藤本正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤本正人
ふじもと まさと
生年月日 1961年12月18日(53歳)
出生地 埼玉県所沢市
出身校 早稲田大学第一文学部
前職 埼玉県議会議員
所属政党 無所属
称号 学士
サイン Fujimoto masato-signature.png
公式サイト 所沢市長 藤本正人 公式ウェブサイト

Flag of Tokorozawa, Saitama.svg 第10代 埼玉県所沢市
当選回数 1回
在任期間 2011年10月30日 - 現職

選挙区 西第1区(所沢市
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2011年

Flag of Tokorozawa, Saitama.svg 所沢市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2003年
テンプレートを表示

藤本 正人(ふじもと まさと、1961年12月18日 - )は、日本政治家埼玉県所沢市長(1期)。埼玉県議会議員(3期)、所沢市議会議員(2期)を歴任した。

概要[編集]

埼玉県所沢市に育つ。所沢市立西富小学校所沢市立向陽中学校埼玉県立川越高等学校早稲田大学第一文学部卒業。(日本文学専攻・卒論は坪田譲二論)高校時代は野球部(投手)大学では軟式野球の同好会アカネッツに所属した。大学卒業後、所沢市立所沢中学校やニューヨーク日本人学校、所沢市立東中学校で国語の教員を務める。野球部、水泳部の顧問を務めた。

平成6、7年当時の教育界は、ゆとり教育への傾斜が加速し、施策として現実化し始めた時であったが、「指導から支援へ」「学校のスリム化」に代表されるような教育界の流れに疑問を感じ、あるべき教育環境を作るため、父・藤本哲正の引退を引き継ぐ形で、1995年、所沢市議会議員選挙に出馬し、初当選した。市議2期8年間は環境問題を中心に活動し、議員提案による「ダイオキシン条例」の制定にも尽力した[1]。また、当時所沢市も参加していた公営競輪による市財政の赤字化問題に取り組み、国に法律の改正を求めるなど、特別委員会委員長として活動した。

2003年埼玉県議会議員選挙に出馬し、当選。3期9年間務めた。県議時代は、教育中心に県政に取り組んだ。その間、県土都市整備常任委員会委員長(2008年)、福祉保健医療常任委員会委員長(2009年)、文教常任委員会委員長(2010年)を歴任した。

所沢市長[編集]

2011年4月・5月と東日本大震災の被災地支援に石巻で活動したことがきっかけで、所沢市長選に出馬することを決意。10月、県議を3期目の任期途中で辞職し、自由民主党の推薦を受けて出馬。再選をめざした現職・当摩好子、元衆議院議員並木正芳を破り当選。

2012年東日本大震災発生の影響を受けての予算見直し(総工費約3億1,200万円 内訳:補助金1億8,200万円、市債8,560万円・市費4,440万円)により、所沢市立狭山ヶ丘中学校の冷房化工事を中止する意向を表明。

その理由として、「大震災や原発事故を経た今、快適で便利な生活をそのまま求めていてよいのか」「夏休みがあるのに、財政難の今、予算の使い方は適正か」「うるさくて窓を開けては授業ができないのか」の観点を検証した末であることを挙げた。しかし、同中学校は航空自衛隊入間基地の近距離に位置しており、生徒や保護者からは環境の改善を求める声が強く、藤本の冷房化中止の方針に対しても、署名運動を展開、議会も多くが賛同して、批判を繰り広げた。

市長側はクーラー稼働日数は年間30日位、10年使用しても工事費だけでも1日あたりコストは48万円にもなり、さらに燃料費の高騰を挙げ、「教育はモノより人」の考えのもと工事費の一部を「心のふれあい相談員(16名)」の復活や「学校運営マルチサポーター(6名)」、「障害児介助員(3名)」等に3,922万円充てたことなどで理解を求めているが、いまだ、住民の納得は得られてはいない。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 議員生活17年の軌跡
  2. ^ 狭山ヶ丘中学校へのクーラー設置をとりやめたことについて(TBS「噂の!東京マガジン」放映から)

外部リンク[編集]

先代:
当摩好子
Flag of Tokorozawa, Saitama.svg 埼玉県所沢市長
第10代:2011年 -
次代:
(現職)