芝草宇宙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
芝草 宇宙
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県所沢市
生年月日 1969年8月18日(45歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト6位
初出場 NPB / 1991年4月24日
CPBL / 2007年3月23日
最終出場 NPB / 2004年9月23日
CPBL / 2007年5月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

芝草 宇宙(しばくさ ひろし、1969年8月18日 - )は、埼玉県所沢市出身の元プロ野球選手投手)。野球解説者、野球指導者。

来歴・人物[編集]

帝京高校高校野球大会に通算3回[1]出場。1987年の第69回選手権大会では2回戦・対東北高校戦でノーヒットノーランを達成(選手権大会史上20人目)するが、野村弘橋本清立浪和義片岡篤史らを擁するPL学園高校に準決勝で敗れた。

同年秋のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズに6位指名され入団。同期入団の島田直也とともにSSコンビと呼ばれた。ドラフト指名の時、当時パ・リーグ広報部長だったパンチョ伊東が彼の名を会場に呼び上げる際、「日本ハム、芝草宇宙(中略)“ひろし”は宇宙、大宇宙、コスモ(と漢字を説明する)」と発表し話題になった。なお、『宇宙』の名前の由来は、生まれた年に行われたアポロ計画アポロ11号の月面着陸)から来ており、それに感銘を受けた父親が名付けたものである[2]

1991年に初めて一軍に昇格し、初登板で完封勝利を達成。1996年1998年に自己最多の7勝を挙げたがシーズン勝ち越しが1度しかなく伸び悩んでいた。1999年以降は投球フォームをオーバースローからサイドスローに変え先発から中継ぎに転向、これが功を奏し2001年から4シーズン連続で50試合登板を達成した。最大の武器であるシュートを軸に、スライダーとのコンビネーションで打者の懐を突くピッチングで活躍した。

2003年9月28日、この前年に球団本拠地の北海道移転が決定していた日本ハムの「東京ドーム本拠地最終戦」で最終回のマウンドを踏んだ。しかし結果は四球による押し出しが決勝点となり、東京時代最後の敗戦投手となる。2004年から2006年まで北海道の緑をイメージした緑色のグラブを愛用しており、日本ハム時代に同僚の入来祐作から「バッタ」と呼ばれていた。自身の公式ブログのバナーにもグラブの写真を載せている。

2005年は一軍登板なしに終わり、オフに投手コーチ就任を要請されるもこれを固辞、戦力外通告を受け、自由契約となった。その後、福岡ソフトバンクホークスにテスト入団したが、故障によりソフトバンクでは一軍登板の機会がなく、2006年10月3日に再び戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトの結果、オランダフーフトクラッセから誘いが来るも断り、2007年台湾興農ブルズのテストを受け合格したが、同年5月20日、興農から戦力外通告を受け、現役引退した。

同年10月13日、パ・リーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦の中継(テレビ埼玉制作)で野球解説者としてデビューした。2008年GAORA日刊スポーツにて本格的な解説業を開始した。

2009年1月30日、社会人野球チームの市民球団かずさマジックのコーチに就任する事が発表された。同年11月2日、かずさマジックからの退団がブログで発表された。

2010年北海道文化放送GAORAの解説者に就任。

2012年に東日本大震災復興支援ベースボールマッチで投手コーチを務めた。

2011年から2012年まで日本ハムの一軍投手コーチを務め、2013年からは同球団のチーム統轄本部アマスカウトを担当している[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 日本ハム 8 4 1 1 0 1 1 0 -- .500 137 30.1 28 1 28 0 0 17 1 0 16 14 4.15 1.85
1992 10 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 134 32.0 30 2 12 1 2 16 2 0 12 12 3.38 1.31
1993 27 2 0 0 0 4 1 2 -- .800 191 43.0 40 2 25 1 1 21 6 0 19 18 3.77 1.51
1994 34 1 0 0 0 4 5 1 -- .444 376 89.2 94 14 24 1 3 50 4 0 41 35 3.51 1.32
1995 17 5 0 0 0 1 4 1 -- .200 204 47.0 50 6 26 0 1 30 1 0 25 25 4.79 1.62
1996 26 22 3 0 0 7 9 0 -- .438 560 130.0 134 17 49 1 3 67 7 0 62 55 3.81 1.41
1997 20 15 4 1 0 3 9 0 -- .250 384 87.1 93 16 33 0 8 30 4 0 53 51 5.26 1.44
1998 25 21 6 1 0 7 11 0 -- .389 620 145.1 144 18 42 0 11 44 10 0 71 63 3.90 1.28
1999 24 7 0 0 0 3 4 0 -- .429 275 57.0 86 9 21 1 3 27 4 0 47 46 7.26 1.88
2000 20 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 71 15.1 19 1 6 0 3 11 0 0 5 5 2.93 1.63
2001 56 0 0 0 0 6 4 2 -- .600 354 85.2 73 12 32 5 7 52 1 0 36 34 3.57 1.23
2002 55 0 0 0 0 4 3 11 -- .571 252 60.1 62 10 13 1 5 50 1 1 26 24 3.58 1.24
2003 58 0 0 0 0 3 2 0 -- .600 277 65.0 71 7 17 2 4 39 1 0 31 29 4.02 1.35
2004 50 0 0 0 0 2 2 0 -- .500 231 53.0 59 8 12 0 4 40 1 0 34 32 5.43 1.34
2007 興農 16 1 0 0 0 2 2 1 3 .500 117 24.2 36 3 6 1 6 12 0 0 18 16 5.84 1.70
NPB:14年 430 77 14 3 0 46 56 17 -- .451 4066 941.0 983 123 340 13 55 494 43 1 478 443 4.24 1.41
CPBL:1年 16 1 0 0 0 2 2 1 3 .500 117 24.2 36 3 6 1 6 12 0 0 18 16 5.84 1.70

記録[編集]

NPB
CPBL

背番号[編集]

  • 29 (1988年 - 2005年)
  • 12 (2006年)
  • 20 (2007年)
  • 77 (2011年 - 2012年)

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]