世界空手道連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界空手連盟
略称 WKF
設立年 1961
地位 連盟
本部 マドリード
位置 スペイン
貢献地域・分野 世界
メンバー 187カ国[1]
公用語 英語
会長 アントニオ・エスピノス (スペイン)
ウェブサイト World Karate Federation
テンプレートを表示

世界空手連盟(せかいからてれんめい、World Karate Federation, WKF)は、伝統派空手(もしくは寸止め空手、スポーツ空手)競技の国際競技団体(IF)。

現在では2年に1回の割合で世界空手道選手権大会を開いている。日本では全日本空手道連盟を国内競技団体として承認している。1993年世界空手連合(World Union of Karate Organizations, WUKO)から改称された。

改称の経緯と空手のオリンピック競技化[編集]

空手の試合風景(世界空手連盟主催の世界空手道選手権大会より)

WKFの前身であるWUKO(世界空手連合)は1985年にIOCの加盟を申請し、IOCの公認国際競技団体として承認された。しかしその後、国際伝統空手道連盟(International Tranditional Karate Federation / ITKF)から「世界の空手を統一する団体はWUKOだけではない」という申し立てがなされ、1991年にIOCは「WUKOとITKFが合併してできる団体をWKFとして、そのWKFに仮承認を与える」という措置をとった。

2005年7月8日にシンガポールで行われたIOC総会で、空手のオリンピック競技化が諮られたが、決選投票の末、38対63で否決された(2005年7月9日朝日新聞)。2007年現在アジア競技大会東アジア競技大会ワールドゲームズに正式競技として参加している。

世界各地の空手連盟[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Countries Members