ライフバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ライフバス
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ライフバス
本社所在地 日本の旗 日本
354-0024
埼玉県富士見市鶴瀬東2-10-11
事業内容 乗合バス事業
代表者 代表取締役社長 照井 誠
テンプレートを表示

株式会社ライフバスは、埼玉県富士見市鶴瀬東2丁目10-11に本社を置く、乗合バスを運行する会社である。

概要[編集]

埼玉県富士見市入間郡三芳町・旧入間郡大井町(現ふじみ野市)内で7系統の路線バスを運行する企業。大半の路線が鶴瀬駅西口から出ており、そのほとんどが入間郡三芳町内を通るため、特に同町にとっては重要な公共輸送事業者である。また、バス停のポールが「つるくん」「みよちゃん」と言った、背丈を計れる物差しの付いたマスコットキャラによるものも存在している。

沿革[編集]

東武東上線沿線において既存のバス事業者であった東武バス(現東武バスウエスト)や西武バス、あるいは国際興業などが、三芳町など東入間地域で積極的にバス路線を展開しなかったため、当地において地域住民の足として乗合バス事業を行うために創業された会社である。当初は会員制で運行していたが、現在では通常の路線バスとなっている。

本社・営業所[編集]

現行路線[編集]

  • 鶴瀬駅西口発
    • 1 鶴瀬駅西口 - 北永井 - 鶴瀬駅西口<三芳北永井循環線>
    • 4 鶴瀬駅西口 - 三芳中学校 - 西原住宅 - 三芳中学校 - 鶴瀬駅西口<西原住宅循環線>
    • 5 鶴瀬駅西口 - 三芳中学校 - みずほ台駅西口折り返し線
    • 6 鶴瀬駅西口 - 三芳中学校 - ふじみ野駅西口折り返し線(上富経由/セントラル病院経由)
    • 7 鶴瀬駅西口 - 北永井 - ふじみ野駅西口折り返し線
  • 鶴瀬駅東口(鶴瀬駅前市場)発
    • 3 鶴瀬駅東口 - 富士見ニュータウン折り返し線
鶴瀬駅東口は交通広場未整備のため、東武バスウエストや富士見市内循環バスなどの乗場とは異なる。
  • ふじみ野駅東口発
    • 2 ふじみ野駅東口 - 富士見ニュータウン折り返し線

運賃[編集]

前乗り先払い方式を採用しており、均一料金(運賃)制だが、富士見ニュータウン方面路線とその他の路線で金額が異なる。なお、バス共通カードの利用はできず、今後使用できる見込みやPASMOへの加盟予定もない。

  • 富士見ニュータウン線(②・③番線)
    • 均一200円(小人100円)
  • その他の路線
    • 均一210円(小人110円)

車両[編集]

当初はいすゞMRなどの小型バス(前後折戸ドア式)を使用していたが、最近では中型車(前中折戸、前中引戸ドア式)の導入が進んでいる。また、近年では比較的利用者の多い路線ではいすゞ・エルガミオなどの中型車、それ以外の路線ではそれらに加え、以前からの小型車(三菱ふそうのMJ、7mエルガミオなど)を使用している。

その他[編集]

  • かつては会員制だったが、現在では実質的に一般の乗り合いバスである。その転換時の名残か、鶴瀬駅東口の乗場には「誰でものれるライフバス駅前のりば」の看板がある。
  • 富士見ニュータウン方面路線以外は「料金変更境界線」が存在する2区間制の信用方式だったが、2009年12月1日より、一般割引運賃(190円区間運賃)を廃止し、全線210円均一制運賃となった[1]
    • 旧料金体系
      • 料金変更境界線をまたがない区間…190円(小人100円)
      • 料金変更境界線をまたぐ区間…210円(小人110円)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]