上福岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上福岡駅
東口(2012年9月)
東口(2012年9月)
かみふくおか - Kami-fukuoka
TJ-18 ふじみ野 (1.7km)
(2.4km) 新河岸 TJ-20
所在地 埼玉県ふじみ野市上福岡一丁目1-1
駅番号 TJ-19
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 25.9km(池袋起点)
電報略号 オカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
53,887人/日
-2012年-
開業年月日 1914年大正3年)5月1日
西口(2012年9月)
改札口(2008年10月17日)
池袋方から(2004年3月5日)

上福岡駅(かみふくおかえき)は、埼玉県ふじみ野市上福岡一丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ-19

駅名の由来は、開業時の所在地名である福岡村より。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。東武鉄道では初の橋上駅舎であり、1959年(昭和34年)に竣工した。

川越方面に引き上げ線があり、当駅始終着列車が1往復設定されている。以前は引き上げ線ですぐ折り返す列車も設定されていたが、2012年時点のダイヤで当駅の引き上げ線に留置されるのは夜間から朝方のみであり、朝方から夜間は通常は車両が留置されない。都営地下鉄6号線(現・三田線)との相互直通運転計画が存在した時点では、この引き上げ線を活用し、直通列車を当駅で折り返す列車を中心としたダイヤが計画されていた。

日中は引き上げ線が空いているため、東上線や直通先の有楽町線・副都心線・東横線・みなとみらい線・西武線でダイヤが乱れた場合、川越市駅発着の電車が当駅で運転打ち切りとなることがあり、その際にはこの引き上げ線で折り返す。

2009年3月31日に改札階と西口地上部を連絡するエレベーターを設置、同年10月30日に改札階とホームを連絡するエレベーターの設置がそれぞれ完了し、さらに2010年3月26日には改札階と東口地上部を連絡するエレベーターを設置、それぞれ運用が開始された。

改札内にはかつてサンドレイク(軽食店)・東武ブックスが営業していたが、2009年に閉店し、その場所を一般・多機能トイレに改装して2010年3月30日に運用が開始された。2010年8月には、改札側とその向かい側の2か所に分散していた駅事務室を改札側1か所に集約し、同時に改札向かい側に設置していたきっぷうりばも改札側に移設された。また、改札向かい側の駅事務室を改装し、同年11月23日に東武ブックスが、同月29日にはサンマルクカフェがそれぞれ開店した。

元々、出口の正式な呼称は「北口」「南口」であったが、2010年4月に「東口」「西口」と改称された。これは線路が南東から北西方向に伸び、出口はほぼ東西方向を向いている構造になっていることからである。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東上線 下り 川越坂戸森林公園小川町方面
2 東上線 上り 朝霞台和光市池袋方面
Y有楽町線 新木場F副都心線 渋谷東急東横線 横浜みなとみらい線 元町・中華街方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員53,887人である[1]

近年の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 57,852
2002年(平成14年) 56,304 27,920
2003年(平成15年) 55,073 27,256
2004年(平成16年) 54,770 27,093
2005年(平成17年) 54,045 26,727
2006年(平成18年) 54,074 26,795
2007年(平成19年) 54,464 27,215
2008年(平成20年) 54,409 27,234
2009年(平成21年) 53,831 26,950
2010年(平成22年) 53,166 26,608
2011年(平成23年) 53,023
2012年(平成24年) 53,887

駅周辺[編集]

ふじみ野市内に所在する唯一の鉄道駅であり、玄関口である。かつての所在地であった上福岡市[4]が、2005年に隣接する入間郡大井町と合併して「ふじみ野市」となる以前から、上福岡市入間郡大井町の発展を支えてきた鉄道駅である。

東口[編集]

1971年の都市計画で、上福岡駅東口駅前広場と上福岡駅前通線の整備が決定した[5]。駅前通線は後に供用を開始したが、東口駅前広場は2012年現在暫定供用中であり、堅牢な建物が立地した状況や大規模団地の建て替えによる環境の変化から区域の変更・拡張において計画の見直しが必要となり、各種調査結果から実情に合った計画を立案して地権者協議を行うなど、早期整備を図っている[5][6]

  • ふじみ野市役所(旧・上福岡市役所)
  • ふじみ野市立勤労福祉センター
  • ふじみ野市民交流プラザ
  • ふじみ野市上野台体育館
  • ふじみ野市立上福岡図書館
  • 福岡中央公園
  • 上福岡郵便局
  • 上福岡北口郵便局
  • 上福岡松山郵便局
  • 東武ストア 上福岡店
  • 西友 上福岡店
  • 上野台団地・コンフォール上野台

西口[編集]

駅南側を埼玉県道56号さいたまふじみ野所沢線踏切平面交差する。ここはバス通りとなっているが、遮断時間が長いこともあって、しばしば渋滞が発生している。渋滞対策として、踏切の立体交差化を旧上福岡市時代から埼玉県に要望していたが[5]、財政的な問題から県は短期における対策の一つとして、踏切を含む区間の歩道拡幅整備を推進し[5]、踏切部分の拡幅は2010年春に完成した。また、旧上福岡市による事業として付近に立体交差(アンダーパス)の「東西連絡道路」[7]を設ける事業が2004年度から展開されたが、交通計画・道路構造・財政などさまざまな面で課題が生じたことで一時中断し、再検討状態となっていた[5][8]が、2010年12月に事業を正式に中止決定した[9]

  • ココネ上福岡
    • ふじみ野市サービスセンター
      • ふじみ野市役所出張所
      • サービスセンターホール
  • 上福岡駅前郵便局
  • 川越清水郵便局
  • 霞ヶ丘団地・コンフォール霞ヶ丘
  • 西中央公園
  • ギガマート 上福岡店

路線バス[編集]

東武バスウエスト西武バスが運行する一般路線と、ふじみ野市内循環バス川越市コミュニティバス川越シャトル」が発着する。

東武バス乗り場は長らく北口(現・東口)側のみにしかなかったが、2006年4月1日から南口(現・西口)側にも乗り場が新設され、ふじ02系統の一部が西口発着となった。これにより旧来の東口側停留所が「上福岡駅」から「上福岡駅東口」に改称された。なお、2010年4月から出口の呼称を変更しているが、これらのバス停は新設当時(東口バス停は改称当時)から「上福岡駅東口」・「上福岡駅西口」と名乗っていた。

西武バスの乗り場は、駅から少し離れた県道56号上にある「上福岡駅入口」が当駅最寄りであったが、先述の西口乗り場開設と同時に所58-1系統として所沢駅東口行きが設定された。

東武バス・西武バスともに西口停留所開設当初は1日に3本程度しか発着していなかったが、東武バスでは2006年12月18日より「ふじみ野駅西口」行き(ふじ04系統)を廃止し、30分に1本程度(ラッシュ時は10 - 12分間隔)発着する「鶴ヶ岡循環」(上福03系統)と平日7本、土曜・休日4本発着する「大井総合支所前」行(上福04系統)を新設した。また、廃止されたふじ04系統はすべて上福岡駅東口行(ふじ02系統)に変更された。

2008年3月31日より西口発着の東武バスの運行は新座営業所(現・新座営業事務所)から川越営業事務所に移管され、東口発のふじみ野駅東口行き(ふじ04系統、旧ふじ04系統とはルートが異なる)を新設した。その後2009年3月31日に「鶴瀬駅東口」行き(鶴02系統)を、2010年9月30日に「東燃循環」(上福02系統)を廃止した。さらに、2013年3月31日をもって東口発のふじみ野駅東口行き(ふじ04系統)が廃止となり、東口発着のバスはふじみ野駅西口行き(ふじ02系統)のみとなった。

2010年7月より、ふじみ野市内循環バスの運行範囲が旧上福岡市まで拡大したことに伴い、一部のバスが当駅に発着している。

上福岡駅東口[編集]

東武バスは転車台のあるバス乗り場から、ふじみ野市内循環バスはアサヒビル前から発着する。

東武バスウエスト
  • ふじ02]ふじみ野駅西口行き
ふじみ野市内循環バス
  • [東部コース]ふじみ野市役所行き

上福岡駅入口[編集]

上赤坂・所沢駅方面から降車する場合は、1つ手前の「富士見通り」バス停も利用可能である。

西武バス

上福岡駅西口[編集]

のりば1[編集]

西武バス
  • 所58-1]所沢駅東口行き
川越シャトル
  • [31系統]不老橋南・総合福祉センター行き
  • [32系統]旭橋西・総合福祉センター行き
  • [33系統]砂久保橋・総合福祉センター行き
  • [34系統]南文化会館行き

のりば2[編集]

東武バスウエスト
  • 上福03]鶴ケ岡循環(始発から14時までは「ビバモール前」先回り、14時から終発までは「鶴ケ岡保育所入口」先回り)
  • 上福04]大井総合支所前行き
ふじみ野市内循環バス
  • [西部コース]大井総合支所行き/ふじみ野市役所行き
フォレストレジデンス 居住者専用送迎バス

のりば3[編集]

2012年度まで、尚美学園大学のスクールバスが発着していたが、キャンパス移転に伴い現在は使用されていない。

歴史[編集]

1936年頃の上福岡駅
北口(2004年11月)
  • 1914年大正3年)5月1日 - 東上鉄道池袋 - 田面沢間の開業と同時に上福岡駅開設。
  • 1914年(大正3年)10月18日 - 上福岡駅開通式開催(昭憲皇太后崩御のため延期されていた)。
  • 1920年(大正9年)7月22日 - 東上鉄道、東武鉄道に吸収合併、東武東上線となる。
  • 1929年昭和4年)10月1日 - 池袋 - 川越市間電化
  • 1951年(昭和26年)9月1日 - 当駅 - 鶴瀬間にききょう原信号所新設。みずほ台信号所と合わせて志木 - 上福岡間の輸送力増強に寄与。
  • 1953年(昭和28年)8月21日 - 当駅 - 新河岸複線化。
  • 1954年(昭和29年)3月1日 - 当駅 - 鶴瀬間複線化。同時にききょう原信号所は廃止に。
  • 1959年(昭和34年)11月1日 - 駅舎改築により東武鉄道初の橋上駅舎が完成。この頃留置線も完成。
  • 1960年(昭和35年)8月 - 貨物取扱の中止とともに開業時からの上福岡貨物積み下ろし場も廃止。
  • 1967年(昭和42年)9月 - 8両編成列車の運転開始に伴い駅ホームを延伸。
  • 1976年(昭和51年)11月1日 - 10両編成列車の運転開始に伴い駅ホームを再延伸。
  • 1987年(昭和62年)8月25日 - 帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)有楽町線相互直通運転列車の停車開始。
  • 1993年平成5年)11月15日 - 当駅 - 鶴瀬間にふじみ野駅が開業。
  • 2006年(平成18年)3月30日 - 西口駅前再開発施設「ココネ上福岡」がオープン。
  • 2008年(平成20年)6月14日 - 東京メトロ副都心線相互直通運転列車の停車開始。
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 南口側エレベーター使用開始。
  • 2009年(平成21年)5月18日 - 発車メロディ使用開始。
  • 2009年(平成21年)10月30日 - 改札口とホーム間を連絡するエレベーター使用開始。
  • 2010年(平成22年)3月26日 - 北口側エレベーター使用開始。
  • 2010年(平成22年)3月30日 - 多機能トイレ使用開始。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 出口の呼称を「北口」・「南口」から「東口」・「西口」に正式に改称。
  • 2010年(平成22年)8月1日 - 改札向かい側の駅事務室ときっぷうりばの改装工事開始により、きっぷうりばを改札側に移設。
  • 2010年(平成22年)11月23日 - 東武ブックスが新装開店。
  • 2010年(平成22年)11月29日 - サンマルクカフェが新規開店。

隣の駅[編集]

東武鉄道
東上本線
TJライナー・快速急行・快速・急行
通過
通勤急行・準急・普通
ふじみ野駅 (TJ-18) - 上福岡駅 (TJ-19) - 新河岸駅 (TJ-20)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  2. ^ 埼玉県統計年鑑
  3. ^ 関東交通広告協議会レポート
  4. ^ 上福岡市の市名は、福岡県福岡市との重複を避けるために当駅の名称に因んで決定されたものである。
  5. ^ a b c d e まちづくり調査における行政との協働のあり方について (PDF) - 財団法人計量計画研究所 2007年
  6. ^ ふじみ野市総合振興計画 3か年実施計画(平成22年度 - 平成24年度) (PDF) - ふじみ野市 2010年(平成22年)2月
  7. ^ 東西連絡道路
  8. ^ タウンミーティング / 平成22年6月30日(水)西小学校 (PDF) - ふじみ野市 改革推進室 政策推進係
  9. ^ 平成22年度ふじみ野市公共事業評価委員会 平成22年8月26日(木) (PDF) - ふじみ野市会議録 2010年8月26日
    週刊ふじみ野:東西連絡道路の中止決定 - 日本共産党ふじみ野市議員団 2010年12月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]