所澤神明社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
所澤神明社
Tokorosawa Shinmei-sha 100117.jpg
所在地 埼玉県所沢市宮本町1丁目2-4
位置 北緯35度47分39秒 東経139度27分48秒 / 北緯35.79417度 東経139.46333度 / 35.79417; 139.46333座標: 北緯35度47分39秒 東経139度27分48秒 / 北緯35.79417度 東経139.46333度 / 35.79417; 139.46333
主祭神 天照大御神
倉稲魂大神
大物主大神
社格 旧村社
創建 不明
本殿の様式 神明造
別名 神明社
例祭 9月15日
主な神事 人形供養祭(6月第1日曜日)
テンプレートを表示

所澤神明社(ところさわしんめいしゃ)は、埼玉県所沢市宮本町にある神社である。所澤総鎮守であり「関東のお伊勢さま」としても知られる[1]6月第1日曜日人形供養が行われる。

祭神[編集]

由緒[編集]

日本武尊がこの付近で休憩をした際に、天照大御神に祈りを捧げたという伝説にちなんで祀ったとされているが、文政9年(1826年)に起こった火災の為、記録資料等が全て焼失しそれ以前の詳細は不明である。

1911年明治44年)4月に日本最初の飛行場として開設された所沢飛行場において、その初飛行のパイロットとなった徳川好敏が前日に関係者数名とともに正式参詣したことから、今日では特に飛行機と空の安全に関する祈願のために参拝客も訪れる。

境内[編集]

小高い南向斜面の上に建つ所澤神明社は、神明社としては比較的規模の大きな神社で東・西・南三方に鳥居参道があり本殿の北・西側は鎮守の杜となっている。総造りの現拝殿は1934年昭和9年)3月造営されたもので、屋根には先端が水平に切られた千木の間に太い鰹木が並んでいる。

境内合祀社[編集]

  • 所澤招魂社 - 社務所東奥
  • 蔵殿神社 - 階段中下、土蔵造りの小社殿(元「従殿権現」、祭神は崇神天皇
  • 人形殿 - 南正面参道階段下、駐車場奥、毎年6月の焚き上げまで人形はここに納められる。
  • 鳥船神社 - 東大門大鳥居横

ほか、本殿西脇に小さな連祠が設けられ、稲荷社雷電社など多数合祀されている。

祭事[編集]

夏越大祓

関連項目[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]