喜屋武ちあき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きゃん ちあき
喜屋武 ちあき
プロフィール
愛称 きゃんち
生年月日 1984年3月13日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県所沢市
血液型 O型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 90 - 59 - 86 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2004年
ジャンル グラビア
モデル内容 水着
その他の記録
ミスマガジン2004 セミファイナル
モデル: テンプレート - カテゴリ

喜屋武 ちあき(きゃん ちあき、1984年[2]3月13日[1] - )は、日本グラビアアイドルタレント作詞家。愛称は「きゃんち」。

男装グループ風男塾のメンバーとしても活動している。

埼玉県所沢市出身。フィットワン所属。

人物[編集]

  • 芸能界でも群を抜いた知識を持つ、オタクなグラビアアイドルとして認知される。その知識を生かしてアニメ、アニメソング番組でのMCを務めるなどのMC業も行う。
  • 芸能界入りへの発端は原宿でスカウトされた事。ミスマガジン2004セミファイナル。
  • グラビアでは巨乳と幼顔というアンバランスが売りである。2008年頃からグラビアアイドルとしての露出は減っていたが、2013年4月8日発売の週刊プレイボーイにて見事復活を遂げ、現在はグラビアアイドルとしても精力的に活動している。
  • 2006年9月より女性アイドルユニット中野風女シスターズのメンバーとしても活動していたが、中野風女シスターズの男装ver.である風男塾に活動を一本化したことにより、中野風女シスターズは音楽活動を休止。
  • 風男塾ではリーダーを務め、メガネをかけた武器屋桃太郎というキャラを担当している。ユニット内でのイメージカラーは桃色。
  • アイドルの楽曲へ作詞の提供もしている。

エピソード[編集]

  • 名字は所謂沖縄名字であるが、本人は埼玉県所沢市出身である。
  • 漫画アニメコスプレテレビゲームを愛するアイドルとして、「オタク>グラビアアイドル」や「グラビアアイドルの威を借るヲタ」の肩書きを使う。[3]
  • 幼稚園教諭、保母、第一種普通運転免許資格を持つ。
  • 家族構成は父(出版編集者)、父の再婚相手、妹。
  • 家族それぞれの呼び方に特徴があり、父をパパス(ゲーム『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の登場人物から命名)、父の再婚相手をスヌ子(コミック『ピーナッツ』のスヌーピーから命名)、妹をちっち(コミック『小さな恋のものがたり』の登場人物から命名)と呼ぶ。実家ではメイ(映画『となりのトトロ』の登場人物から命名)という犬を飼っている。
  • 犬だけでなく、猫好きでもあるが、猫アレルギーである為、長く接する事はできない。
  • 眼鏡をかけていることもあるが、視力は良好で、両目共に1.5あるらしい。
  • 小中学生時代、友人がおらず、ずっと一人で過ごしていたという黒歴史を公表している。修学旅行では東京ディズニーランドを1人で6時間さまよった事もあったらしい。
  • NHKによるオタク文化に強く傾倒した番組『ザ☆ネットスター!』の試験放送でそのオタクキャラを遺憾なく発揮し、レギュラーに抜擢された。公式サイトには1日5時間ネットを見る「真性ネットマニア」として紹介されているが、実際のところは「パソコンは基本つけっぱなし」であるらしい。現在はMacBook Airを愛用している。
  • あまりにもオタクなキャラクターゆえにモテそうにないという理由で、2008年秋『ザ☆ネットスター!』にて共演した批評家の東浩紀より非モテ認定を受けて以降、モテ本やモテグッズを購入するなどして非モテ脱却を狙っていた。その努力によりモテの極意がわかったとして、「二次元における恋愛の達人、モテアドバイザー」という肩書きを名乗ったところ、周囲の人間の恋愛相談に乗ることが増えたという。
  • 高校生の頃に自身でHTMLを組んでホームページを作り、自作の二次創作小説を掲載していたなど、パソコン&インターネットオタクな一面も持つ。
  • 夏と冬に行われるオタクの祭典「コミックマーケット」にて自身で同人誌を制作し、サークル参加することがある。内容は小説、写真集など様々である。
  • リクルートグループ内のwebコンテンツ「Tech総研」にて2006年2月15日から「テックハニーきゃんちの突撃!会社訪問」という連載を持ち、様々なIT企業に取材を行った。訪れたIT企業は40社を超える。 現在は同じくリクルートグループ内の「CodeIQ」にて「きゃんちのギークガールになりたくて」 を連載中。会社訪問だけでなく、実際に喜屋武がUnity (ゲームエンジン)を使ったゲーム制作なども行っている。他にも、統合型3DCGソフトウェアShadeを使い、3Dモデルを制作し3Dプリンタでフィギュアを作るなどギークガールへの道を進んでいる。
  • 2014年3月13日に30歳の誕生日を迎えた。童顔故に喜屋武の年齢を知らない者から年相応に見られる事はないようだが、自身を「BBA」と呼ぶなどし、アラサーアイドルということをオープンにネタにしている。


オタク趣味[編集]

子どもの頃からいつか新井素子に会う事を夢見て、芸能活動の上でも何度かアプローチをしていたが、タイミングが合わずに断念していた。しかし2013年4月28に行われた“ニコニコ超会議2”のSF大会ブースにてとうとう新井素子との邂逅を果たす。この時2人のトークショウを企画し立会人となったのは作家の川端裕人である。

  • 文章を書くことが好きであると公言し、コラムやレポート記事を書くことも多いが、将来的には物語を書きたいとしている。
  • 2013年からは「千秋らく」というペンネームで作詞家活動を開始。リンクス (アイドルユニット)やAitherなどのアイドルユニットに詞を提供しているが、アニメソングの作詞が一番の目標のようである。
  • ゲーム好きが高じてXbox 360Xbox Liveにて配信される情報番組『インサイドXbox』のナビゲーターを務めていた。『ファイナルファンタジーシリーズ』『ドラゴンクエストシリーズ』などのロールプレイングゲームや、『ときめきメモリアル Girl's Side』、『ネオロマンスシリーズ』などの恋愛ゲーム (ゲームジャンル)HALOなどのFPSもよくプレイする。オンラインPCゲーム『サドンアタック』ではキャンペーンガールとして「司令部広報室 少佐」の名を受けた。特に携帯ゲーム機PSPの『モンスターハンター』のファンである。PSPは何台か所有していて、現在は『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』特別仕様の赤いPSP-2000(通称シャア専用PSP)をメインに使用している。
  • 尊敬する職業に声優をあげると同時に声優志望もあり、アニメ「ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜」のサイマル放送版では、チョイ役ではあるがいくつかのセリフを初生アフレコした。また、2010年3月18日に発売されたPlayStation Portable用ソフト「ガンダムアサルトサヴァイブ」では及川光博と並びプレイヤーとなるパイロットボイスを担当した。
  • 全ジャンルにおいて、特に異世界作品を好み、「異世界同好会 会長」を自称している。
  • 学生時代に見たソルトレイクオリンピックがきっかけでフィギュアスケートに興味を持つ。ソルトレイクオリンピック男子金メダリスト、ロシア人選手のアレクセイ・ヤグディンのファンであり、自身もフィギュアスケートを習うほどのめり込んでいる。
  • アニメソングの他に70年代〜80年代の邦楽を好む。高校時代にはキャンディーズピンクレディーおニャン子クラブなどに憧れを持ち、現在もイベントなどでピンクレディメドレーを熱唱するなどしている。
  • 生まれも育ちも西武沿線ということから、西武線に深い愛着がある。『ぶらかるちゃ』(J:COMチャンネル)では西武沿線が主な対象エリアということもあって、西武線の駅売店でのみ販売されている電車型ストラップ・シールなど自前で購入した西武線グッズを持ち込み、西武線への愛をアピールしている。

交流[編集]

本人は自身をコミュ障と卑下するが、愛ゆえかアニメ業界の知り合いは多い。声優の友人も多いようであり、twitterではよく会話のやり取りが見られる。

中川翔子
女性タレント。中川がタレントとしてブレイクする前に趣味が共通することもあり、とあるオーディションでの出会いをきっかけに親しくなる。喜屋武によるインターネット放送の「ひかり荘」の番組内では、中川は素に近いしゃべりでたびたび電話出演した事がある。「きゃんち」というあだなの名付け親である。喜屋武は中川を「しょこち」と呼ぶ。
小明
女性アイドル。中川の紹介で友達になり、家に泊まる仲。温泉施設に行こうと誘った事があるが断られる。小明は喜屋武の巨乳をからかう時に使用される「喜屋武山脈」の命名者でもある。喜屋武は小明を「あかりん」と呼ぶ。
乾曜子
女性アイドル。家が近く、趣味が似ているためグループ初期頃から特に仲がよい。かゆみ止め薬のムヒを借りるためだけに乾家の玄関前に立っていたほど親密である。喜屋武は乾を「よきゅ」と呼ぶ。
斎賀みつき
女性声優。頻繁にモンハン会(家庭用ゲーム機で遊ぶ集会)や食事、温泉旅行などに同行している。喜屋武は斎賀を「斎賀さん」と呼ぶ。
岩井由紀子
元女性タレント。元おニャン子クラブメンバー。喜屋武は1980年代アイドルのファンであり、ブロマイドを所有している。一緒にカラオケに行った事がある。喜屋武は岩井を「ゆうゆ」と呼ぶ。
金田朋子
女性声優。NHKの番組で知り合いメールアドレスを交換した声優。一緒に焼肉屋に行った事がある。金田曰く「とてもやさしくしてくださっている」。喜屋武は金田を「かねともさん」と呼ぶ。
水木一郎森口博子池田秀一潘恵子
それぞれ男性歌手、女性歌手、男性声優、女性声優。度々仕事の共演がある他、会食などプライベートでの交流が続いている。
田中公平
男性作曲家。NHK「BS熱中夜話」テーマ「アニメソング」の回にて共演後交流が続き、田中公平は自身のイベントにアシスタントとして喜屋武を起用し「魂のレベルの高さには、驚かされました」などと語っている。喜屋武は田中を「公平さん」と呼ぶ。
能登有沙
女性タレント。ガンダム関係の仕事で知り合う。最初はアドレスを交換できなかったが、ラジオ番組内で能登が「友達になってください。って言われたんですよね。私、ほんとに嬉しくて。」と発言。のちに喜屋武の方から誘って夜デートを果たす。コミュニケーション・サービスのツイッター内でも会話のやりとりをすることがある。喜屋武は能登を「のっち」と呼ぶ。
吉木りさ
女性アイドル。同じ事務所の友達で腐女子仲間。
井上伸一郎
角川書店の元社長。テレビ番組で共演があった他、同じガンダム好きとして知られ、今も交流が続いている。

出演[編集]

TVバラエティ[編集]

TVドラマ[編集]

映画[編集]

  • ゲーム☆アクション - 悪の組織に間違えてCMオーディションに来た自称新人アイドル3人の内の1人として出演。2009年。
  • 貞子3D - 劇中歌を歌う3人組アイドルユニット「Android」Aさん、Bさん、Cさんの一人三役で出演。2012年角川映画配給。

ラジオ[編集]

  • DJ Tomoaki’s Radio Show!(下北FM、2010年9月30日※ゲストとして出演)
  • The Nutty Radio Show おに魂 (NACK5、2010年12月8日※吉木りさのピンチヒッターとして登場)
  • Live!エレうた!いつバンドやるの?いまでしょ!(NHKラジオ第1、2013年8月23日) - MC

Web[編集]

携帯サイト[編集]

舞台[編集]

  • 北野吉本(2005年5月22日、ルミネtheよしもと)初舞台
  • 第6回ショートケーキ バレンタインSP公演(2010年2月14日、原宿アストロホール、劇団ショートケーキ)
  • アリスインプロジェクト「ライン♪」(2011年8月4日、銀座博品館劇場) 片岡観音子 役(日替わりゲスト)
  • RxR「虹色の輪舞曲~ロンド・デュ・ラルカンシェル~(8色のオクテット)」(2012年1月26日-29日、SPACE107)
  • 月下のオーケストラ(2012年4月11日、シアターグリーン) 日替わりゲスト
  • KOYA・MAP+アニソンぷらす「喝采」アニソンミュージカル.ver (2012年10月31-11月4日、前進座劇場)

CD[編集]

ゲーム[編集]

ビデオ・DVD[編集]

  1. Pure Smile(竹書房、2003年)
  2. Can can!(GIRLS' RECORD、2004年)
  3. ガチンコ水泳・バトル大会(GIRLS' RECORD、2004年)
  4. Love Lovery(ラインコミュニケーションズ、2005年)
  5. はじめての反抗(フォーサイド・ドット・コム、2005年4月25)
  6. またたびぷぅ(i-cf、2006年2月25)
  7. Pleasure Kiss(イーネット・フロンティア / TAO、2006年3月24)
  8. i Can!!!(Marine、2006年8月11)
  9. GIRLS' RECORD - DECORATION CAKE -(GIRLS' RECORD、2006年11月24)※オムニバス
  10. 改造巨大ヒロイン YURIA~鼓動~(ZENピクチャーズ、2006年11月24)※Vシネマ
  11. 改造巨大ヒロイン YURIA~波動~(ZENピクチャーズ、2006年12月22)※Vシネマ
  12. With you(ペイ・パー・ビュー・ジャパン、2007年2月28)
  13. ちあキッス(フォーサイド・ドット・コム、2007年)
  14. きゃんち myself(エイベックス・マーケティング、2008年)
  15. グラドル千本ノック 巨乳軍vs.美乳軍(ジェネオンエンタテインメント、2008年、監督:河崎実
  16. fitoneガールズ~森島ちあき~(ソニー・ミュージックディストリビューション、2009年1月28)
  17. B型TV(ソニー・ミュージックディストリビューション、2009年2月25)※バラエティ
  18. きゃん式(ソニー・ミュージックディストリビューション、2009年3月11)
  19. もえキャン(アドバンスエージェンシー、2010年)
  20. 僕の彼女(竹書房、2013年)
  21. 再会 〜Precious time (マックス、2013年)
  22. 悪戯シンドローム (イーネット・フロンティア、2014年8月22)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • CANDY(彩文館出版、2003年)
  • 喜屋武ちあき私的写真集(フィットワン、2012年)
  • COSPLAY made in Japan(出版共同流通株式会社、2012年)※写真家・須崎祐次の作品集。喜屋武はモデルとして参加。

デジタル写真+ムービー作品集[編集]

  • 「KYAN COLLECTION/Vol1」喜屋武ちあき DOCUMENTARY FILM(ファンプラス・Gザテレビジョン、中村功撮影、PLUS配信2011年6月15日)
  • 「KYAN COLLECTION/Vol2」喜屋武ちあき PHOTOGRAPH COLLECTION(ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信、中村功撮影、2011年6月25日)

連載[編集]

雑誌
web
  • 喜屋武ちあきの腐女子道(まんたんブロードネット版「まんたんウェブ」)
  • 喜屋武さん、これできますか?(ITmedia +D Games)
  • テックハニーきゃんちの突撃☆会社訪問(Tech総研
  • テックハニーのただいま特訓中(Tech総研)
モバイル

活動[編集]

作詞[編集]

『千秋らく』(最初は「千秋楽」と表していた)名義で詩の提供をしている。

  1. 甘いミント(リンクス、2sg「ホメノビ☆じゃぱんだ」c/w、2013年8月27日)
  2. 1 carat star(Aither、3sg「evolution」M3、2014年4月30日)
  3. ツバサノウタ(リンクス、1stALBUM「LINKS to You」M2、2014年9月3日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社2013年
  2. ^ 2013年1月1日にオフィシャルブログにて公表。それまでは1986年生まれ、のちに年齢非公表としていた。
  3. ^ 「きゃんちまいんち!」のブログ内でも記載[要文献特定詳細情報]
  4. ^ 初回特典として、本人のコメント入りCDが封入された。また2010年3月14日に行われた発売記念ライブにも参加し、「魔法使いサリー」のみを歌った。

外部リンク[編集]

過去のブログ[編集]