山本英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 英夫
生誕 1968年6月23日(46歳)
日本の旗 埼玉県所沢市[1]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1989年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 殺し屋1
ホムンクルス
のぞき屋
受賞 ちばてつや賞ヤング部門期待賞(1988年
テンプレートを表示

山本 英夫(やまもと ひでお、1968年6月23日 - )は、日本漫画家埼玉県所沢市出身[1]

1988年ちばてつや賞ヤング部門期待賞に入賞し、弘兼憲史くじらいいく子アシスタントを経て[2]1989年に『週刊ヤングサンデー』(小学館)にて『SHEEP』(原作:鷹匠政彦)でデビューした。

代表作に『おカマ白書』『のぞき屋』『殺し屋1』『ホムンクルス』などがある。『おカマ白書』はVシネマ化・OVA化されたが、有害コミック騒動の影響で単行本第3巻は発売直前に延期の末にそのまま未発売となり、既刊も後に回収されるという事態に発展した。その後、ふきだしや描写を一部修正の上、完全版にて刊行した。『殺し屋1』は2001年三池崇史監督により映画化された。ちなみにこの映画で撮影監督を務めたのは同姓同名の山本英夫である。

趣味は格闘技観戦で、雑誌の企画にてホイス・グレイシーにインタビューを行い、柔術のレクチャーを受けた。長身の細身で、自身も柔術や空手を嗜む。『のぞき屋』では探偵学校に入学し、『ホムンクルス』では西新宿にてホームレス生活を送るなど、連載前には実体験と取材を綿密にする。

4年ぶりに連載が開始されたHIKARI-MANでは「現象としてヒーローを描く」という新たなキャラクター作りにチャレンジしている。[3]


作品リスト[編集]

連載終了[編集]

アシスタント出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山本英夫『1(イチ)』〈ヤングサンデーコミックス〉小学館
  2. ^ 山本英夫『のぞき屋』〈小学館文庫〉小学館
  3. ^ コミックナタリー インタビュー