗の言葉(鄙言:ひげん)の意であった。しばしば侮蔑の感情を含んだり、怒りを伝える罵詈雑言、罵倒語となることもあり、合わせて「卑罵語」(英語 profanity)と呼ばれる。改まった場ではもちろん、人前で用いるのは慎むべきとされる。

概要[編集]

多くの言語で、性器性交排泄物精液臀部肛門乳房に関する俗語(スラング)の多くが相当する。同じものを指しても、陰茎大便などの医学用語を使うと卑語として働かなくなる。

排泄物や性器に関する言葉の一部は、親が使うのを禁止するのをおもしろがり、あるいは排泄行為を気持ちよく感じて、幼児がよく発する。

多くの単語は放送禁止用語扱いであり、新聞・雑誌などでは「f**k」、「○んこ」などのように、伏字で書かれる事がしばしばである。中国語広東語では似た音の別の漢字に書き換えたり、部首を取って書き換えたりということも行われる。また、多くの場合、オンラインゲームのチャット電子掲示板では使用禁止ワードとなっている。

人名や外国の地名、区切りを変えた異分析などで、卑語を連想させるものは嘲笑の対象となることが多い。(例:紅萬子キンタマーニ雲黒斎 など)

日本語における卑語[編集]

以下のような例が相当する。

  • 性器関連 - ちんぽ、ちんちん、まんこ、おめこ、きんたま
  • 性交関連 - 犯す、こます、いてこます、かまをほる
  • 臀部 - けつ
  • 排泄物 - くそ、うんこ、しっこ

英語における卑語[編集]

  • asshole(アスホール) - (直訳すると肛門
  • four letter words四文字語) - 英語では、4文字の単語が多い(shit, cunt, fuck, suckなど)ことから、俗に四文字語と呼ばれる。
  • seven dirty words - shit, piss, fuck, cunt, cocksucker, motherfucker, tits の総称。

関連項目[編集]