真木よう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まき ようこ
真木 よう子
生年月日 1982年10月15日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県印西市
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1999年 -
配偶者 片山怜雄2008年11月 - )
所属劇団 無名塾1998年 - 2000年
事務所 フライングボックス
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
パッチギ!
ベロニカは死ぬことにした
ゆれる
さよなら渓谷
テレビドラマ
SP
龍馬伝
遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜
最高の離婚

真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 - )は、日本女優歌手千葉県印西市出身。フライングボックス所属。

身長160cm。バストサイズは以前から非公表[1]。趣味は映画鑑賞。特技はスポーツ。

来歴

4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ[2]

小学生2年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思った[2][3]。中学3年生の時に両親に芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、どうしても女優になりたかった真木は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可をもらった[3]

中学卒業後の1998年仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾(同期に滝藤賢一内浦純一がいる[4][5])。翌1999年 - 2000年、入塾二年目にして無名塾公演『どん底』で重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、半年間の旅公演に回った[6]。仲代は『どん底』パンフレットの中で、その才能を絶賛していた。しかし、合宿で日課となっている持久走を早い時間に済ませて先に集合場所で待っていたため、それを見た仲代が大激怒。真木は逆に仲代に怒り返したことから、結局そのまま退塾・帰京。

その合宿以来、仲代とは挨拶もしていなかったが、2013年7月、仲代が報知新聞社のインタビューで「真木さんにいつか会うときがあったら『おめでとう』と伝えてくれないか」と取材者にメッセージを託した。それに対し、真木は、同年12月、第38回報知映画賞表彰式で「無名塾でお芝居の面白さとか、役者の面白さを全部教えてもらった。いつかごあいさつができる日が来たら…『ありがとうございました』ときちんと言いにいきたい」とコメントした[2][7]

2003年のオムニバス写真集『LIP』で水着姿を初披露。水着のグラビアはこの時と『月刊真木よう子』のみである。2005年に撮影した初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』で初めてヌードシーンに挑戦しバストトップを露にした。2007年発売の写真集『月刊真木よう子』ではセミヌードを披露している。

2006年11月、『ゆれる』で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。

2008年11月10日俳優片山怜雄と結婚。2009年5月10日、第一子となる女児が誕生。

2013年6月、主演映画『さよなら渓谷』の主題歌「幸先坂」で歌手デビューをする。同年11月、ルイ・ヴィトンの街頭広告のモデルに日本人で初めて起用された。

2014年3月7日、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞した[8]

人物

性格

ルックスとは裏腹に性格は完全に本人曰く「男兄弟の中で育ったせいか、男っぽい」「男(オス)」と自認している。その性格を表すエピソードとして、映画ゆれる』のオーディションにて控え室で待っていると若くて可愛い子が入ってきたので「来やがったな、この野郎!」と睨みつけたら監督西川美和だった[9]というものがある。大久保佳代子からは真木の印象について「近寄りがたい雰囲気はあるが、実はとてもチャーミング」と語られている[10]

映画『SP 野望編』の現場ではエキストラにお礼を言う時、マイクを持ちながら10秒ほど黙って、エキストラを睨むように見渡すと「女のカッコイイ時代を作りましょう。ヨロシク」と言い、共演した岡田准一たちは「カッケェ!!永ちゃん!!」と叫んだ。[3][11]

交友関係

パッチギ!』で共演した江口のりこが芸能界で一番仲が良く、一緒にいて楽だという[12]

大塚愛とは同い年ということもあり、『東京フレンズ』で共演して以来、大の仲良しである。2007年の『Music Lovers』には大塚愛のゲストラバーズとして出演している。

木村カエラと友人で、カラオケで彼女の歌を歌うこともある[12]

椎名林檎のファンで、自身が主演する映画『さよなら渓谷』の主題歌を歌うようオファーされた際にも、「歌手ではない自分が歌うなら信頼できる方にお願いしたい」ということで、メールをやり取りするなど以前から親交のあった椎名に楽曲提供を依頼した[13][14]

特技・趣向

小学生の頃3か月間空手を習っていた。中学時代は陸上部に所属。特技は陸上競技ワイヤーアクションである。ショートムービー『Do Androids Dream of Electric Santa?』では、ワイヤーアクションの技を披露している。

大のマンガ好き。小学5年の時に、兄が読んでいたケンカマンガ『ろくでなしブルース』などを読んでいた[11]。また、漫画家うすた京介のファンでもあり、『hon-nin』vol.07では真木からのリクエストにより、うすたとの対談が実現した。映画『ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜』に出演した縁で、漫画版『ジャガー』第359笛(単行本第17巻に収録)に題字と挿絵を寄稿している。

好きな食べ物は、ピータン豆腐、シュリンプカクテル、オリーブ。嫌いな食べ物は、カキフライ。真木の母親は料理上手だがカキフライだけは全く美味しくなく、それから嫌いになったと語っている[3]

評価

演出家の大根仁は2002年に舞台で彼女を初めて見たとき「凄い女優が現れた」と感じたという[15]正名僕蔵は「神経が鋭い役者」と評している[10]和田聰宏は「サバサバした性格。昔の女優の香りがする」と評している[10]永作博美は「瞬間で演技を変えられる。様々な演出を受けながらも対応できる順応性のある役者」と評している[10]池田鉄洋は「リアリティという言葉がチープに感じるくらい自然な演技をする人」と評している[10]

受賞

2006年度
2013年度

出演

テレビドラマ

映画

舞台

CM

配信

  • I LOVE YOU「Sidewalk Talk」(2013年、UULA) - 主演

ミュージック・ビデオ

テレビアニメ

その他のテレビ番組

  • 龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜(2010年3月6日、NHK)

ディスコグラフィー

シングル

  1. 幸先坂 (2013年5月27日予定)[16]
    1. 幸先坂
    2. 幸先坂 〜新緑篇〜
    • 作詞・作曲:椎名林檎
    • 映画『さよなら渓谷』主題歌

出版物

写真集

脚注

  1. ^ ただし2003年にオムニバス写真集『LIP』の宣伝を兼ねて、『週刊ヤングマガジン』(2003年46号)にグラビアが掲載された際には、スリーサイズを83-59-83と公表している。
  2. ^ a b c 『月刊真木よう子』[要ページ番号]
  3. ^ a b c d 2010年10月28日放送『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」出演時に発言[要高次出典]
  4. ^ 木俣冬 (2012年6月14日). “「リーガル・ハイ」でも注目の脚本家・古沢良太に「外事警察」堀切園健太郎監督、続編執筆承諾を詰め寄る!”. exciteニュース. 2012年8月29日閲覧。
  5. ^ 鎌倉太郎 (2012年3月23日). “タキ、久しぶりやね。”. 鎌倉太郎のプロジェクトB. 2012年8月29日閲覧。
  6. ^ 鎌倉太郎 (2008年6月14日). “その不安のせいかなぁ…”. 鎌倉太郎のプロジェクトB. 2012年8月29日閲覧。
  7. ^ 真木よう子、16年目の開花!仲代さんに感謝…報知映画賞表彰式”. 報知新聞 (2013年12月19日). 2013年12月27日閲覧。
  8. ^ a b 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  9. ^ 2008年4月7・14日特大号『週刊プレイボーイ』(集英社)62頁
  10. ^ a b c d e 2008年6月25日放送『週刊真木よう子』[要高次出典]
  11. ^ a b 2010年10月31日放送『お笑いワイドショー マルコポロリ!』より[要高次出典]
  12. ^ a b 2013年6月14日放送『A-Studio』より[要高次出典]
  13. ^ 椎名林檎×真木よう子、映画「さよなら渓谷」主題歌コラボ”. ナタリー (2013年3月13日). 2013年4月11日閲覧。
  14. ^ 真木よう子、椎名林檎とタッグで初CDリリース 映画『さよなら渓谷』主題歌!”. シネマトゥデイ (2013年3月13日). 2013年4月11日閲覧。
  15. ^ 2008年4月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社[要ページ番号]
  16. ^ 真木よう子、椎名林檎作詞・作曲「幸先坂」でCDデビュー”. ナタリー (2013年4月12日). 2013年4月24日閲覧。

外部リンク