所沢市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ところざわし
所沢市
Tokorozawa Aviation Museum.JPG
Flag of Tokorozawa, Saitama.svg
所沢市旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
団体コード 11208-9
面積 71.99km²
総人口 342,284
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 4,750人/km²
隣接自治体 入間市川越市狭山市新座市
入間郡三芳町
東京都清瀬市東村山市東大和市
武蔵村山市西多摩郡瑞穂町
市の木 イチョウ
市の花 茶の花
市の鳥 ヒバリ
所沢市役所
所在地 359-8501
埼玉県所沢市並木一丁目1番地の1
北緯35度47分58.6秒東経139度28分7秒
所沢市役所
外部リンク 所沢市

所沢市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

所沢市(ところざわし)は、埼玉県南西部にある人口約34万人のである。東京都特別区部への通勤率は25.4%(平成22年国勢調査)。特例市及び彩の国中核都市に指定されている。

概要[編集]

東京ベッドタウンとして、新所沢、小手指地区には集合住宅が多く、所沢駅前はプロペ通りを中心にした繁華街となっている。東所沢地区はJR武蔵野線が開業した当時に比べ、人口が急増している。その反面、北部の富岡地区は江戸時代に行われた開拓により整備された農地(三富新田)が広がり、南部には宮崎駿監督作品の映画『となりのトトロ』の舞台にもなった狭山丘陵(トトロの森)が広がっており、豊かな自然にも恵まれている。

日本で初めて飛行場が建設された地で、かつて飛行場であった所には所沢航空記念公園が作られ、所沢航空発祥記念館もある。東京航空交通管制部も当市にある。

プロ野球球団埼玉西武ライオンズのフランチャイズの西武ドームの所在地である。西武グループの本拠地でもあり、駅前には西武百貨店(ただし旧セゾングループ)など、西武の名を冠するビルが連なっている。

市名の由来[編集]

「所沢」という地名は、野老(トコロヤマノイモ科の植物)が群生する湿地の意といわれるが不詳。古くは「野老澤」(ところさわ)と称した。市内西部から市内中心部を通り、東部に流れる東川(あずまがわ)を指しているとする説が有力である[1]

地理[編集]

所沢市中心部周辺の空中写真。画像中央付近が所沢駅。画像上部に見える広い敷地は所沢航空記念公園と在日米軍所沢通信基地である。1989年撮影の10枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

埼玉県西部、武蔵野台地に位置し、南部には狭山丘陵が広がっている。狭山丘陵から流れる東川柳瀬川は市内東部へ流れ、最終的には荒川に至る。山口貯水池(通称:狭山湖)は当市内にあるが、東京都民用の水源となっている(東京都水道局が管理)。

池袋を起点とする西武池袋線西武新宿を起点とする西武新宿線の2つの幹線が東と南からやってきて、所沢駅に互い違いで乗り入れている。その後2つの路線はそれぞれ北と西とに進路を変え、当市内を横断する。

西武池袋線西武有楽町線経由で東京メトロ有楽町線副都心線東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい21線と相互直通運転を行っている。

JR武蔵野線は、当市内での他路線との接続はない(ただし、市境付近に新秋津駅と西武池袋線秋津駅がある)。

関越自動車道が東部を通過しており、国道463号(旧・県道浦和所沢線)と所沢ICで接続する。国道254号と国道463号は新座市の英インターで交差した後、市中心近くに至り、宮本町交差点を起点にそこから2本に分かれ(北側は通称「行政道路」、南側は通称「(国道463号、若しくは行政)バイパス」と呼ばれる)、入間市へと続いている。

所沢駅前のプロペ通りを中心とした地域は繁華街で西武百貨店、ダイエー、いせきの他、多くの飲食店、衣料品店などがある。プロペ通りから続くファルマン通りも古くからの繁華街で、旧市役所のあった元町を経て、金山町の交差点まで続く銀座商店街がある。現在は高層マンションが立ち並んでいる。航空公園を中心とする並木地区には公共機関が集中し、また在日米軍所沢通信基地がある。

新所沢は都市公団(現・都市再生機構)、小手指は西武鉄道とそれぞれが開発した集合住宅が広がっている。近年では旧市街地に超高層マンション建設が相次いでいる。

所沢航空記念公園内のケヤキ並木 

河川[編集]

隣接している自治体[編集]


所沢市(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19.0
(66.2)
23.3
(73.9)
26.2
(79.2)
32.0
(89.6)
33.8
(92.8)
36.5
(97.7)
39.6
(103.3)
38.7
(101.7)
37.4
(99.3)
31.9
(89.4)
25.8
(78.4)
25.7
(78.3)
39.6
(103.3)
平均最高気温 °C (°F) 9.0
(48.2)
9.6
(49.3)
12.7
(54.9)
18.5
(65.3)
22.7
(72.9)
25.3
(77.5)
29.2
(84.6)
30.9
(87.6)
26.6
(79.9)
21.0
(69.8)
16.0
(60.8)
11.6
(52.9)
19.4
(66.9)
日平均気温 °C (°F) 3.6
(38.5)
4.1
(39.4)
7.3
(45.1)
12.9
(55.2)
17.3
(63.1)
20.7
(69.3)
24.4
(75.9)
25.8
(78.4)
22.0
(71.6)
16.4
(61.5)
10.8
(51.4)
6.1
(43)
14.3
(57.7)
平均最低気温 °C (°F) −0.8
(30.6)
−0.5
(31.1)
2.5
(36.5)
7.7
(45.9)
12.8
(55)
17.0
(62.6)
20.9
(69.6)
22.3
(72.1)
18.7
(65.7)
12.7
(54.9)
6.8
(44.2)
1.8
(35.2)
10.1
(50.2)
最低気温記録 °C (°F) −7.8
(18)
−6.6
(20.1)
−5.2
(22.6)
−2.1
(28.2)
4.8
(40.6)
10.7
(51.3)
13.6
(56.5)
16.4
(61.5)
9.3
(48.7)
4.5
(40.1)
−0.3
(31.5)
−6.7
(19.9)
−4.1
(24.6)
降水量 mm (inch) 44.4
(1.748)
48.9
(1.925)
95.9
(3.776)
111.5
(4.39)
120.6
(4.748)
157.2
(6.189)
164.2
(6.465)
209.7
(8.256)
233.3
(9.185)
173.7
(6.839)
80.9
(3.185)
41.3
(1.626)
1,481.6
(58.331)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 3.9 5.5 9.7 9.6 10.8 12.8 12.6 9.8 12.5 10.3 6.8 4.4 108.7
平均月間日照時間 188.6 175.3 169.9 175.7 166.7 121.7 138.2 169.0 124.0 136.5 156.0 183.3 1,899.2
出典 1: 気象庁
出典 2: 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)

歴史[編集]

先史・古代[編集]

所沢の近辺には、約2万年前から人類が定住しており、砂川遺跡を筆頭に市内には旧石器時代以降の遺跡や貝塚が点在している。

東日本各地に多く見られることだが、当地にも日本武尊の東征伝説がある。戦勝を祈願したといわれる神社(所澤神明社北野天神社の由来)や、あるいは篭手をかざした(地名・小手指の由来)と言った伝承がある。

7世紀律令制度のもと、武蔵国国府が現在の東京都府中市に設置されると、当地は武蔵国入間郡の一部となり、あわせて武蔵国国府と上野国国府を結ぶ官道が築かれた。これが東山道武蔵路であり、市内の南陵中学校でも遺構が確認されている。また、かつての郡境にあたる現在の松が丘付近には悲田処(行路病人などの救護施設)が設置されたという伝承がある。

武蔵国一帯は朝鮮半島からの渡来人(現在の朝鮮半島に住んでる民族とは異なる人種)が数多く定住しており、当地にも渡来人コミュニティが存在していた、との説もある。

中世[編集]

平安時代末期になると世情が乱れ、野武士軍団である武蔵七党の一派、村山党が定着した。現在も市内に多く存在する山口、村山、金子といった姓は、この流れである。

1192年鎌倉幕府が成立すると、府中方面に通じていた街道は鎌倉街道上道となり、軍事的にも経済的にも重要な幹線道路として整備された。特に所沢は、上道と間道である堀兼道・羽根倉道の合流地点として栄えたという。

1333年隠岐島に島流しされていた後醍醐天皇伯耆国船上山(現・鳥取県東伯郡琴浦町内)で蜂起すると、上野国群馬県)の新田義貞は呼応して鎌倉へ向かって進軍し、小手差原(現在の北野付近)で北条氏の兵と衝突、決着はつかず両軍とも一時兵を引いた。世にいう小手指原の戦いである。市内に残る白旗塚・将軍塚(松が丘)・誓詞橋(砂川堀)・勢揃橋(柳瀬川)といった地名は、この戦いに由来する。その後、1352年にも義貞の遺児である義興義宗の兄弟が足利軍と小手指原付近で衝突している。(武蔵野合戦

戦国時代関東管領扇谷上杉氏の支配下にあり、上杉氏家臣で守護代大石氏が統治していた。のちに河越夜戦で上杉氏が衰退し後北条氏が台頭してくると、八王子城北条氏照の支配下となった。柳瀬川沿いに山口城址・滝の城址などの中世城館跡が数か所残っている。

近世[編集]

江戸時代には江戸近郊として幕府直轄領が多く直接支配が及んでいたが、一部には川越藩領や旗本領も存在している。ただし、現在の市域のうち、日比田村だけは多摩郡に属し、明治13年に入間郡大岱村(現在の東村山市恩多町付近)と交換されるまで飛び地となっていた。[2]

近世には河原宿(現在の宮本町付近)から江戸四谷への道(江戸街道・おおむね現在の西武新宿線沿い・現所沢街道に近い)が整備され、東(江戸街道)・西(秩父道)・南(府中八王子方面)・北(川越方面)へ延びる主要道路の中継地、あるいは物資の集積地として機能した。

また、市北部の富岡地区では、川越藩柳沢吉保期に新田開発三富新田開拓)が行われた(このうち上富地区は、現在は入間郡三芳町の域内にあたる)。

なお、地層が関東ローム層と礫層に覆われた武蔵野台地では地下水脈が深い乏水地域で、所沢市域でも井戸水の確保に苦労した。その惨状たるや「所沢の火事は土で消せ」と言われたくらいであり、実際に1818年(文化15年)2月の神明社、薬王寺及び民家142戸が焼失する大火など、江戸期には数回の大火が発生している。

近代[編集]

所沢町道路元標(日吉町) 
木村・徳田両中尉記念塔 

明治維新後、現在の当市域の旧幕府直轄領だった大部分は1869年(明治2年)3月21日(旧暦2月9日)に品川県になり、同4月には市西部にあたる部分が韮山県に移管され[3]。 、1871年8月29日(旧暦7月14日)に川越藩領だった一部は川越県となった。同年12月25日(旧暦11月14日)に入間県発足で全域が入間県になり、1873年6月15日に熊谷県になった後、最終的に1876年8月21日、埼玉県に組み入れられた。1881年(明治14年)には上新井村の本宿と久米村の金山を編入し、所沢村から所沢町になった。1889年(明治22年)4月1日、町村制施行に伴い、入間郡所沢町が成立した。

明治時代にも1875年(明治8年)、1880年(明治13年)、1885年(明治18年)などに大火があり、蔵造りの街並みが造られた。

1911年(明治44年)現在の並木地区を中心とした一帯に陸軍が日本初の飛行場(のち陸軍航空整備学校)を設置し、基地の町という新たな顔をもつことになった。現在、所沢が所沢航空記念公園を持ち「航空発祥の地」を標榜しているのは、これに由来する。

また、臨時軍用気球研究会所沢試験場が翌1911年4月1日に開場。4月5日に陸軍大尉徳川好敏による初飛行が行われたが、この際使用した飛行機がアンリ・ファルマン式複葉機だったことにちなみ、所沢駅西側には「ファルマン通り」という道が存在する。

なお、飛行場完成に合わせて武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)や旧西武鉄道(現在の西武新宿線)も競って基地への最寄駅を設置した(現在は両駅とも廃止)。

一方、交易中継地としての機能も健在で、「所沢飛白」「湖月縮」といった名産品により、「織物の町・所沢」として最盛期を迎えた。

1927年(昭和2年)東京市民の水がめとして、山口貯水池(狭山湖)の建設が開始され、1934年(昭和9年)に完成した。このため山口村の旧勝楽寺村と上山口村にわたる一帯が水没し、村の住民は隣の小手指村などに移住した。

狭山湖畔からの景観や付近の桜景色は、同湖完成直後から観光名所となり、後に周辺一帯が一大レジャーエリアとして開発される端緒となった。

しかしながら同湖の水は当市には供給されないため、町内では江戸時代と変わらず水の確保に苦労する状況であった。1934年(昭和9年)4月には大干ばつに見舞われ、近隣の町や陸軍飛行学校から給水を受ける有様であった。この状況は、上水道が完成する1937年(昭和12年)3月まで続いた。

現代[編集]

東京航空交通管制部通信塔(並木地区) 
西武ドーム (2007年) 

1943年(昭和18年)所沢町と小手指・富岡吾妻松井・山口の5村が合併した。

戦時中の1945年(昭和20年)にはアメリカ軍による空襲で旧所沢町だけで死傷者が30名以上、家屋への被害も65棟に及んだ[4]3月10日東京大空襲では、所沢飛行場にも戦闘機が配備されていたが、強風と延焼により迎撃できなかった。8月15日の敗戦とともに、陸軍所沢飛行場および周辺施設はアメリカ軍に接収され、1971年(昭和46年)に6割、1978年(昭和53年)にさらに1割は返還されたものの、現在も通信基地として残っている。

1950年(昭和25年)11月3日に市制を施行し、所沢市となった(埼玉県で8番目)。

1955年(昭和30年)柳瀬三ヶ島の両村を吸収合併し、現在の市域となった。

市制施行時の人口は約4万2千人であったが、昭和20年代 - 昭和30年代前半に沖縄からの移民団が新所沢東部や小手指付近に入植・開拓を行うなど人口は増加しつづけ、1959年(昭和34年)には住宅公団による新所沢団地の入居が開始された。その後も小手指や新所沢地区を中心に大規模な住宅開発が行われ、2000年には人口33万人を突破している。

1964年(昭和39年)東京オリンピッククレー射撃の会場(南永井)となる。

1966年(昭和41年)アメリカ合衆国イリノイ州ディケーター市と姉妹都市になる。

1978年(昭和53年)福岡を本拠地とし、経営不振に陥っていたプロ野球パシフィック・リーグクラウンライターライオンズ』の運営会社・福岡野球株式会社国土計画堤義明が、西武鉄道沿線である当市への移転を条件に全ての債務を肩代わりするなどして買収。狭山丘陵に自前の球場(西武ライオンズ球場(現:西武ドーム)を建設。チーム名を西武ライオンズとした。

1980年(昭和55年)市制施行30周年を記念して第一回市民フェスティバルを航空記念公園で開催。

1982年(昭和57年)西武ライオンズが本拠地移転4年目にしてリーグ初優勝、日本一に輝く。以来、1980年代のパリーグ黄金時代を築く。2008年(平成20年)までにリーグ優勝16回、日本一を10回(福岡時代からの合計はリーグ優勝21回、日本一13回)を達成している。

1985年(昭和60年)市制施行35周年を記念して第一回市民フェアを航空記念公園で開催。

1990年(平成2年)市制施行40周年を記念して第一回所沢シティマラソンを開催。

1992年(平成4年)中華人民共和国江蘇省常州市と姉妹都市になる。

1997年(平成9年)に廃部となった男子社会人バスケットボールチーム・アンフィニ東京ブロンコスの後継チームを発足。名称を所沢ブロンコスとし活動開始。

1997年(平成9年)にはテレビ朝日のテレビ報道に端を発するダイオキシン騒動が発生、社会問題となった。

1998年(平成10年)大韓民国京畿道安養市と姉妹都市になる。

2002年(平成14年)特例市へ移行した。

2005年(平成17年)所沢市民体育館を本拠地とする所沢ブロンコスが埼玉ブロンコスに名称を変更し、新潟アルビレックスBBとともにbjリーグを発足。

2006年(平成18年)面積に関する要件の廃止により中核市の条件を満たす。

人口[編集]

Demography11208.svg
所沢市と全国の年齢別人口分布(2005年) 所沢市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 所沢市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
所沢市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 136,611人
1975年 196,870人
1980年 236,476人
1985年 275,168人
1990年 303,040人
1995年 320,406人
2000年 330,100人
2005年 336,100人
2010年 341,900人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

市長[編集]

歴代市長[編集]

市議会[編集]

  • 議員定数:36
  • 議長:浅野美恵子(至誠クラブ)
  • 副議長:中毅志(自由民主党・無所属の会)
  • 任期:2011年5月1日 - 2015年4月30日
  • 会派(◎は会派代表者。()内数字は当選回数)
    • 自由民主党・無所属の会(自由民主党・保守系)(11議席)
      • ◎浜野好明(4、自由民主党)、越阪部征衛(4、自由民主党)、岡田静佳(3)、中毅志(3)、安田義広(3)、石井弘(2、自由民主党)、大舘隆行(2)、入沢豊(1)、 青木利幸(1)、近藤哲男(1)、松本明信(1)
    • 所沢市議会公明党(6議席)
      • ◎村上浩(3)、植竹成年(2)、西沢一郎(2)、福原浩昭(2)、吉村健一(2)、亀山恭子(1)
    • 至誠クラブ(保守系)(6議席)
      • ◎秋田孝(4)、浅野美恵子(3)、桑畠健也(3) 、中村太(3)、荻野泰男(2)、杉田忠彦(2)
    • 日本共産党所沢市議団(5議席)
      • ◎平井明美(7)、荒川広(8)、城下師子(4)、小林澄子(3)、矢作いづみ(3)
    • 民主ネットリベラルの会(民主党市民ネットワーク)(4議席)
      • ◎末吉美帆子(2、ネットワーク)、赤川洋二(3、民主党)、石本亮三(2、民主党)、島田一隆(1、民主党)
    • 改革2015(2議席)
      • ◎谷口雅典(1)、松崎智也(1)
    • 共生(革新系)(1議席)
      • ◎脇晴代(4)
    • 欠員1

広報番組[編集]

  • J:COM 所沢
    • 「広報ところざわ」
    毎日 9:25~、12:25~、20:25~
    • 「イイとこTV!」
    月曜 7:30~、18:00~/火曜 10:00~、18:00~、23:00~/水曜 7:30~、15:00~、18:00~/木曜 10:00~、18:00~、23:00~/金曜 7:30~、15:00~、18:00~/土曜 12:30~、18:30~、23:00~/日曜 7:30~、15:00~、18:30~

指定金融機関[編集]

埼玉県内の自治体で唯一、2行輪番制を採用している。また、水道事業及び病院事業(市民医療センター)は三菱東京UFJ銀行である。これはかつての所沢銀行が合併を経て、現在の「三菱東京UFJ銀行所沢支店」となっている為である。

官公署等[編集]

国の出先機関[編集]

さいたま地方法務局所沢支局

県の出先機関[編集]

西部地域振興センターと所沢県税事務所が所在する所沢地方庁舎
所沢児童相談所
  • 西部地域振興センター
  • 所沢県税事務所
  • 所沢児童相談所
  • 自動車税事務所所沢支所

東京都の出先機関[編集]

国際機関[編集]

消防[編集]

警察[編集]

特殊法人[編集]

経済[編集]

産業[編集]

  • 西武グループ持株会社・株式会社西武ホールディングス本社(くすのき台)
  • 鉄道事業者・西武鉄道株式会社本社(くすのき台)
  • プロ野球興行運営会社・株式会社西武ライオンズ(上山口)
    1985年(昭和60年)5月16日、西武鉄道の本社社屋を、東京都豊島区から所沢市駅前のくすのき台に移転する事業の起工式を挙行。総工費40億円を掛けて建設され、翌年1986年(昭和61年)8月5日に本社を移転。当市に本社を置く企業の中で最大の売上規模(2004年度売上2,030億円)がある西武鉄道に続き、西武グループ関連企業の本社がその後移転され、当市は西武グループの拠点となっている。しかしその多くは「本店所在地」を依然として東京都豊島区に置いているため、これらの企業の納税による経済効果は限定的である。
  • 食品製造・ピックルスコーポレーション(くすのき台)
  • 外食レストランチェーン・山田食品産業株式会社(山田うどん) 本社(上安松)
  • 外食レストランチェーン・ぎょうざの満洲本店(松葉町)(本社は坂戸市
  • 自転車部品製造・株式会社三ヶ島製作所 三ヶ島ペタル MKS(糀谷)
  • 光学機器・株式会社ビクセン 本社(東所沢)
  • 計測器製造・株式会社シバソク 所沢事業所(若松町)
  • 住宅総合メーカー・埼玉西パナホーム株式会社 本社(くすのき台)
  • 機械製造・株式会社鷺宮製作所 所沢事業所(青葉台)
  • 機械製造・シチズンホールディングス株式会社 所沢事業所(下富)
  • 卓球用品・株式会社タマス(バタフライ) 所沢事業所(神米金)
  • 楽器製造・株式会社村松フルート製作所(美原町)
  • プロバスケットボール興行運営会社・株式会社埼玉ブロンコス(西所沢)
  • 菓子製造・株式会社ねぎし(東町)
西武ライオンズ球団事務所 
西武鉄道本社 
山田うどん店舗 
ぎょうざの満洲本店 
狭山茶 茶葉(所沢市2006年) 
所沢名菓ファルマン 

農業[編集]

狭山茶が有名だが、ホウレンソウサトイモニンジン等の栽培も盛ん。また、サツマイモ掘りやブドウ狩り等の観光農園も点在している。

商業施設[編集]

西武百貨店所沢店 
西友所沢駅前店 
ダイエー所沢店 
コジマNEW所沢店 
ヤオコー所沢北原店 

デパート・大型電気店・ホームセンター[編集]

1980年代半ば頃にシヅオカヤ1990年代初頭にニチイが相次いで閉店したものの、1986年西武百貨店がオープンし、現在に至っている。

所沢駅周辺の再開発が進み、郊外に集客力の高い専門店を揃えた大型複合施設の出店、大型駐車場を備えた大型スーパー・家電量販店の進出などは所沢駅前のデパート各店の経営にも影響を及ぼし、2005年にはダイエー丸井の撤退表明へとつながった。後に、市からダイエーに閉店の撤回を求める陳情やダイエー側とビルオーナーの株式会社東栄との話し合いの末、撤退は撤回されて存続が決定となったが、その一方で、丸井所沢店(A館・B館)は、2007年1月31日をもって閉店した。

2011年時点で市内で営業している主なところは下記の通り。

大型複合施設[編集]

スーパー[編集]

レストラン・飲食店・喫茶[編集]

姉妹都市[編集]

大規模災害時相互応援協定締結都市[編集]

  • 所沢市・飯能市・狭山市・入間市
    • 食糧、飲料水、生活必需物資並びにその供給に必要な資機材の提供
    • 被災者の救出、医療、防疫、施設の応急復旧に必要な機材等の提供
    • 救護救助活動に必要な車輌等の提供
    • 救助、応急復旧に必要な職員の派遣
    • 指定避難場所の相互利用
    • 被災者に対する住宅の提供
    • 被災児童生徒の小中学校への一時受入
  • 所沢市・東村山市・清瀬市・東久留米市・新座市
    • 食糧、飲料水、生活必需物資並びにその供給に必要な資機材の提供
    • 被災者の救出、医療、防疫、施設の応急復旧に必要な機材等の提供
    • 救護救助活動に必要な車輌等の提供
    • 救助、応急復旧に必要な職員の派遣
    • 被災者一時収容のための施設の提供
    • ボランティアの斡旋
  • 千葉県市原市
    • 食糧、飲料水、生活必需物資並びにその供給に必要な資機材の提供斡旋
    • 被災者の救出、医療、防疫、施設の応急復旧に必要な物資、機材等の提供斡旋
    • 救護救助活動に必要な車輌等の提供斡旋
    • 救助、応急復旧に必要な医療系職、技術系職、技能系職等職員の派遣
  • 群馬県太田市
    • 食糧、飲料水、生活必需品並びにその供給に必要な資機材の提供斡旋
    • 被災者の救出、医療、防疫、施設の応急復旧に必要な資機材等の提供
    • 救護救助活動に必要な車輌等の提供
    • 救助、応急復旧に必要な職員の派遣
    • 被災者一時収容のための施設の利用
    • ゴミ、し尿処理のための車輌、施設の利用
  • 宮崎県日南市
    • 災害応急対策用物資及び資器材の供給援助
    • 職員の派遣
    • 収容施設の提供

地域[編集]

町名・字[編集]

住宅団地[編集]

  • 山口 (所沢市)#住宅施設
  • 所沢コーポラス
  • 所沢パークタウン公園通り団地
  • 松が丘団地
  • 新所沢第二団地
  • ヴィルセゾン小手指
  • 西武小手指ハイツ
  • 武蔵野団地
  • 狭山ヶ丘角栄団地
  • 並木通り団地
  • 所沢椿峰住宅
  • 所沢松郷住宅
  • 所沢新郷住宅
  • 所沢パークタウン武蔵野住宅
  • 新所沢けやき通り住宅
  • 愛宕山市営住宅
  • URプラザシティ新所沢けやき通り
  • URプラザシティ新所沢けやき通り第2
  • UR新所沢団地

健康[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

当市は、「所沢市育英奨学金」・「所沢市遺児奨学金」という奨学金制度(高等学校高等専門学校対象)がある。

大学[編集]

学校教育以外の施設[編集]

郵政[編集]

郵便番号は、市内全域が「359-xxxx」である。

主な郵便局

交通[編集]

鉄道[編集]

所沢駅(西口)

上記の駅のほか、西武池袋線秋津駅(東京都東村山市)駅舎の一部が所沢市に属する。また、西武西武園線西武園駅及び西武多摩湖線西武遊園地駅(ともに東京都東村山市)が市境付近にある。

なお、武蔵野線と西武鉄道との相互乗り入れは行われておらず、新秋津駅(東京都東村山市)からの連絡線による甲種輸送のみである。

バス[編集]

一般路線バス[編集]

全て西武バスの運行

  • 市内に所沢営業所があり、多数路線を管轄するが市内西部では慢性的な道路渋滞により繰り返し廃止が行われ、あまり路線が残っていない。
  • 一部路線は飯能営業所の管轄である。
  • 過去に大宮営業所川越営業所の管轄路線もあったが、それらは所沢営業所に移管されている。

高速バス[編集]

コミュニティバス[編集]

ところバス(航空公園駅ところバス発着場にて)
所沢市内循環バス「ところバス」
当市内を走行する域型の公共交通機関である。当市交通安全課が担当部署であるが運行は西武バスへ委託されており、西武バス所沢営業所が営業を担当している。
使用車両
主に路線バスの走行していない地域や細い道を走行する性格上、小型バスが主に用いられるが、中には中型バスも用いられる。
路線
  • 東路線(柳瀬循環コース)
  • 東路線(松井循環コース)
  • 西路線(新所沢・三ヶ島コース)
  • 南路線(吾妻循環コース)
  • 南路線(山口循環コース)
  • 北路線(富岡循環コース)
ライフバス」(鶴瀬駅西口~三芳中学校経由・みずほ台駅西口線)
東入間二市一町(富士見市・ふじみ野市・三芳町)のコミュニティバスであるが、三芳町に隣接する200メートル強にわたって所沢市内を通り、途中には「埼玉スポーツセンター前」バス停が設置されている。

タクシー[編集]

タクシーの営業区域は県南西部交通圏で、川越市東松山市飯能市和光市などと同じエリアとなっている。

道路[編集]

報道機関[編集]

地域的なもののみ掲載。

新聞[編集]

ケーブルテレビ[編集]

コミュニティ放送[編集]

文化[編集]

第27回・所沢市民フェスティバル風景 
所沢航空記念公園内 野外ステージ 
西武ドーム 
狭山スキー場 
西武園ゆうえんち 
ゆり園 
狭山不動尊初詣の風景(2007年) 
狭山不動尊境内にある釣鐘 

祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

映画・娯楽[編集]

  • 新所沢レッツシネパーク

温泉[編集]

  • 湯楽の里 所沢温泉(下富)
  • 湯の森所沢(下安松)
  • むさしの温泉「彩ゆ記」(南永井)

マスコットキャラクター[編集]

人・名物[編集]

  • 漫画家やアニメーターの在住が多い。練馬区と同様に、トキワ荘のあった西武池袋線の郊外(漫画家)であることや、東映東京撮影所に通いやすい(アニメーター)などの理由で所沢に居を求めたケースが多いと考えられる。また近年では日本大学藝術学部への進学をきっかけにそのまま在住するケースもある。

在住の有名人[編集]

出身または以前在住の有名人[編集]

政財界[編集]

漫画家[編集]

文化人[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

名産品[編集]

当市が舞台の映像作品等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地名の由来
  2. ^ 東村山市指定文化財調書内「當麻勉家文書」
  3. ^ このとき移管された区域の詳細は、旧高旧領取調帳 を参照されたい(リンク先は国立歴史民俗博物館データベース)
  4. ^ http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/contents/7d66160f1527196/7d66160f152719644.html 『ところざわ歴史物語』
  5. ^ 所沢祭の華 サンバ メンバー300人を擁する浅草サンバカーニバル準優勝チーム リベルダージ によるサンバカーニバル。
  6. ^ 手打ちうどん・焼きだんごMAP - 所沢市観光協会編

外部リンク[編集]

行政
観光