防衛医科大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
防衛医科大学校
National Defense Medical College.JPG
大学校設置/創立 1973年
大学校種別 省庁大学校
設置者 防衛省
本部所在地 埼玉県所沢市並木3-2
キャンパス 所沢(埼玉県所沢市)
学部相当 医学教育部医学科、看護学科
研究科 医学教育部医学研究科
ウェブサイト 防衛医科大学校公式サイト

防衛医科大学校(ぼうえいいかだいがっこう、英語:National Defense Medical College)は、埼玉県所沢市並木3-2に本部を置く日本省庁大学校である。1973年昭和48年)に設置された。大学校の略称は防衛医大、防医、NDMC等。

概観[編集]

大学校全体[編集]

医師である幹部自衛官の養成や、自衛隊医官旧軍軍医に相当)の教育訓練を目的に昭和49年(1974年)に開設された。初代学長松林久吉歯科医師の養成機関はない[1]行政機関の分類上は防衛省施設等機関に分類され、文部科学省が所管する大学とは異なるが、医科大学に準じた取扱いがなされている。

大学(校)側が学費を負担する目的別医科大学(校)の一つである。入学した学生は定員外の防衛省職員自衛隊員特別職国家公務員)となり、大学校の入学金と授業料は無料で、医学科と看護学科自衛官コースの場合、毎月の学生手当(給与)と年2回の期末手当(2013年時点の初任給は月額108,300円)、および被服が支給される。[2]。一方、看護学科技官コースの場合、身分は特別職国家公務員(非常勤職員)で、2014年4月採用の手当は非常勤職員手当として時給830円程度が支給される。賞与は無いが、アルバイトは届出をすることで可能。制服は貸与となる。

医学科学生の場合、卒業後は、医科幹部候補生として陸上海上航空の各幹部候補生学校で約6週間の教育訓練を受け、医師国家試験に合格後、幹部自衛官(2等陸・海・空尉)に任官する。2年間の初任実務研修(防衛医科大学校と自衛隊中央病院臨床研修)を受けるが、大学の医学部で実施されているマッチングは行われていない。その後、自衛隊病院部隊などで勤務する。
看護学科看護コースの場合、卒業後、陸、海、空の自衛隊の幹部候補生学校及び自衛隊病院で、所定の教育訓練及び新人看護職員研修を受け、その後、陸、海、空自衛隊保健師看護師である幹部自衛官として自衛隊病院や部隊で勤務する(海、空は若干名)。技官コースは、卒業後、研修を経て、保健師看護師である技官として防衛医科大学校病院で勤務する。

医学科卒業生で、9年以内に自衛隊を退官する場合は、大学校卒業までの経費(最高5,021万円)を国庫に返還する必要がある。しかし、近年は受診者が頑健な自衛官及びその家族に限定されている自衛隊病院にいては様々な症例に接したり、手術等の臨床経験を積むことが困難であり、医師としてのスキルアップに不安がある等の理由から、3分の1の者が9年の年限を待たずに退官している[3]
看護学科卒業生は、卒業後6年未満で離職する場合、卒業までの経費を償還することになる。

大学校には、内科精神科等の15の診療科がある特定機能病院防衛医科大学校病院、傷病者の診断治療救急救命に必要な研究・開発を行う防衛医学研究センター、看護師を養成する高等看護学院(3年制)が設置されている(2014年4月に4年制の「看護学科」を設置。これに伴い、防衛医科大学校高等看護学院と自衛隊中央病院看護学院は募集を停止し、2017年3月に廃止。[4][5])平成23年度予算額は約207億円。

設立当初は男子のみが応募条件を有する男子校であったが、昭和60年(1985年)入校の第12期から女子も応募が可能となり、共学化された。なお、防衛大学校の共学化はこれより遅れること7年、平成4年(1992年)度入校の第40期からである。

入試[編集]

本校は通常の大学と同様に入学試験を行っているが、その応募資格として日本国籍を有する者、入校年度の4月1日時点で18歳以上21歳未満であることが条件。一次試験は択一式(国語・数学・英語)と記述式(国語、外国語、物理・化学・生物から2科目選択の理科、数学)二次試験は、口述試験と小論文試験、及び身体検査がそれぞれ実施される。防衛大学校と同様、一次試験が毎年秋ごろに入試シーズンに先駆けて各地方で行われ、受験料も無料であることから、受験生は他大の医学部及び難関大学等を併願していることが多い。なお、一次試験の択一式において一定の得点に達しなかった受験者については、記述式の採点が行われない場合がある。 入試の詳細については、自衛官募集ホームページ[6]に掲載されている。

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1973年昭和48年)11月 - 防衛医科大学校設置
  • 1974年(昭和49年)4月 - 医学科学生の教育を開始(航空自衛隊入間基地内仮校舎)
  • 1975年(昭和50年)8月 - 本校舎に移転
  • 1975年(昭和50年)9月1日 - 高等看護学院設置
  • 1977年(昭和52年)12月 - 防衛医科大学校病院設置
  • 1980年(昭和55年)3月 - 医学科1期生卒業
  • 1985年(昭和60年)4月 - 女子が初入校
  • 1987年(昭和62年)6月 - 医学研究科設置(学校教育法に基づく大学院医学研究科に相当)
  • 1992年(平成4年)3月 - 医学科卒業生と医学研究科修了生に学位授与機構から学位[7]の授与が開始される
  • 1996年(平成8年)10月 - 防衛医学研究センター設置
  • 2007年(平成19年)3月28日 - 防衛医科大学校に「幹事」を設置、学生部訓練課を廃止
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 防衛医科大学校病院輸血部及び分べん部を廃止し、輸血・血液浄化療法部及び腫瘍化学療法部を設置
  • 2014年(平成26年)4月 - 看護科を設置。高等看護学院の募集は2013年度入学生を最後に停止[4]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

校章[編集]

校章は、日本の国花である、平和を意味する、医学のシンボルである蛇杖を組み合わせて形作られている。この校章は日本の独立と平和を守り、医学の研鑽に励むことを意味している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

医学教育部[編集]

  • 看護学科
    2014年4月に4年制の看護学科が開設され、新入生を自衛官コースと技官コースに分けて募集された。自衛官コースと技官コースの併願は不可。
  • 医学研究科(大学院相当)
    • 総合基礎医学群
      • 総合生理学系(専攻分野:解剖学、生理学、生化学、薬理学、医用電子工学、分子生体制御学)
      • 総合病理学系(専攻分野:病理学、微生物・免疫学、寄生虫学)
      • 総合社会・環境医学系(専攻分野:衛生学、公衆衛生学、法医学)
    • 総合臨床医学群
      • 救急医学及びプライマリー・ケアー医学系(専攻分野:総合内科学、外科系プライマリー・ケアー学、救急医学、集団臨床医学、臨床病理学、麻酔・蘇生医学、成長発達臨床医学)
      • 成人医学系(専攻分野:循環器病学、呼吸器病学、消化器病学、腎臓病学、内分泌・代謝病学、アレルギー・膠原病学、血液病学、神経病学、精神科学、整形外科学、皮膚科学、泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、産科婦人科学、放射線医学、口腔外科学)
  • 動物実験施設
  • 共同利用研究施設

付属機関[編集]

  • 防衛医科大学校病院
    • 診療各科(内科、精神科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産科婦人科、放射線科、麻酔科、形成外科、歯科口腔外科)
    • 臨床検査等に関する部(検査部、手術部、放射線部、材料部、救急部、リハビリテーション部、総合臨床部、集中治療部、医療情報部、光学医療診療部、輸血・血液浄化療法部、腫瘍化学療法部、薬剤部、看護部)
  • 防衛医学研究センター
    • 外傷研究部門
    • 医療工学研究部門
    • 異常環境衛生研究部門
    • 行動科学研究部門
    • 情報システム研究部門
  • 高等看護学院
    3年制。看護学科新設のため募集停止。2016年3月の教育終了をもって自衛隊中央病院高等看護学院とともに廃止予定
  • 図書館

学生生活[編集]

  • 学生は、大学校敷地内の学生舎での集団生活が義務付けられており、集団行動と規則正しい生活により、自衛官としての礼儀作法を身につけることとなるが、看護学科技官コースの場合、大学校敷地外からの通学が可能で、交通費も支給される。ただ、希望者は学生寮に有料で入寮でき、食事も有料でできる。
  • 実践的な面での能力を身に付けるため、1~3学年は春と夏の2回、4、6学年は春の1回、2年生のみ冬にスキー訓練と、通常のカリキュラムに加え各種訓練も行われる。
  • 制服は、男子学生は防衛大学校のもの(防衛大学校本科学生の制服)とほぼ同じであるが、女子学生は大きく異なっている。防衛大生の女子は、帽子もつば付きの官帽で、男子のものと同じ。制服も詰襟、蛇腹付きの旧海軍兵学校のものと酷似している。上着は男子と全く同じで、ただ、スカートをはくところだけが異なっているが、防衛医大の女子は、帽子は、陸上自衛隊の女子用制帽と酷似している(色は濃紺で幹部自衛官と同じように金モールの顎紐がつく。夏でも白い覆いはつけない)。上着は濃紺のブレザーで、シングルボタン、ネクタイを締める。夏服は上下ともに同じデザインで、色は白である。
  • アメリカ合衆国陸軍士官学校(通称ウェストポイント)では学生結婚が厳禁とされているが、防衛医科大学校では認められている。
  • 学生の日課は以下のようになっている。
06:30 起床・日朝点呼
08:00 朝礼・国旗掲揚
08:30 午前課業開始・授業開始
11:45 午前課業終了・昼休み
13:00 午後課業開始・授業開始
17:00 午後課業終了
17:15 国旗降下
20:50 日夕点呼
24:00 消灯
  • 平日(月~木)の外出は許可制であり、17:00~20:00まで認められる。病院実習(BSL)が始まると、この通りにはできないため、この日課は原則1~4年生にのみ適用される。平日の外出も許可が不要となる。防衛医科大学校30期以降は新カリキュラムの影響で4年生の12月頃から第2大隊に準じた生活となる。
  • 一年の夏休み明けより、基本的に金曜の午後5時から日曜の夜10時30分までの外出ができる。

学生隊[編集]

学生全員を以て学生隊を編成することとなっている。学生隊は2個大隊からなり、第1大隊には1~4学年、第2大隊には5~6学年が編成される。第1大隊は4個中隊、第2大隊は2個中隊からなり、中隊は2個小隊からなり、小隊は約30名からなる。そして、それぞれに学生長が置かれることとなる。

中隊のうち第1、第3、第4中隊は男子、第2中隊は女子のみで1~4学年が混合で編成されている。第5、第6中隊は男女混合であり、それぞれ5学年、6学年のみで編成されている。夏休みは25日程度、冬休みは14日程度、春休みは7日程度与えられている。

クラブ活動[編集]

運動系のクラブ活動(部活)を運営する学生間では一つ以上の部活に参加することが義務づけられているが、防衛医科大学校カリキュラム上の必修ではない。

2009年現在の運動系の部活には、合気道部、空手道[1]弓道部、剣道部、硬式テニス部、柔道部、水泳[2]スキー部、躰道部、バスケットボール部、バドミントン[3]バレーボール部、ハンドボール部、野球部、ラグビー[4]サッカー部、陸上部、レスリング部がある。かつては馬術部も存在した。

2009年現在は東日本医科学生総合体育大会に参加しているが、大学校設立当初は『文部省管轄の「大学」ではない』という理由から参加が認められていなかった。

大学校関係者と組織[編集]

大学校関係者一覧[編集]

防衛医科大学校の人物一覧

施設[編集]

キャンパス[編集]

所沢キャンパス[編集]

[編集]

学生寮として、大学校敷地内に学生舎がある。

対外関係[編集]

関係校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 歯科医師・薬剤師・臨床検査技師の募集形態は一般幹部候補生と同じ
  2. ^ このように給与のある大学校は他に防衛大学校気象大学校海上保安大学校航空保安大学校がある(大学校を参照)
  3. ^ 平成18年4月14日の衆議院厚生労働委員会における防衛庁の答弁。
  4. ^ a b 自衛隊法等の一部を改正する法律(法律第百号、平成24年11月26日公布:官報号外平成24年11月26日第55~56面を参照)
  5. ^ 「防衛省・平成23年度概算要求の概要」15頁を参照
  6. ^ 防衛医科大学校学生(自衛官募集ホームページ)
  7. ^ 医学科卒業生には「学士(医学))」、医学研究科修了生には「博士(医学)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度48分13.7秒 東経139度28分03.3秒 / 北緯35.803806度 東経139.467583度 / 35.803806; 139.467583