小手指原の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小手指原古戦場の碑(2008年10月)

小手指原の戦い(こてさしがはらのたたかい、小手指ヶ原の戦い小手差原の戦いとも)は、南北朝時代武蔵国入間郡小手指原(現在の埼玉県所沢市北野)で行われた合戦である。国木田独歩『武蔵野』の冒頭部分で触れられていることで知られている。

概要[編集]

小手指原の戦いは2回行われた。

  1. 元弘3年(1333年5月11日に行われた新田義貞鎌倉幕府との戦いについては、久米川の戦い分倍河原の戦い (鎌倉時代)を参照のこと。
  2. 正平7年/文和元年(1352年2月28日に行われた足利尊氏新田義宗との戦いについては、武蔵野合戦を参照のこと。

また、建武2年(1335年)に起きた北条時行足利直義の戦い(中先代の乱)では小手指原も戦場の一つとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]