堤義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つつみ よしあき
堤 義明
生誕 1934年5月29日(80歳)
日本の旗 日本 東京府
(現:東京都
出身校 早稲田大学
職業 実業家

堤 義明(つつみ よしあき、1934年昭和9年)5月29日 - )は、日本実業家西武鉄道グループの元オーナー。父は西武グループの基礎を一代で築き上げた堤康次郎であり、兄は元西武百貨店会長・小説家の堤清二(辻井喬)。一時は総資産額で世界一となったこともあるが、西武グループの度重なる不祥事の責任を取って一線を退き、その後にインサイダー取引疑惑で有罪判決を受けた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

東京に実業家の堤康次郎内縁関係にある石塚恒子の間に生まれる(未入籍)。母恒子は新潟県出身の歯科医師で衆議院議員をつとめた石塚三郎の娘。

麻布中学麻布高校卒業後、早稲田大学第一商学部に入学。早稲田大学観光学会というサークルを立ち上げる。なお、元西武鉄道社長(兼西武ライオンズオーナー代行)戸田博之・元プリンスホテル社長(兼西武ライオンズオーナー代行)山口弘毅(ひろよし)・元西武ライオンズ社長小野賢二も、同サークルの二年下の後輩であり、元コクド社長三上豊(みのる)は早稲田大学空手部に所属、義明が学生時代から手掛けていたリゾート事業地の警備の手伝いをしていた。

父からのスパルタ帝王学[編集]

父のスパルタぶりは相当なもので、同じことを二度言わせると言葉より鉄拳が飛んできたという。[1]

父・康次郎は「長たるものは人の三倍は働け」という訓を発しているように、毎朝四時起きで片っ端から系列企業のトップを電話で叩き起こし、その日の指示を電光石火のように浴びせていた。父が寝る九時以降は、時の総理であっても起こすことが許されなかったため、帝王学を受けていた義明は、常に旅館やホテルで父が寝る部屋に通じる電話交換台の穴にチリ紙を丸めて突っ込み、父の部屋に電話を絶対につながないように手を打っていたのだが、ある日それを忘れてしまった時の父の雷帝振りは、義明自身が「生きた心地がしなかった」と言うほどであったという。。[2]

父・康次郎に就いて経営の帝王学を学んできたが、大学在学中に康次郎から“冬の軽井沢に人を呼ぶ方法を考えろ”と言われ、観光学会の仲間とスケート場を開設、成功を収める(軽井沢スケートセンター1956年)。また、海の近くにプールを作るという奇策と揶揄された大磯ロングビーチ1957年)も成功させる。これは、義明の卒論を実行に移したものである。1961年12月に苗場国際スキー場苗場プリンスホテルを開業させる。

鉄道グループの後継者に[編集]

1964年康次郎が死去。周囲では、「グループは次男の清二が継ぐ」と噂されていたが、三男の義明がコクド・西武鉄道グループを引き継いだ。グループオーナー就任後10年程は、ほぼ康次郎の事業をそのまま引き継ぎ、沈黙を保っていたとされる。[3]

ちなみに自身の媒酌人赤坂プリンスホテルに事務局置いていた清和研創始者福田赳夫。赳夫の長男福田康夫は麻布の2年後輩で同じ早大卒で兄弟分、更に赳夫の秘書だった小泉純一郎とも親交深かった。

西武王国を築く[編集]

1978年クラウンライターライオンズを買収し西武ライオンズのオーナーとなる(野球協約で複数球団の株式所有が禁じられている為横浜DeNAベイスターズの前身である大洋球団の株式を売却。飛鳥田一雄市長の要請で横浜スタジアムの建設費用も西武グループが融資していた)。西鉄後期や太平洋クラブ、クラウンライターと下位に甘んじていたライオンズだが、西武ライオンズ以降は最新鋭かつ充実した設備の導入や、当時監督だった根本陸夫に堤義明は「全てまかせるからやってくれ」という指示を出し、実際にチームづくりは監督の専権事項とし、フロントに口を出させないなどの改革の成果から徐々に順位を上げ、1982年に24年振りの日本一に輝くと、その後リーグ優勝5連覇、日本一3連覇などリーグ優勝計16回、日本一計10回に輝き、西武ライオンズの「黄金時代」を築き上げた。

プリンスホテルは品川や高輪、赤坂、新宿、サンシャインシティ、新横浜、幕張、大津、札幌、広島などで次々と超高層大型ホテルを開業させ、苗場富良野軽井沢箱根ニセコ雫石など西武が開発したリゾート地でも開業や増床を進めたことにより、1994年には2万室を超えるなど当時日本一のホテルチェーンになるまで成長した。

スキー場は苗場や雫石、ニセコ、富良野、万座、志賀高原、妙高などで開業するなど、1987年には33箇所になるまで成長した。合理化で大幅に減少した現在でも日本一のスキー場保有数を誇る。

1980年代後半のバブル景気真っ只中、米国の経済誌『フォーブス』に「世界一の大富豪」(The World's Billionaires)として取り上げられ、その保有総資産額は3兆円と報じられる。

ヘリコプターアメリカ合衆国大統領専用機と同じものとされる)に搭乗し、神奈川県の自宅から原宿神宮前のコクド本社への“通勤”や、プリンスホテルなど運営施設への移動あるいは施設上空から偵察している姿は、テレビなどでもよく放映された。

バブル崩壊後、西武グループの経営は以前に比べて厳しくなっていったが、総帥の座を降りることはなかった。2002年4月の「品川プリンスホテル『エグゼグティブ(現:アネックス)タワー』」の開業時には、小泉純一郎首相(当時)・森喜朗を始めとする大物代議士モーニング娘。石原軍団メンバー、長嶋茂雄浅丘ルリ子など時の著名人を含む2000名を招待したパーティーを開催している。

40億円の事業を資金0でなしとげる[編集]

昭和51年当時、横浜市長だった飛鳥田一雄は市民球場を計画し、当時川崎球場が本拠地だった大洋ホエールズに市民球場に移ってもらう構想があったが、40億円という予算捻出に苦慮していた。それを聞いた堤義明は「西武建設に工事を一任すれば予算は一銭もいりません」と飛鳥田に進言した。通常球場指定席は1年更改が常識だが、堤は一挙に「通用期間45年(コンクリートの耐用年数による)、一席250万円で800席で20億円、テレビ会社やスポンサーで20億円」とした。800席は一か月で売り切り、スポンサーも殺到し、逆にセレクトに頭を悩ますという始末だった。飛鳥田は横浜市民に税金0円で立派な球場をプレゼントできた。[4]

激動の時代[編集]

2004年に入るとマスコミへの露出が急激に増加する。まず、4月8日に西武鉄道が総会屋に利益供与をしていたことが発覚(→西武鉄道総会屋利益供与事件)し、経営の総責任者の座を降りた。但し辞職したのは西武鉄道の会長職のみで、ライオンズのオーナー、コクド(2006年にプリンスホテルと合併し消滅)会長には留まった。

同年に起きたプロ野球再編問題では26年ぶりに出席したオーナー会議で「(大阪近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブ以外に)もう1つの合併が進行中」と発言し、渦中の人物となる。しかし、ロッテ、西武、ダイエーが球団を単独で保有することに固執したため、ダイエーはソフトバンクに身売りしたが、第二の合併は当事者間の合意すらできなかった。

同年10月13日有価証券報告書への虚偽記載の責任を取り、新高輪プリンスホテル「平安の間」で会見、コクドおよび西武鉄道をはじめとする、すべてのグループ会社の役員職から辞任する事を発表した。これは後に西武鉄道証券取引法違反事件へと発展し、株式上場をしていた西武鉄道伊豆箱根鉄道東京証券取引所から上場廃止処分が下される。

各テレビ局(特にテレビ朝日)が過去に収録した、1960年代以降の康次郎や義明の映像を素材としながら、堤家や西武グループの勃興について取り上げるようになった。

証券取引法違反による逮捕[編集]

2005年3月3日、西武鉄道株式に関する証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、インサイダー取引)の疑いで東京地検特捜部に逮捕され、3月23日東京地裁に起訴された。10月27日、一審の東京地裁にて懲役2年6月、罰金500万円、執行猶予4年(求刑懲役3年、罰金500万円)の判決を言い渡され、義明側・検察側とも控訴せず、判決どおり有罪が確定した。

これにより、西武鉄道グループはメインバンクであったみずほグループ出身の後藤高志へ経営権が移り、コクド西武鉄道プリンスホテル間をめぐる堤家との複雑な資本関係は、西武ホールディングス発足と第三者割当増資によるサーベラスらの外部資本注入により整理された。

逮捕後の動向[編集]

2009年10月、執行猶予期間満了。逮捕から下記のJOC特別功労者受賞までマスメディアへの露出は週刊文春週刊新潮での僅かなゴシップ記事を除き一切なかった。

現在、堤自身が保有する西武株はわずかであるが、一方で堤家の資産管理会社であるNWコーポレーションの大株主であり、そのNWコーポレーションが西武ホールディングスの大株主であることから、今も西武に間接的な影響力を残している[5]

JOCから特別功労者として表彰を受ける

2011年7月16日グランドプリンスホテル新高輪で催された日本オリンピック委員会(JOC)と日本体育協会の創立100周年祝賀式典に招待され、初代日本オリンピック委員会会長を務めた経緯から特別功労者として表彰された。この行事で2020年夏季オリンピックで東京への誘致表明を行う石原慎太郎東京都知事の隣に立つ写真や映像あるいは功労者受賞についての文章が時事通信社共同通信社と、朝日新聞[6]毎日新聞で配信・掲載され、久しぶりのメディア露出となった。しかし、朝日新聞紙面上に掲載された写真には石原都知事の左隣に写っているにも関わらず、キャプション(説明文)では義明について言及されていない。この件と最近の動向を絡めた記事が週刊新潮に掲載された[7]

JOC最高顧問に就任

2013年6月27日のJOC評議会で、JOC最高顧問への就任が決定する[8]

人物[編集]

ヘリコプターから見えるように屋根に番号を記した西武グループのバス(伊豆箱根バス)

ホテル経営に関しては完全なるトップダウン方式で、ホテル内部の設計などにまで細かく指示を出した。鉄道事業においても運転士・車掌・駅員の規律を細かく規定し、昨今の鉄道事業者ではあまり見られない、運転士が制帽の顎紐を着用することの義務などがあり[9]、バス事業では全てのバスの屋根に番号を記して上空からヘリコプターでちゃんと経路通りに運行してるかを自ら監視するなどした。しかし、堤義明が社長の会社はほぼ全て本人が指示したが、それ以外の会社はその会社の社長にほぼ全て任せていた。豪華な私生活や総資産の多さが話題になる事が多かったが履物は履けなくなるまで履き、食事に関しても社員教育等で食べ残しをしないように厳しく指導するなど戦後の貧困時代を知る者らしい一面もあったという。[10]

スポーツとの関わり[編集]

日本のスポーツ界への影響力は大きく、グループ再編が行われ義明から経営権が離れた現在も、西武グループは、スキーゴルフをはじめとするスポーツリゾートの最大手企業であり、保有するスキー場やゴルフ場の数は国内資本としては日本一を誇る。

資金力を背景に、日本オリンピック委員会(JOC)会長なども歴任した。長野オリンピック招致は、時の国際オリンピック委員会会長・フアン・アントニオ・サマランチとも親しかった義明の力に負うところが大きいと言われている。

スポーツ選手の後援者としても知られ、渡部絵美伊藤みどりらを育成した。

また女子プロボウラー1期生にしてJLBC代表であった須田開代子から女子プロボウリングトーナメントスポンサーにと懇願され、JLBCクイーンズオープンプリンスカップを当時の最高賞金額である優勝賞金500万円、賞金総額1,200万円で創設。須田の葬儀にも品川プリンスホテルボーリングセンターのフロアー半分を無償にて提供。後に軽井沢プリンスカップ、BIG BOX東大和CUP等、数々のプリンスカップで女子プロボウリングトーナメントに大きな功績をもたらす。このことは、須田の遺書にも感謝の意が記されていた。

2004年のプロ野球再編問題でも、中心的な役割を果たした1人となった。しかし、西武ライオンズの合併相手が見つからず、1リーグ移行の目論みは失敗。その後不祥事が発覚し、西武オーナーを辞任した。堤がオーナーを辞任した後、楽天の新規参入が認められた。

アイスホッケーチーム(西武鉄道アイスホッケー部コクドアイスホッケーチーム=後にコクドに一本化、2006年、西武グループ再編にともない、チーム名をSEIBUプリンス ラビッツと改称→2009年廃部)や、野球でも日本プロ野球パ・リーグ西武ライオンズと、社会人プリンスホテル硬式野球部(廃部)を運営した。

語録[編集]

  • 「頭のいい人は要らない。頭のいい人はお金をだせばいくらでもいい知恵を出してくれるが誠意は買えない。」[11]
  • 「どうせもう崩壊って言われてんだ。崩壊したら崩壊したでいい。また一から作り直せばいい」(平成不況期に)
  • 「(西武鉄道上場について)何でかわからない。そういうことも含めていろいろ甘かった」(引退会見にて)
  • 「来年以後も監督がやりたいならどうぞ」(1989年10月、西武ライオンズ監督の森祇晶に対して。森は監督としてライオンズを1986年から1988年と1990年から1992年まで2度も3年連続日本一に導いた。1989年は終盤まで優勝を争ったもののパ・リーグ3位で終わった)
  • 「もったいないから、少しでも高く売れ」(上場維持のために裏で株を売らざるを得なくなったときに下した部下への命令)
  • 「定休日が欲しい管理者はうちの会社にはいりません。」[12]
  • 「私は会長で別に社長を置いている会社は徹底的に任せる。逆に私が社長をしている会社は全部自分がやる」[13]

略年譜[編集]

スポーツ界での足跡[編集]

主な役職[編集]

家族・親族[編集]

堤家[編集]

滋賀県愛知郡愛荘町神奈川県二宮町東京都
康弘(元豊島園社長・元西武建設取締役)
猶二東京テアトル取締役、元プリンスホテル社長)
  • 異母兄弟
淑子(母は西沢コト、元西武鉄道社長小島正治郎の妻)
(母は岩崎その、元近江鉄道社長)
清二(母は青山操、セゾン文化財団理事長)
邦子(母は青山操、エッセイスト、森田重郎の妻、のち離婚
  • 妻・由利
当時の三井物産海外施設部次長の長女[14]。政略結婚を含めたさまざまな縁談があったが、財閥でも名門でもない「サラリーマンのお嬢さん」である由利と見合い結婚をした[15]。義明の母・恒子の友人からの紹介であったという[14]

参考文献[編集]

  • 上之郷利昭 『西武王国 堤一族の血と野望
  • 鈴木幸夫 『閨閥 結婚で固められる日本の支配者集団』 光文社 1965年 210-213頁
  • 神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川書店 2002年 316-327頁
  • 永川幸樹 『堤義明・男の凄さ』 三笠書房
  • 成島忠昭 『西武の全て』 日本実業出版社
  • 七尾和晃 『堤義明 闇の帝国』 草思社文庫

脚注[編集]

  1. ^ >「堤義明・男の凄さ」永川幸樹著 p192
  2. ^ >「堤義明・男の凄さ」永川幸樹著 p66
  3. ^ これは康次郎の生前の言葉を守ったのだと言われる。ただし兄・清二に対する複雑な感情と配慮から流通部門を清二に任せ、西武グループが鉄道グループ流通グループに分割されることとなる。
  4. ^ 「堤義明・男の凄さ」永川幸樹著 p94
  5. ^ 西武TOB騒動で再浮上の堤義明氏隠居生活送るドンの胸の内NEWSポストセブン、2013年5月25日閲覧
  6. ^ 「石原都知事、2020年夏季五輪への立候補を正式に表明」asahi.com 2011年7月16日[1]
  7. ^ 週刊新潮2011年7月28日号 ワイド 新・墜落論「堤義明 突然の表舞台復帰でも蒸し返された会社私物化」
  8. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062701027
  9. ^ 常時顎紐着用が運転士に義務付けられている他鉄道事業者は秩父鉄道京浜急行電鉄阪神電気鉄道などに限られている
  10. ^ 血脈-西武王国・堤兄弟の真実-レズリー・ダウナー著 常岡千恵子訳
  11. ^ 成島忠昭 『西武の全て』 日本実業出版社 堤義明語録
  12. ^ 成島忠昭 『西武の全て』 日本実業出版社 堤義明語録
  13. ^ 成島忠昭 『西武の全て』 日本実業出版社 堤義明語録
  14. ^ a b 桐山秀樹著『プリンスの墓標 堤義明 怨念の家系』153頁
  15. ^ 中嶋忠三郎著『西武王国-その炎と影-狂気と野望の実録』218頁

外部リンク[編集]