沼田曜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぬまた よういち
沼田曜一
沼田曜一
1955年
本名 美甘 正晴
生年月日 1924年7月19日
没年月日 2006年4月29日(満81歳没)
出生地 日本の旗 日本岡山県湯原村
ジャンル 俳優
活動期間 1940年代 - 2000年代

沼田 曜一(ぬまた よういち、1924年大正13年)7月19日 - 2006年平成18年)4月29日)は、日本の俳優。本名:美甘 正晴(みかも まさはる)。岡山県真庭郡湯原村(現在の真庭市)出身。

来歴[編集]

1941年(昭和16年)東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校卒業。日本大学専門部芸術科(現・日本大学藝術学部)演劇科中退。

NHK大阪放送劇団研究生を経て、1947年(昭和22年)、東横映画(後の東映)に入社。1950年に大ヒットした『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』で性格温情で清廉な学徒士官役で注目を浴びる。

1953年(昭和28年)、新東宝に移籍。丹波哲郎菅原文太天知茂らと新東宝で長く活躍した。1950年代の新東宝映画には大抵顔を出している。1959年(昭和34年)、『闘争の広場』に主演。1960年、『スパイと貞操』に主演。

新東宝倒産後はフリー。主に悪役として活躍する傍ら、民話の語り部としても活動していた。

2006年(平成18年)4月29日、心不全のため埼玉県所沢市の自宅で死去、81歳だった。

人物[編集]

前述の丹波哲郎、菅原文太、天知茂をはじめ、宇津井健高島忠夫三ツ矢歌子らと新東宝を支えたスターの一人だったが、彼らが新東宝倒産後に他の映画製作会社やテレビドラマで成功したのに比べると、沼田は大きな成功を得ることはなかった。丹波哲郎は「沼田はいい俳優だったが、酒癖が悪くてキャリアをフイにした」という趣旨のコメントを残している(『大俳優丹波哲郎』ワイズ出版)。

新東宝の映画は、昭和50年代以降、テレビの地上波で放送されることはあまりなく、ごく一部の戦争映画怪談映画を除いてビデオ化の機会も少なかったが、近年ではケーブルテレビチャンネルNECOが新東宝の作品を放送しており、沼田の若い頃の姿を見ることもできるようになった。天知と共演した映画『地獄』(中川信夫監督、1960年)や、テレビの特撮作品や時代劇で演じたのは不気味な悪役が多かったことから、晩年は「怪優」としても知られるようになっていた。近年ではホラー映画リング』などへの出演が知られている。

主な出演[編集]

1951年新東宝製作『わかれ雲』スタジオスチル(右端が沼田)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]