修羅雪姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

修羅雪姫』(しゅらゆきひめ)は小池一夫原作、上村一夫作画による漫画週刊プレイボーイにて連載)、及びそれを原作とした映画。明治時代の日本を舞台にした異色の時代劇梶芽衣子主演版の映画を観たクエンティン・タランティーノが大きな影響を受け、2003年に監督した『キル・ビル Vol.1』の中で、この作品へのオマージュを捧げている[1]2009年池上遼一の作画による「修羅雪姫・外伝」も単行本化されている。

あらすじ[編集]

明治時代の日本。家族を殺され、悲惨な目にあった鹿島小夜は復讐相手の一人をどうにかしとめるが、獄中に入る。小夜は獄中で身篭り、産まれた女の子に雪と名づけ死ぬ。雪は剣豪でもあった道海和尚の元で厳しい修行を身に着け、自分を産んでくれた母に代わって復讐の旅を続ける。

漫画[編集]

週刊プレイボーイに1972年2月から1973年3月にかけて連載された。全51回。阿久悠以外の原作者による初の本格的長編作品となった。のち、映画(梶芽衣子主演版)の公開に合わせ、『修羅雪姫(復活之章)』が同誌に1973年11月から1974年6月にかけて連載された。全30回。ただし、ストーリーは独自のもの[1]

  • 『修羅雪姫』
  • 『修羅雪姫(復活之章)』(1)(2)、小池書院、2006年

映画(梶芽衣子主演版)[編集]

東京映画製作・東宝配給により、1973年に公開された。原作では北浜おこのに対する仕打ちは破産に追い込むだけだったが、映画では既に首を吊って息絶えているおこのを、雪が一太刀で真っ二つに切断するという仕打ちが壮絶であった。1974年に続編「修羅雪姫 怨み恋歌」が製作された。

『修羅雪姫』[編集]

修羅雪姫
Lady Snowblood
監督 藤田敏八
脚本 長田紀生
製作 奥田喜久丸
出演者 梶芽衣子
黒沢年男
音楽 平尾昌晃
撮影 田村正毅
編集 井上治
製作会社 東京映画
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 1973年12月1日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 修羅雪姫 怨み恋歌
テンプレートを表示
  • 1973年12月1日公開

出演者[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]


『修羅雪姫 怨み恋歌』[編集]

修羅雪姫 怨み恋歌
Lady Snowblood: Love Song of Vengeance
監督 藤田敏八
脚本 長田紀生
大原清秀
製作 奥田喜久丸
ナレーター 鈴木瑞穂
出演者 梶芽衣子
原田芳雄
音楽 広瀬健次郎
撮影 鈴木達夫
編集 井上治
製作会社 東京映画
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 1974年6月15日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
  • 1974年6月15日公開

出演者[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

映画(釈由美子主演版)[編集]

2001年12月15日より東京テアトル配給により公開された。それまで天然ボケで売っていた釈由美子が、クールな演技と、骨折しても演じ続ける、根性のアクションで話題となった。

前作とは大幅に設定が変更されており、舞台も明治時代初期の日本から「鎖国政策が続くその国」になっており、ここでは主人公の雪は家族を惨殺した政府に復讐するために育てられた者ではなく、反政府組織を鎮圧するために育てられた暗殺集団の一員になっており、原作から名前を借りただけの、ほとんど別の作品である。しかし、暗殺集団の首領が雪の母親を殺した張本人であり、それを知った雪は母親の復讐のために政府に反旗を翻すという前作にも共通する「反抗」「復讐」という要素が取り入れられている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ/パチンコ[編集]

2011年3月27日BS-TBSで単発作品として放送された。またこの映像が、同月に平和から発売されたパチンコ機「CR修羅雪姫」に使用されている。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
日本全域 BS-TBS 2011年3月27日 日曜 25時00分 - 26時00分 BSデジタル放送
TBS系列

出典[編集]

  1. ^ a b 『リリシズム』 p118および巻末作品リスト、まんだらけ、2011年

外部リンク[編集]