中原早苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかはら さなえ
中原 早苗
本名 深作 早苗
ふかさく さなえ
生年月日 1935年7月31日
没年月日 2012年5月15日(満76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市四谷区
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1953年 - 2003年
家族 深作欣二(夫)
深作健太(長男)
主な作品
テレビドラマ

ザ・ガードマン
土曜ワイド劇場』など多数
映画
『村八分』
蟹工船
太陽の季節
仁義なき戦いシリーズ』など多数

中原 早苗(なかはら さなえ、本名:深作 早苗1935年昭和10年)7月31日 - 2012年平成24年5月15日)は、東京市四谷区(現・東京都新宿区)出身の女優

夫は映画監督の深作欣二、同じく映画監督の深作健太は長男である。

来歴・人物[編集]

父は戦前東宝で活躍した藤尾純だが、早苗が幼少の頃に家を出たため、母で舞台女優の南部雪枝が一人で育てた。国本女子高等学校卒業。在学中の1953年に『村八分』(近代映画協会)で主演級の役でデビュー。現代ぷろだくしょんに入り、設立メンバーの山村聡の家に住み込み、女優としての所作を学び、『蟹工船』にも出演し、映画テレビラジオ舞台の出演を通じて経験を重ねる。

独立プロ系の作品で活躍後、母と知り合いの水の江瀧子にスカウトされ、1955年日活と契約、年間6本で1本当たり20万円と高額の条件であった。『太陽の季節』等に出演。色々なジャンルの映画の中で、主役から脇役まで様々な役柄を幅広くこなす器用な若手女優として、8年間に80本の作品に出演した。

1964年にフリーとなり、『仁義なき戦いシリーズ』など東映を中心に各社の映画に顔を出す。テレビドラマにも2時間ドラマなどに多数出演している。

私生活では川地民夫事実婚状態となるも、短期で未入籍のまま別離した。その後、1965年に映画監督の深作欣二と正式結婚した。深作との間に出生したのが深作健太である。深作にはたびたび女性問題などの醜聞が報じられるなど、深作・中原の夫婦仲は多方面から心配されたが、中原は深作の逝去まで別離を選ばず、夫婦生活を全うした。

夫:欣二が亡くなった後は表舞台に一切出ず、引退状態であったという[1]

2012年5月15日、心不全のため逝去[1]。76歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

など

テレビドラマ[編集]

  • 東芝日曜劇場KR、TBS)
    • 第4回「忘れえぬクリスマス」(1956年)
    • 第7回「あばれ姫君」(1957年)
    • 第46回「ネオンの雑草」(1957年)
    • 第694回「二人の縁」(1970年)
    • 第997回「あゝ泣いて血を吐くほととぎす」(1976年)
    • 第1127回「襲われて」(1978年)
    • 第1337回「城下町の夏」(1982年)
  • 特別機動捜査隊 第200話「女の終着駅」(1965年、NET / 東映
  • ザ・ガードマンTBS / 大映テレビ室
    • 第26話「黒い香水」(1965年)
    • 第99話「予告殺人」(1967年)
    • 第103話「真赤な裏切り」(1967年)
    • 第117話「おしゃべりは死を招く」(1967年)
    • 第126話「女の戦争」(1967年)
    • 第130話「結婚サギ師の多忙な生活」(1967年)
    • 第147話「交通殺人」(1968年)
    • 第157話「ガードマンパリで大奮戦」(1968年)
    • 第158話「ガードマンスイス追撃作戦」(1968年)
    • 第161話「恋のアムステルダム」(1968年)
    • 第177話「女猫宝石泥棒」(1968年)
    • 第206話「新婚旅行は地獄へどうぞ」(1969年)
    • 第221話「満月の夜は女を殺せ」(1969年)
    • 第238話「女がライバルを殺す方法」(1969年)
    • 第254話「マンションは女の戦場」(1970年)
    • 第260話「二人の妻を持つ夫」(1970年)
    • 第269話「団地奥さんがスターになる方法」(1970年)
    • 第280話「怪談・幽霊団地の吸血鬼」(1970年)
    • 第295話「女の出世は結婚サ!」(1970年)
    • 第299話「怪談・幽霊たちのクリスマス」(1970年)
    • 第307話「教育ママの裏口入学作戦」(1971年)
    • 第314話「女二人ヨーロッパ珍道中」(1971年)
    • 第318話「夫を盗まれた妻の復讐」(1971年)
    • 第340話「おんな風呂殺人事件」(1971年)
  • 丹下左膳(1965年 - 1966年、TBS) - おふじ
  • 銭形平次CX / 東映)
    • 第79話「六番目の男」(1967年) - お筆
    • 第239話「女の罠」(1970年) - お蔦
  • 三匹の侍 第4シリーズ 第23話「死霊を斬る」(1967年、CX / 東映)
  • ローンウルフ 一匹狼 第5話「真夜中の訪問者」(1967年、NTV / 東映)
  • 第18話「過去からの呼出し状」(1968年、TBS / 松竹) - おしま
  • プロファイター 第6話「夜に舞う女」(1969年、NTV / 宝塚映画
  • プレイガール 第1話「男無用の女ども」(1969年、12ch / 東映)
  • 東京バイパス指令 第15話「黄金に手を出すな」(1969年、NTV / 東宝
  • 時間ですよ 第1シリーズ(1970年、TBS)
  • ゴールドアイ 第24話「女スパイ島大爆発」(1970年、NTV / 東映)
  • キイハンター 第130話「縛り首の木のある家」(1970年、TBS / 東映)
  • 徳川おんな絵巻 第7話「お妾拝領仕る」・第8話「嫁地獄」(1970年、KTV / 東映) - お葉の方
  • 大岡越前(TBS / C.A.L
    • 第2部
      • 第4話「恋文騒動」(1971年6月7日) - おしん
      • 第20話「若様誘拐事件」(1971年9月27日) - お島
    • 第4部 第9話「母子しぐれ」(1974年12月2日) - おまさ
    • 第5部 第11話「白洲に哭いた母二人」(1978年4月17日) - おさき
    • 第6部 第8話「過去に泣いた母ふたり」(1982年4月26日) - お玉
    • 第7部 第24話「悪魔が狙った江戸小町」(1983年10月3日) - おまさ
    • 第8部 第15話「厩火事殺人事件」(1984年10月29日) - おはま
    • 第14部 第5話「嘘つき婆さんの人助け」(1996年7月15日) - お安
  • 恐怖劇場アンバランス 第9話「死体置場(モルグ)の殺人者」(1973年、CX / 円谷プロ) - 水上弥生
  • アイフル大作戦 第31話「メロメロ! お色気大作戦」(1973年、TBS / 東映)
  • 水戸黄門 (TBS / C.A.L)
    • 第3部 第6話「仇討ち姉弟 -藤枝-」(1972年1月3日) - おぎん
    • 第5部 第11話「弥七の幽霊 -福知山-」(1974年6月10日) - お政
    • 第13部 第7話「うなぎ屋義侠の恩返し -浜松-」(1982年11月29日) - つね
    • 第16部 第8話「仇討ち焼蛤幽霊旅籠 -桑名-」(1986年6月16日) - おきん 
  • おしどり右京捕物車(1974年、ABC / 松竹) - おふく
    • 第9話「妬(やく)」
    • 第14話「殺(ころす)」
    • 第16話「闇(やみ)」
    • 第20話「怨(うらむ)」
    • 第26話「愛(あい)」
  • バーディー大作戦(TBS / 東映)
    • 第17話「殺人鬼の見合い結婚!」(1974年)
    • 第44話「殺人パニック捜査官」(1975年)
  • 非情のライセンス(NET / 東映)
    • 第2シリーズ 第16話「兇悪の青い鳥」(1975年) - 千代
    • 第2シリーズ 第60話「兇悪のお母さん」(1975年) - 富田安子
  • 傷だらけの天使 第17話「回転木馬に熱いさよならを」(1975年、NTV / 東宝) - 久美子社長
  • 影同心 第12話「花も恥じらう殺し節」(1975年、MBS / 東映) - お粂
  • 剣と風と子守唄 第21話「女郎集団脱走」(1975年、NTV / 三船プロ) - おまさ
  • 影同心II 第5話「女の争い紅葉花」(1975年、MBS / 東映)
  • 伝七捕物帳(NTV / ユニオン映画
    • 第64話「祭り太鼓に血がおどる」(1975年)
    • 第140話「命を賭けた待ッタナシ」(1977年)
  • Gメン'75(TBS / 東映)
    • 第20話「背番号3長島対Gメン」(1975年) - 渡辺明美
    • 第57話「刑法第十一条・絞首刑 その後…」(1976年) - 牧村きよ
    • 第85話「'77元旦 デカ部屋ぶっ飛ぶ!」(1977年)
    • 第138話「復顔術」(1978年) - ハッピーローン社長・宇野沢子
  • おふくろさん(1975年、NTV)
  • 二丁目の未亡人は、やせダンプといわれる凄い子連れママ(1976年、NTV)
  • 目撃 ある愛のはじまり(1976年、NTV)
  • 十手無用 九丁堀事件帖 第19話「父(ち)ゃんが消えた!」(1976年、NTV / 東映) - お民
  • 必殺仕業人 第9話「あんたこの仕組をどう思う」(1976年、ABC / 松竹) - おたか
  • 必殺からくり人・血風編 第4話「大奥の天下に挑む紅い声」(1976年、ABC / 松竹)
  • 花神(1977年、NHK) - おはま
  • 光る崖(1977年、TBS)
  • 達磨大助事件帳 第3話「父子だるま」(1977年、ANB / 前進座 / 国際放映) - お富
  • あすなろの詩(1978年、NTV)
  • ポーラテレビ小説 / からっ風と涙(1979年、TBS) - 間庭徳子
  • 花よめは16歳(1979年、ANB)
  • 駆け込みビル7号室 第2話「ほん物ニセモノ?! 帰ってきた蒸発亭主」(1979年、CX / 三船プロ)
  • あゝ野麦峠(1980年、TBS)
  • 愛のホットライン(1981年、CX)
  • ザ・ハングマン 燃える事件簿 第13話「女ハングマン曉に死す」(1981年、ABC / 松竹) - 平岡夢子
  • 西部警察 第124話「木暮課長 不死鳥の如く・今」(1982年、ANB / 石原プロ
  • 噂の刑事トミーとマツ 第2シリーズ 第28話「決ったァ! トミーの飛行機投げ」(1982年、TBS / 大映テレビ)
  • ザ・ハングマンII 第25話「連続麻薬殺人 ポルノ女優を救え」(1982年、ABC / 松竹) - 金成社長
  • あっけらかん(1982年、NTV)
  • 右門捕物帖 第10話「ひとりぼっちの童歌」(1983年、NTV)
  • 婦警さんは魔女 第3話「人形が歩く!もう絶望ほとんど魔女」(1983年、TBS / 大映テレビ)
  • ポーラテレビ小説 / おゆう(1983年、TBS) - かつ
  • 大奥(1983年、KTV / 東映) - ゆう
  • 少女が大人になる時 その細き道(1984年、TBS) - 中野三重
  • 忠臣蔵(1985年、NTV / ユニオン映画)
  • 新・熱中時代宣言 第20話「青い爆死、そして」(1987年、NTV)
  • 現代恐怖サスペンス / ししゃもと未亡人(1987年、KTV / 東映)
  • 愛に燃える戦国の女(1988年、TBS)
  • ふれ愛II(1988年、THK
  • ノンちゃんの夢(1988年、NHK)
  • 和宮様御留(1991年、ANB) - 勾当内侍
  • 風の輪舞(1995年、THK)
  • ママに宿題(1995年、TBS)
  • たたかうお嫁さま(1995年、NTV)
  • 愛の産科(1996年、MBS)
  • ひまわり(1996年、NHK)
  • のんちゃんのり弁(1997年、CBC
  • 39歳の秋(1998年、TBS)
  • 永遠の仔(2000年、YTV
<2時間ドラマ>

など

オリジナルビデオ[編集]

著書[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]