高畑淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかはた あつこ
高畑 淳子
本名 高畑 淳子
生年月日 1954年10月11日(59歳)
出生地 日本の旗 日本香川県善通寺市
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優声優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・バラエティ
活動期間 1976年 -
著名な家族 高畑こと美(長女)
高畑裕太(長男)
所属劇団 劇団青年座
公式サイト Atsuko's Stage
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生
白い巨塔
篤姫
Mother

高畑 淳子(たかはた あつこ、1954年10月11日 - )は、日本女優声優タレント

香川県善通寺市[要出典]出身、劇団青年座所属の女優であり、取締役でもある[1]

来歴[編集]

父親は大手建設会社に勤務し転勤が多く、四国中を13回転居した[2]。高松市立桜町中学校、香川県立高松高等学校卒業。「私にしかできないこととは何だろう」と悩み、演技を学ぶため、桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻へ進学。卒業後は青年座に入団、舞台女優としてデビューする。

1980年代後半から1990年代前半にかけて、東映特撮作品に多数出演した。特に『仮面ライダーBLACK RX』の悪役・マリバロンは当たり役となり、後年のインタビューで「『RX』がきっかけでようやく女優として食べていける様になった」と語っている。

1995年から『3年B組金八先生』シリーズにて本田知美先生役としてレギュラー入りを果たし、広く顔が知られるようになる。『白い巨塔』の東政子役の演技も評価され、ドラマやバラエティ番組への出演が急増した。

かつては声の仕事も数多くこなしていた。『刑事コロンボ』のフェイ・ダナウェイ(『恋におちたコロンボ』)、『エリザベス』のケイト・ブランシェット、『エアフォース・ワン』のグレン・クローズといった大女優の吹替えや『ER緊急救命室』や『アリーmyラブ』といった海外ドラマへのゲスト(『緑の丘のブルーノ』ではアナ役でレギュラー出演)、アニメへの出演(「声の出演」を参照)がある。

2006年の『魂萌え!』で、テレビドラマ初主演を果たした。

2度の離婚歴があり[3]、子供に長女の高畑こと美と長男の高畑裕太がいる。

エピソード[編集]

  • 北川景子と血縁関係がある(高畑と北川の母がはとこ、高畑の祖父と北川の曽祖父が兄弟、7親等であるため法律上の親族ではない)[4]
  • 特技は英語と水泳。
  • 学生時代は、学業優秀で運動も万能だったという。高校時代には仏像の見学を趣味にしており、少し変わった生徒だった。
  • 青春時代の思い出の場所として高松市高松港と栗林公園を挙げており、「香川100万人のラブレター」に掲載されている[5]
  • テレビでの最初期の仕事といえるTBSドラマ『Gメン'75』へのゲスト出演の際(1977年、当時23歳)は、時効成立直前の犯罪の加害者の娘役を演じた。
  • 映画『水のないプール』(1982年/監督:若松孝二/主演:内田裕也)のヒロインに無名ながら抜擢されるが、脱ぐのを嫌がり出演をドタキャンする(代役は中村れい子)。内田裕也は未だにこのドタキャンを許しておらず、「会ったら蹴飛ばしてやろうと思ってんだけど、なかなか会わねぇんだよね」といった言葉を残している[6]
  • 演技派の舞台女優という域を超え、活動の場を広げている。
  • 松本明子とは同郷であり、高畑の母親と松本の母親は同じ学校に通う同級生だった[7]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

朗読[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇団青年座公式サイト
  2. ^ 『この母ありて』 木村隆、青蛙房2010年12月、159頁。ISBN 978-4790503729
  3. ^ (分譲マンションと生活に関する情報 Wendy net)
  4. ^ 北川景子:高畑淳子は親戚だった! 初対面で「似てるって言われる」”. まんたんウェブ. 毎日新聞デジタル (2014年1月25日). 2014年1月25日閲覧。
  5. ^ 香川100万人のラブレター』 100万人のラブレタープロジェクト推進協議会、ナイスタウン出版、高松、2009年2011年10月18日閲覧。
  6. ^ 内田裕也『俺は最低な奴さ』(2009年、白夜書房)[要ページ番号]
  7. ^ 金曜日のキセキ. フジテレビ. 2011年6月10日放送.
  8. ^ “読売演劇大賞 笑顔の贈賞式”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): pp. 38面. (2013年2月28日) 

外部リンク[編集]