中板橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中板橋駅
南口(2005年1月)
南口(2005年1月)
なかいたばし - Naka-itabashi
TJ-04 大山 (1.0km)
(0.7km) ときわ台 TJ-06
所在地 東京都板橋区弥生町33-1
駅番号 TJ-05
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 4.0km(池袋起点)
電報略号 ナイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
26,784人/日
-2010年-
開業年月日 1933年昭和8年)7月12日
北口(2004年11月)
北口(2004年11月)
池袋方からホームを望む(2009年2月)
池袋方からホームを望む(2009年2月)

中板橋駅(なかいたばしえき)は、東京都板橋区弥生町にある、東武鉄道東上本線である。1933年昭和8年)7月12日に開業した。

駅ナンバリングは、TJ-05 が付与されている。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅両ホームともに成増寄りは幅員が狭くなっている[要出典]

早朝・夜間と日中の一部の列車を除き、多くの普通列車が当駅で優等列車の待避を行う。なお、2013年3月のダイヤ改正より日中時間帯に当駅で通過退避を行う列車は下り毎時2本のみとなっている(残りはすべて上板橋で退避)。

改札に通じる階段は池袋寄りのみに設置されており、当駅乗降客はその階段付近に集中する傾向がある[要出典]

南口駅舎についてはバリアフリーに配慮した改装がなされ、ユニバーサルデザインの一環としての多機能トイレが設置されているほか、ホームと結ぶエレベーターは同駅舎からのみ利用可能である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 東上線 下り 成増志木川越方面
3・4 東上線 上り 大山池袋方面

内側2線(2・3番線)が主本線、外側2線(1・4番線)が副本線である。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員26,527人である[1]

近年の年度別1日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員推移[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
1992年(平成04年) 16,455
1993年(平成05年) 16,416
1994年(平成06年) 15,951
1995年(平成07年) 16,016
1996年(平成08年) 15,893
1997年(平成09年) 15,855
1998年(平成10年) 15,723
1999年(平成11年) 15,585
2000年(平成12年) 15,225
2001年(平成13年) 13,929
2002年(平成14年) 13,781
2003年(平成15年) 27,093 13,607
2004年(平成16年) 26,730 13,415
2005年(平成17年) 26,364 13,223
2006年(平成18年) 27,136 13,562
2007年(平成19年) 27,170 13,610
2008年(平成20年) 27,343 13,758
2009年(平成21年) 27,081 13,680
2010年(平成22年) 26,784 13,540
2011年(平成23年) 25,978 13,126
2012年(平成24年) 26,527

駅周辺[編集]

駅舎は池袋寄りの南北に設けられ、駅前の商店街など商業地域は駅東側に広がっている。駅のすぐ北には石神井川が流れており桜並木が美しい。さらに石神井川のすぐ北には環七通り(東京都道318号環状七号線)がある。また、川越街道上板橋宿の中宿が駅のそばにある。

周辺では、板橋区三大踊りの一つである「へそ踊り」[5]が、1996年より毎年開催されている。

  • 中板橋商店街
  • 中板橋郵便局
  • 板橋弥生郵便局

路線バス[編集]

駅前に路線バスは乗り入れていないが、徒歩圏内に複数のバス停がある。

駅名の由来[編集]

川越街道の「上板橋宿」にある上板橋駅と、中山道の「下板橋宿」にある下板橋駅の中間に位置することから「中板橋駅」と名付けられた[7]。なお、駅北側周辺の地名となっている中板橋は、当駅名から付けられたものである[要出典]

隣の駅[編集]

当駅とときわ台駅間の距離は700mで、東上線内では玉淀駅 - 寄居駅間の600mに次いで2番目に短い。

東武鉄道
東上本線
TJライナー・快速急行・快速・急行・通勤急行・準急
通過
普通
大山駅 (TJ-04) - 中板橋駅 (TJ-05) - ときわ台駅 (TJ-06)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  2. ^ 東京都統計年鑑
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 板橋区の統計
  5. ^ 中板橋商店街…宅配事業と商店街活性化策[リンク切れ](商店街研究会リポート - 有限会社リテック)で、へそ踊りが「三大踊り」のひとつである旨が触れられている。なお、他の2つは「成増の阿波踊り」および「志村のカーニバル」としている。
  6. ^ 中板橋(乗り場・行き先一覧) - こくさいばす どっとこむ(国際興業)
  7. ^ 当時は上板橋 - 下板橋間に大山駅はあったが、下板橋よりであったため、中板橋の駅名は使えなかった。また、開業当時は大山 - 下板橋間にも金井窪という駅が存在したほか、ときわ台駅は開設されていなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]