東松山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東松山駅
東口(2011年11月)
東口(2011年11月)
ひがしまつやま - Higashi-matsuyama
TJ-28 高坂 (3.7km)
(2.7km) 森林公園 TJ-30
所在地 埼玉県東松山市箭弓町一丁目12-11
駅番号 TJ-29
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 49.9km(池袋起点)
電報略号 マツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
30,180人/日
-2010年-
開業年月日 1923年(大正12年)10月1日
備考 1954年(昭和29年)に武州松山駅から改称
業務委託駅 
旧東松山駅東口(2004年11月29日)

東松山駅(ひがしまつやまえき)は、埼玉県東松山市箭弓町一丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ-29

歴史[編集]

  • 1923年(大正12年)10月1日 - 東上線坂戸町 - 武州松山間開通の際に武州松山駅として開業。所在地が当時の比企郡松山町であり、愛媛県松山市伊予鉄道松山駅(現・松山市駅[1]との混同を避けるため、武蔵国を意味する「武州」を冠した。
  • 1954年(昭和29年)10月1日 - 東松山市発足により東松山駅に改称。
  • 1959年(昭和34年) - 東口駅前に鳥居が建設される。
  • 1968年(昭和43年) - 高坂 - 当駅間の複線化と同時に構内旅客配線を2面3線から2面4線に改良。改札内の各ホーム間を連絡する跨線橋が完成。2代目駅舎完成(下記橋上駅舎完成後は東口入口となりテナント店が入居して2008年まで現存していた)。
  • 1973年(昭和48年) - 現行の橋上駅舎(3代目駅舎)が完成。西口完成。
  • 1977年(昭和52年)10月21日 - 当駅と森林公園間の2.7kmが複線化。これに伴い当駅発着の列車は全て森林公園駅発着となり、不要となった外側2線が撤去され現行の対向式ホーム2面2線化、駅構内の分岐器も廃止され、停車場から停留場に格下げされる。
  • 1997年(平成9年)3月 - エスカレータが設置される。
  • 2006年(平成18年)10月 - 事務室側自動改札機1通路をバリアフリー化(車椅子通行可能)。
  • 2008年(平成20年)6月14日 - 東松山駅東口駅前広場整備事業により東松山市ステーションビルと南側広場が暫定開業。
  • 2008年(平成20年) - 東口の鳥居が撤去される。
  • 2010年(平成22年)4月6日 - 東松山駅東口北側広場完成。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。改札階とホーム間を連絡するエスカレーターエレベーターが設置されている。

かつては島式ホーム2面4線[2]で、当駅を始発・終着とする列車も設定されていたが、森林公園駅までの複線化完成時に外側2線が撤去され、現行の形態となった。

駅舎内には、東上線定期券販売所、バス定期券・乗車券販売所、東武ブックス書店、コーヒーカフェ・コロラドなどが入居している(書店は、2009年春にリニューアルオープン)。

東松山駅周辺整備計画事業に合わせて、東口には2008年6月14日正午に市役所行政サービスコーナー・東松山駅前交番などが入居する「東松山市ステーションビル」が開業し、改札階への出入口が変更された。東松山市はオランダヘルダーラント州ナイメーヘン市姉妹都市提携していることから、ステーションビルの外壁にはレンガを使用している。既存の駅舎は1974年に建設されたものだが、2008年から2010年にかけてエレベーターの新設などを含めた改良工事が施工されている。2008年度は、エレベーター、オストメイト・多目的シート・ベビーチェアが設置された多機能トイレ、ベビーチェアが設置された一般トイレ、発車標コンコースへの新設、ホームに設置されたものの更新、ピクトグラムを使用した出口案内板を新設した。2009年度には、ホーム屋根の更新、壁塗装の塗り替え、二重手すり化、既存駅舎の外壁をレンガに変更された。加えて西口の駅舎改良・耐震補強工事も実施された。また同年冬頃には、自動券売機周辺のリニューアルが行なわれ、完成後に駅構内触地図が設置された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東上線 下り 森林公園小川町寄居方面
2 東上線 上り 川越和光市池袋方面
Y有楽町線 新木場F副都心線 渋谷東急東横線 横浜みなとみらい線 元町・中華街方面
  • ホームでは上記のように案内されているが、1番線から寄居駅まで直通する列車は設定されておらず、東武竹沢駅から先の寄居方面は小川町駅で乗り換えとなる。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員29,684人である[3]。高度経済成長期は東京のベッドタウンとして栄えたものの、近年は都心回帰の機運から減少傾向が続いており、2011年度には3万人を下回った。

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は以下の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1954年(昭和29年) 8,346 4,244
2001年(平成13年) 32,534
2002年(平成14年) 31,982 16,162
2003年(平成15年) 31,756
2004年(平成16年) 31,562
2005年(平成17年) 31,490
2006年(平成18年) 31,471 15,871
2007年(平成19年) 31,277 15,794
2008年(平成20年) 31,089 15,673
2009年(平成21年) 30,527 15,359
2010年(平成22年) 30,180 15,147
2011年(平成23年) 29,816 14,927
2012年(平成24年) 29,684

駅周辺[編集]

東口[編集]

東口北ロータリー(一般車用)(2010年4月9日)
東口北ロータリー(一般車用)
(2010年4月9日)
東口南ロータリー(バス、タクシー用)(2010年4月9日)
東口南ロータリー(バス、タクシー用)
(2010年4月9日)

東口周辺は東松山市の中心地を形成する。特に駅前から市役所にかけての「ぼたん通り」と「まるひろ通り」は市内を代表する商店街である。駅舎の南北には共にロータリーが設置されており、南側はバス・タクシー用、北側は一般車用のロータリーとなっている。また駅舎からはぼたん通り入口にかけてペデストリアンデッキが設置されている。北側ロータリーの北側は複合商業施設が建設される予定だったが、長引く不況により進出予定企業が撤退して中止となったため、暫定的に公園とコインパーキングとして整備されている。なお、タクシーは南側ロータリーに常駐している。2012年現在、東松山駅周辺整備計画事業が実施されている。

西口[編集]

西口は民家が多く、東口に比べると閑静である。また、東口ほど台数はないがタクシーが常駐している。

バス[編集]

路線バス[編集]

当駅は、鴻巣駅・熊谷駅・川越駅といった各方面の駅への連絡バスが発着する拠点となっている。なお、東松山駅東口から松山神明町・六反町・上沼の各停留所までの運賃は100円となっている。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
東松山駅東口 1 東松07 上沼・市民病院東・沢口町・東平 マイタウン循環(東松山駅) 川越観光自動車
2 熊谷駅線 上沼・東平・上岡・上岡地蔵前 熊谷駅(北口) 国際十王交通
3 東松02 六反町・百穴前・比企吉見農協 鴻巣駅(東口)
免許センター
川越観光自動車
東松10 六反町・文化センター前 パークタウン五領 川越観光自動車
4 川越02 松山神明町・古凍・八幡団地・神明町車庫 川越駅(東口) 東武バスウエスト
大谷コース 市役所・市民病院・東松山ぼたん園 東松山駅東口 東松山市内循環バス 日曜祝日運休
野本・高坂コース
(ショートコース)
東松山警察署前・ピオニウォーク前・高坂駅東口 高坂駅西口 東松山市内循環バス 日曜祝日運休
野本・高坂コース
(通常コース)
東松山警察署前・等覚院南・ピオニウォーク前・高坂駅東口 高坂駅西口
野本・高坂コース
(ロングコース)
東松山警察署前・等覚院南・ピオニウォーク前・高坂駅東口・田木公会堂 高坂駅西口
唐子コース 松山女子高校丸木美術館北・高坂図書館 高坂駅西口 東松山市内循環バス 日曜祝日運休
東松山駅西口   唐子コース 図書館 東松山駅東口 東松山市内循環バス 日曜祝日運休
高坂駅西口発
東松山駅入口   ミッドナイトアロー東松山・森林公園駅   森林公園駅 東武バスウエスト 降車専用
川越駅東口本川越駅
金曜深夜運転

送迎バス[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
東上本線
TJライナー・快速急行・快速(いずれも森林公園側は当駅から各駅に停車)
坂戸駅 (TJ-26) - 東松山駅 (TJ-29) - 森林公園駅 (TJ-30)
急行・通勤急行・準急・普通
高坂駅 (TJ-28) - 東松山駅 (TJ-29) - 森林公園駅 (TJ-30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道省予讃線を松山市内まで延伸した1927年(昭和2年)に改称された。
  2. ^ 荷物輸送を実施していた時期には、東口側に荷物扱い専用ホームが設置されていた。
  3. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]