柳瀬川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳瀬川駅
西口(2012年9月)
西口(2012年9月)
やなせがわ - Yanasegawa
TJ-14 志木 (1.5km)
(1.3km) みずほ台 TJ-16
所在地 埼玉県志木市館二丁目5-1
駅番号 TJ-15
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 19.3km(池袋起点)
電報略号 ヤナセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
21,955人/日
-2010年-
開業年月日 1979年昭和54年)11月8日

柳瀬川駅(やなせがわえき)は、埼玉県志木市館二丁目にある、東武鉄道東上本線である。駅番号はTJ-15

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅高架駅ではないが土堤上に線路が敷設されているため、ホームは駅舎から階段を昇ったところにあり、駅舎がホーム下にある。

ホームと改札口との間はエスカレーター(上りのみ)と階段で連絡している。なお、2011年3月にホームと改札口を連絡するエレベーターと多機能トイレが設置された[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東上線 下り 川越坂戸森林公園小川町方面
2 東上線 上り 朝霞台和光市池袋方面
Y有楽町線 新木場F副都心線 渋谷東急東横線 横浜みなとみらい線 元町・中華街方面

利用状況[編集]

2010年度の1日平均乗降人員は21,955人である。

駅周辺[編集]

柳瀬川駅付近空中写真[1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真(国土交通省)より] 駅開業5年前。田が目立つ。

駅の北側すぐのところに、駅名の由来となった柳瀬川が流れている。春には土手に植えられているが咲き並び、また、露店なども出店されるため多数の花見客で賑わい、沿線の名所となっている。

駅西口には志木ニュータウンのマンション群、その先に都市再生機構 (UR) 新座団地が広がり、ベッドタウンの様相を呈している。タクシー乗り場(待機車あり)、志木市役所柳瀬川駅前出張所、志木市立柳瀬川図書館、志木市民体育館、朝霞警察署柳瀬川駅前交番、サミット、柳瀬川駅前郵便局、志木館郵便局、三井住友銀行志木ニュータウン支店、ぺあも〜る商店街(ショッピングモール)などがある。

西武台新座中学校・西武台高等学校跡見学園女子大学新座キャンパスの最寄り駅であるが、当駅から各学校への路線バスは設定されていない。

駅東口は住宅街が広がっている。

柳瀬川を志木市役所方面へと向かうと、川から少しそれるが、志木市立第三小学校付近に志木市指定文化財長勝院旗桜(チョウショウインハタザクラ)」という、世界に一つだけの新種とされる桜がある。

柳瀬川のさらに北側には国道463号浦和所沢バイパス)が通っている。

路線バス[編集]

最寄り停留所は柳瀬川駅である。以下の路線が乗り入れ、国際興業によって運行されている。

  • 志04志木駅東口行き(平日の朝夕と土曜・休日のみ運行)
  • 志04-2] 志木駅東口行き(志木市役所前経由、平日の日中のみ運行)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
東上本線
TJライナー・快速急行・快速・急行
通過
通勤急行・準急・普通
志木駅 (TJ-14) - 柳瀬川駅 (TJ-15) - みずほ台駅 (TJ-16)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年度の鉄道事業計画 (PDF) - 東武鉄道ニュースリリース 2010年4月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]