ガーディアン・エンジェルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダカルガリーのガーディアン・エンジェルス

ガーディアン・エンジェルス (Guardian Angels) は、アメリカ合衆国日本カナダイギリスブラジル南アフリカ共和国などの世界14カ国で運営されている犯罪防止NPO団体である。 略称GA。日本本部である特定非営利活動法人日本ガーディアン・エンジェルスの略称はGAJ

概要[編集]

活動の主な内容は、繁華街でのパトロール、イベントサポート、護身術の普及、小中学校を中心にした犯罪予防教育等の防犯活動である。ユニホームとして、赤いベレー帽と、夏は白いTシャツ、冬は赤いジャンパーを着用している。

活動に従事するメンバーは、一部の専従職員を除きボランティアとして参加しているほか、活動にあたっては武器または武器として使える道具は一切携帯しないこととしている[1]

ガーディアン・エンジェルスの活動に対する評価は賛否両論あり、割れ窓理論に基づく犯罪防止活動が犯罪の減少に大きく貢献しているという専門家研究結果も存在するが、犯罪の減少は経済の好転や失業率の改善、法令の改正、若年者の人口比率低下によるものであり、このような防犯活動とは無関係とする専門家も存在する。

沿革[編集]

1979年ニューヨークの犯罪多発地域であったサウスブロンクスマクドナルドの夜間マネージャーでありコミュニティー活動家であった現総代表のカーティス・スリワ英語版 (Curtis Sliwa) ほか13人の若者たちにより活動を開始した。「Dare to Care」をモットーに当時危険であった地下鉄や通りのパトロールを行い、さまざまな犯罪を防止し、銃器による犯罪や麻薬を撲滅するための活動を行い、市民から信頼を得るようになった。

1995年からは、サイバー・エンジェルスを通じてオンライン犯罪の防止を教育したり、児童ポルノ等を抑止するため疑わしい運営のサーバチャットルームをボランティアパトロールして報告するなどして、インターネットへ活動を拡大した。

シンボルマーク[編集]

シンボルマークは、団体名の文字の間に翼の生えた盾と雲が描かれたものである。翼は天使を意味し、雲は犯罪を、盾は守護を意味する。

盾の中央にはフリーメイソンの記号に類似した「目のあるピラミッド」(プロビデンスの目)が表示されているが、これはアメリカ合衆国の1ドル紙幣から引用している。

主な本部[編集]

アメリカをはじめ、カナダオーストラリアイギリスニュージーランド南アフリカフィリピン日本ブラジル等、14カ国以上の国々に活動拠点が展開されている[2]

アメリカ[編集]

ガーディアンエンジェルスの世界本部が置かれている。ガーディアンエンジェルス発祥の国でもあり、ニューヨークボストンサンフランシスコホノルルなど全米に支部がある。また、創設者のスリワは全米ネットの朝のラジオ番組「カーティススリワショウ」でパーソナリティを務め人気を博している。

日本[編集]

1996年2月11日、アジアで初めての支部として東京支部が設立された。設立者は現理事長の小田啓二1999年4月に、日本で第1号の特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されており、2002年からは国税庁の認定NPO法人として認定されている。 2003年NPOとしての理事に栗林寿行が就任(後に退任)、全国規模での防犯活動が展開された。 2009年現在で札幌仙台豊島渋谷武蔵野さいたま川口所沢千葉松戸横浜横須賀大和京都和歌山岡山松山北九州福岡久留米熊本に各支部がおかれ、総勢約350名のメンバーがボランティアで活動している。

現在では上記の各支部の地域において、街頭パトロールや安全教室、青パト事業、講演、防災訓練などの活動が展開されている他、 全国の小・中学校において安全教室や、NECと連携したNECネット安全教室を実施している。

また日本アムウェイ日本たばこ産業などの企業が活動を支援している他、テレビプロデューサーデーブ・スペクターが顧問をつとめている。

犯罪防止という特異な活動内容からか、彼らに対する批判的なブログなどがWEB上において存在している。

ロンドン[編集]

小規模な組織が、1989年以来ロンドンチューブシステムおよび通りをパトロールしている。

脚注[編集]

  1. ^ このため、雨天時でもは持たない
  2. ^ Chapter Listing

参考文献[編集]

  • 『フルコンタクトKARATE11月号別冊 格闘王⑦ 闘うお仕事』(福昌堂、1998年)120-137頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]