みずほ台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みずほ台駅
東口(2012年9月)
東口(2012年9月)
みずほだい - Mizuhodai
TJ-15 柳瀬川 (1.3km)
(1.4km) 鶴瀬 TJ-17
埼玉県富士見市東みずほ台二丁目29-1
駅番号 TJ-16
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 20.6km(池袋起点)
電報略号 ミホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
40,451人/日
-2012年-
開業年月日 1977年昭和52年)10月21日
備考 1927年(昭和2年) 当地に水谷信号所開設
西口(2004年11月14日)
西口(2004年11月14日)
改札口(2009年2月12日)
改札口(2009年2月12日)

みずほ台駅(みずほだいえき)は、埼玉県富士見市東みずほ台二丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号TJ-16

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。

出口は西口と東口の2か所がある。ホームと改札口との間はエレベーターエスカレーター(上りのみ)・階段で連絡している。西口から改札口までは上りエスカレーター、東口側にはエレベーターが設置されている。3基のエレベーターは直進2方向型出入口で車椅子にも対応しており、エレベーターと改札内の多機能トイレ設置費用の一部は国土交通省および富士見市・三芳町が負担している。エレベーター設置に際しては、支障となる発車標電線を吊るしている鉄塔が移設された。

2007年12月から2008年1月にかけて改修工事が行われた。

東口・西口とも東武ストアが入居する駅ビルとなっている。東口側はロッテリアくらづくり本舗などの店舗、上層階はマンションである。西口側は、2階にTSUTAYA、1階にはサンクスみずほ台西口店(サンクスモデル店)、ドトールコーヒーなどの店舗がある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東上線 下り 川越坂戸森林公園小川町方面
2 東上線 上り 朝霞台和光市池袋方面
Y有楽町線 新木場F副都心線 渋谷東急東横線 横浜みなとみらい線 元町・中華街方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員40,451人である[2]

近年の1日平均乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員
1987年(昭和62年) 33,701 17,124
1988年(昭和63年) 38,918 19,582
1989年(平成元年) 41,015 20,679
1990年(平成02年) 43,354 21,899
1991年(平成03年) 46,334 23,404
1992年(平成04年) 47,638 24,211
1993年(平成05年) 44,120 22,423
1994年(平成06年) 43,421 22,044
1995年(平成07年) 44,179 22,362
1996年(平成08年) 44,137 22,374
1997年(平成09年) 43,889 22,258
1998年(平成10年) 43,792 22,180
1999年(平成11年) 43,807 22,151
2000年(平成12年) 43,601 22,033
2001年(平成13年) 43,766 21,831
2002年(平成14年) 43,241 21,549
2003年(平成15年) 43,001 21,451
2004年(平成16年) 42,387 21,099
2005年(平成17年) 41,853 20,846
2006年(平成18年) 41,496 20,642
2007年(平成19年) 41,660 20,741
2008年(平成20年) 41,573 20,798
2009年(平成21年) 41,169 20,620
2010年(平成22年) 40,836 20,458
2011年(平成23年) 39,894 19,969
2012年(平成24年) 40,451

駅周辺[編集]

みずほ台駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真(国土交通省)より) 駅開業3年前

駅周辺地域には住宅や団地が広がり、ベッドタウンの様相を見せているのに加え、多数の店舗が集積している。周辺踏切の幅員は狭く、自動車を利用するには不便だったが、何度か拡幅工事が施工された。

パチンコ店が多く出店している激戦区である。

学習塾も多数進出している。駅周辺に計15校以上に及ぶ。埼玉県南部はニュータウンが多く(住民全体の年齢が若いのでその結果)、児童生徒もまた多いことが、特に小中学生を対象とする私塾の数に現れている。

東口[編集]

西口[編集]

  • 富士見市役所 みずほ台出張所
  • 富士見みずほ台郵便局 - 駅最寄り、鶴瀬駅方向に徒歩5分。
  • 三芳みよし台郵便局
  • JAいるま野 みずほ台支店
  • 武蔵野銀行 みずほ台支店
  • 淑徳大学 埼玉キャンパス - 西隣の入間郡三芳町に所在する。西口近くのスクールバス乗り場からバスで約7分。

バス[編集]

東口

かつては東武バスウエストが志木駅行のバスを運行していたが、2012年6月24日をもって廃止された。

西口

駅名の由来[編集]

開設当時の駅所在地が「富士見市水子」であったため「水子駅」としようとした。しかし、「水子」には流産した胎児を指すことから印象が芳しくないため、響きの似た「みずほ」を用いて「みずほ台」とされた。「みずほ」にはイネを意味する「瑞穂」「水穂」の意があり、特に前者は日本の美称ともされる。

「水子」[編集]

「水子」という地名の由来の説は二つある。

  • 古代には武蔵野台地の東端で、すぐそばまで海が迫っていた当地周辺の台地の至る所に湧き水があり、水処(みずこ)と名づけられ、それが「水子」となった。
  • 「水子伝説」 - 旅の僧を泊めたところその家の娘が妊娠し、再び現れた僧をなじると僧は祈祷を行い、腹の子が水となって流れて行ったというもの。

その他[編集]

  • ふじみ野駅が開業する前は、当駅を急行の緩急接続駅とし、島式ホーム2面4線にする計画が存在していた。これは、ふじみ野駅周辺は大土地主がいたため、新駅を設置することは難航されると予想されていたからである。
  • 駅開業後しばらくの間、駅舎は志木寄りのホーム端部にあり、ホーム上屋も端から2両分だけであった。後に旧駅舎は撤去されたが、駅ホームから踏切の間に出入口の基礎を確認することができる(残っているのは西口側のみ)。
  • 新駅舎は1981年の東口駅ビルの完成に伴い使用を開始した。西口駅ビルは駅開業後まもなくして建設されたが、駅とは連絡しておらず、厳密には駅ビルではなかった。新駅舎建設の際、東武ストアの三井銀行(当時。現在のサンクス、TSUTAYA)寄り部分を連絡口として改修、転用したことで駅ビルの形となった。このため、同店の店舗面積はビル開業当初よりも縮小されている。

隣の駅[編集]

東武鉄道
東上本線
TJライナー・快速急行・快速・急行
通過
通勤急行・準急・普通
柳瀬川駅 (TJ-15) - みずほ台駅 (TJ-16) - 鶴瀬駅 (TJ-17)

脚注[編集]

  1. ^ 官報では1月1日水谷停留場を設置し貨物運輸営業を開始「地方鉄道駅設置」『官報』1927年1月27日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 東武鉄道 駅情報(乗降人員)
  3. ^ 埼玉県統計年鑑
  4. ^ 関東交通広告協議会レポート

関連項目[編集]

外部リンク[編集]