水子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水子(みずこ)は


地蔵菩薩による水子供養の例
最近よく見かける個人の墓地に建てられた水子地蔵

水子(みずこ)は、人工妊娠中絶流産死産により死亡した胎児のこと。

概要[編集]

“水子”は本来「すいじ」と読み、 戒名の下に付ける位号の一つで、死産や乳児の頃に夭折した者に対して付けられるものであった[1]

水子とはこのように、もともとは死亡した胎児だけでなく乳児期、幼児期に死亡した子供を含む概念であったが、戦後の日本で人工妊娠中絶が爆発的に増加したことを受け、1970年代頃から中絶で死んだ胎児の霊を弔う水子供養の習慣が広まっていく[2]とともに、現在の意味が定着していった。その背景には、檀家制度が破綻し経営が苦しくなった多くの寺院が大手墓石業者とタイアップし水子供養を大々的に宣伝し始めたことが大きく影響している。

1971年埼玉県秩父郡小鹿野町橋本徹馬[3]によって建立された紫雲山地蔵寺は1万体の水子地蔵を販売した[2]

一方で「水子の祟り」「水子の障り(霊障)」を云々するのは、人工妊娠中絶を行った女性を精神的に追いつめる可能性もあることが指摘され、中には統一教会(統一協会)による霊感商法の一環として露骨に不安をあおり、高価な物品の販売や寄付・献金を促す悪質な例(悪徳商法)も多くあることから社会問題化した[4]

転用[編集]

一度妊娠したものの出産に至らずに終わったことから転じて、中止になった物事や企画を水子と呼ぶ用法が生まれたが、近年では余り用いられず、お蔵入りという表現が用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安斎育郎 『霊はあるか』(講談社 2002年9月20日)
  2. ^ a b 「水子霊」の仕掛け人”. しんぶん赤旗 (2005年11月). 2010年8月8日閲覧。
  3. ^ 佐藤栄作とつながりがある反共右翼の人物であり、かつて美智子皇后不眠症治療に協力したこともある。
  4. ^ 開運商法・霊感商法

関連項目[編集]

外部リンク[編集]